1. HOME
  2. 防犯ブログ

防犯ブログ

福井 教育委員会事務局から現金15万円盗まれる

市によると2日午前7時25分ごろ、出勤した職員が事務局の出入り口扉のガラスが割れているのを発見しました。
ガラスはノブのすぐ上を、半径10センチほどの扇形に切り取られていた。鍵は掛かったままでした。

事務局内に荒らされた形跡はありませんでしたが、スポーツ課のスチール製戸棚(高さ87センチ、幅51センチ、奥行き38センチ)に入っていた県民スポーツ祭参加団体の激励費など12万5千円と、同課と教育総務課の職員の事務机2カ所から計3万2千円がなくなっていました。
学校や団体の個人情報の入ったパソコン、書類などは無事でした。

発見時、スチール製戸棚の正面扉は鍵が掛かっており、鍵はいつもと同じように職員の机の引き出しにあったようです。

事務局職員は1日午後10時半までに全て退庁。
宿直は1人体制で1日午後11時、2日午前6時に庁舎内を見回ったときには、異常に気付かなかったという。

市の被害届を受けて大野署は2日午前、窃盗の疑いで実況見分や鑑識作業を行いました。
<福井新聞ONLINE 8月3日(金)8時6分配信より>

市役所や公的施設への侵入窃盗事件が目立ちます。
今回の市役所でも当直の担当者が居るため、窃盗に対する警戒が薄かったのかもしれません。
施設の広さ等は分かりませんが、当直の1人だけでは全ての箇所を常に警戒するのは不可能でしょう。
どこかに必ず欠点、弱点、穴ができています。
そこを突かれたら簡単に侵入を許してしまう場合があります。

人の増員が難しいのであれば、重要箇所や使用していない所(普段無人)は防犯センサーで取り囲み警戒する、防犯カメラを設置し映像を記録する、ガラスや扉を補強する(材質強化、補助錠設置)などのハード面での防犯対策を行うべきです。
長い目で見ますと、人件費よりずっと安くあがるはずです。

市役所や教育委員会と言えば、これまではあまり泥棒のターゲットではなかったかもしれません。
しかし、意外に現金を置いていたり、パソコンの普及、大型のテレビなど高価な物が存在しています。
また、地域住民の個人情報などが集まる場所ですから、守るべき対象は多くあります。

自分の住んでいる家、勤め先が、泥棒に対して安全かどうかというのは、よく見てみると、考えてみると分かります。
素人から見ても不用心だな、危ないな、大丈夫かなという点がきっとあります。
そこに気付いたら、そのままにしておくのではなく、何か改善できないかと考え、そして実行すべきです。
それが万が一の侵入窃盗被害に遭わない方法の一つです。

投稿者:総合防犯設備士(2012年8月03日)|記事URL | あとで読む

茨城他郊外の幼稚園狙い104件の犯行

県警捜査3課、牛久署の合同捜査班は1日、窃盗事件で逮捕、起訴された住居不定、無職の男(34)=常習累犯窃盗罪で公判中=が、茨城、群馬、栃木、埼玉、千葉の5県で郊外の幼稚園などで窃盗と窃盗未遂事件104件に関与してたことを明らかにしました。
被害総額は約220万円相当に上ります。

同課の調べによると、男は昨年11月~今年4月、5県で郊外にある幼稚園や保育園を中心に犯行を繰り返していたとされます。
夜間、自転車で現場まで行き、ドライバーでガラスを割り侵入、現金やデジタルカメラ、ビデオカメラなどを盗む手口でした。
盗品は転売し、生活費に充てていたという。

男は「郊外の幼稚園は犯行中に気づかれにくく、味をしめた」などと供述しているという。
男は4月、利根町で起きた窃盗事件で逮捕、起訴されています。
<産経新聞 8月2日(木)7時55分配信より>

無人というのは狙われやすいポイントの一つです。
人が常に行き交う場所だと、人の目を気にしてうかつなことはできません。
目撃者がたくさんいる訳ですから、何らかの犯罪を行った場合、あとで捕まる可能性が高くなってしまいます。

その点、無人の場所は人が少ない場所は、犯罪者にとっての狙い目となります。
営業時間や営業日が決まっている店舗や事務所などはターゲットとしては選びやすくなります。
営業時間外、休業日を狙えば、無人状態ですから、侵入にさえ成功すれば犯行は行いやすくなります。
侵入を防ぐためのワンドア・ツーロック、壊しにくい材質の扉やガラスというのは、侵入する時間稼ぎや手間を掛けさせるという効果はありますが、一旦突破されると、あとの犯行は自由にできてしまうという点があります。

一番良いのは常に人の目で監視し続けることでしょう。
強盗という犯罪はありますが、人が居て、建物内で活動していれば(就寝中でなければ)、普通は犯行対象から外します。
この人の目の代わりをしてくれるのが機械の目、防犯カメラによる監視です。
人件費を払い続けることもなく、文句を言うことなく働いてくれる便利なものです。

投稿者:総合防犯設備士(2012年8月02日)|記事URL | あとで読む

盗難エアコンにGPS機能付き携帯取付、追跡

リサイクル店からエアコン一式を盗んだとして、福岡県警筑紫野署は27日、同県春日市天神山1、無職の男(67)を窃盗容疑で逮捕しました。

店側が、室外機に全地球測位システム(GPS)機能付きの携帯電話を取り付けていたため場所が分かり、逮捕につながったという。

発表によると、男は26日夜から27日朝にかけて、同市内の店の敷地に置かれていたエアコン一式(時価4000円相当)を盗んだ疑いです。
「小遣いが欲しかった」と容疑を認めており、同署は売却目的だったとみています。

店では、これまでにも中古家電が盗まれる被害が数件発生。
店主の長男(25)が室外機の内側に携帯電話をテープで貼り付けていました。
長男がGPSの表示を頼りにエアコンの位置を割り出し、男宅の駐車場で軽トラックの荷台にエアコン一式があるのを見つけ、110番しました。
<読売新聞 7月28日(土)15時14分配信より>

物にGPS機能がある部品を付ければ、仮に盗難被害に遭ったとしても後で追跡することができます。
現在地が分かりますから、おそらく犯人逮捕にもつながるでしょうし、犯罪の抑止力として働きます。
しかし、それが大きく広まると今度は泥棒側がそのGPS機能を無効にする方法を考えるでしょう。
妨害電波を出すような装置や、それがついている部品自体を破壊するという方法で、GPS機能を使えなくしようと考えます。

防犯対策と侵入対策のイタチゴッコと同じです。
どちらかが進歩、進化すると、相手もその対抗策を考えるということです。
100%完璧な対策はありません。
犯罪の手口も日々進歩、進化しています。
その時代、その地域に応じて対策も柔軟に変えていかなければ被害を防ぐことはできません。

投稿者:総合防犯設備士(2012年7月30日)|記事URL | あとで読む

日々発生しているひったくり、背後からの自転車バイクに気を付けて

以外にも毎日のように頻繁に発生しているひったくり。
ひったくり犯は、主に自転車やバイクでの犯行が目立っています。
被害に会わないためにも、背後からやってくる人影は要注意です。

京都市では、メール登録するだけで、ひったくり等の事件が発生すると、
登録した人に一斉に事件の内容が配信されます。

そのメールの内容を過去にさかのぼって確認すると、
ひったくりが多発し目立っています。

私が懸念するのは、今は夏休みシーズン。
ひったくり犯は、少年の犯罪が多いため、ひったくり犯は夏休み中に、
どこかでひったくりを繰り返すのではないかと心配です。

ひったくりをされないようにすることも重要なポイントです。
繰り返しになりますが、背後からの自転車やバイクは特に注意する必要があります。
カバンを持つ手も工夫が必要です。
車道側にカバンを持つのではなく、壁前、壁面側にカバンを持ちましょう。

男性も被害遭っていますので、
日々の財布の管理を忘れずに。

セキュリティハウス】

投稿者:総合防犯設備士(2012年7月26日)|記事URL | あとで読む

営業中に空き巣 9府県で被害1600万円

貴金属買い取り会社に勤務中に営業先で貴金属類を盗んだとして、県警捜査3課などは25日、窃盗容疑で大阪府門真市の無職の男(22)=窃盗罪などで公判中=ら4人を追送検し、捜査を終結したと発表しました。
県警は昨年10月~今年3月の犯行35件を裏付け、被害は兵庫や大阪など2府7県で計約1600万円にのぼりました。

同課によると、4人は同じ会社に勤務し、営業先の留守宅を狙って空き巣を重ねていました。
会社側の「月50万円」のノルマ達成のため、当初は盗んだ貴金属類を会社に納めていましたが、次第に高く買い取る別の店で売却するようになったという。

追送検容疑は2月17日、赤穂市内の民家に侵入し、指輪やネックレスなど8点(36万円相当)を盗んだなどとしています。
<産経新聞 7月26日(木)7時55分配信より>

会社から課せられたノルマ達成のため、勤務中に営業先から貴金属類を盗み、それを会社に自分の売上分として納めていたようです。(会社からは仕入分として現金を受け取っていたのでしょうか)
それに味をしめたのか、次第に高く買い取る別の店で売却し、自分の利益を増やすようになっていったのでしょう。
ノルマはどうでもよくなり、それよりも自分の利益の為に、盗みを繰り返していたのかもしれません。

4人とも同じ会社に勤めていたということですが、どんな会社なのでしょう。
会社の中でも誰も怪しまなかったのか、不思議です。
会社名は報道されていませんが、もし報道されれば大問題です。
信用は一気に無くなりますし、仕事しながら泥棒していた社員がいる会社として、多くの人に最悪のイメージを持たれてしまうことでしょう。

犯罪を犯したのは個人の問題とはとても片付けられません。(勤務時間中でしょうから余計に)
社員教育の重要性・必要性を感じます。
コンプライアンス、法を守りなさいということが、色々なところで日々言われていますが、まさにその意識が欠けていると思われます。

留守宅への空き巣ということですから、おそらく留守でも防犯システムや防犯カメラがついているところは避けて犯行を行ったと思われます。
金目の物があったとしても、侵入に困難な場所、捕まる危険性を冒してまで犯行は行いません。
それより別の無防備な留守宅を探す方が簡単だからです。
ここが泥棒に狙われるかの境目となる点です。
防犯対策は泥棒を捕まえるためのものではなく、狙われにくくするためのものと考えた方がよいでしょう。

投稿者:総合防犯設備士(2012年7月26日)|記事URL | あとで読む

埼玉 1千万円の防犯カメラシステム導入で自転車盗激減

ひったくりや空き巣狙いなどの犯罪が後を絶たない蕨市で、JR蕨駅東口にある商店会が2年前に防犯カメラを設置したところ、自転車盗が激減するなどの効果が現れています。
商店会としては市内初の取り組みで、別の商店会でも導入の動きがあるという。
蕨署では「犯罪抑止効果があり、防犯面で期待している」と話しています。

防犯カメラを設置したのは、蕨駅から東側に伸びる「東口一番街」と「塚越大通り」の商店など80店が加盟する塚越商店会。
駅前と線路沿い道路、商店街などで、10、11年に各8台を計14カ所に設置しました。

蕨署によると、商店会のある塚越1、2丁目の刑法犯数は、10年は前年比45件増の357件でしたが、11年は同80件減の277件と2割以上減少しました。
今年は5月までに前年同期比25件減の99件。
昨年6件あったひったくり事件は、今年はまだ1件です。
同所管内で発生した窃盗事件などの捜査にもカメラの録画映像が役立ったという。

カメラ導入のきっかけは、クリーニング店を経営する商店会長(79)が、近くの公園付近で10年6月ごろ、女性がひったくり被害に遭った現場に居合わせたこと。
その直前にも、オートバイに乗った2人組による連続ひったくり事件が起きたため、会長が「放置できない」と市に直談判し、実現にこぎ着けました。

費用は総額約1000万円で、県、市、商店会が分担しました。
会長は「防犯カメラのない地区内の商店からも要望があるので、増設したい」と話します。

蕨と隣接する戸田市は、県内自治体の犯罪発生率で一時期ワースト1、2位を争いました。
利用客が多いJRの各駅を抱える両市は、自転車盗などの増加が全体の犯罪発生率を引き上げる傾向が強い。

このため、両市は駅前の放置自転車を減らすなどの対策や防犯パトロールを強化し、犯罪の未然防止対策を進めてきました。
蕨市は他地区への防犯カメラ設置について「要望や必要性があれば検討したい」としています。
<毎日新聞 7月24日(火)12時31分配信より>

ひったくりや空き巣、自転車泥棒などの犯罪被害が絶えなかった埼玉県蕨市で、県・市・商店会が費用分担して総額1千万円の防犯カメラシステムを導入したところ、犯罪件数減少の効果が表れているようです。
特に自転車盗は激減しているようで、大掛かりな窃盗団や特定の自転車を狙う者でない限り、自転車を盗もうとするような犯罪者は、カメラがあるからやめておこう、他の場所にしようと考えることがほとんどでしょう。
その場での犯行の抑止効果は抜群だと思います。

防犯カメラを無視して行われる犯行もあります。
宝石・貴金属店が襲われる場合、ほとんどが複数の防犯カメラが設置されているにも関わらず侵入・窃盗被害に遭っています。
犯罪者側も防犯カメラが設置されていること、リスクの高さは承知の上での犯行です。
危険を冒しても何百万円、何千万円の価値のある商品や現金を得ることができる可能性に賭けているのでしょう。

ただ、犯罪の種類・内容によっては大きな効果を発揮します。
自転車泥棒や住宅への侵入盗の犯人は、まず自分の身を守ること、身の安全を第一に考えるでしょうから、捕まるリスクは最小限に留めたいはずです。
その場合、防犯カメラというものは大きな障害となります。
避けられない場合は別ですが、普通は避けて、別のターゲットを探せば済むからです。

投稿者:総合防犯設備士(2012年7月25日)|記事URL | あとで読む

スーパーで124点万引き 大胆過ぎてばれない?

有馬署は21日、神戸市北区のスーパーで買い物かご2個分の食料品や日用品など計124点(4万5582円相当)を盗んだとして三木市吉川町みなぎ台1、喫茶店経営の女(54)を窃盗容疑で逮捕しました。
「体調が悪く、車で休んでから後で払うつもりだった」と否認しているという。

逮捕容疑は、同区山田町上谷上のスーパーで、ステーキ用牛肉やヒラメの刺し身、総菜、菓子などの食品のほか、高級ビールや電動歯ブラシなどをカートに入れ、レジを通さないまま店外に出て、盗んだとしています。
同店では以前にも同様の被害があり、女の顔を覚えていた店員が尾行し、駐車場に出て商品を車に積もうとしたところを取り押さえました。〔神戸版〕
<毎日新聞 7月22日(日)14時25分配信より>

スーパーでステーキ用牛肉や高級ビールなど124点、4万5千円以上を万引きした女が逮捕されました。
あまりにも堂々とした買い物を装った手口なので、誰も万引きだとは疑わないと考えたのでしょうか。
今回は捕まりましたが、以前も同様の被害に遭ったようですから、その事件も同じ犯人だとすれば、一度は成功しているということです。

万引きというと、店員や他の買い物客に怪しまれないように、こそこそと人目を避け、素早く動き、少しでも早くその場から離れようと考えます。
大量の商品を堂々と盗み出す手口だと、一般的な万引き犯とは様子が違いますから、ばれにくいという考えでしょうか。

このニュースを見た時、実際の犯人の様子を想像してにやりと笑ってしまいましたが、被害に遭われたスーパーからみれば、一気に4万円以上の商品を奪われ、当然その利益はゼロです。
とても笑える状態ではありません。

例えば、一ヶ月平均で3万円の万引き被害がある店だとします。
毎月1万5千円のリース料を支払い、万引き防止対策として、防犯カメラ防犯システムを導入したとします。
その結果、一ヶ月の万引き被害が3万円から1万円に減ったとしたら、2万円の削減効果があったということです。
つまり、2万円とリース料1万5千円を差し引いた「5千円」分が純粋に経費削減できた、と考えることもできます。
このような考え方でも防犯対策を検討していただくと分かりやすいのではないでしょうか。

投稿者:総合防犯設備士(2012年7月24日)|記事URL | あとで読む

安全には『予防』が重要

悲しいかな、立体駐車場の台座に挟まれ、
幼い子どもの命が奪われる事件が発生しました。

なぜ事故を未然に防ぐことができなかったのか?
立体駐車場のシステムは、危険が付きもの。
もし、人を検知するセンサーが反応して
立体駐車場のシステムを停止することができれば
命を奪われる事件は防ぐことができたかもしれません。

防犯でも同じことが言えますが、
事が起きてから手を打っても手遅れです。
事が起きる前に対策が必要です。
安全には『予防』が重要です。

<ニュース>
4歳の男の子挟まれ死亡 駐車場のエレベーターに
テレビ朝日系(ANN) 7月24日(火)7時53分配信

23日夕方、岩手県花巻市で、4歳の男の子がマンションの
立体駐車場のエレベーターと壁の間に挟まれて死亡する
事故が起きました。

消防によりますと、午後5時半ごろ、花巻市のマンション
にある立体駐車場で、「子どもがエレベーターに挟まった」
とマンションの管理人から通報がありました。
消防が駆けつけましたが、このマンションに住む
4歳の湯川敦生ちゃんがまもなく死亡しました。
警察と消防は、敦生ちゃんの母親が駐車した後に
エレベーターを操作した際、誤って挟まったものとみて
詳しい事故原因を調べています。

投稿者:総合防犯設備士(2012年7月24日)|記事URL | あとで読む

滋賀 観賞用カブトムシ約100匹盗まれる

滋賀・草津市追分町の市立ロクハ公園内で21日、園内にあるカブトムシの観察用の小屋から、カブトムシ約100匹が盗まれているのが見つかり、警察は窃盗事件として捜査しています。

警察などによると、21日朝、公園職員が見回りに来たところ、小屋のネットが破られ、飼育していたカブトムシ97匹とコクワガタ3匹が盗まれていたという。
この小屋は、子供たちにカブトムシと触れ合ってもらおうと、毎年夏に一般開放しているもので、今年は21日がオープンの予定でした。

この小屋では、9日にも同様の手口でコクワガタ2匹が盗まれていて、警察は同一犯の可能性もあるとみて調べています。
<日本テレビ系(NNN) 7月21日(土)20時53分配信より>

被害総額は約2万4千円ということですからカブトムシ1匹辺り250円程です。
オス、メスの違い、クワガタの種類によって大きく金額も異なります。
一昔前、オオクワガタの中で大型のものが一匹100万円で売買されると大きな話題になったことがありました。
私も転売目的ではなく、個人的に欲しい、オオクワガタ格好いいという思いから、田舎で虫捕りに励んだ記憶があります。
今は、自分で育てる人も増え、ペットショップなどでも売買されていることから価格も安定しているようです。

ただクワガタの成虫の寿命は1~2年ということですから、一夏で死んでしまうことが多いでしょう。
ずっと飼い続けることは出来ませんから瞬間的な価値でしか計ることはできません。
それでも欲しいという者が大人から子供までいるということです。(ほとんどが男性でしょう)

今回被害に遭った公園では、飼育していたカブトムシとクワガタが計100匹盗まれました。
おそらく転売目的でしょう。(子供が自分用に盗んだとは思えません)
子供たちの為に観賞用として一般開放していたものですから、せっかくの善意を悪用した犯罪と言えるでしょう。
公園側としては何らかの再発防止策、防犯対策をとらざるを得ません。

防犯カメラの設置や、一般開放を取りやめるということも考えられます。
費用を掛けての対策(防犯カメラや侵入警戒センサーの設置)ができないとなると、開放の取りやめ、飼育の中止という事態も考えられます。
影響を考えると、個人的な欲望だけでは済みません。
単なるカブトムシ泥棒、犯罪者にとっては、とるに足りない一つの事件ですが、被害者とその周囲の人にとっては大きな影響を受けることがあります。
万が一の犯罪被害に対して、様々な角度から事前の防犯対策を講じることが必要です。

投稿者:総合防犯設備士(2012年7月23日)|記事URL | あとで読む

岐阜 3年連続アイガモ盗難

羽島市桑原町大須の田で育てていたアイガモ約25羽が盗まれたことが19日、分かりました。
昨年も周辺の田と合わせ数羽ずつ数回盗まれ、一昨年は隣接の田と合わせ約40羽が一度に盗まれたという。
世話をしていた、農家などでつくる「アイガモ稲作研究会」の会長(66)は「子供たちも成長を楽しみにしているのに許せない」と憤慨しています。

会長によると、14日午後5時ごろは異常がなく、15日朝8時に来たら1羽しか残っていなかったという。
この田では、近くの酒造元「千代菊」と同研究会が協力し、市民が田植えから稲刈り、仕込みを行って日本酒をつくる体験プロジェクトが進められており、6月16日に市民約200人が田植えをしました。
アイガモはその際に子どもらが放したという。

会長は「子供の夢を壊すことはできない」と隣接する田の12羽を移して、子供たちをがっかりさせないようにしました。
また、田の脇の飼育小屋を人が入れないように改造し、センサー付きのライトを設置しました。
防犯カメラも設置する予定。
<毎日新聞 7月20日(金)13時5分配信より>

人の目による監視には限界があります。
24時間同じ人が同じ場所で監視続けることは不可能です。
だからと言って交代制で発生するか分からない犯罪を監視続けるのは大変です。
警備員など専門の職業は別ですが、一般の人が監視するのは無理があります。
油断や見逃し、ちょっとした隙を突かれて犯行が行われることもあるでしょう。

今回ターゲットになっているのはアイガモという動物です。
あちこち動き回りますし、目で捉えるのも難しいでしょう。
1羽ではなく数十羽もいるようですから、数羽盗まれてもすぐには分からないかもしれません。

このような人の目による監視を助けてくれる、補ってくれるのが防犯カメラです。
単純な比較はできませんが、初期導入コストは掛かるものの、長期的にみますと人件費と比べると安く上がります。
停電や機械の電気的トラブルなどがなければ、24時間継続して監視し、映像を記録することもできますから便利です。
人の目のような隙も生じませんし、集中力に波もありません。
予算的に余裕があれば両方導入するのが望ましいですが、限られているのであれば防犯カメラの方をお勧めします。

犯罪者も防犯カメラに見られている、監視されている状況下では犯行は行いにくいものです。
それが犯罪の抑止効果(犯罪自体は無理でも、犯罪者にその場での犯行を思い留まらせる効果)と呼ばれるものです。

投稿者:総合防犯設備士(2012年7月21日)|記事URL | あとで読む

3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る