1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. セキュリティハウス

防犯ブログ

日々発生しているひったくり、背後からの自転車バイクに気を付けて

以外にも毎日のように頻繁に発生しているひったくり。
ひったくり犯は、主に自転車やバイクでの犯行が目立っています。
被害に会わないためにも、背後からやってくる人影は要注意です。

京都市では、メール登録するだけで、ひったくり等の事件が発生すると、
登録した人に一斉に事件の内容が配信されます。

そのメールの内容を過去にさかのぼって確認すると、
ひったくりが多発し目立っています。

私が懸念するのは、今は夏休みシーズン。
ひったくり犯は、少年の犯罪が多いため、ひったくり犯は夏休み中に、
どこかでひったくりを繰り返すのではないかと心配です。

ひったくりをされないようにすることも重要なポイントです。
繰り返しになりますが、背後からの自転車やバイクは特に注意する必要があります。
カバンを持つ手も工夫が必要です。
車道側にカバンを持つのではなく、壁前、壁面側にカバンを持ちましょう。

男性も被害遭っていますので、
日々の財布の管理を忘れずに。

セキュリティハウス】

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年7月26日)|記事URL | あとで読む

安全には『予防』が重要

悲しいかな、立体駐車場の台座に挟まれ、
幼い子どもの命が奪われる事件が発生しました。

なぜ事故を未然に防ぐことができなかったのか?
立体駐車場のシステムは、危険が付きもの。
もし、人を検知するセンサーが反応して
立体駐車場のシステムを停止することができれば
命を奪われる事件は防ぐことができたかもしれません。

防犯でも同じことが言えますが、
事が起きてから手を打っても手遅れです。
事が起きる前に対策が必要です。
安全には『予防』が重要です。

<ニュース>
4歳の男の子挟まれ死亡 駐車場のエレベーターに
テレビ朝日系(ANN) 7月24日(火)7時53分配信

23日夕方、岩手県花巻市で、4歳の男の子がマンションの
立体駐車場のエレベーターと壁の間に挟まれて死亡する
事故が起きました。

消防によりますと、午後5時半ごろ、花巻市のマンション
にある立体駐車場で、「子どもがエレベーターに挟まった」
とマンションの管理人から通報がありました。
消防が駆けつけましたが、このマンションに住む
4歳の湯川敦生ちゃんがまもなく死亡しました。
警察と消防は、敦生ちゃんの母親が駐車した後に
エレベーターを操作した際、誤って挟まったものとみて
詳しい事故原因を調べています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年7月24日)|記事URL | あとで読む

夏本番!ご自宅の防犯システム + 遠隔確認

夏本番!!お出かけシーズンの季節となりました。

海外旅行に行かれる方もいらっしゃると思います。

また、国内旅行に行かれる方もいらっしゃるかと思います。

日帰り旅行に行かれる方もいらっしゃるかと思います。

いずれにせよ、家を留守にする機会が増えてきます。


そのときに気になるのが自宅の防犯対策。

外出中にもし何かがあったら。

家に帰ってみると、部屋の中はグシャグシャ。

そんな事も起こりうる可能性があります。

万が一のために侵入させない対策が必要です。


夏休み間近、大掛かりな工事を行うよりも、ワイヤレスシステムもお勧めです。

大掛かりな配線が不要なので、簡単に設置することができます。
また、仕上がりも綺麗に仕上がります。

さらに防犯カメラシステムを併用することによって、遠隔で自宅の様子を確認する事も可能です。(※遠隔確認システムは、セキュリティハウスオリジナルの『i-NEXT』)

日帰りですと、ペットの様子もリアルタイムで確認することができます。

外出時の不安ごとが減ります。

外出時、イベント事を気兼ねなくおもいっきり楽しくむことができます。


※遠隔確認システム『i-NEXT』
 ネットワークカメラを使って、遠隔映像確認できる他、
 遠隔地のカメラをiPadで簡単に上下左右に操作できる他、
 カメラの機種によっては、約20倍ズームのズームを掛けることができます。
 ペットの表情もくっきりうつるので体調確認も容易に行えます。


続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年7月04日)|記事URL | あとで読む

床に這いつくばってレジに向かう泥棒の姿を記録

警備システムを入れても弱点があります。
というのうも、防犯センサーをくぐりぬける泥棒が中にはいます。

そのような泥棒に対しての対策もあり、
最近は、防犯カメラの設置が広がっています。
警備システムと防犯カメラを組合せ、防犯力、
セキュリティレベルは上がっています。

ある事件ですが、這いつくばって侵入している泥棒の姿が
防犯カメラの記録装置にばっちり残っていたというニュースが、
日本経済新聞でも取り上げれられていました。(2012.5.28)

警備システムと防犯カメラシステムをセットにすることによって、
万が一の侵入られても、録画映像が残っているので後で犯人がわかります。
(録画映像を見て、案外身内の方が多いのも事実です。)

日経新聞で取り上げられたような泥棒を捕まえた事例は本当にまれです。
やはり、防犯カメラの抑止力や警戒中であることを泥棒に見えるようにして、
ここへ侵入するのはやめておこうと思わせることがまず大事です。

侵入されるよりも、侵入される前に対策を討つ。
これが最も効果的な防犯対策です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年5月29日)|記事URL | あとで読む

大丈夫が一番危ない

このGWに「人生の達人について」学ぶ機会がありました。
イチローや北島選手など、超一流選手は
人並み外れたパフォーマンスを発揮します。
普通の人と比べて何が違うのか?等々。

そのような学びの集まりに、
全国の人に限らず、世界から様々な達人候補が集結しており、
私はそこでさまざまな気づきがありました。

達人候補者の集まりの中には、
私が思うに、既に達人の域を達しているという人も
何人かいることを発見しました。
しかしながら、発見の域を超えていないような方も
いらっしゃいました。

そこで私が感じたことは、達人候補者の中には、
「自分はできる」と思っている人がいて、
その方は既にその達人になっているかのように
振る舞っているように思えました。

私が言いたいポイントは、
「自分はできると思っていることが成長を止める」というところです。

というのも、「自分はできる」と思っている方は、
次のセクションに移らない決断をされたからです。
「私には充分」「私はできる能力が備わっている」「私はできす」と、おっしゃっていました。

私はふと思いました。
イチローはどうかな・・・?     北島選手はどうかな・・・?

私が思うに、彼らはいつも改良しているのではないかと。
イチローは毎年進化し続けています。
北島選手も、新しいトレーニングを工夫しながら取り入れています。

繰り返しになりますが、
「自分はできると思っていることが成長を止める」ということかもしれないな。と改めて思いました。


この話を書いて、まさに自分のことかもしれないなということも感じました。
「今のままでいい、今のままで何ら問題ない」という考えは、私の中にもありました。

これを防犯に関して置き換えてみると、
我が家の防犯対策は、「今のままでいい、今のままで何ら問題ない」と状況です。

このことに今気が付いていなければ、
きっと、我が家に泥棒に入られたときに「あつ!」と気が付くのでしょう。

お金が無くなった、通帳が無くなった。部屋が荒らされた・・・などの被害に遭う前に、
もしかすると、強盗が入ってくかもしれないことも考えて、防犯対策を考えたと思います。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年5月01日)|記事URL | あとで読む

ガソリンが高騰、ガソリン盗難にご注意!!

最近、ガソリンの価格が異常に高くなっています。
今朝のニュースでは、157円を超えているという記事がありました。
-----------------------------------------------
ガソリン、前週比2円上昇157.6円
(フジサンケイ ビジネスアイ 3月29日(木)8時15分配信)

石油情報センターが28日発表したレギュラーガソリンの店頭価格
(26日現在、全国平均)は1リットル当たり157.6円となり、前週に比べ2円上昇した。
2008年10月14日の161.6円以来、約3年5カ月ぶりの高値水準。
----------------------------------------------

2008年のときには、ガソリン盗難が多発しました。
私の友人の工場でも、工場の前に止めていたトラックの
燃料が吸い取られる被害がありました。
私の知人は、"まさか!!"と言っていました。

被害後、即カメラを設置しガソリン盗難対策実施。
それ以来、ガソリン盗難被害はピタッとなくなったようです。
それに付随して、工具の盗難も無くなったとのことです。
盗難対策をする前は、特殊工具を盗まれる被害があったようです。
それが、ガソリン盗難対策を実施することで、
盗難被害も全くなくなったようです。

フジサンケイ ビジネスアイの内容では、
ガソリンの穏やかな値上がりは続くと言われています。

突然、車が動かない!!仕事ができない!!
約束の時間に間に合わない!!
そしてそれによる仕事の影響などを考えると、
突発的な緊急事態の発生の防止策をご検討ください。

【ガソリン盗難対策例】
●まず抑止。下見をする泥棒に対しての対策。
 自主機械警備システム
 
●侵入者を敷地内に入らせない。近づけさせない。
 外周警備システム

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年3月29日)|記事URL | あとで読む

駅前の防犯、年配の女性達の『あいさつ』がすばらしい!

<JR湖西線(滋賀県)の大津京駅でのお話>

大津京駅という駅は、もともと「西大津駅」という駅名でしたが、
2~3年程前に、大津に「京」という漢字を付け加えた「大津京」という
駅名に変わりました。

大津京に変わる前の、「西大津」のイメージ ( 私のイメージです。) と言えば、駅前のターミナルに、やんちゃな若者がたわむれ、駅前の雰囲気が
よくなかったと聞いています。

その事は、大津京の駅前にいらっしゃったとある年配の女性(60歳位)に
聞いた話です。その女性が言うには、「昔、西大津駅前の雰囲気は、
こわかったよ」と言うのです。
昔は、西大津の駅を降りて自宅に帰るまでの途中、襲われるのでないかと
ビクビクして帰ったこともしばしばあったとのことです。

その年配の女性の方は、その事を払拭したかったのでしょう。
ある日からその年配の女性は、知り合いの年配の方に声をかけ、
『駅前での集いの場』を設けたとのことです。
それがなんと、駅前で年配の女性陣が集まるだけで、
駅前の雰囲気が変わったとのことです。

女性達が駅前で「おはようございます。(笑)」「こんにちわ!(笑)」と、
明るくあいさつを交わしているところに、不審者らしき人は入ってくるのは
困難です。不審者にとっては、とても入りにくい環境となったのです。

そのような集いが繰り返されることによって、どんよりとした、まるで
悪夢のような雰囲気の駅前が、明るく元気な声が響きわたる雰囲気に
駅前になりました。

そのような大津京駅、他の駅でも同じようなことが言えるかもしれませんが、
多数の防犯カメラ防犯システムが設置・装備されています。
確かに、犯罪件数は減少していますが、安全で安心できる環境とは言い難いものがあります。

防犯機器に加えて、明るく元気な声が響きわたる雰囲気であれば、
より安全で安心できる環境になるのではないでしょうか。
セキュリティハウスは、そのような環境づくりを最重要視して活動を行ってまいります。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年1月25日)|記事URL | あとで読む

これからの時代、本当の『安全』が求められています。

今までは、第一に「安心」や「安心感」が優先され、そして後に「安全」がきていたように思えます。

もうひとついえば、【安全】であるかのように、【安全】を強調し安心させてきたように思います。ひとことでいえば、【安心と安全がごちゃまぜ】になっていたように思えます。

それはなぜか申しますと、昨年の【福島原発事故】が物語っています。
今まで、『安心・安全だ!!』と、言っていた(思わせていた)原発システムが、
実は安全でなかったことがわかったのです。

■【安心と安全がごちゃまぜ】になっていたのです!!
  これは本当に恐ろしいことなのです

これは、防犯でも同じことがいます。
例えば、『安心・安全』と思っていたのですが、実際に被害に遭ってしまいました。となってしまっては、決して【安全】とはいえません。

犯罪被害に合わないように、被害に遭わないために、
安全な環境づくりが重要で、その安全な環境づくりこそが、
これから重要視される時代だと思います。

我々のセキュリティハウスは、安全と安心の二つを兼ね備えた『安全な街づくり、環境づくり』を志しており取り組んでおります。
これからの時代に求められる真の防犯システム構築に努めています。

その『安全な街づくり、環境づくり』の担い手としての防犯設備士や総合防犯設備士が、自主機械警備シスムのサポートや、地域コミュニティ地域防犯活動に日々貢献しています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年1月17日)|記事URL | あとで読む

SECURITY SHOW2011 開催中!

日本最大級のセキュリティ・安全管理総合展であるSECURITY SHOW2011が、3月8日(火)から11日(金)まで東京ビッグサイト東2・3ホールにて開催されています。

今年も弊社セキュリティハウス・センターは『SS3206』のブースにて出展しております。
昨日は展示会場は盛況だったようで、多くの方にご来場いただきました。

一昨日は、TBS「みのもんたの朝ズバッ!」の防犯特集で、弊社の展示システムが紹介されました。
見える防犯 自主機械警備システム
Mr.kitamura.jpg
    
「防犯システムってどんなものがあるのだろう?」
「最近、セキュリティ機器の問い合わせが多いなあ、販売するのはどんな感じなんだろう」
など、防犯システム導入を検討されている個人のお客様から、新事業としてセキュリティ機器の取り扱いを検討されている会社様まで、興味を持たれた方、皆様をお待ちしております。

説明員も多数おりますので、お気軽にご質問下さい。

今日10日(木)、明日11日(金)の残り2日間となっております。(最終日のみ16時30分で終了となりますのでご注意下さい)
お時間のある方は、ぜひ会場まで足をお運び下さい。
02.JPG

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年3月10日)|記事URL | あとで読む

川口能活選手は本当の意味で「日本の守護神」になった。

日本代表が劇的なドラマを作りました。
一次リーグ突破です。まさに組織的サッカーで「攻める攻撃(守り)」が徹底されていました。
チームが一丸となっての勝利だと思います。

セキュリティハウスの企業キャラクターでもあるチームキャプテンとして選手をまとめた川口能活選手は「新たな歴史の一ページを開けた。出場していない選手が悔しさを押し殺して、チーム一丸になれるよう努力してくれた」と23人全員での快挙を強調しています。

●【サッカーW杯南アフリカ大会】主力も控えも日本代表一丸
サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で、1次リーグE組の日本は24日(日本時間25日未明)、決勝トーナメント進出をかけてデンマークとの最終戦に臨んだ。前評判は決して高くなかったチームが最終戦を有利な形で迎えられたのは、岡田武史監督の采配(さいはい)と出場選手の頑張りにほかならないが、出番の少ない控え選手がチームのために動き、主力選手をもり立てたことも見逃せない。チーム一丸で挑んだ成果だ。

 ■「our team」

 デンマーク戦前日の公式会見。ゲームキャプテンの長谷部誠はここ1カ月でチームの何が変わったのかとの問いに「チームがまとまった。今の日本代表は本当にチームワークが強みだと思う」と胸を張った。それは、14日のカメルーン戦でゴールを決めた本田圭佑がベンチの仲間に飛びつきに行ったシーンが象徴している。試合前の国歌演奏時に全員で肩を組むのは、今や日本の定番だ。

 1試合に出場できる選手は最大14人。残り9人は90分間をベンチで過ごすことになる。誰もが試合に出たい。だが、いまの日本代表に出番が少なくてもモチベーションを下げる選手はいない。マイペースな森本貴幸ですら「一番大事なのはチームの勝利。自分は勝つための一つのコマだと思っている」。出場資格を持たない4人のサポートメンバーも、文字通り支える側に徹してきた。

 こんなことがあった。岡田監督が主将の川口能活に「食事の際にテーブルを回って、いろいろ話しかけてやってくれ」と頼んだ。だが川口は「もうやっています」。W杯3大会出場のベテランは自分の役割を認識し、誰に言われずとも実行していた。

 そんな控え選手たちの姿勢に、主力がピッチで燃えないはずがない。「(控え選手が)ピッチに送り出す雰囲気を作ってくれて、出る人も頑張ろうと思う」と闘莉王。長谷部は「試合に出ていない選手がくさらず、サポートして盛り上げてくれる。本大会に入って、そのことの重要性をより感じた」と感謝した。

 岡田監督が掲げるチーム哲学に「our team(自分のチーム)」がある。この哲学が浸透し、主力や控えに関係なく全員が「勝つため」に動けているからこそ、日本は評判以上の力を発揮できた。
(6月25日 産経新聞より引用)

我らが企業キャラクター 川口主将の働き、大きいですよね。
川口能活は本当の意味で「日本の守護神」になった。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年6月25日)|記事URL | あとで読む

1  2  3  4  5  6

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?