1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 窃盗

防犯ブログ

茨城 寺から現金950万円盗まれる

20日夜、茨城県笠間市の寺で窓ガラスが割られ、金庫などから現金950万円が盗まれているのが見つかりました。

20日午後10時20分頃、笠間市笠間にある寺で窓ガラスが割られたうえ、寺の金庫やブリーフケースに入っていた、現金950万円が盗まれているのを住職の男性(45)が見つけました。
盗まれた現金はすべて1万円札で、檀家からのお布施などだったということで警察は窃盗事件として捜査しています。

また、今月17日には、つくばみらい市の寺でも現金、およそ1000万円が盗まれる事件が起きていて警察は、関連を調べています。
<TBS系(JNN) 12月21日(金)13時36分配信より>

お金持ちの寺という表現はおかしいかもしれませんが、お金をたくさん置いてそうな寺は泥棒に狙われやすいかもしれません。
仏像や年代物のさい銭箱など骨とう品的な価値のものだけでなく、当然現金も狙われます。
寺の住職さんがお布施などを銀行に預けているというのはなかなかイメージが湧きにくいものです。(実際には多くの宗教法人が銀行などの金融機関を利用していると思いますが)

寺だと、現金をそのままタンスや仏壇、せいぜい金庫に保管するぐらいで、必ず建物内に置いているだろうと考える泥棒が多いのかもしれません。
今回のような高額現金の窃盗事件が続いているのも、そのように考える泥棒が存在している証拠でしょう。
寺に盗み目的で侵入するなど罰当たりめと思うかもしれませんが、犯罪者は神様の怒りを恐れるより、自分の利益を求める思いの方が強いのでしょう。

外国だと、宗教に関わらず、信仰心の篤い国民が多い国では、宗教的な施設、寺や教会、モスクなどで犯罪を犯そうとする者は少ないのではないでしょうか。
その点、正月やクリスマス、ハロウィンなど様々な宗教行事を、自分が信じている宗教とは別に祝う日本のような国では、寺だからと言って、泥棒に狙われにくいという理由にはならないのでしょう。

そうなると泥棒に狙われにくくなるように、自分で対策を行うしか自分を守ることはできません。
CIMG6086.jpg

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年12月21日)|記事URL | あとで読む

意外に高く売れるランドセル スーパーなどから158個盗まれる

スーパーの店員の隙をみてランドセルなどを持ち出す手口で盗みを繰り返したとして、広島県警は17日、住所不定、無職の男(29)と、兵庫県加古川市、無職の男(29)両被告(いずれも窃盗罪で公判中)を窃盗容疑で逮捕、送検したと発表しました。

盗んだランドセルは158個にのぼり、リサイクル店に1個3万~4万円で転売。
2人は「意外と高額で売れるため狙った」などと容疑を認めているという。

発表では、2人は2009年3月12日~11年12月30日、広島、兵庫両県などの計106店で、ランドセルや家電製品など419点(計約1000万円)を盗んだ疑いです。

2人は秋から春にかけて、ランドセルの特設コーナーばかりを狙い、購入するふりをして商品の箱ごと持ち出していたという。
シーズン以外は家電製品をターゲットにしていたという。
<読売新聞 12月17日(月)19時41分配信より>

今はランドセルのシーズンではありませんが、もうすぐ入学準備のために買い求める人が多くなるでしょう。
最近は両親が子供のために購入するのはもちろんですが、おじいちゃん、おばあちゃんがかわいい孫に入学祝としてプレゼントすることも増えているようです。
さらに、通常のランドセルよりも高額、より丈夫で軽い材質のランドセル(プレミアム何とかというCMでも流れていますね)も出てきています。

おじいちゃん、おばあちゃんも自分の物を購入する場合は、金額にこだわるかもしれませんが、かわいい孫のためとなると、お金は惜しまないのかもしれません。
今の日本で誰がお金を持っているかと言うと、高齢者だと言われています。
それを狙ってうまく商売する企業も出てきています。
商売なら全く問題ないのですが、おいしい話の裏には必ず犯罪者も狙いをつけます。

需要が高まれば、自分が供給する側に回ろうとします。
供給する側と言っても、自分で仕入れて売るのではなく、盗んで売るということです。
人気が高い商品、流行っている商品は一般の人だけでなく、犯罪者にも人気が出るということです。
それがあらかじめ分かっている場合は、それを守るための対策が必要です。

無防備なままだと被害に遭ってしまう危険性、可能性が高くなります。
被害を未然に防ぐ=事前の防犯対策を行い、犯罪者に狙われない、狙わせない環境を作るということです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年12月18日)|記事URL | あとで読む

昏睡(こんすい)強盗 店ぐるみで泥酔客のカード奪い現金引き出す

新宿区で10月、泥酔させた客からキャッシュカードを奪い、現金を引き出したとして、警視庁組織犯罪対策2課は10日、ナイジェリア国籍の世田谷区宇奈根1、飲食店経営の容疑者(42)や従業員ら計10人を昏睡(こんすい)強盗と窃盗容疑で逮捕したと発表しました。
同課によると、いずれも容疑を否認しています。

今年8月以降、8人の男性客が被害届(被害総額約300万円)を出しており、同課は容疑者らが06年の開店当時から同様の手口で客の金を奪っていたとみて調べています。

逮捕容疑は、10月17日午前2~4時ごろ、新宿区歌舞伎町のパブ「VEGAS(ベガス)」で、会社員の男性(33)に強度のアルコールを飲ませて昏睡状態にした後、キャッシュカードを強奪。
近くの現金自動受払機(ATM)で現金60万円を引き出したとしています。
<毎日新聞 12月11日(火)11時24分配信より>

客に強度のアルコールを飲ませ昏睡状態にした後、キャッシュカードを奪い、近くにATMで現金を引き出すという手口です。
経営者だけでなく従業員10人もグルということですから恐ろしい店です。
不思議なことが二つあります。

一つは、06年の開店当時から同様の手口を繰り返していたということですが、誰も被害を届け出なかったのでしょうか。
その場では昏睡状態になるほど酔っていたとはいえ、身に覚えのないカードによる現金引き出しがあれば、カード明細からいつどこで引き出されたかを確認することはできます。
被害者が一人ならまだ分かりますが、おそらく何十人、何百人という被害者がいたと思われます。
もっと早く手口や被害が明るみになってもおかしくなかったでしょう。
被害届が出せない理由、弱みを握られていたなどがあるのかもしれません。

もう一つは、カードを盗んだからと言って、簡単に現金を引き出せることです。
暗証番号が分からないのにどうやって引き出せたのでしょう。
暗証番号を調べられる特殊な機器を持っていたのでしょうか。

対策としては、怪しげな店には近付かないことです。
また、カードによる不正な引き出しは、調べればどこで引き出したかは分かります。
ATMがあるところには必ずといっていいほど防犯カメラがついています。
その映像から誰がいつ引き出したかも判明するでしょう。
camera.jpg

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年12月11日)|記事URL | あとで読む

警察寮に空き巣 途中で気付いたけど・・・もういいや!

空き巣に入って指輪などを盗んだとして、警視庁捜査3課は、窃盗容疑で、住所不定、無職の男(66)を逮捕しました。
同課によると、ベランダの窓をドライバーで割って侵入する手口で都内を中心に約100件、計約2500万円の空き巣を繰り返していたとみられます。

8月に東京都足立区の警視庁綾瀬寮であった空き巣についても関与を認め、「侵入して警察寮と気付いたが、『もういいや』と思った」などと供述しているという。

綾瀬寮では8月、綾瀬署員2人の部屋から、現金2400円や腕時計が盗まれていました。

逮捕容疑は10月12日、江戸川区の女性会社員(41)方に侵入し、指輪やハンドバッグなど時価計9万円相当を盗んだとしています。
<産経新聞 12月4日(火)15時59分配信より>

警察の寮に侵入した空き巣犯です。
侵入した後、警察の寮だと気付いたようですが、入ってしまったものはしょうがない、とあきらめたのでしょうか。
それとも、警察と言っても、仕事以外は無防備で大したことないなと感じたのかもしれません。
実際、8月に侵入し、すぐには逮捕されていません。
10月に発生した別の窃盗事件で逮捕され、その際、警察寮への空き巣の関与を認めたということです。

警察としても自分の面子を保つためにも必死だったのではないでしょうか。
寮とは言え、警察関係のところに泥棒に入られるというのは不名誉でしかありません。
世間的にも、現場の管理体制や防犯対策はどうなっていたのか、警察だから大丈夫だろうという甘えや油断はなかったのかなど、批判を浴びる可能性も充分に考えられます。

普通は警察関係と事前に分かればターゲットには選びませんが、だからこその油断があるだろうと考え、あえてターゲットにしようとするマニアックなプロの泥棒もいるかもしれません。
実際、ここは大丈夫だろう、こんなところからは侵入しないだろう、と対策を怠っていたところ、場所から侵入されることがあります。
泥棒に対する固定概念は捨てるべきでしょう。

100%完璧な対策はなく、あらゆるところが狙われる可能性があると慎重に考えるべきです。
その上で、第三者的な視点で自分のいる環境が泥棒に対して有効な策がとられているかを確認することです。
弱いところ、狙われやすそうなところ、もろいところ、無防備なところなど様々な弱点が分かるかもしれません。
自分で分からなければ、防犯のプロであるセキュリティハウスの無料防犯診断をご利用下さい。
その上で、一緒に対策を考えましょう。
6470.jpg

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年12月05日)|記事URL | あとで読む

岡山 看護師が病院から向精神薬100錠窃盗

■「自分で使うため」

備前市立備前病院(同市伊部)で向精神薬100錠が紛失した事件で、備前署は26日夜、窃盗の疑いで、同市伊部の同病院臨時看護師の女(38)を逮捕しました。
同署によると、「自分で使うために盗み、すべて使った」と容疑を認めています。

逮捕容疑は、10月12日夜~15日朝、同病院調剤室の引き出し内に保管していた向精神薬100錠(約7200円相当)を盗んだとしています。
同署によると、向精神薬は睡眠を促す作用があり、容疑者は日常的に服用していたという。

同病院によると、容疑者は3月から勤務。
8月上旬から約10回、調剤室から向精神薬計約1540錠(約11万6千円相当)がなくなっており、同署は余罪を調べています。

院長は27日、病院内で会見し、「再発防止と信頼回復に全力で取り組む」と謝罪しました。
<産経新聞 11月28日(水)7時55分配信より>

精神薬を服用している医師や看護師には掛かりたくはありません。
睡眠を促す作用があるということですから、例えば、治療中や採血中に突然睡魔に襲われ、誤って注射針を刺されたらと想像しただけでも恐ろしくなります。

病院側の薬の管理方法・体制にも問題がありそうです。
8月上旬から10月上旬にかけて10回に渡り、同じ向精神薬1500錠がなくなっていたということですが、これは事件が発覚してから調べて分かったことなのか、それとも、10回それぞれでなくなったことには気付いていたのか、どちらの場合でも問題があることには変わりません。

また、今回の事件では、容疑者が自分で使用する目的で盗んだとありますが、もっと大量の薬が盗めると分かり、他への転売を考えるようになれば、さらなる問題が生じます。
別の劇薬や麻薬も盗みの対象となれば、二次的な被害や盗品の悪用も想定しなければなりません。
このような事態にならぬよう、病院側がしっかりと管理し、盗難防止策を講じる責任があると言えます。

危険な薬(濫用すれば身体に害を及ぼす)を取り扱う限り、それを守る義務も発生します。
法的な資格(毒物劇物取扱責任者など)で区別しているのも理由の一つだと思います。
なくなった、紛失した、分からなくなったでは済みません。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年12月04日)|記事URL | あとで読む

古美術盗総額7300万円! でも儲けが少ないのはなぜ?

茨城県警は、今年6月に強盗容疑で逮捕した男2人が、秋田、大阪、広島など全国17府県で、古美術品専門の盗みを四十数件繰り返したと供述していることを26日、明らかにしました。

県警が確認したところ、被害総額は約7300万円。
ただし、高価な品物は捜査の手が及ばないよう捨てたと供述したといい、刑事事件としての立件は見送るという。

県警の発表によると男らは、千葉県柏市藤心、元古美術商で韓国籍の無職の男(38)と、同県成田市不動ヶ岡、無職の男(37)の2被告(強盗罪などで公判中)。

2人は今年6月、カラオケ店から現金を奪った強盗容疑で逮捕されました。
その後の調べに、2010年10月頃から今年5月頃まで、バールで鍵を壊して寺や蔵に侵入し、古美術品の窃盗を重ねたと供述したという。

被害品の中には、富山県の寺が所蔵する県指定文化財の金のよろいかぶともあり、この寺だけで約1880万円の被害に遭っていました。

2人はインターネットの古美術サイトで品物を探し、盗品を古美術商に売るなどしていました。
しかし、希少価値のある品を捨てたため、もうけは少なかったという。
<読売新聞 11月26日(月)21時40分配信より>

これまた珍しい手口です。
盗んだ美術品の中で、希少価値のある品は売らずに捨てていたという泥棒2人組です。
もうけは少ないものの、希少価値のある品、高価な品を派手に転売すると、足がつくと考え、それを避けようとしたのでしょうか。
慎重な性格で、一獲千金よりも、細く長く犯行を継続しようと考えていたのかもしれません。

寺などの蔵、倉庫には年代物のお宝が眠っていることがあります。
泥棒もそれを知っていますからそれらを重点的に狙う者もいます。
また、それらの場所は通常は無人であることが多く、犯行の発覚が遅れ、自らが捕まる危険性も低いということを知っているのでしょう。

そのような無人の倉庫に防犯センサーや防犯カメラを設置しているところの方が少ないでしょうから、犯行の邪魔になるのは鍵や扉程度でしょう。
特殊なものでなければ、バールなどの工具を用いて破壊することが可能です。
これだけだと防犯対策をしているとは言えない状況です。

もちろん、何の道具も持っていない、準備もしていないような素人泥棒なら、鍵の施錠だけで効果があるでしょう。
鍵が掛かっているからここはあきらめようと、別の無施錠の倉庫を探そうと去っていくかもしれません。
ただそのような泥棒ばかりではありません。
侵入する気、盗む気満々で準備し、犯行に挑むプロの泥棒が多いような気がします。

さらに最初は経験が浅くとも、何件も犯行を重ねるにあたって経験を重ね、泥棒としてレベルアップしていく者もいます。
このような泥棒は非常に手強く、窓や扉の施錠、金庫保管程度では簡単に突破されてしまいます。
泥棒、と一言で言っても様々なタイプがいます。
また、どのような泥棒に侵入されるかを選ぶことはできません。
防犯対策は様々な泥棒に対しても対応できるレベルのものが必要です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年11月28日)|記事URL | あとで読む

神戸 市営地下鉄駅長室の金庫から現金950万円盗まれる

26日午前4時45分ごろ、神戸市営地下鉄・西神中央駅の助役(45)から「駅長室の金庫から現金が盗まれた」と110番通報があしました。
神戸市交通局によると、駅の売上金など954万1千円が盗まれたという。
兵庫県警は窃盗事件とみて捜査をはじめました。

神戸西署と市交通局によると、金庫は駅長室の壁際に置いてあり、高さ180センチ、幅90センチ、奥行き60センチ。
当直の助役が午前4時36分ごろ、駅長室に入って金庫が開けられているのに気づきました。
盗まれたのは23、24両日の売上金などで、すべて紙幣でした。

金庫にはダイヤル錠とシリンダー錠があったが、助役は26日午前1時すぎの就寝前にシリンダー錠しか施錠しなかったという。
鍵は枕元に置いて他の駅員3人とともに駅長室近くの宿直室で寝たという。

駅長室の入り口は3カ所あり、助役が起床した時はいずれも施錠されていました。
市交通局によると、駅長室や駅構内には防犯カメラがありますが、駅長室に置いてあった録画デッキが無くなっていたという。
<朝日新聞デジタル 11月26日(月)13時15分配信より>

市営地下鉄の駅長室から現金950万円が入った金庫が盗まれました。
金庫は開けられ、中の現金だけ盗まれたということですが、防犯カメラの映像を記録していると思われる録画デッキまで盗まれていたというところが珍しい手口です。

犯人は防犯カメラの映像を録画デッキで録画していることを知り、証拠隠滅のために持ち去り、処分したのでしょう。
内部の事情に詳しい者の犯行か、それとも非常に分かりやすい場所に録画デッキが置かれていただけなのか、どちらにしてもせっかく防犯カメラに録画し、さらに4人も当直の担当が居るにも関わらず、現金が盗まれてしまいました。
現状の防犯対策・体制が効果的に働かなかった、うまく活用できなかったという結果です。
犯人はこのような弱点の多い現状を知っていたのかもしれません。(内部犯行の可能性もあるでしょう)

このまま同じ対策・体制であれば、何の解決・改善にもなっていません。
今度は別の泥棒に狙われ、被害に遭ってしまう可能性が高いと言えます。
別の事件ですが、以前、神戸ポートライナーの駅でも売上金が盗まれる事件がありました。
神戸市の事前の対策の甘さ、体制が問題視されそうです。

もし、この売上金の盗難も含めて財政難となってしまった為、運賃を値上げするとなれば、市民の方は納得しないでしょう。
大切な血税の使い道を見直ししようという議論になるかもしれません。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年11月27日)|記事URL | あとで読む

愛知 自宅寝室から800万円入りの金庫盗まれる

24日午前5時頃、愛知県一宮市猿海道、飲食業の男性(42)が仕事から帰宅したところ、現金約800万円が入った金庫がなくなっているのを見つけ、110番しました。
一宮署が窃盗事件して調べています。

発表によると、金庫は重さ約20キロで寝室に設置していたという。
男性が帰宅した際、玄関ドアの鍵が開いていました。
<読売新聞 11月24日(土)9時59分配信より>

本当に自宅から大金の入った金庫が盗まれる事件が目立ちます。
現金を手元に置いておかないと不安なのでしょうか。
自宅の防犯対策がほぼ完ぺきで、金融機関より安全だと確認できるのであれば、私も自宅に置いておきます。
しかし、どう考えても自宅より金融機関の大型金庫の方が安全です。

仮に金融機関に強盗が入って現金が奪われた場合や金融機関が破たんした場合、どちらもお金を預けている以上、その金額分は補償されます。
(普通預金の場合は、一金融機関で1千万円まで。当座や無利息型なら全額保護)
必要以上の現金は自宅に置いておかないのが一番です。
金庫に保管、一昔前であれば泥棒に有効な防犯対策の一つでした。
苦労して侵入したのに、金庫の中に保管かよ、と文句を言いながらあきらめてその場を去る泥棒、一昔前の漫画やアニメに出てきそうな一シーンです。

今では泥棒側も進化しました。
金庫保管は当然承知の上です。
その場で開けるのは特殊な技術や工具がないと無理ですが、その場から持ち去ることは可能です。
一人では重くて無理でも、複数人なら容易に持ち運べます。

その後でゆっくり時間を掛けて開ければよいのです。
特殊な工具でなくてもドリルで乱暴に開けることもできます。
その場で犯行を完結しなくてもよい、というのは泥棒側の大きな進化の一つではないでしょうか。
発想の転換とも言えます。

対して、我々が同じ対策をしていては意味がありません。
向うが進化しているのですから、こちらも工夫や改善などが必要です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年11月24日)|記事URL | あとで読む

日本郵便社員が職場から年賀ハガキ1万2千枚盗む

職場の郵便局から来年の年賀はがきを盗んだとして警視庁愛宕署は22日、神奈川県横須賀市湘南鷹取5、日本郵便社員の男(58)を窃盗などの容疑で逮捕したと発表しました。
「換金目的だった」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は、16日夜、同県逗子(ずし)市の逗子郵便局から年賀はがき1万2000枚(販売価格60万円)を盗んだとしています。

東京都港区の新橋駅付近の換金ショップに21日、大量の年賀はがきを持ち込もうとしているのを巡回中の捜査員が不審に思い、職務質問したことで発覚しました。

男は神奈川県内にある逗子、葉山、田浦の3郵便局の担当課長を兼務。
逗子郵便局の年賀はがきの保管場所の合鍵を作っていたという。
<毎日新聞 11月22日(木)12時54分配信より>

今の時期に大量の年賀はがきを換金ショップに持ち込めば、それは目立ちますし、明らかに怪しいと思われます。
その年賀はがきはどうしたんですか?と聞かれたら、何と答えていたのでしょうか?
(年賀状出そうと思って買ったけど、身内に不幸があって出せなくなったから売ろうと思った、とか?)

事前に保管場所の合鍵まで作っての計画的な犯行の割にはお粗末な結末です。
ネットで売る(それも怪しいですが)など、別の転売場所・方法があったと思いますが・・・。
この場合言えることは、盗もうとしたターゲットが間違いだったということでしょう。

大量に所有していたら明らかに不自然で怪しいようなものを盗んでも仕方がありません。
少量ずつしか転売できない、転売方法が難しい、となれば、苦労しても自分の利益になるまで、さらに苦労が必要です。
頻度、回数が増えれば、露出が増え、人と接する時間も人の数も多くなり、怪しまれる可能性がどんどん高くなります。
プロの泥棒はこの辺りも考えています。

侵入しやすい、盗みやすい、逃げやすい、転売しやすい、足が付きにくい(自分の犯行と気付かれにくい)、利益が大きい、これらの要素を総合的に判断してターゲット(侵入場所とそこにあるお宝)を決定します。
今回のように盗みやすくとも、転売しにくい、足が付きやすいのはターゲットにはなりにくいと言えます。

泥棒から見て、あなたの家、職場は、ターゲットになりやすいでしょうか?
一度じっくり考えてみることをお勧めします。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年11月22日)|記事URL | あとで読む

一人暮らしの男性宅から現金盗む中学生逮捕

浦賀署は3日、窃盗の疑いで、横須賀市内に住む中学3年の男子生徒(15)を逮捕した。

逮捕容疑は、10月6日午後1時50分から午後2時ごろまでの間、同市久里浜6丁目の1人暮らしの無職男性(86)の無施錠の自宅に侵入し、机の上にあった財布から現金7千円を盗んだ、としています。
容疑を認めているという。

同署によると、男性宅からたびたび現金がなくなるため、室内に防犯カメラを設置したところ、現金を盗む生徒の姿が映っていたという。
<カナロコ 11月3日(土)22時30分配信より>

高齢者で一人暮らしの男性宅でたびたび現金がなくなるのをおかしいと思い、防犯カメラを設置したところ、財布から現金を盗む中学生の映像が映っていたという事件です。

防犯カメラが犯罪の証拠として活躍したということですが、もし、これが事後ではなく事前に設置されていたら、おそらく泥棒は防犯カメラに気付いて犯行を行うのをちゅうちょしたのではないでしょうか。
その場での犯行を思い留まらせる抑止効果が期待できます。

犯罪が起こった後の、もし、たら、ればを言っても仕方がないのですが、事前に防犯対策を行っておくことで、犯罪被害に遭わない、遭いにくい環境が出来上がるのです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年11月06日)|記事URL | あとで読む

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?