1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 犯罪手口

防犯ブログ

自販機荒らし兄弟 兄は現行犯逮捕、弟も雪の足跡で逮捕

北海道警深川署は14日、旭川市台場2の3、無職渡辺浩昭容疑者(46)を特殊開錠用具所持禁止法(ピッキング防止法)違反容疑で現行犯逮捕し、同居する弟の無職浩二容疑者(39)を窃盗未遂容疑で緊急逮捕しました。

浩昭、浩二両容疑者は容疑を認め、「昨年4月から自販機荒らしを100件くらいやった」と話しているため、同署が裏付けを進めています。

発表によると、浩昭容疑者は同日午前2時10分頃、深川市内の自販機付近で窃盗目的でバールを所持し、浩二容疑者はこの自販機から現金を盗み出そうとした疑いです。

パトロール中の同署員が不審な様子の浩昭容疑者を見つけて職務質問しました。
所持品から解錠器具が見つかり、雪の上に別人の足跡があったため、警察官十数人で足跡を追跡しました。
約4キロ離れた田んぼを逃走中の浩二容疑者を見つけました。
<2月15日0時28分配信 読売新聞より>

屋内・半屋外に設置されている自動販売機が被害に遭うことは非常に多いようです。
通常、泥棒の被害に遭いそうな物には保険をかけることが多いですが、自動販売機への保険は引き受け自体を保険会社があるようです。
安い保険料で引き受けても、被害に遭ったときの保険金支払いがそれ以上となれば保険会社としては赤字になります。
それが頻繁に発生すると、特定の業種や物の引き受けは断るというのも当然でしょう。

屋外に置いてある物を守るのは難しいです。
その物の周囲に防犯センサーなどを張り巡らせて、そのエリア内への侵入を防ぐことはできますが、平時はお客さんが利用する自動販売機のような物を守るのは特に難しいのが現状です。
お客さんなのか犯罪者なのかを一瞬で見分けることは不可能です。
最初はお客さんであっても、途中から気が変わって犯罪者に変わるということもあります。
その対策として、防犯カメラを設置したり、自動販売機に内蔵されているタイプのものもありますが、それ自体が壊されるという被害も発生しています。

すぐに効果が出ることではありませんが、犯罪を起こしにくい環境をつくるという地道な対策があります。
地元のボランティアの方や警察官が巡回し、挨拶などを含めて声掛けを積極的に行う。
不審者に対しては警察官が職務質問を行う。
住民の方たちが常に防犯意識を持ち、犯罪者に対して厳しい態度を示し続けることで、犯罪者にとって、ここは犯罪を起こしにくい、ここはやめて別の場所を探そうと思わせるような環境をつくるということです。

また、犯行に使われる可能性が高い器具の販売や不法所持している場合の厳罰化なども必要ではないでしょうか。
仕事などで使わない人でもインターネットやリサイクルショップなどで簡単に購入できてしまうのは問題です。
ガラスや扉をこじ開けられる際、「バール」のようなものでこじ開け、というニュースをよく目にします。
これをそのまま放置するのは大きな問題です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年2月16日)|記事URL | あとで読む

カニ泥棒の夫 妻を置き去りにして逃走「カニ食べたかった」

鳥栖署は11日、鳥栖市のショッピングセンターでカニを盗んだ窃盗の疑いで、福岡県久留米市津福今町、無職、塚本哲也容疑者(62)を逮捕しました。
塚本容疑者は妻と買い物中、気づかれないよう妻が持っていた手提げ袋にカニを入れ、店外に出ようとしたところを警備員に呼び止められました。
夫婦で店の事務所に連れていかれる間に、妻を残して逃走したということです。

逮捕容疑は1月20日午後5時半ごろ、同店でボイルタラバガニ2パック(3400円相当)を盗んだとされます。
塚本容疑者は「カニを食べたかった」と容疑を認めています。
<2月12日13時2分配信 毎日新聞より>

捕まりそうになったカニ泥棒の夫が妻を置いて逃げたという事件です。
妻の方は夫がカニを盗んだことを知っていたのか不明ですが、逮捕されたのが夫だけのようですから巻き込まれただけかもしれません。
それにしてもその場から置いて行かれた関係ない妻の気持ちはどんなものでしょうか・・・。

万引きの多い店というのは理由がはっきりしていることが多いようです。
店員がいないことが多い、店員の勤務態度が不真面目で注意して見ていない、お客さんの数が多くてまぎれての犯行が可能、死角が多い、商品の在庫等の管理がきちんとされていない(商品が盗まれても犯行が発覚しにくい)など、様々です。
ただ、最も考えられるのは防犯カメラが設置されていないことでしょう。

人の目による監視というのは完全ではありません。
24時間休みなく監視することは不可能ですし、一人で全ての店内をカバーするのは無理です。
複数の店員を雇うと人件費がかさむことになります。
防犯カメラだと映像を記録することができ、あとで犯罪の証拠として活用することができます。
(人の監視だと現行犯逮捕でないと難しいでしょう)

また、24時間監視し続けることも可能です。
設置する際、設備投資としてのコストがかかりますが、あとはメンテナンス費用と電気代程度で済みます。
人件費のように同じコストが永遠に続く訳ではありません。

万引き被害が店の経営に深刻な影響を与えているところもあるようですが、防犯カメラや万引き防止器を設置する費用と万引き被害が減少した場合の金額を比較してみると、高すぎる買い物ではなくなります。
もし、何も防犯対策をしておらず、万引き被害に困っている方、オーナー様がいらっしゃれば一度検討してみるのはいかがでしょうか。
防犯カメラがついている店とついていない店、万引き犯がどちらを狙うかは明らかです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年2月15日)|記事URL | あとで読む

コインランドリー 下着泥棒の犯行の一部始終 防犯カメラに映る

福岡・みやま市のコインランドリーで、女性の下着を盗んだとして男が逮捕されました。
逮捕の決め手となったのは防犯カメラの映像でした。

カメラには、中年の男が乾燥機の扉を開けて中を物色し、女性の下着だけが入った洗濯ネットを素早く取り出す映像が収められていました。
この映像が決め手となって男は逮捕されました。

窃盗の疑いで逮捕されたのは、福岡・柳川市の無職・牟田口久遠容疑者(51)。
この店では最近、下着が盗まれる被害が相次ぎ、店のオーナーとその家族が警戒していました。
警察は、牟田口容疑者の自宅からケースに保管された女性の下着450点を押収しています。

警察の調べに対し、牟田口容疑者は「においをかぐのが好きだった」と話しています。
<2月12日16時38分配信 日本テレビより>

24時間営業中の店舗や無人の店舗の防犯対策は難しいものがあります。
店舗に入ってくるのがお客様なのか泥棒なのかを判断することはできません。
もちろん、従業員用の入口など関係者以外立ち入り禁止の場所への侵入を防ぐことは、防犯センサーなどを設置することで対策できます。

コインランドリーやコンビニエンスストアの犯罪対策で有効なのが防犯カメラの設置とその映像の記録です。
さらに効果的なのはその映像をモニターなどで映し出すなどし、映像を記録していることをよりアピールすることです。
カメラに映ったら後で犯行がばれる、警察に捕まると犯罪者に思わせることができなければなりません。

犯人が防犯カメラがあることを気付かずに犯行を行う、もちろんあとで犯罪の証拠となりますし、犯人逮捕につながることはあるでしょうが、犯罪を未然に防ぐことにはなりません。
犯罪が発生してからの対応となります。
その場での犯行防ぐ、犯罪の抑止力となるためには、ただ防犯カメラをつけるだけではいけません。
できるだけ死角をなくし、より効果的に設置することが必要です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年2月13日)|記事URL | あとで読む

埼玉 公園の公衆電話泥棒 少年窃盗団逮捕

埼玉県熊谷市内で公衆電話が盗まれた事件で、県警少年捜査課と熊谷署は25日、窃盗の疑いで、熊谷市の県立高校1年生の男子生徒(16)ら男女6人を逮捕したと発表しました。

少年捜査課の調べでは、6人は8月18日午前8時ごろから25日午前2時にかけて、熊谷市見晴町の見晴公園に設置された通話料金約1万円の入った公衆電話1台(約30万円相当)を盗んだ疑いが持たれています。

少年捜査課によると、6人は通話料金をとる目的で公衆電話を盗んでいました。
「別の場所に運んで分解しやすい公衆電話を狙った」などと供述しているということです。

熊谷市では5月から8月末にかけて、公衆電話が計十数台盗まれており、6人は他の公衆電話窃盗についても認めているということです。
<11月25日17時35分配信 産経新聞より>

公衆電話を盗むというのはけっこう大変なように感じます。
盗んだ後、さらに分解して中の現金を取り出す手間もあります。
苦労した割には驚くような成果が得られることはないでしょう。
質より量という考え方でしょうか。

盗まれた額と損害として被った額に大きな差がある事件と言えます。
盗んだ側が得られたのは通話料金約1万円分の現金に対して、市町村が被った損害は公衆電話1台(約30万円)と通話料金約1万円分の両方となります。
このように加害者側と被害者側に差が生じる事件は、被害者にとっては最もいやな被害と言えるでしょう。

公衆電話自体を守る為に何か防犯対策を講じるというのは難しいと思います。
犯罪者がその場で犯行を行うのは、そこに何らかの弱点、狙われるポイントがあるからです。
その場で犯行を行っても、人に見つかったり、捕まるというリスクが少ないということでしょう。
常に人がいる、警官が定期的に見回りをしている、防犯カメラがついている、そのような場所で犯行を行う者は少ないでしょう。
狙われるには何かしら理由があるということです。
その弱点を少しずつでも減らしていくことが大切です。
放置したままだとまた別の犯罪者に狙われる可能性があるからです。
防犯システムを導入する上で注意すべきこと

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年11月26日)|記事URL | あとで読む

大阪のコンビニ駐車場で仮眠中に連続車上狙い

大阪府東大阪市内で7日早朝、コンビニエンスストアの駐車場を狙った車上荒らしが連続3件発生し、計約5万円が盗まれた。運転手が仮眠中、窓ガラスをたたき割って所持品を奪う荒い手口で、河内署が同一犯とみて窃盗容疑で捜査している。

 河内署によると、7日午前5時10分ごろ、同市中新開のコンビニ駐車場で、自営業の男性(35)が車内で仮眠中、助手席の窓ガラスが割られ、車内からポーチ(現金2万円在中)を奪われた。

 10分後には南に約2・5キロ離れたコンビニ駐車場で、会社員男性(27)が車内で寝ていたところ、後部座席のガラスが割られ、手提げかばん(3万円在中)を盗まれたほか、別のコンビニでも駐車場の車からバッグが盗まれた。
(11月7日 産経新聞より引用)

「車上狙い」というと、運転手が駐車して車から離れた時間帯を狙って行うものと思われていますが
今回大阪で連続で発生しているのが、運転手が仮眠中の車を狙って、窓ガラスを割って侵入し、車の中のバックなどを一瞬のうちに奪ってしまうという非常に荒っぽい手口です。
中の運転手が飛び起きたとしても、その時には犯行は終了してしまっています。

この3件では運転手に怪我などはなかったようですが、もし万が一犯人に対して取り戻そうと働いたとしたら、怪我などにつながっている可能性もあり、この「仮眠中の車を狙った車上狙い」というのは注意が必要です。

平成21年上半期の車上狙いの認知件数は7万4107件。
63.3%は「駐車場」で発生しています。「道路上」は14.1%、街頭以外が20.3%です。
被害時の状況としては、施錠なしで被害に遭っている割合は36.1%。
単独犯が多いのが特徴で、成人の場合、76.6%。少年の場合58.5%が単独犯です。少年の割合は2.5%。

今回のコンビニ駐車場での仮眠中の車上狙い対策としては、コンビニの駐車場はもはや安全ではないので仮眠しない、ということになりますが、車を駐車する場合には防犯カメラなどが設置されている防犯力の高い駐車場を選ぶということも重要なポイントとなります。
駐車場の防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年11月09日)|記事URL | あとで読む

現役高校生が百貨店で宝石泥棒。530万円

デパートの宝石店から530万円の貴金属を盗んだのが現役高校生でした。

●デパートの宝石店などから約530万円相当の貴金属などを盗んだとして、北海道警旭川中央署は3日、旭川市内の18歳と17歳の男子高校生2人を窃盗の疑いで逮捕した。また、盗品と知りながら貴金属などを買い取ったリサイクルショップ店長(24)=同市川端町3条=を盗品等有償譲り受け容疑で逮捕した。同署によると、3人とも容疑を認めているという。
 高校生2人の逮捕容疑は、9月5日夜、旭川市2条通のマルカツデパートに閉店後忍び込み、貴金属など約220点を盗んだ疑い。
店長の逮捕容疑は、同月中旬、これらの盗品を85万円で買い取った疑い。 
(11月4日時事通信より引用)

閉店後の百貨店に忍込み、貴金属を盗むという行為は、ハイリスク・ハイリターン型犯罪の典型で、外国人窃盗団が行うならイザ知らず、現役高校生であったとおうのは非常に驚きで怖く感じます。
又、高校生から盗品を買取った店長というのも悪の意識がないのだと思います。

高校生による殺人。強盗。窃盗。
こうした犯罪が日本でも発生してきているということが、今の日本の問題の縮図のように思います。
貴金属店向け防犯システム

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年11月04日)|記事URL | あとで読む

睡眠薬窃盗。民宿宿泊客に睡眠薬飲ませ現金盗む。

睡眠薬を飲ませて強盗や窃盗を働く・・・
海外ではよく耳にする犯罪ですが、河口湖周辺の民宿で5件今年4〜8月に発生しています。

男は20日未明、同町の民宿周辺をレンタカーで訪れ、ペンライトを持ってうろついていたところを張り込み中の捜査員に発見され、同日、昨年10月に同町の民宿に侵入した容疑で逮捕されました。

その男は、睡眠薬を小瓶に入れて持ち歩き、民宿に侵入し、部活動の合宿などで宿泊していた中学校の女子生徒や大学の女子学生の部屋で女性宿泊客に睡眠薬を飲ませ、ピンライトで荷物を物色し現金を盗んでいました。

逮捕された男は、いずれについても「自分がやった」と供述をしており、20日の逮捕時に持っていた小瓶に入った液体は睡眠薬で、その成分が事件で使われた複数の睡眠薬の成分と一致しました。
また、同日の家宅捜索で押収された睡眠薬も同じ成分のものだったということです。

男は昨年末まで、河口湖周辺の電子部品工場で派遣社員として働いていました。

睡眠薬を飲ませ窃盗。
非常に卑劣なやり方です。
しかし、民宿などの場合、対策もほとんど実施されず、部屋の鍵もない民宿もあります。
夜遅くなる人のために鍵を開けたまま眠る場合もあり、泥棒から見ると「無防備」な状態です。
やはりどんな場合にも、もう少し防犯意識を持つ事が大切です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年9月28日)|記事URL | あとで読む

泥棒の不在確認もいろいろ。馬主、空港の手荷物ネームプレートから。

「空き巣」は、家人が不在の時に侵入する窃盗手口です。そのために「不在確認」を行います。
一般的な「空き巣」の行う「不在確認」方法は、
●インターホンを鳴らす。
●電話をする。
●小石を窓に投げる。
●建物の外観から推測する(郵便受けに郵便物が溜まっている。洗濯物が干しっぱなし。雨戸が締めっぱなしなど)
●留守電のメッセージから判断。

ちょっと変わったところでは
●新聞の訃報欄で葬儀の家を狙う。
●新聞社に新聞配達を旅行などで止めた家を狙う。

ところが、ちょっとびっくりするような「不在確認」をしていた事例がありますのでご紹介します。

●窃盗男を逮捕 被害者所有の競走馬で不在確認 (9月8日 産経新聞より引用)
資産家の女性方に侵入し、現金約320万円を盗んだとして、警視庁捜査3課は窃盗の疑いで、札幌市中央区大通東、無職男(71)を逮捕した。
競走馬の売買を通じて約20年前に被害者の女性と知り合い、女性が所有している競走馬の出走予定を新聞で確認し、不在を確認していたという。容疑者は知り合いの住所不定、無職男(35)=窃盗罪で起訴=ら男2人に、「女性は資産家だ」などと情報を提供していたという。
逮捕容疑は、湯浅容疑者らは4月6日、東京都大田区内の不動産管理業の女性(80)方に侵入し、現金約320万円とネックレス(約15万円相当)を盗んだとしている。

●空き巣:成田空港で名札見て、住所と不在確認 窃盗容疑で男逮捕−−県警 /群馬(9月2日 毎日新聞より引用)
県警捜査3課などは1日、成田空港から出国する旅行者の手荷物のネームプレートで住所を確認し空き巣に入ったとして、千葉市稲毛区黒砂3、自称会社役員男(55)を窃盗容疑で逮捕した。
 逮捕容疑は、8月10日午前1時ごろ、東京都足立区の男性税理士(61)宅に侵入し、キャッシュカード1枚と玄関の鍵4本を盗んだとしている。8月8日、同空港からハワイに出かける税理士夫妻の手荷物のネームプレートを盗み見て住所を確認していた。他にも空港内の外貨両替所などで、他人が書類に記入している住所をのぞき見るなどし、海外旅行中の留守宅を狙った可能性があるとみて調べる。

わざわざ成田空港にまで行って手荷物のネームプレートを盗み見てその住所に盗みに入る。
非常に手の込んだ手口ですが、確かに確実に何日間かは無人となる可能性が高いですから、空き巣のターゲットとしてはピッタリなのだと思います。

空き巣対策としては、
「不在である」ことを知られないようにする、ということが最も重要です。
そのためには、
●郵便物や新聞は長期不在の場合は止めておく。
●洗濯物は室内の外から目につかない場所に干す。
●留守番電話には「留守」というメッセージを入れない。
●室内照明をタイマーなどで夕方になると点灯するようにする。または、一部の照明をつけたままにしておく。
●ラジオをつけたままにする。
●窓・扉には補助錠を設置する。
●錠前は破壊工作に強いタイプのものに交換する。
●防犯システムを完備していることを建物外部からすぐにわかるように目立つところにセキュリティキーパーや設置シール、防犯ベル、防犯カメラなどを設置する。
●扉・窓に開閉検知センサーを設置し、不審者がこじ開けようとするとベルやサイレンで威嚇撃退するとともに携帯電話に通報される防犯システムを設置する。
●敷地内に入ったり、窓に近づいた時点で検知できる外周警備システムを設置する。
●死角になる窓や扉がないかどうか確認し、見通しをよくする。植木の選定、高い塀から低いフェンスへの変更。

空き巣被害の実情と防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年9月09日)|記事URL | あとで読む

元ジャニーズJr.がパチンコ玉窃盗、不正換金1千万円!

勤務先のパチンコ店から玉を盗んだとしてジャニーズJr.の元メンバーら4人が逮捕された事件で、被害にあった埼玉県春日部市の店では昨年4月頃から不正な換金によるとみられる被害が計約1000万円に上ることがわかりました。

県警は他にも仲間がおり、系列店でも玉を盗んでいた可能性があるとみて調べています。

窃盗容疑で逮捕されたのは、ジャニーズJr.の元メンバーで同市緑町、会社員の男(26)ら男4人。
発表によると、4人は勤務中の昨年12月、客の打った玉数を記録する装置をパチンコ台から一時的に外し、その時間内に打たれた球数を手計算した上、台の点検を装い、記録されなかった分のパチンコ玉約3300個を抜き取った疑いです。
玉は景品に換え、交換所で約8000円に換金し、4人で山分けしたということです。

4人は昨年2〜9月頃から、店長が不在となる休憩時間などを狙って玉を抜き取るようになり、「月に10〜15回やり、山分け金額は1回平均5000円だった」と供述しています。
逮捕された同市大場、会社員の男(26)は「元同僚からやり方を教わり、3人に教えた。3人以外にも一緒に盗んだ仲間がいる」と話しているということです。

同店の運営会社によると、4人は同店の副主任や、パチンコ台の点検などをする「ホール係」のリーダー格でした。
県東部を中心に計6店あるということです。

<8月6日2時16分配信 読売新聞より>

従業員を疑うというのは経営者の方からすれば、決してやりたくないことかもしれませんが、従業員や出入り業者など会社の内情をよく知る者による犯罪が行われているのが現実です。
誰の監視もなく、現金や商品を無造作に置いているところであれば、「もしかしたら盗んでもバレナイかも」「簡単に盗めてしまうな」などと良からぬ考えが出てきてしまうのかもしれません。

泥棒などの侵入者に対して、防犯対策として、防犯センサーや防犯カメラの設置、扉やガラスが強化されていれば、「センサーが働くとベルが鳴って人に気づかれる」「ここはやめておこう、時間がかかりそうだ」「防犯カメラで記録されている、あとで捕まる」など、その場での犯行を思い留まらせる抑止効果があります。

内部の従業員に対しても同じです。
例えば、防犯カメラで映像を記録されていたり、建物の入退出が記録されていれば、「あとで捕まるかもしれない」と思わせることができます。
そんな環境の中で、悪いこと(犯罪)を考える人は少ないでしょうし、考えても思い留まるのではないでしょうか。
防犯カメラシステム
訪問者確認システム

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年8月07日)|記事URL | あとで読む

「金庫破り」10件。バールでこじ開け。

「金庫破り」を行っていた二人組みが逮捕されました。

●東京都台東区の財団法人事務所に侵入し、金庫をこじ開けて現金などを盗んだとして、警視庁蔵前署は29日までに、窃盗などの疑いで、いずれも住所不定、無職のA(60)と、韓国籍B(63)を逮捕した。
同署の調べに対し、2人は「身に覚えがない」と容疑を否認しているという。

同区内では4月から今月までに同様の金庫破りがほかに10件(被害約450万円相当)あり、関連を調べる。
逮捕容疑は先月29日午後7時50分から30日午前8時10分ごろの間、同区蔵前の日本染色検査協会事務所の裏口から侵入し、1階事務室の金庫をバールでこじ開け、現金約10万円などを盗んだ疑い。
(7月29日 時事通信より引用)

金庫をバールでこじ開け、中の現金を盗む。
この方法で簡単に開けられた金庫の被害写真を見たことがあります。
何度でも言います。金庫は「燃えない貯金箱」
書類を火災から守る機能しかないものが防犯金庫と勘違いされて使用されていることが多いのです。
金庫を過信して重要なもの、現金、預金通帳、印鑑、クレジットカードなど何でも入れないことをお勧めします。
やはり、きちんとした防犯システム、防犯カメラを設置する防犯対策をお勧めします。
金庫破り防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年7月30日)|記事URL | あとで読む

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?