1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 侵入手口(医院)

防犯ブログ

兵庫開業医ばかり狙って窃盗101件 被害総額約1200万円

阪神間や大阪府内の個人病院などに侵入して盗みを繰り返したとして、県警捜査3課などは7日、窃盗容疑などで住所不定、無職の男(30)=常習累犯窃盗罪で公判中=ら3人を追送検し、捜査を終えたと発表しました。
県警は平成20年6月~今年1月の犯行101件を裏付け、被害総額は約1190万円にのぼりました。

同課によると、男が実行役で、他の2人は見張りや運転手役を務めていました。
男は「医者だから金を持っていると思った」と供述しており、被害の半数以上を個人の医院や歯科医院が占めました。

追送検容疑は昨年11月、芦屋市浜町の歯科医院に侵入し、現金約77万円などを盗んだなどとしています。
<産経新聞 9月8日(土)7時55分配信より>

一度何らかの窃盗犯罪を行うと、それに味をしめて二度・三度と犯行を繰り返します。
犯罪者の典型的な特徴の一つだと思います。
この場合、泥棒としての経験値を徐々に積んでいくことになります。

ロールプレイングゲームでもそうですが、経験値を積むとレベルアップし、色々な部分が上昇していきます。
どの業種・業態が侵入し易いか、高額な金品を置いているのはどこか、盗んだ後の捕まるリスクが低いのはどこかを探しつつ、選びつつ犯行を繰り返します。
ランダムにターゲットを選んでいる場合も、徐々にどこがターゲットに適しているかが分かってきます。
ここがいい!と感じたところばかり狙って犯行を繰り返すこともあるでしょう。

今回捕まった男らも約100件の侵入・窃盗を行っていたようですが、被害の半数が個人の医院や歯科医院ということです。
どこかの時点でそこの良さを感じ、今後はターゲットとして絞ろうと考えたのでしょう。
多額の現金を置いている可能性が高い、日中の診療時間中は住居部分が無人状態(奥さんも一緒に病院を手伝うケースがある)、診療時間後は病院内が無人とはっきりしている、など何らかの狙われるポイントがあるはずです。
業種・業態としての共通する点もいくつかあるでしょう。

その他の○○と一緒、という一括りにされると、その他大勢と同様、狙われる危険性が高くなります。
他とは違う何か、狙われにくくなる何かを持っていることが重要です。(これも差別化の一種です)
その何かを自分で作るのが防犯対策という侵入されにくい、狙われにくい環境作りです。
これをしていることによって、泥棒のターゲット選びの時、ここは他とは違う、ちょっとリスクが高いな、と思わせることにつながるのです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年9月10日)|記事URL | あとで読む

旅行中に泥棒 医院宅から現金350万円盗まれる

福岡県警は17日、福岡県筑紫野市の男性医師(77)が自宅から現金約350万円を盗まれたと発表しました。
窃盗事件として調べています。
経営する自宅隣の医院の鍵もなくなり、院内を物色されていましたが、被害品はなかったようです。

県警によると、男性方は妻と2人暮らし。
16日午後7時ごろ、旅行から帰宅すると、2階建ての自宅内が荒らされていました。
1階居間の出窓がこじ開けられ、手提げ金庫や机、タンスなどに保管していた約350万円がなくなっていたという。

県警は夫婦が旅行に出かけた15日朝から16日夕にかけ、何者かが出窓から侵入して金品を盗んだとみています。
<毎日新聞 7月17日(火)12時24分配信より>

自宅と隣が医院ということですが、普段から生活用現金、営業用現金共に自宅の手提げ金庫の中に保管しているのでしょうか。
それとも旅行に出かけるため、たまたま自宅の方にまとめて置いていたのか。
どちらにしても、自宅、医院共に侵入され、室内を物色されていたということですから、分散して保管していた場合でもどちらも被害に遭っていた可能性が高いと言えます。

防犯システムや防犯カメラ設置の有無は不明ですが、侵入時間が特定できていない点から見て、おそらく扉・窓を施錠し、現金は手提げ金庫内保管というのが防犯対策の全てだと思います。
もし外部から旅行中で無人だということが分かれば(新聞受けに何日分かの新聞や郵便物が溜まっている、留守電に旅行中というメッセージがある、昼間に洗濯物が干していない、深夜でも人の気配がないなど)泥棒にとって非常に犯行を行いやすくなります。

扉・窓の施錠+金庫保管は、防犯対策としては充分ではありません。
特に、数百万円もの現金を保管する場合は特にそう言えます。
危険な状態のままで無防備だと言えるでしょう。
我が家には何も盗られて困るものはない、という方は何も対策しなくてもいいでしょう。(実際は、盗難被害は無くとも、窓が割られ、ドアが壊され、室内が荒らさせることはあるでしょうが・・・)

自宅や事務所に数十万円以上の現金を常に保管している人は、それを守るための対策を考えるべきです。
もしくは、そこに置いておかない努力(こまめに金融機関に預け入れる)、仕組み(現金回収から振り込みに変更するなど)を考えるべきです。
もうすぐ夏休みです。
お盆などで長期間家を空ける人もいるでしょう。
その間の自宅の防犯対策は万全ですか?

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年7月18日)|記事URL | あとで読む

大阪 深夜30分間に窃盗事件4件発生

大阪府富田林市と河南町で13日未明、診療所などを狙った窃盗事件が約30分間に計4件発生し、現金計約6万4000円やパソコンが盗まれました。
診療所などは半径3キロ内にあり、勝手口をバールでこじ開けて侵入する手口も共通していることから、府警富田林署は、同一犯の可能性が高いとみて調べています。

同署によると、同日午前3時15分ごろ、河南町神山の歯科医院に何者かが侵入したと警備会社から110番通報があり、ノートパソコンなどが盗まれました。
その後、隣接する富田林市内の二つの診療所とラーメン店も次々に被害に遭いました。
いずれも当時は無人でした。
<毎日新聞1月13日(金)10時31分配信より>

大阪で歯科医院で窃盗事件が発生し、隣接する二つの診療所とラーメン店も被害に遭いました。
4件の被害ですが、わずか30分の間に犯行が行われたということです。
それぞれ具体的な被害額は不明ですが、最初に侵入された歯科医院ではノートパソコンなどが盗まれたということです。

これをみると、泥棒の犯行時間の短さ、そしてスピードの速さに驚かされます。
勝手口をバールでこじ開ける共通の手口ということですが、おそらく乱暴に、激しく、被害者のことなど考えることなく破壊しこじ開けているのでしょう。

とにかく早く侵入し、金目のものを盗み出し、その場から逃げる、これが絶対条件ですから、あとのことなど全く考えません。
もちろん人目に触れることなく、自分の犯行だと特定されない、捕まらないということが前提としてあります。

窓ガラスが割られただけ、部屋は多少荒らされたけど何も盗まれたなかったというのは不幸中の幸いで珍しいケースでしょう。

どのような窃盗場合でも、まず侵入される箇所があります。
窓ガラス、扉、ベランダ、煙突という珍しい侵入場所もあるかもしれません。
無施錠であれば、破壊されることなくそのまま侵入されますが、普通は侵入を防ぐために施錠しています。

それを無理やりこじ開ける、破壊するなどして建物内に侵入しようと考えます。
その時点ですでに大きな被害をこうむる危険性があります。

さらに侵入し、今度はそれぞれの部屋を物色します。
目当ての金品を探すため、部屋中を荒らすでしょう。

大きな金庫があれば真っ先に狙われますが、そうではない場合は、現金などをよく隠している、タンスや仏壇、棚の引き出しなどが狙われるでしょう。
そっと音も立てずに一つ一つ丁寧に開けて、探し出すような泥棒は少ないでしょう。
壊れても構わないとばかりに激しく探します。
その過程で壊されるものも多々あるでしょう。

指紋や足跡、自分の犯行を示す証拠が現場に残されていないかと不安を感じる泥棒なら、犯行後、証拠隠滅策として、放火するという最悪のケースも実際に発生しています。

一口に窃盗事件と言っても、単にものが盗まれたで終わらないケースの方が多いと思われます。
犯行現場は悲惨と言っても過言ではありません。

その時に色々後悔しても時間は戻せません。
万が一の犯行に対して、事前に対策を講じるのは、そのような後悔をすることがないよう、またその可能性を減らす為に行う予防策なのです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年1月13日)|記事URL | あとで読む

宮崎 元看護士が病院から薬など盗む

西都市の総合病院から精神安定剤などを盗んだとして、西都署は14日、同市右松、無職の女(39)を窃盗容疑で逮捕しました。
逮捕容疑は、同日午前1時~午前4時40分ごろ、病院の処置室から精神安定剤や注射針など14点(計約2000円相当)を盗んだとしています。

同署によると、女は同病院に以前、看護師として勤務し、「職員用通用口から入った」と供述しているという。
薬剤は無施錠のプラスチックケースに入っていたという。
看護師が女を見かけ、不審に思って調べたところ薬剤などがなくなっていることが分かり、同病院が西都署に通報しました。
「自分で使用するためだった」などと容疑を認めているという。
<毎日新聞11月16日(水)16時3分配信より>

元従業員や出入業者など内部の事情に詳しい者なら簡単に侵入できてしまうのは問題です。
職員用通用口などがある場合は、常に施錠し鍵を持つ者しか入れない、暗証番号を設定するなど出入を制限すると共に、重要な場所には防犯カメラを設置するなど監視体制を整えるべきです。

薬などを保管する場合は、棚なども施錠できるものに保管し、誰もが簡単に持ち出せないようにすべきでしょう。
劇薬や麻薬が盗まれた場合、被害者は病院側なのに、管理責任などを含めて責められる可能性もあります。
報道などで病院名などが出れば、それだけで大きなイメージダウンも考えられます。
盗難対策だけでなく、その後の二次的・三次的な損害に対してもあらかじめ対策を考えておかなければなりません。

また、今務めている従業員、出入業者などとの関係が常に友好であり続けるとは限りません。
不当に解雇されたと逆恨みする者や院内の事情や弱点を知る元出入業者の者が犯罪者となって、犯行対象としてその病院を狙ってくる可能性もゼロではありません。
暗証番号は定期的に変更したり、鍵も付け替えるなど、手間と時間が掛かりますが、防犯上はそのようにすべきだと思います。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年11月22日)|記事URL | あとで読む

見舞客装い開業医自宅を狙って窃盗

開業医の男性の自宅から指輪などを盗んだとして、64歳の男が逮捕されました。

無職の男は先月、埼玉県秩父市の開業医の男性の自宅に侵入し、指輪など1100万円相当を盗んだ疑いが持たれています。
警視庁によりますと、男性の自宅は病院の3階にあり、男は見舞いを装って下見をしていました。

男は開業医の自宅ばかりを狙い、1都15県で約100件の盗みを繰り返していたとみられています。
取り調べに対し、「病院の診療時間中に入れば職員や家族が疑われるので、被害届が出ないと思った」と供述しています。
<テレビ朝日系(ANN)11月10日(木)20時12分配信より>

開業医の自宅ばかりを狙って盗みを繰り返していた男が逮捕されました。
開業医というのは建物外観から見ても明らかに分かります。
また電話帳などにも載っていますから、1都15県と広域に渡っての犯行ですが、ターゲットとしては選びやすかったのでしょう。

一階が診療所、二階より上が住居という造りがほとんどだと思います。
診療時間さえ分かれば、その間は住居は無人状態になることが多いはずです。
そこを狙えば、建物内に人は居たとしても、充分に侵入するチャンスがあります。

また、人が居るということで、住居部分も換気の為に扉や窓を開けっ放しにしたりすることも多いでしょう。
そのような状況は侵入者にとっては好都合です。
開業医自宅に限らず、住居併用店舗は同様に狙われるポイントとなります。
店舗兼住宅の防犯対策

営業時間中は住居部分が無人で手薄ということは共通しています。
建物外観からも判断しやすいので事前の下見段階でもはっきりします。
営業用の現金を自宅に一時的に保管するということもあるでしょうから、大金を置いていることもあるでしょうから用心が必要です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年11月17日)|記事URL | あとで読む

神戸 勤務先の病院から劇薬盗む 元看護士逮捕

民事再生手続き中の総合病院「医療法人社団白眉会佐野伊川谷病院」(神戸市西区)で劇薬や向精神薬を含む注射液15本がなくなった事件で、神戸西署は、同病院に当時勤めていた同区に住む元看護師の女性(46)を窃盗容疑で近く書類送検する方針を固めました。

同署によると、今年2月14~15日にかけて、同病院のナースステーションにあった引き出しから、劇薬の抗けいれん剤や向精神薬の注射液15本を盗んだ疑いです。
同14日夜、元看護師が向精神薬「セルシン」を盗んで注射していたところを同僚に発見されたため、ごまかすために他の種類の薬も盗んだという。
「盗んだ薬は病院のトイレに捨てた」などと供述しているという。
<毎日新聞9月15日(木)13時4分配信より>

劇薬が盗まれ、それが犯罪などで悪用されるとなると、病院の信用にもかかわります。
また、保管方法や管理体制、防犯対策の有無など様々な問題に発展する恐れもあります。
盗まれた後にそれが転売されるだけでなく、犯罪などに二次的に悪用されるような物の保管や管理は徹底すべきです。
あとで自分の首を絞めることになりかねません。

侵入警戒センサーや防犯カメラの設置、部屋の入退室履歴管理などの防犯システムの導入。
また、劇薬の場合、薬を持ち出した者・目的・時間等の管理を徹底するなど、お金を掛けた防犯対策以外もできることはあります。
防犯システムを導入したから完璧だ、安全だと油断することなく、防犯意識を持って様々な工夫や取り組みを併用することで、より効果を発揮するでしょう。
その場での犯行、犯罪が犯しにくいという環境を作り上げることにつながります。
医療機関の防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年9月24日)|記事URL | あとで読む

大阪 歯科医院荒らし連続5件

大阪府高槻市で7日未明、5つの歯科医院のガラスが割られ、侵入される被害が相次ぎました。
うち2件で現金が盗まれており、大阪府警高槻署が窃盗事件として捜査しています。

同署によると、同日午前1時半ごろ、同市川添の歯科医院前に目出し帽姿の複数の男がいたのを通行人が見つけ、110番。
署員が駆けつけたところ、出入り口ドアのガラスが割られていました。
被害品はなかったようです。

このほか午前7時20分までに市内の4歯科医院で、同様の手口で窓ガラスなどが割られて侵入され、少なくとも現金計約9万円が盗まれました。
同署は関連を調べるとともに、病院に注意を呼びかけています。
<産経新聞9月7日(水)15時47分配信より>

大阪府高槻市で5つの歯科医院で侵入窃盗事件が相次ぎました。
たまたまなのか同一犯による計画的な犯行なのか不明ですが、特に大阪府内の歯科医院では注意が必要です。

歯科医院だけを集中して狙っての犯行かは分かりませんが、目出し帽姿の複数の男が目撃されていることから分かるように、複数犯の窃盗団による計画的な犯行の可能性も考えられます。
歯科医院に限らず次のターゲットはどこになるのか、犯人が捕まらない限り、また別の地域、別の業種が狙われる可能性も高いと言えます。

このような窃盗団が捕まるのは、複数の都道府県にまたがり数十件、数百件の犯行を終えた後にようやく、ということが多いのが現実です。
そこで捕まるのを待つのはあまりにも悠長ですし、そんな他力本願では納得できないでしょう。
自分の身は自分で守らなければなりません。
それが事前の防犯対策の実施です。
医療機関の防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年9月13日)|記事URL | あとで読む

福井 病院荒らし105件の男逮捕

福井、静岡、石川各県警の共同捜査本部は21日、深夜に病院に侵入して空き巣を繰り返したとして、窃盗などの疑いで、金沢市湊、トラック運転手の男(47)=窃盗罪などで公判中=を追送検し、捜査を終了したと発表しました。

県警によると、男は平成20年以降、仕事で訪れた福井など9県で主に病院ばかりを狙って窓ガラスを割るなどして侵入、現金を盗みました。
共同捜査本部は105件(被害総額約640万円)の関与を裏付け、うち31件について送検しました。

「生活費やパチンコ代に使った」と供述しているという。
男は、福井市内の個人病院に窃盗目的で侵入したとして、窃盗未遂容疑などで今年3月に逮捕されました。
<産経新聞7月22日(金)7時55分配信>

病院は安全なところでないといけません。
利用する患者さんもそうでなければ安心できません。

不審者に対しては、人の目による監視も必要ですが、それを補う意味でも防犯カメラや建物の入退出管理などを行うべきです。
また、高齢者の方や子供が勝手に病院内から出ないように、携帯型の送信機を持った人しかドアが開かないようなシステムも併用するとより安心です。

防犯対策がきちんとされている安心・安全な病院ということも宣伝のポイントになるのではないでしょうか。
泥棒に入られた病院、それだけでイメージは決して良くはありませんから。
病院の対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年7月22日)|記事URL | あとで読む

福井、石川、静岡 病院荒らし30件 容疑者逮捕

県警捜査1課、福井署などは26日、病院に侵入して金を盗もうとしたなどとして、窃盗未遂と建造物侵入の疑いで金沢市湊、トラック運転手の男(47)を逮捕しました。
逮捕容疑によると、男は2月19日から20日にかけ、福井市内の個人病院に窓を割って侵入した疑いです。
金がなかったため、そのまま逃走したという。

県警によると、2年ほど前から福井、石川、静岡県で病院の窃盗被害約30件が続いており、侵入の手口が似ていることなどから関与を捜査しています。
<産経新聞3月27日(日)7時56分配信より>

福井、石川、静岡県の病院約30件の窃盗事件と侵入手口が似ているようです。
病院ばかり30件も侵入を繰り返していたということですが、病院ということで現金がありそうと考えての犯行でしょうか。
今回逮捕された事件では、窓を割って侵入したものの、お金がなかったからそのまま逃走したということですが、お金がないというところまで探すことができたということです。
それだけ余裕を持って犯行を行うことができたと考えられます。

病院ということで何らかの共通の項目があり、一つの病院で犯行がうまくいけば、他にも活かせることがあるのかもしれません。
病院独特の備品の配置や現金の保管場所など。
同じ業種や同チェーン店など色々な地域で、相次いで窃盗事件が発生する場合があります。
同一犯による犯行とは限りませんが、この店は侵入しやすい、盗みやすいという情報をもとに犯行が行われているのかもしれません。

先日も牛丼チェーン店で、すき家が最も強盗事件が発生しているというニュースをこのブログでも紹介しましたが、その後、相次いですき家で強盗事件が発生しました。
残念なことにすき家=他に比べると強盗しやすい、大金を置いているというイメージを持たれてしまったのかもしれません。

このようなイメージはマイナス以外の何物でもありません。
これらを払しょくするには時間も労力もかかりますし、簡単なことではないでしょう。
泥棒に入られるということは、入られた側は明らかに被害者で責任はありません。
しかし、泥棒に入られる=セキュリティに対して無防備、防犯意識が低い、個人情報の管理ができていない、などマイナスのイメージを顧客、利用者などに与えてしまう場合があります。
もちろん業種によって異なりますが、泥棒に入られていいことは何もないということになります。
そうならない為に事前の防犯対策という「保険」を掛けておく必要がある。
医療機関の防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年3月30日)|記事URL | あとで読む

茨城 医師宅から現金・貴金属など3800万円相当盗まれる

25日午前5時50分ごろ、北茨城市の男性医師(56)から「泥棒が入ったみたいだ」と110番通報がありました。
高萩署員が駆け付けたところ、男性の自宅になっている3階建てビルの3階から現金約220万円、腕時計、ネックレス、指輪など約40点(計3600万円相当)がなくなっていたということです。
同署は窃盗容疑で捜査しています。

同署によると、男性は妻と2人暮らしの開業医。
ビルの1、2階は病院で、3階が居宅になっていました。
25日早朝に男性が目覚めて寝室を出ると、2階玄関のドアが少し開いていることに気が付きました。
居間が物色され、手提げ金庫や財布から現金が、棚の引き出しの中にあった貴金属がなくなっていました。

同署は、夫妻が寝ていた25日午後11時から26日午前5時半にかけて何者かが別の場所から侵入し、玄関から逃走した可能性があるとみて調べています。
<8月27日10時35分配信 毎日新聞より>

また個人宅に泥棒が入り、3800万という高額の被害額となってしまいました。
1、2階が病院で、3階が住居というビルですが、被害者が寝ている3階に侵入され、盗難被害があったようです。
3階部分は除き、1、2階部分のみ侵入被害に遭ったという話なら分かりますが、人が寝ている3階部分
への侵入ということに驚きます。

泥棒は人がいるところは避けると言われていましたが、最近の手口では、寝ているのなら関係ないとばかりに被害が頻発しています。
事務所や店舗に対する防犯対策の普及は一段落したとみられ、逆にまだまだ無防備な一般住宅への侵入が泥棒にとっての狙い目なのかもしれません。
一般住宅でも、無人のところだけでなく、睡眠中の深夜・明け方もうまくやれば簡単に犯行を行えるということなのかもしれません。

個人宅には案外大金を置いている家が多い、という認識もあるかもしれません。
最近の個人宅における大金が盗まれる事件を見ていると、今後も被害が続出しそうな予感です。
数百万円、数千万円もの金品を保管しているにも関わらず、何も対策していない家が多すぎるのが不思議でなりません。
これだけニュースや新聞でガラスや扉をこじ開けて住宅に侵入されたと報道されているにも関わらずです。
これでは泥棒が狙うのも分かる気がします。
それでは泥棒に言いようにされてしまうだけです。
そうはさせないためにも事前の防犯対策が有効なのです。
ホームセキュリティ(一戸建て住宅の防犯対策)

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年8月27日)|記事URL | あとで読む

1  2

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?