防犯ブログ


  1. ホーム
  2. 防犯ブログ
  3. 2017年01月
  4. トラック窃盗90台被害1億8千万円 4人グループ逮捕

記事詳細

トラック窃盗90台被害1億8千万円 4人グループ逮捕

クレーン付きトラック約90台を盗んだなどとして、札幌厚別署は、苫小牧市明野新町3丁目、会社役員の男(37)ら男4人を窃盗と窃盗未遂の疑いで逮捕・送検したと20日発表しました。
盗んだトラックをむかわ町内のヤードで解体し、エンジンやクレーンなどの部品を30万~50万円で転売していたという。

ほかに逮捕・送検されたのは会社員の男(27)=同市明野新町1丁目=、会社役員の男(36)=同市船見町2丁目=、会社員の男(27)=同市日吉町3丁目=の3容疑者。
4人とも窃盗罪で起訴されています。

署によると、4人は2011年6月~今年8月末、苫小牧市や日高町、札幌市などでクレーン付きトラック86台(計1億7800万円相当)とタイヤ326本(計940万円相当)を盗み、トラック5台を盗もうとした疑いがあります。
4人とも「生活費にするため、解体して転売した」などと供述しているという。

4人は2人以上で車で巡回。無施錠でキーがついているトラックを見つけると、運転して盗んだという。
4人は柵などがないヤードに無断で入って解体していたといい、署は、必要な機材は自分たちで持ち込んでいたとみています。
<朝日新聞デジタル 12/20(火) 20:50配信より>

トラック90台の窃盗というのは規模が大きくてうまくイメージできません。
盗んだトラックは、タイヤやエンジン等の部品に細かく解体され転売されたのでしょう。
部品レベルにまで解体されてしまったら、どのトラックから盗まれたものなのか特定することは困難になります。
窃盗犯もそのことをよく知っているのでしょう。


4年後に東京オリンピックを迎えますが、新しい施設等を建築する際、金属類が不足し、その価格が高騰する可能性があります。

中国の好景気が続いた時は金属類の需要が高まり、それに応じるかのように金属窃盗が日本でも多発しました。
金属なら何でも良いかのようにあらゆる物が盗まれる対象となりました。
そのことによってこれは大丈夫だろうという安心や過信も崩され、多くの人の防犯意識を高めるきっかけになったことは唯一良かった点でしょうか。

最近はその意識も少し薄れているように感じます。
再度、気を引き締め、金属窃盗への注意が必要です。

Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN