防犯ブログ


  1. ホーム
  2. 防犯ブログ
  3. 2016年06月
  4. 京都 事務所の金庫から1500万円盗まれる被害

記事詳細

京都 事務所の金庫から1500万円盗まれる被害

京都府井手町では会社の事務所が荒らされ、金庫が奪われました。

11日朝、出勤した会社の社長が、ドアのガラスが割られていることに気づいて警察に通報したということです。

金庫には会社の運転資金など約1500万円が入っていて、警察が窃盗事件として捜査しています。

井手町ではことし3月にも同じような事件が起きていて、警察は関連を捜査する方針です。
<関西テレビ 6月11日(土)18時27分配信より>

窃盗事件というのは日々新聞やテレビ、雑誌等でニュースとして報道されています。

それらの記事を読んだ経営者というのは自分の問題としては考えないものでしょうか。

一般の社員は違うかもしれませんが、経営者は自分の会社に置き換えて考えるべきだと思います。

泥棒被害に遭ったニュースを見れば、隣の県で起こった事件だけどうちの会社は大丈夫だろうか、金庫に大金を保管するのは危険ではないか、防犯カメラ設置した方がいいかな、など色々な考えが浮かぶと思います。

私が個人的にいつも感じることは、自宅にしても職場にしても金庫内に大金を置いておくことの危険性です。

常に現金のやり取りが多く、ある程度の金額を置いておかなければならないという事情は分かりますが、単に銀行へ預けに行く時間がない、時間が惜しいという理由は信じられません。

泥棒に入られ、金庫が破られる、金庫ごと盗まれたらゼロになってしまいます。
そんなことは起こらないと多くの人が考えるかもしれませんが、日々の報道を見ていると、毎日のようにどこかで大金が盗まれる事件が発生してしまいます。
次はうちの会社が狙われるかもしれないと考えるべきです。
うちは狙われないというのは全く根拠のない自信です。

今回の1500万円の運転資金が盗まれた会社はどうするのでしょうか。
銀行に別の運転資金分が預けているでしょうか。
まさか盗んだ泥棒が捕まって1500万円全額戻ってくると信じているとは思えないのですが・・・。

自分の世界とは関係ない、影響はないと無視せずに、自分だったらどうするかと自問しながら万が一のケースを想定し、対策を考えるべきでしょう。

対策を考えるだけなら無料です、銀行に預けるのもお金は掛かりません。
お金が惜しいならお金を掛けない対策を考えてみましょう。

Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN