1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. セキュリティハウス

防犯ブログ

防犯設備を販売する上で

「防犯」の仕事に携わって26年と非常に長い時間が経過しています。
そんな中で、多くの人や会社が「防犯」を取り扱いながら辞めていくのも目にしてきました。
現在「防犯」「防犯対策」「防犯カメラ」などのキーワードで検索すると、本当に多くの会社のホームページが出てきます。
大手メーカーはもとより、全然聞いたことがないような会社が、「いかにも自社こそが防犯業界ナンバーワン」といったことをPRしている・・・。でもそれを見るお客様、エンドユーザーの方はそんなこと分からないのですよね。

今日もあるサイトで「お陰様で2年連続全国販売実績ナンバーワン」と掲載されていて「??」と中を見ると、ある防犯メーカーのコンテストで1位だったということなんですが、それがどうしてこんな表現になるのだろうか?と本当に不思議に感じてしまいます。
防犯メーカーもピンからキリまで、本当にいろいろあります。
販売・施工会社もしかり。たけのこではないですが、本当に乱立状態です。そしてこういう「オーバートーク」をしている会社も残念ながら多いのです。
防犯を扱っているからこそ、お客様に対して誠実に誠意を持って対応していきたい。
それはこうした防犯業界に長くいて、育ててもらった人間としての願いであり、信念です。

お客様に本当の安心・安全を提供する。
その本当の意味をきとんと考えることが大切です。お客様一人一人不安も、守りたいものも違います。
そうしたことをきちんとお客様と向き合いながら把握し、最適なシステムをご提案する。
そうするためにも、犯罪の手口や心理、最新の防犯設備の内容にまで知識を持つ。
「防犯のプロ」であるということ。「防犯のプロであり続ける」ということを真剣に考え、追求していくことが必要です。

「総合防犯設備士」「防犯設備士」というのは、日本で唯一の公的な防犯業者の資格です。
その「総合防犯設備士数が業界でナンバーワンであること」
これは、セキュリティハウスの防犯に対する拘り、防犯のプロとしての責任だと考えています。

今後も地道に、確実に社会の安心・安全に貢献していける組織にセキュリティハウス・ネットワークをしていきたいと考えています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年9月16日)|記事URL | あとで読む

自動販売機の防犯カメラの効果

先ほどセキュリティハウスの営業マンに聞いたホカホカの話です。
先日自動販売機荒らし対策に防犯カメラを設置していただいたお客様よりお褒めの言葉を頂戴しました。

「セキュリティハウスのカメラを設置した翌日からゴミが捨てられなくなった」とのことです。
以前は、自動販売機の周囲にはゴミが捨てられ、あるときにはウンチが前にされていたこともあったそうです。
ゴミが捨てられなくなる、ということはそれだけ「威嚇(予防)効果」が高いということでしょう。

こうした声をお聞きすると、ほんと防犯の仕事をしていて良かった・・・と心から思います。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年9月11日)|記事URL | あとで読む

伊達政宗公霊屋瑞鳳殿で活躍するセキュリティハウスのシステム

仙台市で「セキュリティハウス経営者研修会」がありました。全国のセキュリティハウスの経営者、営業責任者が一同に会して講演などを聴く大イベントです。
翌日仙台市内を観光していて、「瑞鳳殿」にセキュリティハウスの防犯システムを見つけました。
この、「瑞鳳殿」は、伊達政宗、二代伊達忠宗、三代伊達綱宗の副葬品なども展示されています。広大な敷地内に杉の並木が左右にそびえ、石段で夫々の建物がつながっていました。

防犯カメラ、外周警備用赤外線センサーが、夜間や休日の不審者の侵入を検知するよう瑞鳳殿内の建物周囲に設置されていました。又、副葬品などの展示されている資料室にも防犯 カメラと、室内用赤外線センサー、室内用立体検知センサー(パッシブセンサー)などが設置されていました。

一緒に行ったセキュリティハウスのメンバーと、どこに防犯 センサーがあるか・・ということで、ちょっと宝探しのように、観光そっちのけで探して、「ちょっと不審なグループ」に見えたのではないでしょうか?そこがちょっと心配ですが・・・。

こうした歴史的な建物は、いたずらや放火といったこともリスクとしてあります。
イタリアの聖堂にいたずら書きをしたというのが問題になっていますが、そうしたいたずらに対しても、こうした防犯 カメラや侵入検知センサーが働きます。
防犯といっても泥棒対策だけではないんです。
それでも何かあったら大きな問題になるだけでなく、県民にとっても大きな損害になるわけで、やはりきちんとした防犯 対策を取ることが、犯罪を未然に防ぐ方法だといえます。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年7月07日)|記事URL | あとで読む

G8外相会合の場所で活躍する防犯センサー

6月26、27日に京都市で開かれる主要国(G8)外相会合。
会場の京都迎賓館(上京区)や内外メディアが集まる国立京都国際会館(左京区)などで受け入れ準備が整い、
伊外相やEU関係者らが来日しています。

 外務省によると、京都迎賓館では会議用の机やいすを持ち込み、同時通訳用ブースを設置。
「迎賓館の日本らしい雰囲気を壊さないよう配慮した」ということです。
 国際メディアセンターが開設された国立京都国際会館には、夕方から国内外の報道陣が姿を見せました。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年6月26日)|記事URL | あとで読む

福祉介護ヘルスケア 専用サイトを開設しました。

「福祉介護ヘルスケア」専用サイトを開設しました。

老人保健施設、病院、シルバーマンション、一人暮らしのお年寄りを犯罪や事故から見守るために、各種センサ、カメラなどを使用して、介護者にとっても負担軽減でき、入居者にとっては安心な環境を作るお手伝いをしたいと「福祉介護ヘルスケア」というサイトを開設いたしました。

同じセンサ技術を使用していても、用途が違うと、選択する商品も異なります。
弊社の使用する商品は竹中エンジニアリング�叶サですが、業界で最も品揃えがあります。
そんな商品群の中から、老人保健施設や病院、シルバーマンション、一戸建て、独居老人、同居老人・・といろいろな場所でどんなシステムが必要なのかを詳しくご説明しています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年5月27日)|記事URL | あとで読む

TV取材を受けました♪その2

5月7日の防犯ブログでもTV取材の件をご報告させていただきましたが、またTV取材を受けました。
今回の取材内容は「車上荒らし」について、本日5月14日(水)の朝日放送『おはよう朝日です』の中で「今週のクローズアップ」というコーナーで特集として紹介されました。

マイカーや社用車が盗難の憂き目に遭ってしまうと、日常生活や業務内容にも支障をきたす恐れがあります。
また、盗難された車の中に重要なものが入っていて、車盗難以外にも二次的被害を被ってしまうケースもあります。
(時々ニュースでも「車から売上金盗難」や「車から個人情報入りのパソコン盗難」などという事件を目にしますよね)
昨日遭った事件では、会社駐車場に停めてあったワゴン車が盗難され、荷台には劇物入りのポリタンクが積まれていた、というケースもありました。

このように、犯罪はいつどこで起こるか分かりません。
そのためにも自分でできる防犯 対策を心がけていきましょう。

◎自動車の盗難
◎自動車の盗難が急増(防犯泥棒大百科)

続きを読む

投稿者:スタッフ(2008年5月14日)|記事URL | あとで読む

TV取材を受けました♪

連休明けの今日。皆様はいかがお過ごしでしょうか?

セキュリティハウスは『スーパーJチャンネル』より最新の防犯カメラについての取材を受けました。
その模様が、5月5日放送の『スーパーJチャンネル』内「特集・Jのこだわり」というコーナーにて紹介されていました。
残念ながら私どもの住んでいる京都はその放送エリアではなく、リアルタイムで見ることができませんでしたが、関東エリアと石川県にお住まいの方はご覧になることができたのではないかと思います。
内容は、弊社の北村が最新の防犯カメラについていくつかご紹介をさせていただきました。
(本人はTVデビューという事で、いささか緊張していたようです)

続きを読む

投稿者:スタッフ(2008年5月07日)|記事URL | あとで読む

好きなサッカー選手「守護神川口」が1位。セキュリティハウスのキャラクター

4月2日のオリコンに「好きなサッカー選手、“守護神川口”が1位」という記事がありました。

オリコンで、10代〜20代の男性を対象に「日本人サッカー選手の中で最も好きな選手は?」という調査を実施した結果、
ゴールキーパーの“守護神”【川口能活(ジュビロ磐田)】が1位にランクイン。
10代部門と20代部門でも1位を獲得しており、ダントツの人気を博していることが分かりました。

 ●「いざというときやってくれる」(福岡県/20代)
 ●「応援する側の期待が大きくても、それを受け止めてくれる川口選手が好き」(愛知県/20代)
 ●「やはり日本の守護神はこの人しかいないと思う。これからもJAPANのゴールを守ってほしいと思います」(神奈川県/20代)
と、精神力の強さや、人柄、頼りがい・・といった点が人気の理由のようです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年4月23日)|記事URL | あとで読む

トヨタ レクサスの防犯・安全対策体験

先日 某セキュリティハウスの社長の自家用車の助手席に座らせていただきました。
何を隠そう、私は自動車にも疎く、運転免許証の書き換えにタクシーで行くというので
笑いを取っている人間なのですが、この車の防犯・安全対策を体験できて、ちょっと感激しました。

その車は「ヘルプネットボタン」を押すとオペレータとの通話が可能です。
その時は今から食事に行く場所のデータをナビに送っていただくというサービスを受けました。
オペレータにお店の名前、大方の住所を言うだけで、すぐにナビにデータが送信されてきました。

又、ドアのこじ開けやウインドウの破壊などアラームが作動した時にはオーナーの携帯電話にすぐに連絡が入ると同時にクラクションが鳴り続けるそうです。中には車内を画像で撮影することができる車種もあるようです。
エンジン再始動禁止や携帯電話からドアロック、ウインドウを閉める機能もあるということで、
車上荒らしや車の盗難防止には現段階では最も進んでいる防犯対策ではないかと考えます。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年2月12日)|記事URL | あとで読む

「攻撃る守備(せめるまもり)で頑張れ 川口能活ゴールキーパー。

サッカー日本代表が6日、埼玉スタジアムで2010年ワールドカップ・アジア地区3次予選の初戦となるタイ戦に臨み、4−1で快勝しました。
雪の舞い散る寒い中での試合でしたが、熱くなってTVの前で観戦していました。

な・ぜ・な・ら・・・「日本代表GKの川口能活選手(ジュビロ磐田)はセキュリティハウスグループの企業キャラクター」だからです。

国際Aマッチ通算111試合100失点と1試合平均0・90失点を誇る守護神川口。
そのゴールを守る姿は「日本の侍」って感じがします。
魂で守っている・・というのを感じるんですね。
「証」(文藝春秋 山中忍筆)の中にもありましたが、川口能活選手と親しい方からお聞きした話でも日常生活もサッカー一筋。
試合前は特にストイックに、試合に集中されているそうです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年2月08日)|記事URL | あとで読む

1  2  3  4  5  6

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?