防犯ブログ


  1. ホーム
  2. 防犯ブログ
  3. 2016年08月
  4. リオ 警察とギャングの密約 「五輪中はおとなしくしてほしい」

記事詳細

リオ 警察とギャングの密約 「五輪中はおとなしくしてほしい」

体感治安が異常に悪い。
道を歩いていてもパトカーのサイレンがうるさいし、競技場では爆弾騒ぎで一時退避する事態もあった。
イラクのテロ現場やネパールの大地震など、危険な地域の海外取材は何度か経験があるが、これほどとは思わなかった。

原因はブラジルの景気低迷と貧富の格差。
悪名高きファベーラ(貧民街)がリオに約1千カ所もある。
犯罪者がファベーラに逃げ込んだら?と聞くと、警察官は「現金程度の窃盗だったら踏み込まない。被害がそれだけでは済まなくなる」と困り顔。
警察の権限が及ばない無法地帯だ。

まことしやかに噂されているのが、警察当局とギャングの"密約"。
ファベーラに巣くうギャングが、違法薬物取引などを見逃してもらえる代わりに、「五輪期間中はおとなしくしてほしい」と当局が要請したというのだ。

東京五輪でもテロに対する警戒は必要だが、「史上最も危険」とされるリオとは比べるべくもない。
外を歩くたびに、周りをきょろきょろ警戒しなくても済む東京が早くも恋しくなった。
<産経新聞 8月5日(金)7時55分配信より>

オリンピック真っ最中ですが、現地の治安はどうなのでしょうか。

記事によると、警察とギャングの間では密約が交わされているというニュースです。

平和な日本では信じられない話ですが、先日メキシコの治安に関するテレビ番組でも同じように警察や政府と麻薬組織との癒着が放送されていました。

その癒着を報道したジャーナリストを殺害するように警察庁長官が指示したという驚くような内容でした。

ジャーナリストは急いでメキシコから出国し、現在はアメリカで生活しているということです。


日本でも警察と暴力団との関係が報道されることはありますが、国全体や組織ぐるみとまではいっていません。
ごく一部の限られたところで行われていることなので多くの人は現実的な問題とは捉えていないでしょう。

犯罪事件が発生すればすぐに警察が捜査を始めますし、一般人が捜査に関して関与することがありません。
一定期間が過ぎ、その後捜査を継続してもらうために警察から金品を要求されることが驚きです。

国によって治安状況は異なります。

それぞれの国によって最適な防犯対策も異なります。

日本では効果のある防犯対策であっても別の国では全く役に立たない対策もあるということです。

4年後行われる東京オリンピックではどのような防犯対策がとられるでしょうか。

また、リオではこのまま大きな問題が発生せずにオリンピックが閉幕できることを願うばかりです。

Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN