防犯ブログ


  1. ホーム
  2. 防犯ブログ
  3. 2015年10月
  4. 50歳と22歳が万引きで連携プレー ソーセージとパン盗む

記事詳細

50歳と22歳が万引きで連携プレー ソーセージとパン盗む

尼崎北署は27日、窃盗の疑いで、50歳と22歳の無職の男を現行犯逮捕しました。

逮捕容疑は、27日午前3時半ごろ、尼崎市南武庫之荘のコンビニエンスストアで、共謀の上、粗びきソーセージ2本とパン1個(計332円)を万引した疑い。気付いた店長(39)が店の前で取り押さえました。

同署によると、22歳の男が前を歩き、50歳の男がその陰に隠れるようにして盗んだという。
<神戸新聞NEXT 10月27日(火)8時59分配信より>


55歳と22歳の男二人で、コンビニでソーセージ2本とパン1個、計332円相当を盗んだという事件です。

大の男二人で組んだ割にはせこい手口です。

パン1個を仲良く二人で分け合うつもりだったのでしょうか。

計画的な犯行ではなく、その場での思いつき、衝動的な犯行だったのかもしれません。

金額的には小額で大したことではないと思うかもしれませんが、被害者である店側がお金を払って仕入れた商品が盗まれるということは、売上がゼロになるということです。
仕入以外にも、従業員の人件費、テナント料、水道光熱費など様々な費用負担だけを掛けさせられることになります。
このようなことが続けば、店側にとっては大赤字です。

たかが万引き、されど万引き、積もり積もった損害が大きなダメージとなります。

万引きの被害額をいかに防ぐか、いかに抑えるかは店側にとって死活問題です。


防犯カメラなどお金を掛けても、万引きの被害額を減らすことができれば、効果はあったことになります。

効果的な防犯対策の導入、費用対効果の高い対策が求められます。

Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN