防犯ブログ


  1. ホーム
  2. 防犯ブログ
  3. 2013年02月
  4. 午前11時と午後3時 泥棒に注意?

記事詳細

午前11時と午後3時 泥棒に注意?

県警捜査3課と大宮東、久喜、上尾、春日部署は20日までに、窃盗と住居侵入などの疑いで、さいたま市大宮区の無職少年ら少年5人=いずれも19歳=を逮捕しました。
5人は昨年の9カ月間にさいたまや春日部市などを中心に151件の窃盗を重ね、被害総額は約6200万円に上りました。

逮捕容疑は昨年3月から12月までの間、さいたま市見沼区の民家など151カ所に侵入し、現金計約1700万円や、指輪、腕時計など約1600点(計約4500万円相当)を盗んだ疑い。

同課によると、少年たちは裏通りの2階建て住宅などを狙い、午前11時と午後3時ごろにインターホンを押して留守を確認するとドライバーで窓の施錠を破り、室内を物色。
蓮田市の民家から485万円を、宮代町の住宅からは234万円を盗んでいました。
犯行を目撃されて逃走しても、翌日に再度侵入していた。

盗んだ金を少年たちは自慢し合ったり、ブランド品購入に充てていました。
貴金属や商品券などをさいたま市や川越市の質店で売ったことから5人が浮上しました。
少年5人のうち3人は、春日部市を拠点とするギャングチーム「櫻誠會」のメンバーで、OBから盗みのノウハウを伝授されたという。県警は余罪や共犯者について調べています。
<埼玉新聞 2月20日(水)23時50分配信より>

2階建て住宅などを狙い、午前11時と午後3時ごろ、インターホンを押して留守を確認してから侵入するという手口です。
2回留守を確認しているところが慎重さを感じます。
ただ、犯行を目撃され、その場から逃走しても、翌日には再度侵入していたということですから大胆さも兼ね備えている窃盗グループです。

ギャングチームのメンバーで、OBから盗みのノウハウを伝授されているという供述から、歴代のメンバーも窃盗を繰り返していたと思われます。
そこで培われた泥棒としてのスキル・手口が後輩に伝わり、新たな犯罪が生まれているのでしょう。
このような悪い流れは断ち切らなければなりません。

アメリカのギャングというのは、映画、音楽、ニュースなどでも取り上げられることがあります。
少年らが当たり前のように銃を所持し、麻薬取引で活動資金を稼ぎ、暴行、殺人、窃盗、破壊活動など様々な犯罪を行うことが珍しくありません。
それに憧れてか、日本でもギャングというものが今後、広がる可能性もあります。

今回の窃盗グループから犯罪被害に遭わなかった家もあるでしょう。
インターホンを押したら中から人が出てきた、有人の建物は当然狙わないでしょう。
それ以外にも、番犬がいたり、常に周囲に人がいる、防犯カメラで監視している、防犯センサーで敷地・建物内を警戒しているようなところも狙われなかったはずです。
犯罪を犯すにも危険性が高まるからです。

泥棒を捕まえることができる対策・方法があればそれがベストです。
しかし、普通に考えれば、素人が泥棒を捕まえることなどできません。
証拠がないだろう、と開き直られた後の対処も難しいです。
そうなると、被害に遭わないように、狙われないように自衛の対策を行うことが次善策です。
ベストではありませんがベターな対策と言えます。

Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN