防犯ブログ


  1. ホーム
  2. 防犯ブログ
  3. 2016年02月
  4. 川崎の老人ホーム 元職員が3人殺害「むしゃくしゃした」

記事詳細

川崎の老人ホーム 元職員が3人殺害「むしゃくしゃした」

川崎市の介護付き有料老人ホームで入所者の男女3人が転落死した事件で、このうち男性1人をベランダから投げ落として殺害したとして、殺人容疑で逮捕された元職員(23)=横浜市神奈川区立町=が、ほかに死亡した入所者2人についても殺害への関与を認めていることが16日、捜査関係者への取材で分かりました。

男が任意の事情聴取で「入所者の言動に腹が立って転落させた」という趣旨の話を、逮捕後は殺意を認め「むしゃくしゃして投げ落とした」と供述していることも判明。
神奈川県警は、男がいらだちを募らせて殺害に及んだ可能性もあるとみて、詳しい動機や経緯の裏付けを進めます。

男は、平成26年11月3日午後11時ごろから翌4日午前1時50分ごろ、入所者の男性=当時(87)=を4階ベランダから投げ落とし、殺害したとして逮捕されました。

同施設では、同年12月9日に当時86歳の女性が4階ベランダから、同月31日に当時96歳の女性が6階ベランダから相次いで転落死しましたが、男は、この2件への関与も認めています。

県警は3件を「変死」として扱いましたが、司法解剖はせず、関連性も調べていなかったようです。

その後、県警は昨年5月、別の女性入所者の居室から財布を盗んだとして男を窃盗容疑で逮捕。
この前後から、3件の転落死の関連性の有無について調べを始めました。

施設では夜間、職員が交代で見回りを行いますが、男は3件とも勤務中で、うち2件で第1発見者だったことなどから県警は捜査。
今年に入ってから任意聴取を始め、今月15日、男性=当時(87)殺害を認め、犯人しか知り得ない状況を供述したことなどから逮捕しました。
<産経新聞 2月17日(水)7時55分配信より>


新聞やニュースなどで大きく取り上げられているこの事件ですが、犯行の動機がむしゃくしゃしたというものでさらに衝撃が走っています。
むしゃくしゃした職員に殺される施設、想像しただけで恐ろしくなります。

高齢化社会が今後も加速することは日本だけの問題ではありませんが、日本の今の人口、乳児の出生率、平均寿命の伸び、医学の進歩などを考えると、福祉介護施設の需要とその重要性が高まることは誰でもが容易に想像できます。

様々な種類の施設が出てくるでしょう。
他の施設にはない独自のサービスや特別なケアを差別化として打ち出してくるはずです。

入居者に対して、施設で働く職員数も心配ですし、職員自体も今より高齢化が進みます。
外国人の労働者の受け入れなども本格的に検討されることでしょう。

そうなると今と比べても言語やコミュニケーション、意思疎通の問題など様々な課題が出てきます。
職員だけに任せることが心配です。

雇用者側から見てもそうですし、入居者とその家族から見てもそう思います。

職員の教育や管理、言い方は良くありませんが、監視も必要です。

防犯カメラを色々な箇所に取り付けることで、入居者に対する暴言や暴力行為がないか、窃盗や器物損壊など色々な場所を監視します。
逆に、入居者の職員への暴言や暴力行為に対する抑止力にも利用できます。
入居者家族への説明、証明にもなりますし、用途は拡がります。

Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN