防犯ブログ


  1. ホーム
  2. 防犯ブログ
  3. 2016年10月
  4. 廃品回収業者装い泥棒 裕福そうな家狙う

記事詳細

廃品回収業者装い泥棒 裕福そうな家狙う

廃品回収業を装って留守の家を探し、現金700万円などが入った金庫を盗んだとして男が逮捕されました。

警視庁によると窃盗・住居侵入の疑いで逮捕された無職の男(66)は今年1月、既に逮捕・起訴されている知人の男と共に栃木県鹿沼市の女性(87)の家に侵入し、約700万円の現金や通帳などが入った金庫を盗んだ疑いがもたれています。

男は廃品回収業を装い、裕福そうな家を訪問し、不在で無施錠だった女性の家で犯行に及んだという。

調べに対し「盗んだ金で高級外車を買い、その他は生活費に使い今はもうお金はありません」などと容疑を認めているという。
<日本テレビ系(NNN) 10月7日(金)10時45分配信より>


廃品回収業を装う泥棒がこれから増えるかもしれません。

廃品回収業者なら回収のためにゴミ捨て場などをうろうろしても怪しまれませんし、大量の盗品をトラック荷台に積んで走行しても不自然ではありません。

裕福そうな家を狙い、さらに家人が不在、無施錠の家をターゲットに考えたようです。
裕福そうな家、家人が不在の時間があるというのはどうしようもありませんが、無施錠は簡単になおすことができます。

また、防犯システムや防犯カメラが設置されていればターゲットになる可能性はさらに低かったでしょう。


色々な泥棒がいます。
泥棒を職業にしている者、お金に困って犯行を計画する者、食べることにも貧窮してやむを得ず犯行を行う者、小遣い稼ぎや遊び半分で犯行を行う者。
動機は様々ですが目的は一つお金を手に入れること。
そして、警察には捕まりたくない、刑務所には入りたくないというのはほぼ100%共通していると思います。
(高齢者の犯罪者で刑務所の方が衣食住が保障されていると考える者もいるようですが)

防犯対策がされているということはそれだけ犯行が成功する可能性が低くなり、そして自分が捕まるリスクが高まります。
犯罪者が防犯対策の有無を重要視するのは当然の結果です。

彼らが嫌がる環境の構築こそが効果的な防犯対策です。

Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN