1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 窃盗

防犯ブログ

養蜂場からミツバチ巣箱盗難 20箱200万円相当

養蜂場からミツバチの巣箱を盗んだとして、城陽署は16日、窃盗容疑で滋賀県守山市幸津川町、家業手伝いの男(80)を逮捕しました。
容疑を認めています。

逮捕容疑は昨年11月26日午後2時ごろ、京都市伏見区の男性(61)が経営する城陽市の養蜂場からミツバチ数万匹が入った巣箱1箱(6万円相当)を盗んだとしています。
この養蜂場は一昨年3月から昨年12月にかけて、9回にわたり計20箱(200万円相当)の巣箱が盗まれており、同署が関連を調べています。
<産経新聞1月17日(火)7時55分配信より>

ミツバチの巣箱盗難、専門知識がないのですが、おそらく盗まれたからと言ってお金を出せば、新しいミツバチとその巣箱が手に入るというものではないでしょう。
何世代にも渡ってミツバチを育て、長い日数を費やして効率的に蜜を集められる環境を作るのでしょう。
お金には到底換えられない被害でしょう。

例えば、侵入窃盗被害に遭った場合、これが必ず被害に遭うと断言できるものはありません。
泥棒の侵入手口によって、窓、扉、シャッターのどれが壊されるか分かりません。(または全部)
侵入後、もし金庫があればそれが狙われる可能性が最も高いのですが、それ以外のものが荒らされ、壊され、盗み出される可能性もあります。
盗まれるのも、壊されるのも、被害後、それが元の正常な状態ではなくなってしまうのは共通しています。

「盗まれるような高価なものは家には何もない」と考える人もいるかもしれません。
しかし、侵入窃盗の被害は、「盗まれる」だけとは限らないということです。
泥棒が侵入しようとしてガラスが割られた、でもそれだけの被害で盗難被害はなかった、というのは実は非常に運がよかったとも考えられます。
シャッター、窓、扉が破壊され、家中が荒らされ、現金や貴金属が盗まれたという窃盗被害のフルコースという場合に比べればの話ですが。

「泥棒」というと単にものを盗むだけと思いがちですが、実際の被害には、破損・汚損(汚される)被害も含まれます。
それらの被害に対する事前の予防策が必要です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年1月17日)|記事URL | あとで読む

民家の庭から花を盗んだ看護師逮捕

他人の家の庭から花を盗んだとして、和歌山北署は14日、窃盗容疑で和歌山市西庄の看護師の女(47)を現行犯逮捕しましたた。
「私が育てた花です」と容疑を否認しているという。

逮捕容疑は同日未明、同市西庄の民家の庭の花壇から、カランコエ2株を抜いて盗んだとしています。
同署によると、周辺では先月から同様の被害が相次いでいました。
警戒を強化していたところ、巡回中の署員が花を手に民家の庭から出てきた女を発見したという。
<産経新聞1月15日(日)7時55分配信より>

自宅や会社の敷地内に、他人が自由に侵入できる環境というのは危険です。
中に入ってきて、今回の事件のように花を盗むということも簡単にできてしまうということです。
自宅の木に生っている柿を子供が盗むというのは、昔の漫画やアニメに出てきそうなシーンですが、現実ではもっと悪意のある泥棒にも変わることが考えられる手口です。

塀の門扉を乗り越えて敷地内に侵入、家人にさえ見つからなければ、敷地内は自由に歩くことができてしまいます。
会社はともかく、ほとんどの一戸建て住宅やマンションでは同じ環境でしょう。
誰もが自由に出入りできるという考え方によっては危険な環境です。

もちろん子供たちが自由に遊ぶ為に開放しているという場合もあるでしょうが、夜間や深夜など時間外もあります。
そのような時間外は制限することで、外部からの侵入者に対しては効果があるはずです。

マンションの場合は、
関係者以外の立ち入りを禁止するためにセンサーを設置し侵入を制限(関係者のみ警戒を切ることができる)、敷地から建物内への侵入に利用されそうな箇所には防犯カメラによる映像の監視・記録などの対策が効果的です。

一戸建て住宅の場合も、
予算が可能であれば、塀の上や塀の内側にセンサーを設置し、周囲を取り囲むことによって、外部からの侵入者対策となります。
玄関に防犯カメラを設置すれば、侵入者だけでなく、不要な売り込みや訪問販売、放火対策にもなるでしょう。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年1月16日)|記事URL | あとで読む

葬儀中の自宅狙った窃盗事件

亡くなった作曲家の三木稔さんの告別式が行われた今月12日、三木さんの東京都内の自宅が空き巣被害にあい、現金などおよそ130万円相当が盗まれていたことが警視庁への取材で分かりました。

映画「愛のコリーダ」の音楽や日本史をテーマにしたオペラで知られた作曲家の三木稔さんは、今月8日、敗血症のため、81歳で亡くなりました。

警視庁によりますと、三木さんの告別式が行われていた今月12日、東京・狛江市の三木さんの自宅に空き巣が入り、自宅から現金およそ90万円やネックレスなど、総額およそ130万円相当が盗まれたということです。

「1階の窓ガラスを割られて、主人のいつも持ち歩いていた財布入りのカバンは、カバンごと持っていかれた」(故・三木 稔 さんの妻)

警視庁は、葬儀中を狙った窃盗事件として捜査を進めています。
<TBS系(JNN)12月15日(木)12時57分配信>

著名人ほど、訃報があった時は新聞等で報道されます。
その際、お通夜・告別式・お別れ会などの日時も掲載されます。
当然、その時間帯は自宅が無人になることが泥棒から見れば予想されるでしょう。
その時を狙って犯行を行うという手口があります。

式場で直接、香典泥棒などを企てる者もいますし、人が亡くなった時は、泥棒にとっては狙い目の一つなのでしょう。
家族にしてみれば、突然の訃報で、悲しみ、動揺していることがほどんどです。
泥棒がその場に居たとしても、それに対する警戒感などは薄れてしまうのは仕方がないでしょう。

泥棒にしてみればそれこそが絶好のチャンスなのです。

タイミングに限らず、弱っているところを狙うのが犯罪者は得意です。
弱点を巧みに突いて犯行を成功させようと企んでいます。
そのような弱みを少しでも減らすようにするのが事前の防犯対策です。
犯罪者に付け入る隙を少なくするのが効果的です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年12月21日)|記事URL | あとで読む

栃木 茶だんすから4千万円盗難

10日午前7時30分頃、栃木県足利市藤本町の建設塗装業の男性(46)から「泥棒に入られた」と110番がありました。

現金約4000万円がなくなり、室内に物色の跡があったことから、足利署は多額窃盗事件として捜査しています。

発表によると、現金は、2階建て自宅兼事務所の1階台所の茶だんすの中の保冷容器に入れていた。ジャンパーや腕時計などもなくなっていました。
ほとんどの部屋が荒らされ、土足で歩いた跡がありました。

南側の掃き出し窓の鍵が開いており、ここから何者かが侵入したとみられています。
男性は1人暮らしで、9日夜から10日朝まで外出していました。
現金は会社運営資金と生活資金だったという。
<読売新聞12月10日(土)16時23分配信より>

家の茶だんすの中に4千万円もの大金を置いていることに驚きます。
会社の運営資金も含まれていたということですが、家に置いておく必要があったのでしょうか。

金融機関がつぶれて預けていた預貯金がなくなるという確率と、自宅に保管している現金が泥棒に盗まれる確立、どちらが高いかと言えば明らかに後者だと思うのですが・・・。

自宅兼事務所がどのような防犯対策がとられていたのかなどは不明ですが、何も対策していなかった可能性があります。
あるとしたら金庫保管ぐらいでしょうか。
あとは、窓・扉の施錠だと思いますが、このような状態では安全だとは言えません。

私の自宅に現金は4千万円も持っていませんが、もしあったとしても自宅にそのまま置いて出かけることはないでしょう。
怖くてできません。
何が起こるか分かりません。

泥棒の被害に限らず、火災や台風、地震などの天災によって、自宅や家財、現金などが被害に遭う可能性はあります。
もし保険などに入っていなければ、その被害は自己負担という危険性もあります。
そんな時には金融機関に預けれいれば、通帳やカードを失ったとしても、本人確認ができれば、預けていた現金は保障されるはずです。

金融機関の回し者ではありませんが、自宅に保管するより、金融機関に預けた方がよっぽど安全だと考えます。

自宅の防犯対策を見直し、大金を置いていても大丈夫か、もしくは素直に金融機関に預けるか、すぐにでも検討することをお勧めします。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年12月19日)|記事URL | あとで読む

静岡 勤務先のホテルから現金1100万円窃盗

松崎署は27日、勤務先のホテルから現金約1100万円を盗んだ疑いで、西伊豆町の男(46)を逮捕しました。

調べでは、今月20日、経理を担当している同町内のホテル事務所に置いてある金庫から、現金を盗んだ疑い。
同署によると、男は容疑を認めており、動機については「遊ぶ金ほしさに盗んだ」と説明。
盗んだ金の半分以上をすでにギャンブルに使ったと供述しているという。
<産経新聞11月28日(月)7時55分配信より>

人それぞれですが、例えば勤務先で経理などの会社のお金を扱う業務をしている人が、その管理体制に疑問を感じたり、不満を感じた場合、良からぬ考えを思い浮かべることがあります。
それを実行に移すかどうかが犯罪を犯すかどうかの境目ですが、実行に移さずとも、その気になったらできてしまうのでは?と思わせてしまうこと自体が問題です。
それは本人だけではなく、その会社にも問題があると考えるべきでしょう。

一人の人間に業務が集中し、その人にしか分からないというのは企業にとって不利益です。
その人が突然辞めたり、病気で会社を休むと、他の人では対応できない、業務が滞るということは避けなければなりません。
お客様に対して迷惑を掛けることになりますし、信用・信頼を損なう恐れもあります。

また、その人にしか分からないという状況は、ある個人が勝手に業務方法を変えたりしても他の人は分からない、ということもあり得ます。
ある意味で好き勝手出来てしまうというのは決して良い状態ではありません。

人もしくは機械(防犯カメラ)で監視し、常に見られている、監視されているという意識を持たせる、プレッシャーを与えることも時には必要ではないでしょうか。
そうすれば良からぬ考え自体が思い浮かぶことも減るでしょうし、仮に思い浮かんでも、監視されていることを考えると、実行に移す可能性は減るはずです。
これは外部からの侵入者、犯罪者に限ったことではないからです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年12月05日)|記事URL | あとで読む

北海道の森林窃盗 どう防ぐ?

国有林の木を盗伐したとして、岩内署と道警生活経済課などは20日、帯広市柏林台北町1、木材会社の男(34)と同社員2人、元社員1人の計4人を森林法違反(森林窃盗)容疑で逮捕しました。

容疑は、10年8月~11月ごろ、むかわ町穂別福山の福山国有林で、メジロカバ13本(時価計89万6966円)を盗んだとしています。
34歳の男は否認しています。

同署によると、同社は道森林管理局と契約し、不要林伐採のため同町の国有林内に出入りしていましたが、メジロカバは伐採が禁止されていました。
伐採した木は旭川市の「銘木市(めいぼくいち)」で転売したという。
道警は会社ぐるみで違法伐採をしていた可能性が強いとみて捜査しています。
元社員が同署に違法伐採を訴え、発覚しました。
<毎日新聞11月21日(月)10時56分配信より>

今回の発生した窃盗事件は、その森林に入る許可を持つ者が、盗んではいけない森林を伐採し、不法に転売していたという事件です。
このようなケースのみならず、全く無関係の国有林に不法侵入し、木を盗み出すという手口も考えられます。
木に関する専門的な知識はないのですが、それを加工してつくられる貴重な物があれば、その原材料として狙われる可能性はあるでしょう。

対策としては、侵入者が敷地内に簡単に侵入できないようにする対策が効果的でしょう。
おそらくそれぞれ現場には侵入防止策や金網柵などが設置されていると思いますが、それに併用してセンサーを設置するとより効果的です。
赤外線センサーを周囲に張り巡らし、センサーを超えて侵入しようとする者(大型の哺乳類など含む)がいれば、警報装置が鳴動するという外周警戒システムです。
さらに予算上余裕があるなら防犯カメラで映像を記録することができれば、より侵入しにくい環境となるでしょう。

森林の不法伐採、盗まれた木が元の状態に戻ることはありません。
被害額以上に貴重で大切な木というものもたくさんあるでしょう。
複数人のグループによる窃盗などが珍しくない昨今、大がかりな組織ぐるみの犯行というのも充分考えられます。
木に個別のナンバーなどありませんから、盗まれた木がどこのものかを特定するのはよほどの専門知識がなければ難しいのではないでしょうか。
これも犯罪者にとっては好都合の条件です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年11月29日)|記事URL | あとで読む

柴又帝釈天でさい銭箱泥棒

映画「男はつらいよ」シリーズの舞台として知られる東京都葛飾区の柴又帝釈天から、さい銭箱が盗まれていたことが警視庁亀有署幹部への取材でわかりました。
同署は窃盗事件として捜査しています。

同署によると、盗まれたのは、帝釈天境内の浄行菩薩像の前に置かれたさい銭箱で、縦約50センチ、横約80センチ、高さ約50センチ。
今月2日午前5時半頃、警備員がなくなっているのに気付き、110番しました。
さい銭箱の中に入っていた金額は不明という。

前日夜にはさい銭箱があるのを帝釈天関係者が確認しており、同署は1日深夜から2日早朝の間に盗まれたとみて調べています。
<読売新聞11月9日(水)9時20分配信より>

正確な犯行日時は分からないということですから、目撃証言などからの犯人逮捕は難しいのではないでしょうか。(別件で逮捕された犯人が供述して、この事件でも逮捕というのはあるかもしれませんが)
また、当然かもしれませんが、盗まれたさい銭箱の中の金額も不明ということなので、保険を掛けていたとしても補償されるかは不明です。

さい銭箱自体が年代物で貴重な場合や、その他にも仏像などが置かれているなど寺社での犯罪というのは罰当たりなようで、泥棒からすれば狙い目なのかもしれません。
珍しい貴重な仏像を盗み出し、それをうまく転売(外国やネットオークションなど)することができれば一獲千金だと考える犯罪者もいるのではないでしょうか。

ましてや寺社ということで犯罪とは無縁だと考える人も多いでしょう。
しかし上記のような窃盗犯罪や放火などの犯罪にも遭う危険性があり、寺社という理由だけで犯罪被害に遭わないとは言えません。
お参りに来る人は別として、建物や敷地内に無断で入ろうとする侵入者に対する対策はとられてもよいでしょう。
寺社仏閣の防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年11月15日)|記事URL | あとで読む

千葉 消防用ホースのノズル盗まれる

富津市内で道路脇に設置された消火栓格納箱から消火活動用ホース先端の金属製ノズルを盗んだとして、富津署は1日、窃盗容疑で、地元消防団員で水道設備業の男(29)を逮捕しました。

同署によると、男は「ギャンブルの借金返済のために売ろうとして盗んだ」と容疑を認めています。
同市内では他にも55カ所で同様の被害があり、同署は関連を調べています。

逮捕容疑は6月6日から7月9日にかけ、同市内2カ所の消火栓格納箱からホースのノズル2個(計2万円相当)を盗んだとしています。
<産経新聞11月2日(水)9時2分配信より>

最初からどこに売ろうかと考えての犯行かは不明です。
とりあえず何でも盗める物は盗み、それから転売しようという衝動的な犯行もあるでしょう。

何が狙われるか分かりません。
こんな物が盗まれるのか、という物が盗まれる時代です。

一般住宅でも同じです。
我が家には盗まれるような物はない、と考える人もいるでしょう。

しかし、この夏大流行したエアコンの室外機泥棒。
少し前ならあまり考えなかった手口ではないでしょうか。

屋外に(どちらかと言うと)無防備に置いているだけの室外機、これを金属回収業者とかに転売しようと最初に考えた泥棒はすごいですね。
中古の金属の塊ですし、床に固定されているものもあるでしょうから、盗む手間と時間、得られる対価を考えると、割に合わない犯行として、頭から除外してしまいがちです。

しかし、どこの家庭でも無防備で、一度盗む手口が成功したら、別の家庭でも使えるということなのか、また、思う以上に金属の価値があるなどの理由から頻発しました。
これらの着眼点には驚かされます。

被害に遭う可能性のある我々としても、自分の周りは平和だから、被害とは無縁だという根拠のない自信は持たず、常に犯罪情報にはアンテナを張り、自ら対策を講じるべきです。
そうしなければ自分の身は守れない時代であるということです。
最新の犯罪情報

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年11月10日)|記事URL | あとで読む

民家侵入3人組 1年間で154件、被害総額3千万円

民家に侵入し盗みを繰り返していたとして、県警捜査3課は1日、千葉市緑区おゆみ野6、無職の男(31)と同区誉田町1、同、無職の男(21)=ともに窃盗罪などで起訴=を窃盗容疑で千葉地検に追送検しました。

追送検容疑は、5月31日夜~6月1日朝、茂原市内の民家に侵入し、手提げバッグ(時価1000円相当)を盗んだとしています。

捜査3課によると、2人は別の窃盗容疑で8月に逮捕された中央区南生実町、無職の男(22)=窃盗罪で起訴=と3人で、10年7月~今年6月に千葉市や茂原市などの民家に侵入し、現金や貴金属などの盗みを繰り返していました。
これまでに154件、総額約3000万円の被害が確認されています。
<毎日新聞11月2日(水)11時7分配信より>

役割分担した泥棒の犯行というのは非常に捕まえにくいのでしょう。
約1年間で154件、被害総額3000万円という犯行の後、ようやく逮捕された3人組のニュースです。

この事件に限らず、泥棒を捕まえると言うことが簡単ではないということです。
捕まえることができても、何度も犯行を行った後にようやくというのが珍しくありません。
警察による検挙率の低下と共に、泥棒の犯行手口の巧妙化、犯行の複数人化、外国人窃盗団による凶悪化なども要因でしょう。

泥棒の被害に遭う、警察に捕まえてもらい、盗んだ品やお金が手元に戻ってくる、という構図を期待するのは無理があります。
一度盗まれた物は手元には戻らないと考えた方が無難です。
ただ、被害に遭ったら仕方がない、不運だったと考えるのはあまりにも受け身です。

それよりも積極的に、防犯対策を行い、自らの身は自分で守るべきでしょう。
後悔しない為の事前の防犯対策です。
一戸建て住宅の防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年11月09日)|記事URL | あとで読む

大阪 勤務先の病院から薬600万円分盗む

勤務先の病院から薬品を盗んだとして、南堺署は21日、堺市中区深井清水町、薬剤師の男(54)=窃盗罪で起訴=を窃盗容疑で逮捕、堺区検に送検したと発表しました。

送検容疑は今年5月から7月にかけ、同市南区の近畿大医学部堺病院の倉庫から高血圧治療薬などの薬品計58箱(600万円相当)を盗んだとしています。

今年7月、倉庫から持ち出された薬品の記録と処方された薬品の記録などが合わないことから発覚。
病院が被害届を出していました。
男は同病院の薬剤部技術科長でしたが、19日付で懲戒解雇されました。

盗んだ薬は業者に約400万円で売り、得た金をパチンコなどに使っていたという。
男は「4月からやっていた。遊ぶ金が欲しかった」と容疑を認めており、同署は余罪を追及しています。

病院長は同日会見し、「患者や地域社会の皆様に深くおわびする」と謝罪。
倉庫への防犯カメラ設置などの再発防止策実施を明らかにしました。
<毎日新聞10月22日(土)13時34分配信より>

勤務先の病院から薬品600万円分を盗み、業者に転売し400万円を得ていた薬剤師の男が逮捕されました。
倉庫から持ち出された薬品と処分された薬品の記録が合わないことから犯行が発覚しました。
58箱分の薬品ということですから相当な量です。
いずれ誰かが不審に感じて、犯行が発覚することになったと思われます。

病院長が再犯防止の為に倉庫への防犯カメラ設置を実施することを発表していますが、やはり人の目による監視には限界があります。
常に24時間監視することはできません。(複数の警備員を交代で見張らせることは可能ですが、人件費がかかった仕方がありません)
機械である防犯カメラによる監視の方がより効果的でしょう。

導入の為の初期コストや配線を切断される可能性、死角がある、など問題がない訳ではありませんが、複数のカメラによって重要な箇所を監視することは非常に効果的だと思います。

特に人の目を気にする犯罪に対しては、より効果を発揮するでしょう。
従業員や出入り業者などのいわゆる内部犯行と呼ばれる犯罪は、この防犯カメラ設置によってかなり強力な抑止力となるのではないでしょうか。
見られても構わない(危険は承知)という犯罪者に対しては、また別の対策が必要となります。
医療機関の防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年11月04日)|記事URL | あとで読む

2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?