防犯ブログ


  1. ホーム
  2. 防犯ブログ
  3. 2013年05月
  4. さいたま 深夜の無施錠アパート狙い 女性に乱暴、窃盗も

記事詳細

さいたま 深夜の無施錠アパート狙い 女性に乱暴、窃盗も

玄関が無施錠のアパートの部屋に侵入して住人の女性を暴行したなどとして、県警捜査1課と浦和西署は7日、準強制わいせつや、窃盗などの疑いで、さいたま市桜区上大久保、アルバイトの男(22)=別の準強制わいせつ未遂罪で起訴=を再逮捕しました。

捜査1課によると「寝ている女性に興味があった。他にも同じことをやった」と供述。
同課はさいたま市内で同様の事件を約5件把握しており関連を調べています。

再逮捕容疑は4月10日未明、さいたま市内のアパートの一室に無施錠の玄関から侵入。
室内で寝ていた20代の女性の現金約1万円を盗んだうえ、女性の衣服をハサミで切り裂き、暴行したなどとしています。

男は事件前日の9日未明にも、同市内の別のアパートの一室に侵入して、10代の女性に同様の暴行を加えたなどとして逮捕されていました。

同課の調べでは、男はアパートで玄関が無施錠の部屋を狙って行為に及んでいた疑いがあります。
防犯カメラの解析や、現場の遺留物などから男の関与が浮上しました。
<産経新聞 5月8日(水)9時40分配信より>

今はちょうど季節の変わり目で、特に昼間は暑いほどで、窓や扉を開けっ放しのまま外出したり、就寝してしまうことがあるでしょう。
これから夏にかけて節電目的でそのようにする家が増えてくるでしょう。
犯罪者は必ずそこに目を付け、必然的に侵入・窃盗・暴行被害が多発するでしょう。

窓ガラスの方はまだ分かりますが、玄関が無施錠というのはなかなか理解できません。
男の一人暮らしでも、玄関無施錠のまま外出、就寝というのは考えられません。
もしかすると、共用の玄関がオートロックなど、個別の玄関は無施錠でも大丈夫だろうと考える人もいるかもしれません。
これは非常に危険な考え方です。

少し考えれば分かると思いますが、部外者が住人に紛れてオートロックをすり抜けることは簡単です。
郵便配達員や運送会社社員、電気・ガスの作業員などを偽って、堂々とオートロックを解除してもらい中に侵入することもできます。
防犯対策として全く効果がないとは言いませんが、攻略方法はいくらでもあるということです。
これでは侵入者対策としては心もとないでしょう。
100%というものはありませんが、侵入者に対してほぼ確実に動作するシステムでないと効果があるとは言えません。

侵入者を検知する防犯センサーや防犯カメラなど、より防犯効果の高い対策が必要です。

Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN