防犯ブログ



2013年6月

万引き犯を追跡 中学生が携帯で生中継

23日午後8時55分頃、神戸市兵庫区荒田町のスーパー「ダイエー湊川店」の食料品売り場で、男が即席みそ汁(180円相当)を盗んで逃げました。

警備員を振り払って店外に出たところを、店の前にいた市立中学3年の男子生徒4人が目撃し、携帯電話で110番。
男が走って逃げるところを追跡しながら、現在地や男の様子を電話で伝え続け、スーパーから南に約1キロ離れた同区内の路上で、合流した兵庫県警兵庫署員が身柄を確保、窃盗容疑で逮捕しました。

発表によると男は同区下沢通の無職の男(48)。
逃走中は中学生らに、「これは店で買ったんや」などと話していましたが、調べに対して容疑を認めているという。
<読売新聞 6月24日(月)14時37分配信より>

ニュースで「男子生徒4人」、「スーパー」、「万引き」というキーワードだけを聞くと、また中学生グループが万引きをした事件かと思いましたが、そうではなく、万引き犯を捕まるのに貢献したというお手柄のニュースでした。
万引き犯を追跡しながら、携帯で110番し、現在地などの情報をリアルタイムで伝え続け、警察署員と合流するまで続けたということです。

110番通報ではなく、インターネットの動画サイトなどに動画を載せ、犯人の情報を探るということも考えられます。
また、フェイスブックやツイッターなどにも同様に、犯人に関する情報を載せ、情報を集めるという方法も今後出てくるでしょう。
ただ、相手が間違いなく犯人で、このことがもとで犯人逮捕につながればよいですが、もし別人、えん罪となると、名誉棄損や個人情報流出など、その瞬間で済む被害ではなく、継続して被害を被る可能性もあります。

ソーシャルネットワークサービスは、とても便利で多くの方が利用していますが、使い方によっては非常に危険な場合もあります。
今回万引きで追跡された男も、まさかみそ汁180円相当を盗んだだけで、中学生4人に追いかけられ、生中継されるとは思ってもいなかったでしょう。

耳かき1本でドア解錠 3年間で数千万盗んだ疑い

金属製の耳かき1本で、玄関ドアを解錠――。こんな手口で空き巣を重ねていた男2人を、埼玉県警が逮捕し、発表しました。
築15年以上の集合住宅で普及していた錠前の一部が老朽化し、目をつけられたという。

捜査3課によると、2人は住所不定の無職の男(49)=窃盗罪などで懲役2年の一審判決=と元暴力団組員の男(50)=同罪などで公判中。
昨年10月までの約3年間で、埼玉や神奈川など1都5県の集合住宅計207カ所に侵入し、現金約2200万円と金品(時価約6200万円)を盗んだ疑いがあります。
元組員は容疑を否認しているという。

狙われたのは「ピンタンブラー錠」。
正しいかぎ以外で鍵穴部分が回らぬよう、内部にバネで押し出されたピンがあるタイプのようです。
<朝日新聞デジタル 6月15日(土)21時41分配信より>

ピッキングという言葉がニュースや新聞、テレビ番組で紹介され、同時にその対策として、ピッキングされにくい錠への変更、補助錠の取り付けなどが紹介されました。
ピッキングという手口よりもさらに古そうな、金属製の耳かき1本で玄関ドアを解錠するという侵入手口を重ねてきた男のニュースです。
いかにも泥棒という手口ですが、原始的で、今時そんなもので解錠できるのかと疑問を感じますが、実際に200件以上の犯行に成功し、数千万円の金品を奪うことに成功したようです。

犯行を重ねるにつれ、侵入技術は熟練し、どの錠が開きやすいかという判断もできるようになっていったのでしょう。
おそらく、その耳かきで開けられない家はあきらめ、また次の家、つまり別のターゲットを探して犯行を続けたのでしょう。

侵入しにくい、時間が掛かる、手間が掛かる、侵入の難易度が高い家に挑戦するよりも、耳かきで開けることができる家、または、無施錠など侵入の難易度がもっと低い家を探す方がよほど効率的かつ確実に犯行を行うことができたと思われます。
残念ながら無防備、無意識、無抵抗の家が多いのが現実です。

家の防犯対策、ホームセキュリティ=お金持ちの対策というイメージがまだ強いかもしれません。
しかし、実際には安価で簡易的な防犯システムもあります。

泥棒に鍵を解錠して侵入され、家に置いていた現金だけがきれいに盗まれるという被害だけでは済みません。
ほとんどの場合、ドアや鍵、窓ガラスが壊され、家の中に土足で侵入され、金品を探すため部屋の中は荒らされる、最悪の場合は、証拠隠滅の為に放火するという事件も発生しています。
放火まではそうそうないかもしれませんが、家の中を片付けたり、壊れた物を元の状態に戻すには、費用も時間も手間も掛かります。
ドアや鍵、窓ガラスの場合は壊れたままにはしておけません。
外出時や就寝時など、壊れたままで外部からの侵入を防げない状態が1日でもあると非常に困ります。
そのような様々な影響を考え、被害に遭わないための、事前の防犯対策を行うのです。

① 被害に遭う可能性は高くないと考え、実際に被害に遭ったら困ると思うが、遭った時に考えよう。
② 被害に遭う可能性は高くないかもしれないが、万が一を考え、費用は掛かるが事前に防犯対策を行おう。
③ 被害に遭う可能性などない、犯罪というものは自分とは無縁だ。



考え方にも色々ありますが、自分が一番後悔しない方法を考えましょう。

青森 信用組合で内部犯行 金庫室から1千万円盗まれる

八戸署は11日、県信用組合八戸支店の金庫室から1000万円を盗んだとして、三沢市幸町3、無職、川口武正容疑者(51)を窃盗容疑で逮捕したと 発表した。川口容疑者は事件当時、同支店の預金担当の係長だったが、今月6日に逮捕されたため、同組合が10日付で懲戒解雇にしている。
 同署によると、容疑は5月14日午前8時ごろから午後7時ごろまでの間に、支店の金庫室から1000万円を盗んだとしている。同署の調べでは現金の一部 は自宅にあったが、数百万円がなくなっていたという。金庫室は複数の職員でないと開けられないが、共犯者はいないと見ている。
 5月15日に1000万円がなくなっていることに同支店が気付き、内部調査を経て同24日に同署に被害届を出した。同署が同支店の全職員8人から事情を聴いた結果、川口容疑者が浮上した。
 逮捕の発表を受け、県信用組合の森山哲夫理事長が11日記者会見し、「組合員にご迷惑をおかけし大変申し訳ない」と謝罪した。
 同組合の説明によると、川口容疑者は1981年に組合に入り、2010年4月から同支店に勤務していた。同組合は川口容疑者に被害金1000万円全額の返済を求める。
<毎日新聞 6月12日(水)11時18分配信より>

信用組合も金融機関の一つです。
銀行や信用金庫で営業時間終了後、お金が1円でも合わなければ、行員は帰宅できないというところもあるように、お金に関する管理は厳しく、100%の正確さが求められ、それらの責任は非常に重いということが一般的です。

信用組合だからということではないでしょうが、1000万円が金庫室からなくなり、盗まれた時刻は不明(午前8時から午後7時までの間)、翌日気付いて、警察に届けたというのは、いくら内部犯行とは言え、発見・発覚が遅いように思います。
事件の詳細や事情は分かりませんが、お金を預けている組合員としては、今後に不安を感じるでしょうし、管理方法や体制に疑問を感じる人もいるかもしれません。
これらに応えるのもお金を預かる側の責任でしょう。

今回発生した事件に関しては、なかったことにはできません。
起きてしまったからには、今後の再発防止策をどのようにするか、そしてそれを実行し、効果を出さなければなりません。

その為には、ある一人の人間に管理を任せるなどを止め、複数人体制で相互チェック機能が働くようにし、また、建物や重要な部屋の入退出履歴や目的(入室の)を管理・制限するなど必要です。
また、部屋の内外、敷地内を防犯カメラで監視し、映像で記録しておけば、内部犯行が発生する可能性は必ず減ります。
さらに外部からの侵入者に対しての侵入防止・侵入抑止効果もありますから、効果は一つに限定されません。
防犯対策が万全で、管理体制も厳しい信用組合、これは利用者のイメージアップにもつながるでしょう。

和歌山 夏場の忍び込み泥棒に注意

気温の上昇とともに窓を開ける機会が多くなる夏場を迎え、県警が忍び込み型の窃盗事件に注意するよう呼びかけています。

「忍び込み」は、住人が就寝中に窃盗犯が屋内に侵入し、金品を盗み出す手口。
県警によると、平成24年は県内で計84件の忍び込みが発生しており、ここ数年の発生件数を分析すると6~9月に多発する傾向にあるという。

窓を侵入口とするケースが目立ち、22~24年に発生した忍び込みのうち53%を占めました。
次いで勝手口など出入り口からの侵入が29%でした。また、被害に遭った家屋のうち60%で窓や玄関が施錠されていませんでした。

節電意識が浸透する中、夜間に冷房を止めて窓を開けたまま就寝する家庭が増えることも懸念され、県警は「玄関や窓の施錠を徹底し、センサーライトの設置や家の周りに踏み台となる物を置かないなどの対策を取ってほしい」と呼びかけています。

夏場は他にも、女性の下着盗などが多発する傾向にあり、県警は「見えにくい場所に干すなどの対策を」と注意を促しています。
<産経新聞 6月7日(金)7時55分配信より>

真夏になると、窓を閉め切ってクーラーをつけたまま就寝するという家庭もあるでしょう。
今ぐらいの時期、クーラーはタイマーで切れるようにし、窓を全開にして寝ることが最も多い時期は、泥棒にとっては狙い目です。
発生するか分からない泥棒の侵入防止よりも、確実に直面する真夏の暑さ、どちらを優先するかは仕方がないのかもしれません。

しかし、その油断こそが泥棒の思うつぼなのです。
電気料金を抑える為に、クーラーを消し、窓を開放するというのは節電、節約両面でプラスになることです。
地球の温暖化防止の為にも、自然に任せて過ごす方が良いことは明らかです。
良い事づくしのように思えますが、そのことが原因で、泥棒による侵入・窃盗被害に遭ってしまったら、その被害額は節約した分を大きく上回ります。

どちらが良いかは各々の判断になりますが、防犯・防災面での対策も考えるべきでしょう。
どこかの地域で大規模な地震が起こる可能性は〇〇%という予測がニュースや新聞などで報道されることが多々あります。
これらの自然災害は、規模のよっては甚大な被害をもたらす結果となりますが、あくまでも自然ですから、予測に過ぎません。
それに比べて、侵入・窃盗、放火、詐欺などの犯罪被害というものは、人為的な被害ですから、相手(犯罪者)がやろうと思えばほぼ100%被害を与えることができます。(犯罪者が捕まるというリスクを無視した場合)

そのように考えると非常に恐ろしい状態です。
相手次第で犯罪被害に巻き込まれてしまう状態です。
これをそのまま放置しておくのは危険です。
それを改善、回避しようとする為に行うのが事前の防犯対策です。

  • 1
Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN