1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 侵入手口(事務所)

防犯ブログ

自民当選議員事務所で現金盗難

衆議院選挙神奈川17区で当選を決めた自民党候補の選挙事務所に盗みに入ったとして、17日、男が逮捕されました。

警察によると、17日未明、神奈川17区で初当選した自民党の新人・牧島かれん氏の神奈川・小田原市にある選挙事務所で警報が鳴りました。
当選を決めた後で事務所は空でしたが、駆けつけた警察官が調べたところ、部屋が荒らされ、現金約7300円がなくなっていたことなどから、警察は、敷地の中にいた無職の男(53)を窃盗で現行犯逮捕しました。

男は警察の調べに対し、「選挙で当選したのを知っていた」と話しているという。
<日本テレビ系(NNN) 12月17日(月)14時53分配信より>

選挙に当選した=現金が多く存在している、と考えての犯行かもしれません。
ところが現金が7千円しかなく、さぞかし驚いたことでしょう。
選挙終盤というのは案外お金がないのかもしれません。
多額の選挙資金を投入して選挙戦を行いますから、選挙の序盤・中盤の方が選挙事務所にお金も置いていたかもしれません。

ボランティアや党民、支持者、関係者など様々な人が事務所に出入りします。
誰が誰だかわからないという状況だと、犯行がより行いやすくなり、また誰の犯行かを特定することが難しくなります。
さらに選挙事務所となると、一時的にその場所に本部や支部を構えるということも多いでしょう。
防犯センサーや防犯カメラなどの本格的な防犯対策が間に合わない、または不要だと考える場合もあると思います。

このような穴、弱点が狙われる可能性、危険性があるのです。
今回は被害も少額で、犯人も逮捕されましたが、思いもしない被害、予想外の損失を招くこともあります。
それらを想定し、事前に被害を防ぐための対策が必要です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年12月17日)|記事URL | あとで読む

神戸 物流センターで金庫・トラック盗難

25日午前4時50分ごろ、神戸市須磨区弥栄台の「三興物流阪神物流センター」で、出勤した男性従業員(37)が「事務所が荒らされ、金庫がなくなっている」と110番しました。
金庫に入っていた現金約390万円や2トントラック1台(約160万円相当)などが盗まれており、須磨署は窃盗容疑で捜査しています。

同署によると、事務所の出入り口と倉庫のシャッターが開いており、こじ開けられたような形跡がありました。
現金やトラックのほか、電化製品6点(約13万円相当)や家具7点(約30万円相当)などが盗まれたとみられています。
24日午後11時ごろに従業員が退社した際は異常なかったという。
<産経新聞 6月26日(火)7時55分配信より>

物流センターで窃盗事件が起こりました。
その被害内容を見ますと、

・事務所出入り口と倉庫シャッターがこじ開けられる
・現金390万円入りの金庫盗まれる
・2トントラック1台(160万円相当)が盗まれる
・電化製品6点(13万円相当)が盗まれる
・家具7点(30万円相当)が盗まれる

分かっているだけでこれだけの被害が発生しています。
記事には載っていませんが、その他にも室内が荒らされたり、金庫を引きずり、壊されたものもあるでしょう。
被害者からすれば踏んだり蹴ったりの状態です。

物流センターでの被害ということですから、全て自社の持ち物とは限りません。
お客様の荷物を預かったり、別の業者から配送を委託されることもあるでしょう。
もしそれらが盗まれたり、壊されたりしたら、大変なことになります。

お客様に対しても、泥棒に入られました、申し訳ありません、弁償します、では済まないケースもあるでしょう。
信用、信頼、個人情報流出、イメージダウン、対応の不備など目には見えないものが多数存在します。
保険を掛けているから補償できる、というお金だけの問題ではありません。

仮に泥棒被害に遭う前の元の状態に戻そうとした場合、お金も時間も人も労力も掛かります。
被害に遭ってからこそ分かる大変さもあると思います。
そのような思いをしない為に、被害に遭わない為の防犯対策を行うのです。
防犯対策をしていたからと言って、被害に遭う可能性がゼロになる訳ではありません。
しかし、何も対策をしていない場合と比較すると、被害に遭う可能性はかなり低くなるでしょう。
それが防犯対策の効果です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年6月26日)|記事URL | あとで読む

個人タクシー協会の金庫壊され、現金260万円盗難

12日午前9時45分ごろ、大阪市城東区諏訪の「新大阪個人タクシー協会」事務所で、金庫内の現金約260万円がなくなったと、職員から110番通報がありました。
城東署は窃盗容疑で捜査しています。

同署によると、なくなったのは会員から預かり保管していた現金。
金庫の扉と事務所の出入り口のドアは施錠されていましたが、いずれもバールでこじ開けたような跡があるという。

同協会によると、職員が9日午後5時ごろ退出する際は金庫などに異常はなく、休日明けの12日午前9時に職員が出勤するまでは無人の状態だったという。
<産経新聞 3月13日(火)7時55分配信より>

また金庫荒らしによる高額の現金窃盗事件です。
260万円という金額は、個人的にはとても大きな金額だと思います。
その大金を出入口の扉の施錠、金庫という2つの防犯対策に任せるのはどうなのでしょう。
とても不安ですし、泥棒から見ても、犯行が難しい現場とは思えません。

扉、金庫ともに、バールでこじ開けられたような跡があるということですが、侵入、そして盗むのに一つの道具だけで事が足りるというのは、泥棒から見れば非常に楽で、効率的です。
そのように泥棒が好ましいと感じる環境は、セキュリティ面から見れば、非常に低く、危険な状態と言えます。

泥棒に入られても困らない、盗まれても、壊されても、荒らされても全く気にならない、という人がいれば、それは施錠だけの対策で充分でしょう。
どんな被害があろうとも、痛くはないということですから。
普通の環境は違うと思います。

200万円もの大金を保管していなくても、多少の現金は置いているでしょう。
また侵入時にガラスや扉、シャッターが壊されたら困りますし、パソコンや机などが盗まれたり、壊されたら、明日からの業務に支障もきたします。

それぞれの業種や業態などによって、事務所内・店内の環境は異なります。
しかし、泥棒に入られても平気というところはないはずです。
侵入時の破損、盗難被害は、どこでも共通です。
被害内容や被害金額には差がありますが、何らかの被害を被る可能性があるのです。
鍵を閉め忘れて無施錠のまま外出してしまい、帰ってきたら、泥棒に入られた形跡があるが、何も盗まれず、何も壊されなかったという笑い話になるような事件もないことはないでしょうが、ほとんどは何らかの物理的な損害を受けます。
その損害を受けない為に事前に防犯対策を行うのです。
高額商品や大金を保管している場合は、特に防犯対策をしっかりしなければならないでしょう。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年3月14日)|記事URL | あとで読む

大阪 4200万円入りの金庫盗まれる

7日未明、大阪市港区の会社事務所から現金や有価証券など約4200万円相当が入った金庫が盗まれる事件があり、警察が窃盗事件として捜査を進めています。

7日午前1時半過ぎ、大阪市港区の石油会社に勤める社員から「金庫がなくなっている」と110番通報がありました。
現場はビルの4階にある事務所で、3階の住人から「雷のような物音を聞いた」と連絡を受け、社員が駆けつけましたが、すでに金庫がなくなっていたという。
金庫の中には現金や有価証券など計4200万円相当が入っていました。

会社の社員は「(金庫の底には)車はついていないんです。(重さ)100キロはあるでしょう。1人で(持ち運ぶの)は無理でしょうね」と話しています。

この会社では、夜間は一部の窓の鍵がかかっていなかったということで、警察は窃盗事件として捜査を進めています。
<日本テレビ系(NNN)12月7日(水)13時27分配信より>

大阪の会社事務所から現金など4200万円相当が入った金庫が盗まれるという事件です。
夜間、一部の窓の鍵はかかっておらず、さらに予想ですが、防犯システム防犯カメラなどの防犯対策はされていなかったと
思われます。

重さ100キロの金庫に保管しているので、1人では持ち運べない為、大丈夫だろうという考えだったのでしょうか。
しかし当然ですが、泥棒は1人とは限りませんし、実際に金庫は盗み出されてしまいました。
4000万円もの現金を保管している事務所にしては、あまりにも無防備で、考え方が甘かったように思えます。
金庫だけでは防犯対策としては充分とは言えません。
夜間は無人になるような場所では、侵入にさえ成功すれば、あとは障害となるのは金庫だけというのはあまりにも弱いと言えます。

うちには盗られるものはないと開き直る人もいますが、4000万円もあれば盗られるものが有り過ぎます。
きちんとそれらを守るための対策が必要です。
その対策をしているかによって、盗まれるかどうかの率が大きく変わってきます。
もちろん対策をしていたから、盗まれる率がゼロのなる訳ではありませんが、まず最初に狙われる率がぐんと低くなるのは間違いありません。
防犯対策がされている会社とそうでない会社、泥棒にとってどちらが狙いやすいかは明らかです。


続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年12月09日)|記事URL | あとで読む

千葉 事務所から現金2500万円盗まれる

25日未明、千葉市花見川区で、配送会社事務所の金庫から現金およそ2500万円などがなくなっているのが見つかりました。
警察は窃盗事件として捜査しています。

25日午前3時45分ごろ、花見川区幕張本郷にある2階建てビルで、「不審な物音がする」と隣りのアパートの住民から110番通報がありました。

警察官が駆けつけて調べたところ、2階の配送会社事務所の耐火金庫が壊され、中にあった現金およそ2500万円などがなくなっているのが見つかりました。

警察によりますと、耐火金庫はドリルのようなもので壊された跡があり、2階の窓は鍵がかかっていなかったということです。
警察は何者かがはしごなどを使い、2階の窓から侵入したとみて、窃盗事件として捜査しています。
<TBS系(JNN)10月25日(火)18時1分配信より>

2階建てビルの2階窓にはしごなどから侵入するという手口です。
あえて2階から侵入するというのは、1階はシャッターや扉などで守られており、2階の方が窓ガラスのみということで侵入しやすいということでしょうか。
確かに泥棒がはしごを持参して侵入するというのはあまり想像できません。(はしごの長さにもよりますが、目立ちますし、もし逃走する場合邪魔ですから)

実際は2階の窓は鍵すらかかっていなかったということですから、侵入箇所として選んだのは大正解だったということです。
さらに耐火金庫の中身は、現金2500万円!ですから、危険度を考えると、かなり割りの良いターゲットとなります。
犯行への唯一の障害は、結果的には金庫だけだったということですが、金庫だけに2500万円を守らせるという方法が良いとはとても思えません。

ドリルのようなもので壊されたとありますが、どれだけ手間と時間がかかったかは分かりませんが、実際突破され、大金が盗まれてしまったという結果を見ると、金庫だけでは対策としては不充分、頼り切るのは心配、ということになります。
2500万円もの大金を一時的とは言え、置いておかないことに越したことはありませんが、どうしてもそうしなければならないのであれば、相応の対策が必要です。
盗まれた時に、しまった!だけでは済まされない重要な問題です。
後悔しないように、平常時から効果的な防犯対策を考えるべきです。
事務所・オフィスの防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年11月08日)|記事URL | あとで読む

ウルトラマンのマスク盗難 500万円

円谷プロ製作のテレビ特撮番組「ウルトラセブン」で実際に使用されたマスクが、藤沢市内の飲食店から盗まれていたことが27日、分かりました。
藤沢署が窃盗事件として捜査しています。

マスクは、同番組でモロボシ・ダン役を演じた俳優森次晃嗣さん=本名・森次浩三、(68)が経営する同市鵠沼海岸のレストラン「ジョリーシャポー」店内に飾られていました。
25日午後0時半ごろ、森次さんが店内のケースに入れていたマスクがなくなっているのに気付き、110番通報しました。
森次さんによると、マスクはテレビ番組で500万円と鑑定されていたという。

同署によると、25日は定休日でしたが午前11時ごろに入り口ドアを開けており、森次さんはマスクを飾っていた場所とは別の部屋にいたという。
マスクが入っていた透明のケースには手袋痕が残っていました。

現金などの被害はなく、盗まれたのは高価なマスクだけだったという。
森次さんは「1967年の撮影当時に使っていたマスク。今とは材質も違って手作りの一品もの。返してもらいたい」と話しました。
<カナロコ7月28日(木)6時30分配信より>

ウルトラマンのマスクが盗まれた事件ですが、価値は500万円ということです。
この価値はどこまで認められるものなのかは不明ですが、おそらく保険に加入しても500万円の価値があるとは認められないのではないかと思います。

同様に美術品や骨董品やマニアの収集品など、一部の人の間や業界では非常に価値が高いものであっても、一般的には価値があるものとは認められない場合があります。
もし盗まれたとしても、おそらく被害者の方が考えている金額とは認められないこともあるでしょう。

こうなると万が一の盗難などの被害に対しては、被害者が負担する額が大きくなってしまいます。
自分の大切なものは自分で守るしかありません。
その為に行なうのが事前の防犯対策です。
万が一の盗難被害に遭う前に、事前に行なうことに意味があります。
何が大切ですか(財産を守る)

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年8月02日)|記事URL | あとで読む

京都 スーパーの元店長が事務所荒らし

かつて店長を務めたスーパーの事務所から現金などを盗んだとして、下鴨署などは13日、窃盗容疑で京都市山科区川田土仏、タクシー運転手の男(43)を逮捕しました。
容疑を認めているという。

逮捕容疑は、昨年11月30日午前4時20分ごろ、同市左京区のスーパーの事務所に侵入し、金庫から現金約120万円やビール券などを盗んだとしています。
同署によると、防犯カメラの映像などから男を特定。
男は平成15年8月~17年10月ごろに同店店長だったという。
<産経新聞6月14日(火)7時58分配信より>

以前従業員しかも店長だった男が退職して5年以上経ってからその勤め先に侵入したという事件です。
具体的な侵入方法等は不明ですが、もしかすると元勤め先の鍵やセキュリティシステム解除用のキーなどを所持していた可能性もあります。
また、暗証番号等で解除するシステムであれば、その暗証番号を覚えていたので、使用できたということも考えられます。

正社員だけでなく、アルバイト、派遣社員、契約社員、パート社員など従業員が退職することは常に起こることです。
その場で採用されている防犯対策の内容にもよりますが、都度、対応しなければならないことがあります。

例えば、ある社員が退職した場合、
① 社員から鍵を回収していますか?
② または鍵自体を新しいものに交換していますか?
③ 誰がどの鍵(カードキー)を使用しているか、番号等の管理はしていますか?
④ 社員が預かっていた鍵がひそかに複製されている可能性はありませんか?
⑤ または複製できる鍵ですか?
⑥ 社員が知っている暗証番号から変更していますか?
⑦ 定期的に暗証番号の変更は行っていますか?
⑧ 防犯カメラの死角など熟知している者ではありませんか?
⑨ この部屋は〇〇の間は無施錠など、弱点を知っている者ではありませんか?
⑩ 金庫や重要な書類等の保管場所・保管方法を知っている者ではありませんか?

など色々なことが考えられますが、どれか一つでも該当する場合は、何らかの被害に遭う危険性があります。
辞めた社員が何か犯罪を企むとは考えたくないかもしれませんが、色々な人がいますし、人は変わってしまうものです。
また、弱点の多い、無防備な事務所や店舗の場合、そのことが人を犯罪の道に引き寄せてしまうきっかけとなる可能性も考えられます。

自分の会社や店舗はどのような対策及び対応をとっているのか?
一度見直してみるのはいかがでしょうか。
防犯マニュアル(防犯に役立つ情報、防犯チェックシートをご活用下さい)

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年6月17日)|記事URL | あとで読む

愛知 公民館で侵入被害 現金盗難

愛知県半田市内の五つの公民館などで4日夜から5日朝にかけ、事務室が荒らされ計約55万円が盗まれました。
県警半田署は連続窃盗事件とみて調べています。

4日午後10時10分ごろ、同市乙川西ノ宮町の乙川公民館1階事務室から男が飛び出して来て、住み込みの女性管理人(68)に体当たりして逃走しました。
2階会議室の窓ガラスが割られ、事務室にあった現金約2000円が盗まれていました。

半田市が調べたところ、同市岩滑中町5の岩滑区民館では金庫がこじ開けられ約50万円が盗まれていました。
他の公民館など3カ所でも被害が判明、盗まれた総額は計約55万円に上りました。
いずれも窓ガラスを割って侵入する手口でした。
<毎日新聞5月6日(金)10時6分配信より>

窓ガラスを割って建物内に侵入するというのは事務所や店舗、一般住宅を問わず、最も一般的な侵入手口です。
まず狙われるのが窓ガラスと言っても過言ではありません。
施錠された扉をこじ開けるより、窓ガラスを割って扉を開けて侵入する方が簡単ですし、時間もかかりません。

防犯対策の第一歩として、窓ガラスを守ることが挙げられます。
窓を開閉したらセンサーが働く防犯システムの導入、窓付近に防犯カメラの設置、窓自体を壊されにくい材質に替えたり、防犯シートを貼って割られにくくするなどの対策があります。

金庫があるからと言って安心してはいけません。
現金は金庫の中に保管していたとしても、窓や扉が施錠しただけでは防犯対策が充分とは言えません。
簡単に侵入を許してしまい、ゆっくりと犯行を行われてしまいます。
侵入者に時間的、心理的に余裕を与えてはいけません。
それを阻止するのが効果的な防犯対策です。
防犯対策をしていたからと言って、全ての泥棒の侵入を防ぐことが約束される訳ではありませんが、侵入されるという確率は大幅に減るでしょう。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年5月07日)|記事URL | あとで読む

事務所窓割られ500万円盗難 名古屋の飲食店

"15日午後10時50分ごろ、名古屋市中川区荒中町の飲食店「ナイトスペース グローブ」から約500万円入りのバッグが盗まれたと110番があった。県警中川署は多額窃盗事件として捜査している。
同署によると、同10時40分ごろ、男性店長(36)が2階事務室に入ると、西側の窓ガラスが割られており、従業員37人分の給料などが入った黒色バッグが押し入れからなくなっているのに気付いた。
店長が同9時20分ごろに事務室に入った時は異常はなかったという。同店は1階が店舗で、当時は営業中だった。
【11月16日 毎日新聞より抜粋】

営業中の店舗事務所より、多額の現金が盗まれる事件がありました。
1階は店舗で事件当時は営業しており、2階の事務所は無人だったとの事です。
また、事件発生の15日は給料日で、内部事情を知る者の犯行ではないかとして、警察が現在調べを進めているとの事です。
店の給料日を知っているという事は、関係者かその近親者の犯行である可能性が濃厚です。
店長が現金を事務所に保管している事を把握している事も考えると、確かに内部犯行の可能性も高くなります。

営業中の店舗が1階にあれば、少し物音が立っても周辺には聞こえなかったでしょうし、まして店舗にもガラスの割れる音など聞こえなかったのではないでしょうか。
こういった場合、オーナーや店長が事務所を離れていても、何か起こった時すぐに分かるシステムが必要です。
自主機械警備システムNEXTなら、誰がいつ警備をセット・リセットしたかを携帯電話で確認できますし、異常が発生した時にはメールと音声で自動通報が入るよう設定できます。

自主機械警備システムNEXT 10のメリット

1. ワイヤレスだから、配線を削減することが可能です。
2. セキュリティシステムのセット・リセットの状況確認や、誰がいつ操作したのかの履歴を携帯電話で確認できます。
3. フェリカカードが対応できるので防犯用のカードを別に持つ必要はありません。
4. 侵入・火災・異常発生時には、メールと音声で自動通報します。
5. お客さまの携帯電話で防犯状態を確認、セット・解除ができます。
6. 携帯電話から、遠隔でコントローラの設定変更・制御ができます。
7. リモコンも使用可能なので離れた場所(約100m)での警戒・解除も可能。
8. 設備監視システムにより万一の機器故障もすぐに対応(見守る安心)
9. 防犯だけでなく火災、ガス漏れ等の防災にも対応。
10. IP回線を利用でき、メール送信費用は別途かかりません。

その他、防犯のセキュリティハウスでは、外部からの侵入を検知する様々なセンサーを取り扱っています。

続きを読む

投稿者:スタッフ(2010年11月16日)|記事URL | あとで読む

和太鼓6和太鼓6張り盗む

和太鼓6張り盗んだ疑いで、保存団体代表が逮捕されました。


●245万円相当の和太鼓を盗んだなどとして、岡谷署と県警捜査3課は4日、下諏訪町の自称アルバイト男(53)を窃盗と建造物侵入容疑で逮捕した。「身に覚えがない」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は、1月10日午後9時半〜同13日午後7時ごろ、岡谷市内の太鼓道場に侵入して、和太鼓6張り(時価245万円)を盗んだとしている。

 容疑者は「岡谷太鼓保存会」に加盟する団体の代表を務め、自ら太鼓の制作もしていたという。
被害にあったのは、同じく同会に加盟する十数の団体の一つ「熊野太鼓道場」。

同容疑者が太鼓作りの作業場として借りていた下諏訪町の民家で、3月に火災が発生。焼け跡から盗まれた太鼓の一部が発見され、別の作業場からも解体したとみられる太鼓の一部が見つかったという。

 同市では毎年、同保存会が中心となり「岡谷太鼓まつり」が開かれており、今年は13、14日に行われる。
(8月5日 毎日新聞より引用)

太鼓道場に侵入して、和太鼓6張り(時価245万円)を盗んだということですが、どんな保管状況であったかは記載されていませんでした。

和太鼓は自分で使用するためだったのか、換金のためかは不明ですが
高校などの吹奏楽部部室などに侵入して楽器を盗む、という被害は全国で発生しています。
インターネットオークションなどで換金できるからです。

かぎをかけていても、その鍵の管理がいいかげんであればかえってマイナスです。
きちんと鍵ボックスなどに収納することをお勧めします。

錠前を過信せず、セキュリティシステムを導入することもぜひご検討ください。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年8月06日)|記事URL | あとで読む

1  2  3

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?