1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 放火・火災

防犯ブログ

奈良 ストレス発散で農機具小屋に放火

農機具小屋などに放火したとして、県警捜査1課や香芝署などは10日、非現住建造物等放火などの疑いで、住所不定、無職の男(43)を逮捕しました。
「ストレスを発散させるため放火した」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は昨年9月29日未明、広陵町内の木造平屋建ての堆肥置き場の板塀に放火したほか、同30日未明にも、堆肥置き場の隣にある木造平屋建ての農機具小屋にも放火し、農機具小屋約18平方メートルを全焼させたとしています。

香芝署によると、男は今年6月27日、天理市内で窃盗容疑で逮捕され、放火についても供述したという。
<産経新聞 9月11日(火)7時55分配信より>

ストレス発散で放火被害に遭ったのでは、被害者の方は堪らないでしょう。
相手に何か恨みがある、証拠隠滅などの目的があるのであれば、まだ放火する理由として分かるのですが(本当は分かりませんが・・・)、ストレス発散目的で家に火をつけられるのは到底理解できません。
単なる自分本位、自分勝手な都合による犯行です。

窃盗と違って火災の被害は、その発生原因が様々です。
上記のような放火、自然発火、類焼・延焼、落雷によるもの、爆発の二次的被害などあります。
どれも発生する、被害に遭う可能性は低いかもしれませんが、その分もし被害に遭った時の損害、ダメージは窃盗被害の比ではありません。
建物全焼、隣の家に燃え移る、人命が奪われるという最悪のケースも考えられます。
窃盗被害の場合も、強盗で被害者が亡くなるという事件もありますが、火災で亡くなる場合より発生件数も頻度も少ないでしょう。

一度の被害でその後の人生を大きく狂わされる可能性(保険に入っておらず家を失った、家族が亡くなったなど)がある恐ろしい被害、災害です。
そのように考えるとその対策は必須だと思われます。
あの時、きちんと対策をしておけばよかった、という後悔では済まされない結果というのも考えられます。
そうならないための事前の火災対策の実施です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年9月11日)|記事URL | あとで読む

勤務先で現金250万円盗み、別の日に事務所放火、全焼

勤務先に保管されていた現金を盗んだとして、県警捜査1課と守山署は14日、窃盗の疑いで、大津市仰木の里の会社員の男(47)=非現住建造物等放火容疑で逮捕、起訴=を再逮捕しました。
同署によると、「盗んだことは間違いない」と容疑を認めています。

再逮捕容疑は、今年3月31日正午ごろ、勤務先の自動車修理会社「オートボディTAKE」事務所内の机に保管されていた社員8人分の給料となる現金約250万円を盗んだとしています。

県警によると、男は同社社員で営業を担当しており、集金も行っていました。
昼休みで誰もいなくなった事務所内で、現金を盗んだという。
男は、4月9日に同社事務所を放火、全焼させたとして、非現住建造物等放火容疑で5月に逮捕され、同罪で起訴されています。
<産経新聞 6月15日(金)7時55分配信より>

ある日の昼休み、無人の会社事務所で社員の給料分250万円を盗んだ男が、9日後、同事務所を放火、全焼させたという事件です。
証拠隠滅の為に、盗んだ直後に放火するという手口はありますが、なぜ9日後にわざわざ放火したのでしょうか。
現金が盗まれたことで大騒ぎになり、警察の捜査が事務所内に及ぶ前に証拠隠滅しようとして放火したのかもしれません。

さらに不思議なのは、逮捕されたのは放火容疑が先で、その後現金を盗んだ窃盗の疑いで再逮捕されています。
もし放火しなければ、窃盗の罪で逮捕されることは、免れた可能性もあります。(すぐに内部の犯行だと分かると思いますが)
やぶへびだったような気もします。
さらに放火の罪が増えた分、大きな間違い、判断だったと言えるでしょう。

または、会社によほど恨みがあったのか、お金を盗むだけでは飽き足らず、事務所を放火、全焼させたという可能性もあります。
動機は犯人本人しか分かりません。

どちらにしても、この会社が大きな損害を被ったことは事実です。
社員の給料が盗まれ、事務所は放火で全焼し、しかもその犯人は社員だったという衝撃の事実、イメージダウン、信用失墜など様々な影響が考えられます。
保険に加入していれば、給料及び建物や備品類は補償される可能性もあるでしょうが、それ以外に大きなものをたくさん失ったと言えるでしょう。
おそらく社員はそれらを今、自分の肌で感じとっているでしょう。

死傷者が出なかったことだけが救いとも言えますが、このような事件は稀で、普通は起こらないかもしれません。
しかし、犯罪者が引き起こす様々な人災は、どのような影響を及ぼすか分かりません。
これらを全て事前に想定することは難しいでしょう。

しかし、このような被害に遭わないように、それを避ける、または100%は無理でも避けられる可能性を高めることは可能です。
放火や火災を最小限の被害に留めるための炎センサーの設置や、侵入・窃盗犯を監視するための防犯カメラ設置など様々な対策があります。
現場によって、気になる点、弱い点、狙われそうな点など異なります。
それぞれに応じた最適の防犯対策、防犯システム、防災システムをご提案いたします。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年6月20日)|記事URL | あとで読む

空き巣に入れずイラッ 放火容疑の15歳少年グループ逮捕

窃盗のターゲットになる無施錠のオフィスや民家が見つからず、腹いせに放火したとして、警視庁少年事件課は、非現住建造物等放火の疑いで、東京都足立区に住む無職少年ら、15歳の少年2人を逮捕しました。
2人とともに、別の機会に民家などから現金などを盗んだとして、窃盗などの疑いで、住所不定、無職の男(21)ら2人も逮捕しました。

同課によると、4人はもう1人の少年(15)と計5人で「ファイブガイズ(5人男)」と称するグループを結成。
昨年10月から1都4県で、無施錠の事務所や民家に侵入、約60件の盗みを繰り返していたとみられ、少なくとも計約530万円の被害が確認されているという。

無職少年らの逮捕容疑は、昨年11月2日午前2時10分ごろ、東京都千代田区内のオフィスに駐輪していたバイクに放火し、同オフィスなど2棟(計約190平方メートル)を焼損させたとしています。
直前に、盗みに入ろうと無施錠のオフィスなどを探したが見つからず、腹を立てて、火を付けたとみられます。

男らは「秋葉原でAKB48のコンサートやメイド喫茶に行って遊ぶための金がほしかった」などと窃盗の容疑を認めているという。
<産経新聞 4月26日(木)13時56分配信より>

盗みに入ろうとしたところ、見つからず、それにいらつき、腹いせに放火するという何とも恐ろしい事件です。
自分勝手、典型的な自己中心的な犯行と言えますが、元来、犯罪者とは自分勝手な考えの持ち主が多いはずです。
他人の持ち物を許可なく盗み出そう、奪おうとするのですから、勝手な考えしか持っていません。

それにしても、何も盗むことができなかったからといって、勝手に腹を立て、それを晴らすために放火するというのは、被害者にしてみれば堪りません。
もし、建物全焼、誰か死傷者が出るような事態になれば最悪です。
15歳という年齢からくるものなのか、善悪の基準が定まっていないのかもしれません。

このように犯罪というのは、一種類ではありませんし、被害の内容も単純ではありません。
泥棒に入られて、現金だけが盗まれるというのは稀です。
侵入されれば、その過程で窓や扉が破壊されます。
部屋も荒らされます。
今回の事件のように放火されるというケースもあります。
泥棒に入られて家も燃えたとなれば、明日からどうやって生活したらいいのか・・・。
被害者は途方に暮れるでしょう。

このようなケースは珍しいかもしれませんが、現実に発生しています。
このような事態にならないように未然に対策を講じ、自分の身を守る方法を考えなければなりません。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年4月26日)|記事URL | あとで読む

火災警報器の見直し。大音量の警告音が必要。

つい先日、真夜中に家の中の火災警報器が差動しました。
何かの反応で機械が動作したのですが、
あまりにも音が小さかったのか、
私の家内しかその音に気が付きませんでした。

私の家内曰く「ものすごくびっくりしたわ!!」と
1人で怒っている様子でした。
私は、家内の怒り具合にびっくりしたほどです。

万が一のときの警報器。
熟睡しているときに気が付かないは問題だと改めて思いました。

確かに「ピピピピ」と警報器がなりますが、
飛び起きるほど大きな音ではありません。
もしも、本当に火災が発生していて
煙が部屋中に舞い上がっていたらどうだったのかと
想像するだけで恐ろしいものを感じました。

子どもたちもぐっすり寝ていました。
今回は、何事もなくて本当によかったです。

今回の経験から、火災警報器は特に大きな音量が
必要だということが改めてわかりました。
大きな音は近所の方の迷惑になると思うことがありますが、
逃げ遅れのことや近隣の方々の安全のことも考えると
大音量のサイレンや警報ベルが必要だと思います。

火災対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年4月11日)|記事URL | あとで読む

消防団員の男 家出のストレスで工場に放火

玉村町八幡原の車両部品製造工場で11月10日に施設の一部が燃えた火災で、伊勢崎署と県警捜査1課は7日、地元消防団員で住所不定、無職の男(21)=窃盗罪で起訴=を非現住建造物等放火未遂と建造物侵入容疑で再逮捕しました。
同町や隣接の伊勢崎市では7月から無人の倉庫や工場で夜間に出火する火災が7件続き、同課によると男は容疑を認め、さらに数件の放火をほのめかしているといい、連続放火の可能性もあるとみて捜査しています。

逮捕容疑は11月10日午後11時25分ごろ、侵入した車両部品製造「メイダイ」関東工場内の無施錠の休憩室で雑誌に放火したとしています。
警戒中の同署員が発見、約6平方メートルを焼いて消火しました。

同課によると、男は4月、住んでいた同町角渕の町消防団第4分団に入団した後に家出しました。
車上生活をしながら連続不審火を受けて団が11月に始めた放火警戒のパトロールに参加していたという。
「家出でストレスがたまっていた。火をつけるとスカッとして気持ち良かった」と供述しているという。

同町では10月21日から11月10日にかけて、夜間無人の倉庫と工場が燃える火災が約1キロ圏内で4件発生。
消防団員155人が11月2日から夜間パトロールを続けていました。

消防団を管轄する町生活環境安全課は、男の供述について「詳しい状況は分からないが事実とすれば町民の皆さんに申し訳ない」と話し、焼失被害を受けた企業の担当者は「一体誰を信じたらいいのか。連続不審火すべてが容疑者の放火ではないかもしれない。安心できない」と話していました。

県警捜査1課によると、男は11月13日に同町角渕の消防団詰め所に侵入して液晶テレビ1台(3万3000円相当)を盗んだとして、窃盗容疑で逮捕、起訴されていました。
<毎日新聞12月8日(木)11時23分配信より>

元消防団員の男が家出をしたストレスで工場に放火したという事件です。
放火警戒のパトロールに参加しつつ、自ら放火していたというのはどのような気持ちだったのでしょう。
家出のストレスを解消する為、ということですが、自分勝手な理由としか言いようがありません。

放火という犯罪は特に罪が重いと言えます。
刑法上の罪というより、人が犯す罪としての重さです。
何の罪もない人の命、財産、家を燃やし、強制的に奪い、破壊する行為です。
さらに類焼で他の家に燃え移る危険性も多く、許されない犯罪の一つです。

仮にその場は無人で、命を落とす人がいなかったとしても、財産、建物を全て無くしてしまうと、その後の人生がどん底に突き落とされる可能性もあります。
犯罪者の気まぐれ、ストレス解消目的でそのような状況にされてしまうのは到底納得がいきません。
しかし、そのような道理を犯罪者全員が理解している訳ではありません。

自分以外はどうでもよいと無慈悲な犯罪行為に走る者も多くいるのです。
そのような犯罪被害に遇わない為に、運に任せるのではなく、自衛の為の防犯対策防災対策を行うのです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年12月14日)|記事URL | あとで読む

東京 民家の車庫に放火男

民家の車庫に放火したとして、警視庁捜査1課は15日、住所不定、無職の男(29)=窃盗罪で起訴=を現住建造物等放火容疑で再逮捕しました。
調べに「仕事が見つからず、イライラしてやった」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は、5月11日午前2時すぎ、葛飾区奥戸の40代のパート女性方木造3階建て住宅の1階車庫にライターで火を付け、7平方メートルを焼いたとしています。

女性ら家族3人がいましたが、けがはありませんでした。
捜査1課によると、男は、5月9日に起きた同区のステーキ店「加真呂新小岩店」の全焼火災など2件の放火事件についても関与を認めているということです。

男は5月、ワゴン車を盗んだとして窃盗容疑で逮捕、起訴されていました。
<毎日新聞6月16日(木)11時12分配信より>

放火犯の男が逮捕されましたが、当初逮捕されたのはワゴン車を盗んだ窃盗容疑からでした。
今回放火の被害に遭った民家の車庫は7平方メートルを焼いただけで済んだようですが、別のステーキ店は全焼したということですから、火災被害の大きさに改めて驚きます。
また、犯人がイライラしたという理由で放火されては被害者はたまりません。

侵入盗難被害に比べて、火災被害は人の命を奪う危険性、建物全焼や別の建物への類焼など、色々な面で大きな被害となる可能性があります。
少し焦げたとか、火が広がる前に消すことができたというのは不幸中の幸いです。
イライラしたという理由で他人の家に火をつける者もいるぐらいですから、安心できません。

防災や防犯に共通して言えることは、未然に被害を防ぐ、または被害を最小限に抑えることを大きな目的としています。
故意に犯罪を犯そうとする者に対して、それを捕まえたり、何か攻撃するような対策ではなく、その場での犯行を防ぐことや万が一犯行を許した場合でもそれ以上の犯行を行なわせないように威嚇するなどの対策が主となります。

どちらの対策も受け身的な印象があるかもしれませんが、実際に使うこと(役に立つこと)がなく済めば、その方がよいに違いありません。
対策していることで知らぬうちに、犯罪者が避けるという目立たない静かな効果もある事前の防犯対策。
ぜひご検討下さい。
一戸建て住宅の火災・放火対策
火災・放火(放火させないために)

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年6月21日)|記事URL | あとで読む

浜松 ごみの集積場で連続不審火3件発生 放火の疑いあり

22日午前1時ごろ、浜松市東区神立町のごみ集積場のごみが燃えるなどの不審火が3件発生しました。
いずれも、通行人や近隣住民が発見し、間もなく消し止めたため、建物などへの被害はありませんでした。
浜松東署は、同一犯による放火の可能性もあるとみて、出火原因を詳しく調べています。
調べでは、3件の出火場所は半径500メートル以内だったということです。
<産経新聞4月23日(土)7時56分配信より>

侵入窃盗被害よりも恐ろしいのが放火です。
扉の破損や金品の盗難被害は、全体から見れば一部の被害に留まることが多いでしょう。
放火などの火災被害となると、建物の全焼という被害に及ぶこともあります。
そうなると、全てを失うと言っても過言ではありません。

また、物の被害だけでなく、人命を危険にさらす可能性もあります。
放火だけでなく、失火や他の家からの類焼などもありますから、火災と言っても一括りにはまとめられません。
住宅用火災警報器の設置義務化が進められていますが、乾燥する季節や火災が多い地域では+αの火災対策をすべきでしょう。

ホームセンターなどで売られている火災警報器は、けむりや炎を感知してから鳴動するようなタイプが一般的だと思います。
放火の場合、火を点けられてから機器が作動することになります。
初期対応という面では、不充分というケースも考えられます。
侵入者を建物に近づけさせない、外周を警備するという防犯システムが防災対策としても活用できるということもあります。
火災・放火対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年5月02日)|記事URL | あとで読む

放火?長野の高校の校長室より深夜火災。机の上の書類焼失。

昨日幼稚園への侵入・放火をブログでご紹介しましたが、今度は長野の高校で、火の気のない校長室から火災が発生しました。


●31日午前3時25分ごろ、上田市中丸子の丸子修学館高校で異常があったと、警備会社が上田署に通報した。
同署員が校長室の机にあった書類などが燃えているのを発見、約15分後に鎮火した。
窓ガラスが割られており、室内に火の気もないことから、同署は放火の可能性が高いとみている。 

校長室にある二つのドアは当時いずれも施錠されていた。
燃えた書類は決裁文書などだが重要度は低く、生徒の個人情報も含まれていなかったという。
30日午後1時半ごろに教頭が施錠を確認して以降、学校に出入りした職員はいないという。

同校では2月22日未明にも、事務室の書類や椅子などが燃える不審火があり、県警は状況が似ていることから関連があるとみて調べている。
校長は「生徒がけがをするような事態にならず良かった」と話した。
(6月1日 毎日新聞より引用)

警備会社への委託警備システムが入っていたようですが、犯行を未然に防ぐことはできませんでした。
建物の中に入られてからの対処ではどうしても実害が出ます。
今回は、生徒の個人情報などは燃えたり、盗まれたりしませんでしたが、
パソコン目的の窃盗犯であった場合には、その中の生徒の個人情報まで一緒に盗まれてしまいます。

やはり「外周警備」+「防犯カメラ」で、不審者が塀を乗り越えたり、フェンスをよじ登ろうとした時に大音量の音・光で威嚇撃退すると同時に、動画で確認し、対処するという方法がお勧めです。
学校・教育機関の防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年6月02日)|記事URL | あとで読む

幼稚園に深夜侵入し放火。

幼稚園に放火容疑で自称俳優が逮捕されました。深夜に幼稚園に侵入して放火したようですが、敷地内に不審者が侵入できてしまうところに問題があります。


●神奈川県警緑署は26日、非現住建造物等放火容疑で、横浜市緑区三保町、自称俳優男(36)を逮捕した。

 26日午前1時10分ごろ、自宅近くの幼稚園のグラウンドに侵入し、木製の休憩所内にあったゴミ箱にライターのオイルをまき、火を付けて壁などを焼いた疑い。

 幼稚園の近くに住む住人が休憩所が燃えているのを発見し、119番通報。
約1時間20分後に、自宅の駐車場にいた容疑者を不審に思った近所の人が、同署に通報した。

 同署の調べによると、容疑者は当時酒に酔っていて、「グラウンドでやっている小学生のサッカー教室がうるさくて、いらいらしてやった」と供述しているという。

 容疑者が以前所属していた芸能事務所によると、容疑者はテレビドラマの脇役や、舞台で主役として出演していたが、平成19年に同事務所をやめたという。
(5月26日 産経新聞より引用)

深夜に侵入し、ゴミ箱にライターのオイルを撒き放火。
近所の人が気が付いて大きな被害にならなかったようですが、もし気がつかなかったら大切な建物も燃えて明日から園児のいく先がなくなってしまうことになっていたと思います。

やはり、不審者が敷地内に侵入できないようにすることが重要です。
そのためには「外周警備」。
外周警備は、赤外線センサーやフェンスセンサーなどを使用し、不審者が塀を乗り越えたり、フェンスを攀じ登った瞬間に大音量の音、光でその場で威嚇撃退します。
同時に、予め設定した5人の携帯電話にメール通報、その後音声通報します。
動画画像を送るタイプもあります。
学校・教育機関の防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年6月01日)|記事URL | あとで読む

元従業員が勤務先に放火 辞めさせられた腹いせに

和歌山県田辺市上の山の会社事務所で昨年7月に起きた火災で、田辺署は26日、民家などから金品を盗んだとして窃盗の罪で公判中の御坊市湯川町富安、土木作業員(30)を非現住建造物等放火の疑いで逮捕しました。
容疑者は以前、この事業所で勤務していました。

田辺署によると、容疑者は昨年7月23日午前2時ごろ、田辺市上の山にあった地盤調査・土地改良会社が事務所として使っていた輸送用コンテナの下でナイロン袋にライターで火を付けた疑いがあります。
この火事で、約97平方メートルが焼失しました。けが人はありませんでした。

従業員の1人が、現場近くで容疑者を目撃していました。
コンテナは東西に3台並んでいましたが、一番東側のコンテナに火を付けたということです。

田辺署の調べでは、容疑者は2007年9月~09年1月に正社員としてこの会社で勤務していましたが、無断欠勤などの理由で解雇されていました。
調べに対し「辞めさせられたことに腹が立っていた」などと供述しているということです。

容疑者は昨年9月、田辺市内の女性宅に侵入して現金やバッグを盗んだとして、住居侵入と窃盗の疑いで逮捕されました。

その後、2009年1月?9月の間に市内で起きた窃盗事件に関与していたことも判明。
和歌山地検田辺支部が9件の事件について、計4度起訴しています。
起訴状によると、事件の被害額は現金や商品券など計約161万円に上っています。
<5月26日17時0分配信 紀伊民報より>

侵入・盗難対策と並んで重要なのが火災対策です。
失火・放火・類焼など様々な要因がありますが、失火・放火などは未然に防ぐことができる可能性があります。

住宅においてけむり感知器の設置が義務化が進められていますが、それ以外にも対策はあります。
小さな火を感知する炎センサーの設置やその場で全自動で消火する装置の設置など、より効果的な火災対策です。

放火対策として、侵入者を建物及び敷地内に侵入させないように防犯センサーを設置したり、防犯カメラで監視することも効果的です。
腹いせに放火されるというのは、被害としては最も大きなものになる可能性があります。

一概に侵入被害と言っても様々です。
窓ガラスやドアが壊される被害だけで盗難被害がない場合もあります。(盗まれるものがなかったためでしょうか)
また、少額の現金が盗まれる被害だけの場合もありますし、金庫ごと数百万円もの現金が盗まれる被害というのもあります。
これはその場にどれだけの金品があるのかという問題と、それぞれの犯人の手口・考え方によるところが大きい問題です。
盗むものがなかったからといってその腹いせに放火する犯人もいますし、現場で家人と鉢合わせしたら焦って持っている凶器で襲ってくる可能性もあります。
どちらにしても万が一の被害、最悪のケースを想定して事前の対策をしておくべきです。
火から守る(火が心配なあなたへ?)
放火対策
全自動消火システム

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年5月28日)|記事URL | あとで読む

1  2  3  4  5  6  7

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?