1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. ひったくり

防犯ブログ

「ひったくった金でヴィトン買った」吹聴して足がつき、少年逮捕

2人乗り自転車で現金50万円をひったくったとして、窃盗の疑いで、埼玉県鳩ケ谷市の市立中3年の少年(14)と東京都足立区の区立中3年の少年(14)が逮捕されました。
2人は容疑を認め、「50万円を見たときは胸がドキドキして興奮した」などと供述しています。

逮捕容疑は2月14日午前6時10分ごろ、北区浮間の路上を歩いていた会社員の女性(81)に自転車に2人乗りして後ろから近づき、現金50万円が入ったバッグと紙袋をひったくったとしています。
女性は会社で経理を担当しており、会社の金を持って出勤する途中でした。

調べによりますと、2人は奪った現金を近くの公衆トイレで山分け。
警戒中の警察官に職務質問されても犯行がばれないように、1人は現金20万円を靴の中に入れて逃走しました。
少年はその後、ルイ・ヴィトンのウエストポーチ(8万6000円相当)を買いましたが、周囲に「ひったくった金でヴィトンを買った」などと吹聴。
情報を聞きつけた捜査員に事情を聴かれ、犯行を自供した。
<6月19日11時41分配信 産経新聞より>

ひったくったお金でブランド品を購入し、そのことを吹聴し、情報が警察まで届き逮捕されたという間抜けな泥棒のニュースです。
ひったくりということで手軽にできる犯罪という印象があるのかもしれません。
凶器などで人を脅すような強盗、建物に侵入する窃盗犯などとも違い、人の隙をついて物を盗み出す手口が軽く感じられているのかもしれません。

手軽にできるということであまり罪の意識を感じないのかもしれません。
しかし、いずれも盗むという犯罪行為に間違いありません。
いたずら感覚でスリルが楽しめ、楽してお金も稼げるという間違った認識が広がるのが心配です。
そのような者に対する事前の防犯対策は難しいのですが、それでも用心にこしたことはありません。
特に弱者を狙った犯行が考えられます。
お年寄り、子供、女性がそうです。

老人を狙った犯罪
子供の防犯対策
女性の防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年6月19日)|記事URL | あとで読む

仲良し姉妹、盗んだ原チャリでひったくり

“盗んだ原付きバイクに乗り姉妹でひったくりをしたとして、警視庁少年事件課と福生署は15日、東京都羽村市に住む無職の少女(19)を窃盗容疑で逮捕したと発表した。羽村市立中学2年の妹(13)もバイクを盗んだ非行内容で既に児童相談所に通告しており、ひったくりについても通告する。同課によると、姉妹は容疑・非行内容を認めているという。

 逮捕容疑は、5月21日午前11時25分ごろ、羽村市五ノ神2の路上で、ビル清掃員の女性(64)が乗っていた自転車の後ろかごから現金約4000円などが入ったバッグを盗んだ疑い。
 無免許の姉がバイクを運転し、後ろに乗った妹がバッグを奪ったという。バイクは福生市のJR福生駅地下駐輪場で盗んでおり、姉は同課の調べに「ガソリン代と遊ぶ金が欲しくてひったくりをした」と供述している。”
【6月15日 毎日新聞より抜粋】

原付バイクを盗んたうえにひったくりを行い、更には無免許運転で二人乗りをしていたというこの姉妹。
犯罪以外にも道路交通法違反で厳しく指導をする必要があるのではないでしょうか。

こういった軽度の犯罪は他の犯罪と比べ比較的気軽にできるイメージもあり、主に若年層に多い犯罪です。
先日、警察庁が発表したデータによりますと、今年1〜5月に全国で発生したひったくり事件は8631件で、前年同期比で14・2%増加したことが明らかになりました。
1〜5月の都道府県別のひったくり発生件数は、神奈川が78・2%増の1169件、東京が55・7%増の1149件、千葉が12・0%増の941件、埼玉が15・9%増の804件と首都圏での増加が目立っているとの事です。

なかなか先の見えない不況のあおりを受けてのひったくり増加、と分析されているようですが、同時に強盗も増加の兆しを見せているとの事です。

ひったくり被害に遭わないようにするためには、
* 歩行の場合、かばんやバッグは車路側で持たない。
(常にかばんの持ち方を意識する。)
* 歩きながらの携帯電話は、十分注意する。
(できれば、通話やメールは行わない方がよい。)
* 自転車のカゴには、ひったくり防止ネット・カバーを取り付ける。
* 後方からのバイクや自転車が近づいてきたら警戒する。
(特に18時から24時までの間は要注意。)
* ATMで現金を引き出した後は、常に警戒する。(時々振り返るなど警戒が必要。)
* 夜間の帰宅は、遠回りでも明るくて人通りのある道を通る。
* 昼間でも、後ろから突然バイクが近づいてくることもあるので警戒すること。

万が一、ひったくりにあった場合は、直ぐに110番通報すること。
犯人の特徴をできる限り覚えておき、詳しく伝えることが大切です。

■防犯泥棒大百科:ひったくり

続きを読む

投稿者:スタッフ(2009年6月15日)|記事URL | あとで読む

オヤジ狩り=顔見られる、詐欺=時間かかる⇒ひったくりしよう

東京都日野市でバッグをひったくり女性にけがを負わせた19歳のとび職の少年2人が逮捕されました。
2人は容疑を認め、「給料が安く、遊ぶ金がなかったためやった」などと供述しているようです。

調べによりますと、2人は3月3日午後10時20分ごろ、東京都日野市大坂上の路上で、帰宅途中の女性会社員(61)を背後から押し倒して頭に重傷を負わせ、右肩にかけていた現金約3000円が入ったショルダーバッグ(約1万4千円相当)を奪った疑いです。

2人は元暴走族構成員からなる旧車会のメンバーで、今年1月に同じ会社に就職しました。
給料が安かったため、遊ぶ金欲しさに、「オヤジ狩りは顔を見られるし、詐欺は時間がかかる」とひったくりを計画したということです。
2人は2月27日に東大和市桜が丘の路上で女性会社員(29)のバッグ(約8万円相当)をひったくったとして、窃盗の疑いで逮捕されていました。
<5月21日12時2分配信 産経新聞より>

てっとり早く現金が手に入るということで今後もひったくり被害が多発する可能性が大いにあります。
侵入による窃盗被害などと比べると、事前の下見などはあまり考えず、その場での思いつきの犯行というもの多くあるのでしょう。

防犯ブザーや催涙スプレーなどを携帯するという対策もありますが、実際に事件が発生してからの事後の対策という感が拭えません。
被害を未然に防ぐ、被害に遭わないようにするには、

ひったくりの発生場所・・・9割が路上
被害者・・・9割が女性
被害の多い時間帯・・・18時から24時の間が約5割  
(平成19年警察庁犯罪情勢より)

などの情報をもとに出来るだけその情報に当てはまらない行動をとる必要があります。
バイクや自転車が近づいてきたら警戒する、夜間一人歩きをしないなど、常に警戒を怠らないことです。
携帯電話を操作しながらや、音楽を聴きながら歩いている人もターゲットになりやすいでしょう。
ひったくりについて

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年5月22日)|記事URL | あとで読む

「ひったくり」昨年の1.5倍に急増。不況の影響か?東京都

今年に入って東京都内で発生したひったくり被害が、前年同期の約1・5倍に急増していることが警視庁のまとめでわかりました。

●都内のひったくり被害は1999年の6916件をピークに減少傾向で、昨年は初めて2000件を割り込んだ。
ところが、リーマン・ブラザーズが破綻(はたん)し、その影響が日本経済に及び始めた昨年10月頃から増え始め、今年1〜4月だけで930件となり、前年同期比で309件増えた。

●昨年下半期に検挙したひったくり犯99人を調査したところ、9割以上が「初めてひったくりをやった」と回答。
ひったくり犯は従来、少年が大部分を占めるが、今回の調査では成人が6割を占め、少年の割合を上回ったという

ひったくりは、侵入盗のように特殊な道具や技術が必要なく、相手とも直接対面せずにバイクで逃走しやすいことなどから、「手軽な犯罪」の典型とされる。
同庁のある幹部は、急増の背景について「不況で職が減る中、簡単に現金が手に入るひったくりをする大人が増えているのでは」と分析する。
( 5月10日3時32分配信 読売新聞より引用)

「ひったくり」や「万引き」は、「強盗」などよりちょっと軽いイメージがあります。
それは、読売新聞にも記載されていますが、
●侵入盗に比べ、道具や技術が必要でなく、誰でもすぐに行うことができる。
●少年犯罪で「軽い遊び感覚」で犯行に手を染めるケースが多い。

ところが、大人が生活費を稼ぐために実施している。
まさに、昨年の10月以降増えている「生活苦のための犯罪」という意味合いが高いのだと思います。
しかし、このひったくりや万引きを軽く見てはなりません。
そうした犯罪が多発するということは、「犯罪そのものを起こしてもかまわない」という気持ちを持った人間が増えていることを意味します。
「誰も見ていなくても、そんな悪いことをすると罰が当たる」お天道様が見ている、神様・仏様が見ているといった気持ちは日本人からどんどんなくなっていると感じます。
誰にも知られないと放置された物や拾得物も自分のものにする。
釣銭を誤魔化す。
そういう道徳心の欠如も、犯罪が増えている原因の一つです。

犯罪者が犯罪を起こしにくい環境を作らないと、犯罪者がどんどん生まれる。
「防犯」は予防こそが大切です

防犯意識を持ち、防犯知識を持ち、防犯対策を講じることで、犯罪者が犯罪をしにくい環境を作ることこそ、防犯を考える上で最も大切なことなのです。
ひったくりの防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年5月12日)|記事URL | あとで読む

1  2

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?