防犯ブログ


  1. ホーム
  2. 防犯ブログ
  3. 2016年10月
  4. 全国の温泉地めぐり 10ヶ月で700万円盗んだ男逮捕

記事詳細

全国の温泉地めぐり 10ヶ月で700万円盗んだ男逮捕

道後温泉に有馬温泉など、全国有数の温泉地をめぐり、行く先々の旅館で客の現金を盗んだとして69歳の男が逮捕されました。
その手口とは?

窃盗の疑いで逮捕されたのは住所不定の建設作業員の男(69)で、今年4月豊岡市内の温泉旅館で現金8万円入りの客の財布を盗んだ疑いです。

警察によるとその手口はこうです。
昼過ぎに観光客を装って、旅館に侵入。廊下に置いてある浴衣に勝手に着替え、ある「時間」を待ちます。
その「時間」とは・・・宿泊客が夕食に出かける時間帯です。
旅館ではその間に、仲居さんが布団を敷くため部屋の鍵を開けていて、登川容疑者は仲居さんがいなくなった隙に浴衣姿で忍び込み、財布などから現金を盗んでいたというのです。

その後の調べで、男は去年8月の下田温泉をはじめに全国、津々浦々の温泉地をめぐっていたことが判明、10か月で約700万円を盗んだと見られます。
しかも有馬温泉の旅館では、一度に約170万円を盗んだということです。

「有名な温泉地には大きな旅館があり、紛れ込みやすかった」と供述しているといいますが、警察によりますと男は温泉に入ることも旅館に泊まることもなく、大阪市西成区のカプセルホテルなどを拠点にしていたということです。
<毎日放送 10月12日(水)20時0分配信より>

全国の温泉の入浴客をターゲットに盗みを働いていた男が逮捕されました。

入浴中は誰もが裸になります。
貴重品はロッカー等に保管し、その鍵だけを腕につけて入浴します。
ロッカー等がない古い旅館の場合、宿泊部屋やフロント等に貴重品を預けることはあるでしょう。

ただ、面倒だと感じる人や宿泊せずに入浴だけの人は脱衣所のかごに脱いだ衣服とともに財布やスマホなどを置いている場合もあるでしょう。
短時間だから大丈夫だという油断もあったかもしれません。

その隙も狙われる犯行です。
しかも全国の温泉地を巡っての犯行ですから次々に犯行場所を移すため警察も警戒しにくかったのではないでしょうか。

また、宿泊客が夕食に出かける時間帯を狙い、仲居さんが布団を敷くため部屋の鍵を開けていることも把握しています。
浴衣姿なので仲居さんや旅館の従業員と出くわしても宿泊客を装えば問題ありません。
和風な建物の場合、防犯カメラがついていないところもあるでしょうからよく考えられた手口です。

旅館側の防犯対策や社内体制の見直しも必要でしょう。

Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN