1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 外国人の犯罪

防犯ブログ

高級自動車窃盗団のアジト「ヤード」80箇所。兵庫県

高級自動車盗難の外国人窃盗団のアジトであり、解体作業などを実施する作業場でもある「ヤード」。
この「ヤード」が兵庫県だけでも80箇所もあったというから驚きです。

●兵庫だけで80カ所...外国人窃盗団"要塞"で高級車解体・輸出
 兵庫、大阪など7府県警が26日、一斉捜索に着手した「ヤード」と呼ばれる外国人車両窃盗団の大規模アジト。コンテナを積み上げて囲われた外観は"要塞(ようさい)"のようだ。県内だけでも約80カ所のヤードが確認されており、捜査当局は不法入国外国人らによる犯罪の温床になっている事態として重視。27日にも全国初の「ヤード対策本部」を設置して、車両窃盗の撲滅を図る。

 ■港に近い田園地帯を拠点

 外国人による車両窃盗団が横行する背景には、日本製の自動車が、開発途上国などの荒れ地にも耐える高性能を持つため、高額で売買されるためだ。

 かつてはトヨタの「ランドクルーザー」など、特定の車種を狙う国内の窃盗団が、外国人ブローカーと売買するケースもみられたが、被害が相次ぎ車両のセキュリティー機能が向上。港湾でのチェックも厳しく、盗難車の海外輸出は難しくなった。

 このため、盗難車と特定されないよう盗んだ車両を解体して部品として輸出する手法に変化。また、ヤードが兵庫県内に集中しているのも、神戸港に近いうえ、比較的高速道路が整備され、山間部が都市部に近いなどの地理的条件もあるとみられる

 ■コンテナで目くらまし

 大半のヤードは住宅街から離れた空き地などが使用されており、盗難車は大型コンテナに隠され、内部で解体されるため人目に付かない。この日捜索を受けた「ヤード」も、入り口には中古車販売会社や古物商の看板が掲げられ、資材置き場のように「偽装」されていた。

 兵庫県警などは外国人窃盗団の摘発を進める中で、こうしたヤードが犯行の拠点となっている実態を把握。
26日の一斉捜索を契機に「ヤード対策本部」を設置し、今後約80カ所あるヤードを順次捜索するなどして外国人窃盗団を根絶させることにしている。

 県警の捜査幹部は「対策本部でヤードについての情報を収集を進め、不法行為の取り締まりを徹底していきたい」と話している。
(11月26日 産経新聞より引用)

自動車を盗み、解体し輸出する。そういう手口で驚くほど多くの自動車が国外に持ち出されています。
平成20年年間では27515件、平成21年上半期でも13470件発生しています。
被害額では、200万円未満が平成20年21381件(77.7%)、200〜300万円未満が2519件(9.2%)、300万円以上が2363件(8.6%)。自動車盗というのは被害額が大きいのが特徴です。

駐車場に駐車中が58.9%、路上が9.7%となっています。

自動車盗をした後、輸出するための解体場所及び商品?保管場所が「ヤード」なのです。
なんかアリが巣に大きな獲物を持ち運ぶような感じですが、その「ヤード」を徹底的に叩きつぶすことも自動車盗難を減らす一つの方法だと思います。

県警などはこれまでに海外で人気のトヨタ「ハイエース」を主に狙ったアフリカ系外国人を中心とした窃盗団のメンバー43人を窃盗容疑などで逮捕。窃盗団がヤードに盗んだ車両を集め解体していたことを突き止め、ヤード内部を捜索し、容疑を裏付けるとともに組織の全容解明を進めています。

 一斉捜索は、7府県警の捜査員が協力し、約250人態勢。神戸市西区神出町勝成のヤードには午前10時10分過ぎに捜査員が入り、コンテナや事務所を捜索。内部にはエンジンやタイヤなどが散乱、数人の外国人から事情を聴いています。
非常に大規模な捜索が行われたようです。

自動車盗の被害に遭わないためには駐車場は防犯性能の高い駐車場を選び、自動車盗難装置を設置するなどして自衛することが必要です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年12月11日)|記事URL | あとで読む

中国ではキムチ販売会社社長、日本には泥棒出稼ぎ。

中国から日本に窃盗で荒稼ぎ、というのは何度かニュースをご紹介していますが、殆どが貧困な人々が一攫千金を狙って行っていますが、今回の泥棒は違います。
なんと、中国では「社長」


●神奈川県警捜査3課は12日、厚木市下荻野、韓国籍で会社経営男(60)(窃盗未遂罪などで起訴)を窃盗と住居侵入の疑いで再逮捕した。

 被告は、中国・山東省でキムチ製造販売会社を経営しているが、今年2月と8月、それぞれ3か月の短期ビザで入国して盗みをしていたといい、同課は相模原や厚木市などで約50件・被害総額約500万円の窃盗事件に関与した疑いがあるとみている。

被告は、3月29日深夜〜30日未明、寒川町小動の会社員男性(28)宅に窓を外して侵入し、現金約2万2000円とパソコンなど6点(時価約50万円相当)を盗んだ疑い。

被告は今年2〜5月と8〜10月、県内にアパートをかりて滞在。
国際免許を使ってレンタカーを借り、農家などにガラス窓を割って侵入する手口で、盗みを繰り返していたとみられる。中国に住む家族には「キムチの調査のため日本に行ってくる」と説明していたという。

被告は、厚木市飯山の民家から現金などを盗もうとしたとして、10月22日に窃盗未遂容疑などで逮捕され、同罪で起訴されていた。
(11月13日 読売新聞より一部引用)

レンタカーで防犯意識の低い農村に行って窃盗を繰り返す。
「ガラス破り」が主な侵入手口ですが、平成21年上半期では一戸建て住宅で「ガラス破り」は11447件。41.6%。
その中でも「窓のガラス破り」が9623件。ガラス破りの中では84.1%にも及びます。

「窓を外して侵入」という手口も実施していました。これは「戸外し」で191件平成21年上半期で一戸建て住宅で発生している手口です。その内窓は153件で80%になります。
一戸建て住宅の場合、最も多い被害は「無締り」つまり無施錠からの侵入で、11605件、42.1%にも及びます。
その内44%が窓、27.7%が玄関扉、21.9%がその他出入り口の無締りからの侵入です。
まだまだ防犯意識が低いということがここからも読み取れます。

まずどんな短時間でも施錠を行うこと、トイレ・風呂場、2階、3階の窓も必ず施錠しましよう。
そして、補助錠前を追加すること。特にクレセント錠はほとんど防犯効果はありません。
死角がないか家の回りをぐるっと見てみましょう。道路から泥棒が隠れて侵入行為を行えるような窓、扉はありませんか?
植木がうっそうと茂っていたり、塀が高かったり、夜外灯が少なく暗かったりということも泥棒が働く上では好都合。
泥棒が好む環境を知らず知らずに作ってしまっている可能性がありますので、もう一度見直してみましょう。

そうして、もう一歩防犯対策を考えるなら、やはりプロの防犯設備士、総合防犯設備士にご相談下さい。
防犯診断を行い、どこが脆弱であるかをご指摘し、それを補強する方法をご説明いたします。
防犯の一歩は今の状況を把握すること。
あなたの決断が早いか、泥棒の決断が早いか、・・・そんなことにならないためにもプロにご相談下さい。
一戸建て防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年11月13日)|記事URL | あとで読む

[日本で一獲千金狙った」コロンビア人窃盗団、80件、1000万円。

 「日本で一獲千金を狙った」コロンビア人らの窃盗集団が逮捕されました。

●民家に侵入し指輪などを盗んだとして、警視庁捜査3課は窃盗などの疑いで東京都中野区南台、無職A容疑者(24)、コロンビア国籍の無職男(30)ら4人を逮捕した。同課によると、4人は容疑を認め「日本で一獲千金を狙った」などと供述している。

4人は都内のラテン系のクラブに出入りしており、A容疑者が犯行を持ちかけたとみられる。
同課は7月以降、都内と神奈川県内で発生した約80件の空き巣事件に関与した可能性があるとみて調べている。

10月12日夜、神奈川県藤沢市の男性会社員(49)方の窓をドライバーで割って侵入し、指輪など3点(時価計42万5千円相当)を盗んだ疑いが持たれている。
(11月5日 産経新聞より引用)

日本に窃盗で稼ごうと来日する外国人。
平成20年は侵入窃盗認知件数は8554件。
その他にもここ最近こんな外国人窃盗団の侵入窃盗が発生しています。

●空き巣50件、2000万円か=容疑で韓国人2人逮捕−警視庁
 マンションに侵入し、現金などを盗んだとして、警視庁捜査3課などは8日までに、窃盗などの疑いで、韓国籍の自称ゲーム機卸業(39)と、韓国籍の自称貿易商(40)。昨年11月からバールでマンションの窓をこじ開けて侵入するなどの手口の空き巣が都内で約50件(被害額約2000万円相当)起きており、関連を調べている。
 2人は短期ビザで出入国を繰り返し、国際郵便で盗んだ金品を韓国に送っていた。(2009/10/08)

●密入国し空き巣107件か=容疑で中国人2人逮捕−警視庁
 民家で腕時計などを盗んだとして、警視庁捜査3課などは15日までに、窃盗容疑で、中国籍の無職(35)ら2人を逮捕した。同課によると、「密入国の際の借金返済と家族への仕送りのためにやった」と述べ、容疑を認めているという。
 同課は7月下旬から9月9日の間、東京、千葉、埼玉各都県で空き巣107件を繰り返し、計2000万円相当を盗んだ疑いがあるとみている。
 逮捕容疑は先月20日午前7時10分から午後9時の間、世田谷区の男性銀行員(42)宅に侵入し、腕時計や現金など54点(計362万円相当)を盗んだ疑い。(2009/09/15)

借金返済、家族への仕送りのために日本で荒稼ぎ。
盗んだ商品を国際郵便で送付。
こうした外国人窃盗団が日本のマンションやアパートの一室をアジトに全国で暗躍しているのです。
国籍別の刑法犯の検挙件数では
一位 中国 49.6%
二位 ブラジル 21.0%
三位 韓国 6.1%
四位 ベトナム 4.9%
五位 コロンビア 4.2%
となっています。

来日外国人による凶悪犯(殺人、強盗、放火、及び強姦)の検挙件数は平成21年上半期、昨年同時期に比較して13.6%増加、検挙人員は24.5%となっています。
その中でも強盗は、検挙件数で32.7%、検挙人員32.4%と大幅に増加しています。

こうした外国人窃盗団が存在していること、そして「組織化」、「分業化」していることをぜひ知っていただきたいと思います。
そして外国人窃盗団の最も大きな特徴は「凶悪化」です。
多くは武器を持ち、又徴兵精度のある国も多いため武器を使い慣れているのです。
そういう窃盗団に狙われないためには、きちんとした防犯対策を実施することです。
外国人窃盗団に対する防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年11月05日)|記事URL | あとで読む

中国人密航者「盗み目的で来日した」空き巣120件。

平成20年来日外国人による刑法犯検挙件数は2万3千202件。
その内、窃盗は1万9千266件。内侵入窃盗は8千554件となっています。

ある中国人の窃盗団が逮捕されました。
●「焼き肉店を開店する資金にしたかった」、空き巣を繰り返した容疑者を追送検/神奈川県警
横浜市内を中心に空き巣を繰り返したとして、県警捜査3課と伊勢佐木署などは14日、窃盗と住居侵入の疑いで、横浜市中区松影町4丁目、中国籍の無職A(31)を追送検した。
県警はこれまでに、同容疑者が関与したとみられる中国人窃盗グループ4人を逮捕。グループによる、約120件、計約6600万円相当の被害の裏付け捜査を済ませたとしている。

 送検容疑は、中国籍の無職男(27)と共謀し、4月22日午後7時ごろ、横浜市港南区の会社員男性(57)方に侵入し、現金3万円や指輪、ネックレスなど約130点(計約102万円相当)を盗んだとしている。

 県警の調べに対しA容疑者は、「焼き肉店を開店する資金にしたかった」などと供述している。

 県警によるとグループは、家人が外出中の一戸建てに窓ガラスを焼き割って侵入するなどの手口で窃盗を繰り返していた。A容疑者以外は密入国者で、「盗み目的で来日した」などと供述しているという。 (10月15日カナロコより引用)

日本で窃盗して1〜2年で稼ぎ、本国で家を建てたり開業資金を貯める。
そういう目的の密入国者がこの日本にたくさん入ってきているということをもっと日本人は知るべきです。
なぜ日本が狙われるか?
それは日本人の防犯意識が他国に比べて希薄だからです。
地方に行けば行くほどその傾向は強く、いまだに「無施錠」のまま外出したりする地域もあります。
簡単な錠前だけというのもまだまだ多いのが実体です。

自動販売機・・これは24時間いつでもどこでも飲物が飲める優れものです。日本では山奥の観光地にも海にも自動販売機は設置されています。この自動販売機が不法外国人には「日本人は道路に金庫を放置している」と映ります。
24時間営業のコンビニエンスストアなど店舗・・・この便利さも、反面「強盗」など犯罪を誘発する要因にもなります。
タンス預金・・・特にご老人などは自宅に大金を置いている人がいますが、これも狙われる原因となります。いざと言うときに備えて仏壇の引き出しや神棚、食器の間、着物の間などに隠しているつもりの現金も泥棒から見ればただ保管しているだけに過ぎないのです。「金目の臭いがする」泥棒はそう言って現金のありかを探り当てるのです。

今、長引く不況で失業者が増加。海外からの出稼ぎ者も職を失いその一部がコンビニ強盗や食べ物の万引きなど犯罪に手を染めてしまっています。
「侵入強盗」は平成21年上半期で対前年同期比19.6%増。
「金庫破り」は10.1%増。「出店荒し」15.6%増。「事務所荒し」7.9%増となっています。

刑法犯認知件数が平成14年をピークに減少しているという言葉だけに安心してはいけないのです。
防犯対策をするためには、まず犯罪に関して正しい知識を得ることが大事です。
今どんな犯罪がどんな手口で発生しているのかを知る。そこから防犯対策は始まります。
最新の犯罪事情
防犯泥棒大百科

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年10月30日)|記事URL | あとで読む

1  2

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?