1. HOME
  2. 防犯ブログ

防犯ブログ

百貨店で客の振りして高級時計盗む

百貨店から高級腕時計を盗んだとして、警視庁捜査3課は窃盗の疑いで、モンゴル国籍で東京都台東区台東、無職の男(24)ら男2人を再逮捕しました。
同課は、東京や神奈川県の貴金属店などで起きた窃盗事件11件(被害総額1685万円相当)に関与したとみています。

同課によると、男(24)は「生活費欲しさにやった」と容疑を認め、もう1人のモンゴル人の男は「預かっていたものだ」と否認しています。

逮捕容疑は3月27日午後0時35分ごろ、豊島区西池袋の東武百貨店の時計売り場からドイツ製高級腕時計4個(計710万円相当)を盗んだとしています。

同課によると、1人が客のふりをして店員の注意をひきつけ、もう1人がショーケースのつなぎ目部分をカッターで切断して、盗んだとみられます。
2人は同じ日本語学校に通っていた仲間。
渋谷区の貴金属店で腕時計1点(104万円相当)を盗んだなどとして3月30日に逮捕されていました。
<産経新聞 4月24日(火)17時8分配信より>

お客と泥棒(万引き犯)を人間の目で見分けるのは難しいでしょう。
テレビで紹介されるような万引きGメンであれば、犯罪者特有の不自然さ等を見抜いて、犯人を捕まえられるのかもしれませんが、普通の人には無理です。
店の従業員や、ましてやアルバイト店員となると、さらに難しくなるでしょう。

そこで役に立つ、助けとなるのが防犯カメラという機械の目による監視です。
24時間、映像を記録することも可能です。
人間が見逃す、見過ごすタイミングでも、機械ですから正確に記録します。
初期導入の費用や電気代等もかかりますが、その代用として人を雇い続けることを考えると、必ずしも高い買い物ではありません。

防犯カメラに全て任せれば安心だというのは極端です。
うまく活用し、人の目と機械の目、両方による監視を行うことで、より効果を発揮します。
仮に人の目をくぐりぬけても機械の目で捕まえる。
逆に機械の目の死角に対しては、人の目で補う、というお互いの長所を活かすことで、よりお互いの持ち味が出てきます。
防犯システムや防犯カメラなどの機械だけでなく、人の意識や心掛け次第で、犯罪者がより嫌がる環境が出来上がります。

投稿者:総合防犯設備士(2012年4月24日)|記事URL | あとで読む

登校中の児童の列に車が突っ込む悲惨な事故。日ごろから予防が大切。

登校中の児童の列に車が突っ込むという悲惨な事故が昨日発生しました。
私も小学生の子どもを持つ親として、とてもショッキングでした。


今朝のニュースでは、事故があった道路は
頻繁に事故が発生しているような危険な場所だったとのこと。
歩道にガードレールを設置していればよかったのにと正直思いました。
もし、ガードレールが設置していたのであれば
少なくとも子どもの命までは奪われなかったように思います。


これは、防犯対策や災害対策にも共通している課題でもあります。
人の命が奪われるような強盗事件が発生してから、
強盗対策をやっておけばよかった。と思うことや、
家族や親せきの方が亡くなるような大きな地震が発生してから、
防災対策をしっかりやっておけばよかった。と思うことが時々あります。


特に防災対策に関して言えば、
地域における自治会活動でも影響があります。
近年、新築マンションの自治会活動は、
全くといってよいほど機能していないところが
多数あるとのことです。


自治会活動等には、全く関心がないということかもしれません。
万が一、大規模な地震が発生した場合どうなるのでしょうか?
逃げる場所もわからないし、どこへ避難すればよいのか全くわからない状況になります。
緊急連絡も自治体の連携で、様々な情報が伝わります。
万が一の際、たよりになるのは人と人との連携です。


自分の命を守るためにも、自分の家族を守るためにも、
人と人とのつながりがとても大切です。
何か被害にあってからの対策ではなく、
日ごろから、災害予防や犯罪予防が大切です。
そのことは、今回の児童の列に車が突っ込んだ事件で改めて感じました。

投稿者:総合防犯設備士(2012年4月24日)|記事URL | あとで読む

山梨 小中13校でノートパソコン紛失? 計41台

甲府市内の市立小中学校11校でノートパソコン計39台が紛失した問題で、同市教委は19日、新たに市内の小学校1校と中学校1校でそれぞれノートパソコン1台の紛失が確認されたと発表しました。
2校は盗難被害にあったとして県警に被害届けを提出する方針。
紛失したパソコンは小中学校13校で計41台(約164万円)になります。

市教委学事課によると、市教委が当初、パソコン保守管理業務の委託業者と共に台数を確認した際、業者とこの2校の間で連絡の行き違いがあり、紛失を見落としていたという。

紛失問題を受けて、県教委が県内市町村教委を通して全校に調査を依頼。
甲府市内でも学校が独自に再調査した結果、今回の漏れが発覚した。

この問題を巡っては、同市立小からノートパソコン1台などを盗んだとして同市教委元嘱託職員、塚原正巳容疑者(29)=同市下河原町=が窃盗容疑で甲府署に逮捕されています。
<毎日新聞 4月20日(金)12時55分配信より>

13の小中学校で、計41台のノートパソコンが「紛失」したという事件です。
1台、2台なら紛失ではなく、窃盗ではないでしょうか。
なくしたでは済まされない問題です。
それを紛失で済まそうとしている(そのように見える)ように見えることが問題でしょう。

学校での犯罪、職員、教師の財布やノートパソコンの盗難、楽器や美術品・音響装置の盗難、生徒の財布や制服、体育道具の盗難、暴漢の侵入、海外なら銃の乱射や麻薬売買なども考えられます。

学校=神聖で、犯罪とは無縁の世界のようなイメージ(またはそうであってほしいという願望)がありますが、実際には上記のような犯罪が発生している、または発生する可能性を持っています。

それを事前に防ぐ、または防ごうと努力することが大切です。
最も危険なのは、無防備、無関心、無警戒、無関係、無意識など、「無」の漢字の状態のままでいることです。
それを少しでも改めようとすることから始めましょう、防犯対策の第一歩です。

投稿者:総合防犯設備士(2012年4月20日)|記事URL | あとで読む

オーストラリア 水族館からペンギン泥棒逮捕

オーストラリアの観光地ゴールドコーストの水族館からペンギン1羽を盗んだとして、地元警察は男3人を逮捕しました。
男らはインターネットにペンギンの写真を投稿していたことから身元が割れたという。

盗まれた7歳のオスのペンギン「ダーク」は、ゴールドコーストの水族館「オーストラリア・シーワールド」で飼育されているフェアリーペンギン29羽のうちの1羽。
15日夜、ゴールドコースト中部サウスポートの埠頭(ふとう)の下で見つかりました。
怯えていたものの、けがなどはなさそうだという。

シーワールドの広報によると、今回のような事件は40年前の開園以来初めてだという。
ダークが盗まれたのは14日夜。
行方を探していたところ、3人の男がペンギンを放す様子を写した写真が交流サイトのフェイスブックに投稿されているとして、警察から連絡がありました。

同園は地元メディアを通じ、一般にもペンギン探しへの協力を呼びかけました。
その結果、疲れ切って埠頭の下に隠れているダークが見つかったという。

ダークは飼育下で生まれ、サメや猫や犬などの天敵に対してほとんど無防備。
発見されなければ長くは生きられなかっただろうと広報は話しています。
獣医に見守られて1晩を過ごした後、シーワールドに戻り、仲間に再会しました。

クイーンズランド州警察によれば、不法侵入や窃盗などの容疑で逮捕された男3人はその後釈放され、5月2日に裁判所に出廷します。
<CNN.co.jp 4月17日(火)11時33分配信より>

水族館からペンギン1羽が盗まれたという事件です。
犯人がフェイスブックに投稿した写真から、犯人特定につながり、ペンギンも見つかりました。
自らの犯行を、自らネット上に流した間抜けな犯人達ですが、もし、転売目的や、個人的な収集目的であれば、このように発覚することはなく、ペンギンが水族館に戻ることもなかったかもしれません。

水族館の防犯体制がどのようなものなのかは分かりませんが、夜、侵入され、ペンギンがいなくなっても、その行方を捜すという手段しか講じていないことから、防犯カメラは設置されていなかったように思います。(少なくともペンギンがいた場所付近にはついていないのでしょう)

動物や魚は、食べるという単純な目的以外に、ペットとしての価値、毛皮や印鑑などへの加工などの目的の為に、売買されます。
特にペットに関しては、ペット産業というものが年々拡大していることから分かるように、様々な需要があります。
珍しい生き物、希少価値のある生き物は、売買の対象として非常に魅力的です。

動物園や水族館の動物達もその対象と考えられます。
需要があるからには、それを満たすための供給方法を考えます。
犯罪者の場合は、その方法が、他人のものを盗むという犯罪行為になるわけです。

今回のような面白半分、イタズラ的な犯行(被害者にとっては、どのような目的でも同じ被害ですが)だと防衛策もとりやすいでしょう。
侵入すること、盗むことを生業にしている者、つまりプロの泥棒を想定する場合は、その対策も工夫しなければなりません。
彼らがリスクを無視(捕まってもよい覚悟)して犯行を行なおうとすれば、物理的にそれらを防ぐのはほぼ不可能です。
そうさせない、犯行対象とさせないための対策で対抗しなければなりません。

投稿者:総合防犯設備士(2012年4月19日)|記事URL | あとで読む

新聞の訃報記事見て空き巣 告別式で不在の家狙う

新聞の訃報記事を見て告別式で不在の住宅を狙い、空き巣に入ったとして、警視庁捜査3課は、窃盗容疑で福岡県嘉麻市下山田、無職の男(63)を逮捕しました。
同署によると「老後の蓄えや遊興費ほしさにやった。1日10万円が目標だった」と容疑を認め、「告別式が始まって最初の1時間が勝負で、田舎の方が安心して盗みに入れた」と供述しています。

同課の調べでは、昨年12月ごろから静岡、福岡両県を中心に、告別式で不在の民家を狙った空き巣が約30件あり、関連を調べています。

同課によると、男は福岡県の自宅から新幹線で都内に上京した後、レンタカーで静岡県に向かい、新聞の訃報記事で住所や告別式の時間を調べていました。
「千葉や埼玉など(の地域版)には、訃報記事が掲載されていなかった」と供述しているという。

逮捕容疑は、今月7日午前10時50分~同日午前11時50分ごろ、浜松市の建設会社役員の男性(56)方に侵入し、現金1500円と指輪など計3点(時価計約4万円相当)を盗んだとしています。
<産経新聞 4月18日(水)13時36分配信より>

新聞の訃報記事を見て、告別式の為に家族が不在の住宅ばかりを狙った泥棒の犯行です。
この泥棒の供述から分かることは、
・告別式が始まって最初の1時間が勝負 → 告別式開始から1時間以内が狙われやすい(確実に無人の時間帯)
・千葉や埼玉などの地域版には訃報記事がない → 訃報記事が掲載されている地域は危ない
・福岡の自宅から新幹線で東京へ、その後レンタカーで静岡に向かう → 犯人の足取りが複雑で、特定されにくい

1日10万円を目標に掲げるぐらいですから、かなりの高確率で犯行が成功していたのでしょう。
泥棒にとって、無人というのは、最も好む環境の一つです。
例え、鍵が二つ(ワンドアツーロック)ついていようが、割りにくいガラスがついていようが、無人ですから、周囲に音を立てないように犯行を行うことができれば、時間のことは気にしなくてもよいということです。
時間さえかければ、大抵のことはできてしまいます。

しかも、告別式の時間が分かっている訳ですから、それが終わるまでは家人が戻ってくることはまずありません。(忘れ物を取りに戻った等を除けば)
こんな簡単な侵入先はありません。
防犯システムや防犯カメラがついていると話は変わってきます。

無人の場合でも、センサーが侵入者を検知すれば大音量で周囲に侵入者を知らせることができますし、防犯カメラの映像を記録することで、犯人特定につながる可能性が高まります。
このような泥棒が犯行対象として選ばない、選びたがらなくなるような対策を講じる必要があります。
無防備なままだと、泥棒の犯行を許すだけです。

投稿者:総合防犯設備士(2012年4月18日)|記事URL | あとで読む

収集家仲間の自宅からビックリマンシール2500枚盗む

ビックリマンチョコの付録シール約2500枚を盗んだとして、北海道警札幌豊平署は16日、札幌市豊平区平岸3の8、無職の男(34)を窃盗容疑で逮捕しました。
容疑は2月10日午後4時~12日午前2時ごろ、同区の男性契約社員(31)の自宅に侵入。
シール(時価計約35万円)を盗んだとしています。

同署によると、シールは収集家の間で高値で取引されます。
男は約1200枚を古物商などに売り、11枚で計約6万円を得たケースもあったようです。
自身も収集家で、インターネットで知り合った被害者宅を訪問したことがあったようです。
留守中、アパート2階の窓から侵入したとみられます。「生活費に困ってやった」などと容疑を認めているという。

製造元のロッテ広報室によると、チョコが発売された77年以来、シールが人気になりました。コレクター商品を扱う東京都の古物商によると、86年販売の「ブラックゼウス」は1枚20万円という。
<毎日新聞 4月16日(月)21時8分配信より>

ビックリマンシール・・・昔、小学生の頃、夢中になって集めました。
チョコよりもシールの方が大事で、家に食べていないチョコがいっぱいありました。(捨てずにちゃんと全部食べていましたよ)
集めたシールが実家に置いてあるかもしれません。
保存状態が良く、シールの種類によってはとても価値のあるシールがあるようです。(ブラックゼウス、懐かしいです!)

インターネットで知り合った収集家仲間の自宅に侵入し、シール2500枚を盗んだ男が逮捕されました。
収集家として、そのシールが欲しくて盗んだのか、転売目的で盗んだのか、その両方かもしれません。
物を盗むのは、転売目的の泥棒だけではありません。
熱心な収集家がどこで道を踏み外すのか、一転して犯罪者に変わることもありえます。

誰が狙っているか分かりませんから、大切な物を保管している場合は、それを守る為の対策が必要です。
現金なら金融機関に預けるという方法がありますが、それ以外の物だと、貸し金庫等に保管するのが安心でしょう。
それができないなら家の中に保管し、防犯システム防犯カメラで監視するのが効果的でしょう。

投稿者:総合防犯設備士(2012年4月17日)|記事URL | あとで読む

神戸 ポートライナー券売機から347万円盗まれる

ポートライナー(三宮-神戸空港)を運行する神戸新交通(本社・神戸市中央区)は13日、昨年4月から今年3月にかけて、券売機や精算機などの売上金から計約347万円が盗まれたと発表しました。
同日、容疑者不詳のまま窃盗容疑で神戸水上署に告訴しました。

同社によると、全12駅のうち9駅で発生。2週間に一度、駅員が駅務室と券売機の鍵を持って各駅の集金に回った際、1万~40万円の売上金が計45回、盗まれていました。
最も多かったのは神戸空港駅の148万円、次いで市民広場駅の52万円。9駅のうち7駅は無人で鍵は三宮駅で管理。
巡回などのため駅員全32人が持ち出し可能で、鍵が盗難に遭ったことはないという。

同社は内部犯行とみて昨年9月に神戸水上署と相談、調査を続けましたが特定には至らず、今年2月には集金を1週間に一度に短縮、3月に監視カメラを設置する再発防止策を講じました。
<毎日新聞 4月14日(土)16時21分配信より>

ポートライナーの券売機から売上金347万円が盗まれたという事件です。
券売機の鍵は駅務室に保管されており、駅員全員が持ち出し可能だったということです。
鍵が盗難に遭ったということもなく、券売機自体が荒らされているようでもないことから、内部犯行とみられています。

それにしても約1年間の間に、計45回も盗まれていたことが分かったという事態に驚きます。
券売機の売上と、実際の現金との照合などは行われないものなのでしょうか。
再発防止策として、集金頻度を増やし、防犯カメラを設置するとありますが、その前に、一回でも券売機の売上と実際の現金とが合っているかをチェックする機能が必要でしょう。
市が出資している会社ということですから、運営には市民の税金が使われているといっても過言ではありません。

犯行を行ったと見られている駅員(内部犯行と想定して)は、集金の頻度、防犯カメラの有無も知っており、何より、照合がいい加減ということも知った上での犯行だったと思われます。
もし、自分が継続的に犯行を行っても、ばれない、見つからない、自分の犯行とは特定されない、と分かっていたのです。
(実際、警察が調査、捜査したものの犯人の特定には至らず、容疑者不詳のまま告訴という結果からも明らかです)

犯罪者に弱みを見せるとすぐにつけ込みます。
防犯対策がされていない家や無防備、無施錠の家などが狙われやすいのもそのせいです。
この家は大丈夫、犯行がやりやすい、見つからない、逃げやすい、自分の犯行が特定されない、など理由は様々です。
このような弱みを一つ一つなくしていく、改善していくのが効果的な防犯対策です。

投稿者:総合防犯設備士(2012年4月16日)|記事URL | あとで読む

幼稚園駐車場で車上盗1400万円 保護者狙いの犯行

幼稚園や保育園に子供を送迎する保護者の車などを狙い、大阪など10府県で盗みを繰り返したとして、大阪府警捜査3課と岸和田署は12日、大阪市西成区橘1、無職の男(37)(起訴)を窃盗容疑で逮捕したと発表しました。

178件(被害総額約1458万円)を裏付け、うち8件(同約384万円)が起訴されました。

発表では、男は2010年5月11日午前8時頃、奈良市の私立幼稚園駐車場で、子供を送ってきた母親が車内に置いていた手提げかばんから1万7000円などを盗むなどした疑い。

08年8月~昨年10月に、近畿5府県のほか、三重、石川、福井、岡山、広島各県の幼稚園などの駐車場で車上狙いを続けていたといい、男は「子供の送迎では、短時間だからと車内に現金を残したまま車を離れる保護者が多かった」と供述しているという。
<読売新聞 4月13日(金)15時25分配信より>

子供の送迎の為に訪れた幼稚園の駐車場を狙った車上荒らしです。
短時間の為、財布等を車内に残したまま車を離れる保護者が多かったと、犯人は供述しているようです。
駐車場への駐車ですから、安心と油断があったのでしょう。
これが路上であれば、短時間でも財布等は持って外に出ていた可能性もあります。

駐車場にもよりますが、ただ広い場所に、線で駐車スペースを区切っているところは、普通の路上と、防犯面で言えば差がありません。
むしろ、駐車場への駐車という点だけを考えれば、路上より長期間、車を離れ、その間は所有者が戻らないとも予測できます。
犯行時間を考えれば、その方が犯罪者は好むでしょう。

施設の駐車場というのは案外、防犯面で無対策のところが多いようです。
金融機関などでも、施設内の防犯はバッチリ対策を行っているのに対して、敷地内の駐車場は無防備のまま。
お金を引き出して敷地内の駐車場に戻ってきた後、犯罪者に狙われる(ひったくり、車上盗、強盗など)ことがあります。

施設、建物側が重要なのは分かりますが、利用者が訪れる際は、どちらも利用します。
どちらもしっかりと防犯対策されていれば、より安心して利用できるでしょう。

投稿者:総合防犯設備士(2012年4月13日)|記事URL | あとで読む

滋賀 資材置き場から鉄板14枚11トン!

10日午後5時ごろ、近江八幡市馬淵町の工務店資材置き場で、鉄板14枚(計175万円相当)がなくなっているのを、経営者の男性(37)が見つけ、県警近江八幡署に通報しました。
同署は窃盗事件として捜査しています。

同署によると、盗まれたのはいずれも縦約1・5メートル、横約3メートル、厚さ約2・5センチの鉄板14枚で、1枚当たりの重さは約800キロ。
<産経新聞 4月12日(木)7時55分配信より>

合計14枚、175万円相当の鉄板が盗まれました。
金額以上に、計11トンもの重さの鉄板が盗まれたことに驚きます。
おそらく複数犯で、何らかの機械を用いて、運搬車両で運び出したのでしょうが、特殊な技術等がなくても行うことが可能なのでしょうか。

盗んだ後の保管も重要です。
重量の問題やスペースも必要になりますから、さらに雨風をしのいで、外部から見られないようにしなければなりません。(怪しまれないように)
そうなると、倉庫などに限定されますが、個人で所持している場合は、中に、何が何の目的で置いてあるかなど、外部の者が知る術はありません。
犯罪の為に悪用する者もいるかもしれません。

そして、盗んだ後は、それを転売するか、(本業で活用)再利用するでしょう。
再利用する場合は、加工等手を加えられてしまったら、盗まれた物という特定がさらに難しくなるでしょうから、やはり、転売する際を狙っての捜査ということになるのでしょうか。

例えば、インターネットなどで「大量の鉄板売ります!」という掲示板の書き込みがあれば、「盗品では?」と怪しむ人も出てくるでしょう。
そのような単純な犯行だと、捕まえるのも楽ですが、外国に密輸するなど、さらに複雑に、出所を分からなくすると、追跡は困難になります。
犯罪の質も悪い方に変わってきています。
それに応じた対策をしなければなりません。

投稿者:総合防犯設備士(2012年4月12日)|記事URL | あとで読む

火災警報器の見直し。大音量の警告音が必要。

つい先日、真夜中に家の中の火災警報器が差動しました。
何かの反応で機械が動作したのですが、
あまりにも音が小さかったのか、
私の家内しかその音に気が付きませんでした。

私の家内曰く「ものすごくびっくりしたわ!!」と
1人で怒っている様子でした。
私は、家内の怒り具合にびっくりしたほどです。

万が一のときの警報器。
熟睡しているときに気が付かないは問題だと改めて思いました。

確かに「ピピピピ」と警報器がなりますが、
飛び起きるほど大きな音ではありません。
もしも、本当に火災が発生していて
煙が部屋中に舞い上がっていたらどうだったのかと
想像するだけで恐ろしいものを感じました。

子どもたちもぐっすり寝ていました。
今回は、何事もなくて本当によかったです。

今回の経験から、火災警報器は特に大きな音量が
必要だということが改めてわかりました。
大きな音は近所の方の迷惑になると思うことがありますが、
逃げ遅れのことや近隣の方々の安全のことも考えると
大音量のサイレンや警報ベルが必要だと思います。

火災対策

投稿者:総合防犯設備士(2012年4月11日)|記事URL | あとで読む

10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る