防犯ブログ


  1. ホーム
  2. 防犯ブログ
  3. 2016年12月
  4. アメリカ 元泥棒が教える「家を守るための4つの対策」

記事詳細

アメリカ 元泥棒が教える「家を守るための4つの対策」

泥棒から家を守る方法を一番よく知っているのは、泥棒です。
元・泥棒が、家に侵入されないためにやった方がいいことを教えてくれました。

オレゴン州ポートランドの「KGW News」の事件記者であるKyle Iboshi氏は、86人の窃盗の受刑者を対象に、どのように家に侵入したのか、泥棒を防ぐためにできることは何かをアンケート調査しました。
すると、誰にでもできる主な防犯対策が4つ浮かび上がってきたのです。

1.照明を当てて家が見えるようにし、植木はきちんと手入れする。
2.外出する時はテレビかラジオをつけたままにし、照明も少なくともひとつはつけたままにする。(これがアンケート調査で一番多い回答でした)。
3.可能であれば、使っていない車を敷地内の見えるところに停めておく。すべての回答者が、車が停めてあるのが見えたら、その家には入らないと答えました。
4.近所の人に予定を知らせておき、不審者や怪しい動きがあったら報告してもらうようにする。

他には、犬を飼う(小型犬ではなく大型犬)、防犯システムのサインやステッカーを掲示する(必ずしも効果があるとは限りません)、防犯カメラを見えるところに設置するなどもありました。

もっと詳しく知りたい人は、以下のリンク先(http://www.kgw.com/news/investigations/we-asked-86-burglars-how-they-broke-into-homes/344213396)をチェックしてみてください。

<ライフハッカー[日本版] 12/3(土) 12:10配信より>


日本においても元・泥棒が音声を変え、顔にモザイクをかけてテレビ出演することがあります。
その際、泥棒の手口や心理状況など泥棒だからこそ分かる情報が出てきます。

今回の記事はアメリカの泥棒ですが日本でも共通している内容は多いと思います。
セキュリティの面では一般家庭に関しては日本よりアメリカの方が普及しています。

中流家庭でもセキュリティがついている家が多い印象です。
(アメリカのテレビドラマや映画では必ずセキュリティシステムの警戒ON・OFFのシーンが出てきます)

日本でも増えてはきましたが、まだまだお金持ちの対策という印象が強いかもしれません。

今後、価格も下がり、より身近な対策になり、ほとんどの家で採用されるようになるかもしれません。


マンションや一戸建て住宅など、最初からセキュリティシステムがついているところが増えてきています。
これからの数十年で家の建て替え等で普及率が高まるかもしれません。

Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN