1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 強盗

防犯ブログ

タクシーの防犯対策

タクシー強盗が年末から年始にかけて相次いでいます。
●29日午前5時35分ごろ、兵庫県稲美(いなみ)町六分一(ろくぶいち)の天満大池公園駐車場に止まっていたタクシーの横で、「加古川タクシー」(兵庫県加古川市)運転手(54)が殺害され売上金が奪われた。
●大阪府東大阪市で先月29日夜、タクシー運転手(67)が殺害され売上金などが奪われた。
●5日午前1時20分頃、千葉県松戸市上矢切の市道で、客を装ってタクシーに乗車していた男が、運転中の男性運転手(66)に後部座席から包丁のようなものを突きつけ、「刺されたくなかったら降りろ」と脅し、運転手がタクシーから降りると、男は運転席に回って発進させ、逃走した。車内には売上金約4万4000円があった。
●6日午前3時20分ごろ、大阪府高槻市奈佐原の路上で、「首を切られた」とタクシー運転手の男性から110番があった。運後ろから突然、乗客の男にナイフで首の右側1カ所を刺され、長さ約2センチの傷を負った。男ともみ合いになったという。売上金は奪われていないとみられ、男は乗車料金約2700円を支払わずに逃走した。

和歌山では2件「運賃が高い」「道を間違えた」ということで運転手が暴行にあっています。
相次ぐ強盗に、タクシー業界では悲鳴をあげています。
大阪の2件は同じ場所から犯人が乗車しており、手口も似ていることから同一犯ではないかと見られています。
いずれにしても、常に売上金がタクシー内にはあり、密室で、運転手は背中を見せて無防備。夜間だと人目にもつかないと強盗犯から見ると「強盗しやすい環境」がタクシー内には整っていると言わざるを得ません。

以前タクシーに乗ったときに運転手と防犯対策について話したことがありますが、非常用押しボタンを押すとタクシー会社に連絡がいくと同時にタクシーそのものに緊急発生のランプかなにかが付き、どの会社のタクシーでもすぐに気付いて対応するようになっている、といった話をされていました。
現在、防犯カメラの設置や、防犯ガラスでの仕切り板などを検討しているタクシー会社もあるようです。
100年に一度といわれている大不況下では、これから強盗は急増することが予想されますので、「防犯タクシー」というのもいいのではないかと思います。

防犯カメラを設置するのであれば、それに画像伝送装置をプラスして、非常押しボタンを押されたら、自動的に画像を会社に送信するようにすれば、より確実な敏速な対応もできるし、犯人検挙のための証拠にもなると思われます。
運転だけでなく、背後のお客にも気をつけないといけないとは、ホント大変な時代になったと思います。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年1月06日)|記事URL | あとで読む

コンビニ受難の時代 強盗多発

全国でコンビニ強盗が多発しています。

●<コンビニ強盗>外国人2人組に警官が発砲、逮捕 北海道(12月28日 毎日新聞)
28日午前0時25分ごろ、北海道北広島市大曲工業団地8のコンビニエンスストア「ローソン北広島大曲工業団地店」に外国人の男2人が侵入し、アルバイト店員の男性2人に包丁を突きつけて脅した。110番で駆けつけた札幌厚別署の巡査部長(56)と巡査(30)に対し、男が包丁を振り回して抵抗したため、拳銃を1発ずつ発砲した。弾が男の右太ももをかすり軽傷。同署は建造物侵入と暴力行為法違反の疑いで2人を現行犯逮捕した。

●コンビニ強盗、7万円奪う 埼玉・ふじみ野市(12月29日 産経新聞)
27日午後9時45分ごろ、埼玉県ふじみ野市苗間のコンビニエンスストア「サークルKサンクス大井うれし野店」で、包丁のような物を持った男がレジにいたアルバイトの男性店員(17)に「金を出せ」と脅迫。男は店員がレジから出した売上金7万1000円を奪って逃げた。東入間署の調べでは、男は40?50歳で身長約180センチ。丸刈りで黒のサングラスをかけ、上下黒の服を着ていた。同署は強盗事件として捜査している。

●コンビニ強盗:津のアルバイト店員、強盗傷害容疑で逮捕 /三重(12月28日毎日新聞)
 津署は27日、津市大里窪田町、アルバイト店員(28)を強盗傷害容疑で逮捕した。
 逮捕容疑は今月15日午前0時5分ごろ、自宅近くのコンビニエンスストア「サークルK津大里店」(田中彰店長)に押し入り、1人で店番をしていた女性副店長(28)に催涙スプレーを吹き付け、目などに1週間のけがを負わせ、店にあった現金約17万円を奪ったとされる。
 津署によると、押し入った男が無言でカウンター下の引き出しから釣り銭用現金を奪ったため、コンビニ店の内情に詳しい男とみて捜査していたところ、同店で今年夏ごろの約3カ月間勤務していた容疑者が浮かんだという。容疑者の自宅は同店と数百メートルしか離れておらず、事件後も買い物に訪れ、19日から再び同店で働いていた。女性副店長は容疑者と面識があったが、押し入った男がマスク姿で、いきなり催涙スプレーを吹き付けられ、相手の顔をよく見ていなかった。容疑者は容疑を認め「中国の知人女性に会いに行くため金が欲しかった」と供述しているという

●埼玉・蓮田でコンビニ強盗(12月28日産経新聞)

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年12月29日)|記事URL | あとで読む

コンビニ強盗は元アルバイト!事件4日後には再び勤務

 津市のコンビニ店で今月15日未明、催涙スプレーを持った男に現金を奪われる事件があり、津署は27日、同店店員(28)を強盗致傷容疑で逮捕した。
 容疑者は15日午前0時5分頃、コンビニ「サークルK津大里店」にマスクなどで覆面をして押し入り、副店長の女性(28)に催涙スプレーを吹きつけて目に軽傷を負わせたうえ、カウンター内の現金約17万円を奪った疑い。
 容疑者は今年夏頃、同店で3か月間アルバイトをしており、事件後の19日から、被害者の副店長に頼まれて再び勤務していた。
 容疑者は事件直後、同店で捜査中の津署員に「友人との待ち合わせの場所に向かう途中、白いマスクをした男が店を見ていた」などと告げていた。
(2008年12月27日 読売新聞)

《コメント》
毎日のようにコンビニ強盗が発生していますが、犯人は元アルバイト。
いくら覆面をしているとはいえ、通常、身元が判明することを恐れ、他店を狙うと思いますが、驚きです。
犯行に使った催涙スプレーは、護身用グッズを悪用したもので、非常に計画的です。

まず第一に、お客様と従業員の安全確保が最優先です。そのための護身用品を備えることは必要ですね。
腕を刃物から守る「防刃アームガード」や「攻撃から身を守るクリアシールド」 などがあります。

そして、非常時のマニュアルを作成し従業員に理解して、実践してもらうことが必要です。


防犯カメラは、店内にほぼ100%設置されていますが、今後、

◆メンテナンスを定期的に行いきちんと作動していることを確認しておく。
◆?A防犯 カメラの台数を増やし、レジ付近は低いアングルから撮影するカメラを追加設置する。
屋外にも設置し逃げた方向や、入店前の状況を録画する。
◆B携帯で遠隔監視ができるシステム を併用し、いつでもどこでも監視を行う。

強盗に対し「強盗に入っても割に合わない」と思わせる防犯対策を実施しましょう。
この時期、より一層の警戒が必要ですね。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年12月28日)|記事URL | あとで読む

[コンビニは金を奪うのが簡単」連続強盗が供述

「コンビニ強盗」が発生しやすい状況です。
ちょっと気になるニュースをご紹介します。

コンビニ強盗は簡単? 茨城で強盗事件相次ぐ(11月26日8時6分配信 産経新聞)
師走を前に、茨城県内で強盗事件が多発している。24日から25日未明にかけてはコンビニエンスストアに刃物を持った男が押し入り現金を奪うなどの強盗事件が4件発生。いずれも犯人は逃走した。「コンビニは金を奪うのが簡単」。別の連続強盗容疑で逮捕された男はこう供述したという。早朝深夜営業の店舗が狙われる傾向にあり、県警が注意を呼びかけている。

 24日午後9時50分ごろ、日立市滑川本町の「セイコーマートしもむら店」に小刀を持った男が押し入り、現金約10万円を奪って逃げた。翌25日午前2時ごろには阿見町若栗の「ファミリーマートJA 阿見中央店」で、刃物を持った男が店員を脅して現金約5万円を奪う事件も発生。県内では、2日間で4件の強盗事件が続発している。

 日立市内では24日午前、牛丼店「すき家日立南店」で強盗事件が発生。同チェーン「日立北店」でも7月に強盗事件が起きており、両店の防犯カメラの映像から、県警は同一犯による犯行とみて調べている。

 県警の調べでは、早朝深夜の時間帯に店員が1人でいる店が狙われるケースが多いという

 下妻市内のコンビニに包丁を持って押し入り、約4万1000円を奪うなど4件のコンビニ強盗を認めた男は調べに対し、「コンビニは夜間に1人で勤務しているところがあるので、そこを狙えば簡単に金を奪えた」と供述。犯行前には店舗の下見を行っていた。

 県警生活安全総務課の川上正夫総括理事官は「深夜にも2人の店員をおき、駐車場に照明をつけるなど外も明るくし、店舗外の人や車の出入りを確認することが効果的」と指摘する。

 手口が巧妙化しているケースも。
水戸市で今月9日に発生したコンビニ強盗事件は、犯人が警察官を装って店に電話をかけ、店員を外におびき出したうえで金を奪った。店内で立ち読みをするなどして、他の客がいなくなるのを見計らって犯行に及ぶケースもあり、県警は「不審人物や立ち読みをしている人への声かけを実践してほしい」と呼びかける。

 それでも万が一、強盗に入られたら?。「犯人の衣服や特徴、逃走手段をできるだけ確認し、速やかに110番してほしい」(川上総括理事官)という。

●立ち読みで他の客がいなくなるのを待つ。
●警察を装って電話をかけ店員を外におびき出す。
●下見をして夜間一人の店を狙う

こうした強盗に対しては
●夜間でも従業員は二人体制にする。一人の時間を作らない。
防犯カメラなどを店の外にも取付け、店に入ろうとするところも自動録画しておく。
●店内の防犯カメラは逆光補正機能のあるものとし、鮮明な画像を録画しているか定期点検をきちんと行う。
●夜間無人になる場合は最終退出であることが外からわからないように店内照明を付けておく。
無線式非常用押しボタン+自動通報システムで離れた場所に緊急通報する。IP回線対応なら瞬時にメール、その後音声で通報する。無線式なら店内どこからでも押すことができる。
●強盗支援防犯装置として防犯シールドなどを店内に置いておく。
コンビニエンスストアの防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年12月19日)|記事URL | あとで読む

生活困窮。9円しか所持金なく・・元派遣社員コンビニ強盗。

「やっぱり」このニュースを見て思いました。世界的な不況で、大手企業の派遣社員切りが問題になっていますが、職を失い、家を失った人が「コンビニ強盗」を・・という最悪のシナリオが大阪で実行されました。

生活困窮で... 元派遣社員がコンビニ強盗(MBSニュース12.18)
 35歳の元派遣社員の男が強盗未遂の疑いで逮捕されました。男は1か月前から仕事がなく生活に困っていたということで、逮捕されたときの所持金はわずか9円でした。

 15日午前3時すぎ、大阪府泉大津市のコンビニで包丁を持った男が「金を出せ」と店員を脅しましたが、店員が非常ベルを鳴らしたため、何も取らずに逃げたということです。

 16日になって、無職のM容疑者(35)が警察に出頭し、強盗未遂の疑いで逮捕されました。

 調べによりますと、M容疑者は運送会社で派遣社員として働いていましたが、仕事がなくなり、およそ1か月前に派遣登録を解除したということです。

「病気であんまり仕事に行けないのかと思っていた」
「(今月初めごろ)財布落としたので金貸してくれと。本来なら貸すけど、いろいろ聞いてたから、そこらで金借りているのを」(近所の人)

 M容疑者の出頭時の所持金はわずか9円で、調べに対し「金がなくなり水を飲んで生活していた。家賃の督促状が届き、家を追い出されると思ってやった」と話しているということです。

これだけ派遣切りで多くの失業者が出たら、出るだろうなと推測していたら、やはり出てしまいました。
脅すわけではないですが、今年の年末から年始にかけて急増するのではないかと思います。
今回は、ベルが鳴って実害もなく、怪我もだれもしていなかったということで良かったですが、せっぱつまると強盗も必死ですからその気がなくても怪我をすることも考えられます。やはり強盗対策をきちんと実施して、強盗対策を実施している店であることを店外にPRすることが重要です。

非常用押しボタンを押してベルやサイレンを鳴らすと犯人をよけいに興奮させるので、現場での威嚇はしない、というコンビニのFC本部もあるようです。人命大事はいうまでもないですが、ある程度の犯人との距離が確保できるのであれば、私はその場で威嚇機器を鳴らす、又は音声で警告するというのもありだと考えます。今回もそのベルで強盗は未遂で退散しました。

無線タイプの非常用押しボタンを押し、その場で音声などで警告、同時に離れた場所のオーナーなど5箇所にまずIP回線を通じてメール送信、その後アナログ回線で音声通報という方法が、非常事態をもっとも早く外部に通報する方法だと思います。強盗対策非常通報システム無線タイプの非常用押しボタン(ペンダント型・時計型・カード型)を使用しますので、店のどこにいても押すことができます。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年12月18日)|記事URL | あとで読む

1  2  3  4  5

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?