1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 侵入手口(マンション)

防犯ブログ

パチンコの為に空き巣88件 被害総額2600万円

大阪、兵庫、奈良の3府県で空き巣を繰り返したとして、大阪府警と住之江署は22日、大阪市此花区梅香、パート従業員の女(42)(起訴済み)について、計88件、被害総額約2600万円の犯行を裏付け、窃盗容疑などで最終送検したと発表しました。

発表によると、女は4月23日午後1時頃、同市住之江区内のマンション一室に侵入し、2万3000円と指輪などの貴金属(17万5000円相当)を盗むなどした疑い。
犯行中に帰宅した住民男性(45)に見つかり、住居侵入容疑で現行犯逮捕されていました。

調べに対し、女は「パチンコで生活費を使い込み、犯罪に手を染めてしまった」と供述。
ドライバーでベランダの窓を割って侵入する手口で、高層マンションの1階ばかりを狙い、2009年8月からパートが休みの日を中心に犯行に及んでいたという。
<読売新聞 8月22日(水)19時32分配信より>

万引き犯はいますが、女性で連続窃盗事件の犯人というのは珍しいのではないでしょうか。
ドライバーでマンションベランダの窓を割って侵入するという手口です。
女性ということで、現場で不審に思われることも少なく、これまで捕まることなく2600万円も稼ぐことができたのかもしれません。

高層マンションを狙う、窓を割るというのはまさに典型的な泥棒の手口です。
高層マンションは、共用玄関がオートロックの場合、個別の入居部分の扉は無施錠のまま外出するということがあります。
そうなると、オートロックさえ突破すれば、あとは無施錠という非常に危険な状態になってしまい、泥棒の格好のターゲットになります。

窓を割って侵入するというのも、一般住宅、マンションでは最も多い侵入手口です。
事務所や店舗のように、シャッターや防犯システム、防犯カメラが設置されていることが少なく、防犯対策と言えるのが、扉、そして窓しかないからです。(この2つは防犯対策と言えるほど、効果があるとは言えません)
扉を壊して侵入するか、窓ガラスを割って侵入するか、どちらが時間・手間を掛けずに行えるのかと言えば、窓ガラスの方が簡単なのは明らかです。
それが窓からの侵入が多い理由でしょう。

逆に考えると、その一番狙われる窓を強化することができれば、泥棒からは狙われにくくなるということになります。
窓ガラスを割られにくい材質のものに替える、窓の開閉を検知する侵入警戒センサーを設置する、窓の付近に防犯カメラを設置するなど強化方法は様々です。

可能であれば、それらを一つと言わず、複数導入することで、より強力な防犯対策となり、侵入者が嫌がる、犯行が行いにくい環境となるのです。
これが事前の防犯対策によって泥棒から狙われにくくなるという効果です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年8月23日)|記事URL | あとで読む

泥棒 逃走時、隣のビルに飛び移り骨折

28日午後2時ごろ、東京・渋谷区の住宅街は、大勢の警察官などが駆けつけ、一時騒然となりました。
目撃者は「警察がいっぱい来て。そうしたら、もう、めっちゃ人だかりになってて」と話しました。
いったい、何があったのでしょうか。

搬送された男は、窃盗未遂などの容疑者でした。

男は、共同住宅の10階にある事務所に侵入したところ、室内にいた男性と鉢合わせ、10階のベランダから、隣のビルの7階部分にある屋上に飛び降りたという。

男が飛び降りてきたビルの人は「上から大きな音がしただけで、ドスンっていう。子どもが来て、高いところから、椅子からドンと降りたのかなと思ったんですけど」と話しました。

男は、飛び降りた際に足を骨折し、動けなくなり、その場で現行犯逮捕されました。
警視庁は、身元の確認などを急いでいます。
<フジテレビ系(FNN) 5月29日(火)0時58分配信より>

ビルからビルに飛び移るムササビ泥棒のニュースが一時話題になりましたが、今回の泥棒は着地に大失敗しました。
侵入先の共同住宅10階から隣のビル7階屋上への飛び移りの高低差がどれだけあるのか分かりませんが、一歩間違えると骨折では済まないかもしれません。
もし誤って地上に落下すると間違いなく死亡するでしょう。

これだけ危険性があっても、泥棒というのは犯行を行うものです。
もっと泥棒としての経験を積んだプロというべき泥棒になると、もっと巧みに、鮮やかに犯行を行うのかもしれません。(ムササビ泥棒のように・・・)

防犯対策として言えることは、マンションの高層階であっても、泥棒のターゲットになるということです。
1階や2階などの低層階は、誰でもより侵入しやすいと考えるのですが、経験豊富な泥棒になると、逆に油断しがちな高層階を狙おうと考えるのです。
あとは、侵入するための技術と言いますか、具体的な方法、手口を実行に移すことができれば、犯行は8割は成功したようなものです。

高層階の住民は油断していますから、入居部分の扉の施錠はしていても、ベランダや窓などは開けっ放しという家も多いでしょう。
これから暑くなると、節電・換気目的で外出時には窓を開けたままという家の増えてくる可能性があります。

また、今回の泥棒は失敗しましたが、平日の午後2時に、マンション一室の事務所に侵入し、室内にいた男性と鉢合わせしたという非常に大胆な犯行です。
犯罪者は常に被害者の裏を書こうとします。
相手が思いもよらない侵入箇所、侵入手口、時間帯、方法を考えて犯行を行なおうとします。
犯罪者が常に進歩、進化している訳ですから、対策もそれに対抗して変えていかなければなりません。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年5月29日)|記事URL | あとで読む

都営アパート1階ばかりを狙う空き巣被害 連続6件

東京・板橋区で、アパートの部屋から現金などが盗まれる被害が相次ぎました。
狙われた6つの部屋はいずれも1階でした。

警視庁によりますと、24日夜、板橋区の都営アパートで、1階の5つの部屋の窓ガラスが割られ、2つの部屋からは現金合わせて21万円とキャッシュカードが盗まれました。
さらに、250メートルほど離れた別のアパートでも、1階の部屋でベランダのガラスが割られているのが見つかりました。
警視庁は、同一犯によるものとみて窃盗などの疑いで捜査しています。
<テレビ朝日系(ANN) 3月29日(木)13時8分配信より>

マンションの高層階でも泥棒に狙われる時代です。1階なら、狙われるのは当然と考えるべきでしょう。
おそらく防犯対策もなく、個別の住居部分にのみ鍵が掛かっているだけのアパートやマンションではないでしょうか。
泥棒から見れば、おそらく最も難易度が低い物件と言えます。
この侵入への難易度を高めるのが、事前の防犯対策の実施です。

誰でもそうですが、難易度の高いものより低いものに挑む方が楽です。
ましてや、失敗=自分の逮捕、という結果もあり得る訳ですから、低い方が良いに決まっています。
難易度の高い方にあえて挑戦しようとする、怪盗ルパンのような大泥棒もいるかもしれませんが、普通の泥棒が違います。

難易度が低く、つまり、防犯対策がされていない、もしくはしていても容易に攻略できる対策の家を狙います。
危険性をおかして挑戦するより、そちらの方が効率的で、成功率も高くなるからです。
犯罪の効率性、確実性を重視するのは当然です。
その観点で考えると、どのような防犯対策が効果的かが分かると思います。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年3月29日)|記事URL | あとで読む

宮城 ホステス宅狙いの空き巣被害多発

繁華街のクラブ、スナックなどで働く女性が外出中の深夜から未明を狙って女性宅に侵入し、現金などを盗んだとして、宮城県警捜査3課、仙台北、仙台中央署は5日、窃盗と住居侵入の疑いで、利府町神谷沢、自動車販売店従業員の男(39)と、その妻(34)の2容疑者を逮捕しました。
男は「自分1人でやった」と容疑を認め、妻は「近くにいたが、関わっていない」と否認しています。

県警によると、現場周辺では、昨年9月から仙台市青葉区の繁華街・国分町のクラブやスナックなどに勤める女性宅を中心に計30件、被害総額約4000万円の同じ手口による盗難被害があり、男は一部について関与を認める供述をしているという。

逮捕容疑は8月20日深夜から21日未明までの間、共謀して仙台市青葉区のマンションに住むホステスの女性(21)の部屋に侵入、現金2万円と商品券3枚(額面合計3000円)を盗んだとしています。
鍵はサムターン回しという手法で開けられていました。

現場は国分町など繁華街に近く、県警は2容疑者が、貴金属やブランド品などを多く持つホステスの女性を狙ったとみています。男は「マンションの明かりが消えて、外出するのを待って侵入した」と話しているという。
<産経新聞10月7日(金)15時6分配信より>

サムターン回し、施錠しかしていない家に対する侵入手口としては非常に有効です。
特殊な器具で外からサムターンを回し、玄関の扉を開けさえできれば、あとは家人が不在の場合、自由に犯行を行うことができます。

クラブやスナックなどで働く女性は、深夜から未明まで帰って来ません。
一人暮らしの場合が多く、現金やお客さんからもらった高額プレゼントなど貴金属類を置いていることが多いでしょう。
また、深夜の犯行ということで近所の人目に触れる可能性も低くなる、とまさに泥棒から見れば絶好のターゲットと言えます。

女性の一人暮らしで、防犯対策をしっかりしているところは少ないでしょう。
女性の一人暮らしならオートロックは必須、とうたっているマンションがありますが、オートロックだけでは防犯対策が充分とは言えないでしょう。
配達や作業員、他の住民と一緒に、などオートロックを攻略する方法はいくらでもあります。

もちろん全く意味がないとは言いませんが、防犯カメラなど他の防犯対策と併用するとより効果を発揮します。
現金は金融機関に預け、貴金属類も信用できる貸し金庫などを利用し、できるだけ自宅には金品を置いておかない方がよいでしょう。
自宅の金庫保管というのも、それだけでは防犯対策としては心もとない感じがします。(金庫ごと盗みだされる手口が多発しています)
マンションの防犯対策
女性の防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年10月25日)|記事URL | あとで読む

自称パイロット 全裸で女性宅侵入

千葉県警浦安署は26日、同県浦安市入船、自称日本航空パイロットの男(55)を住居侵入と窃盗未遂の疑いで現行犯逮捕しました。

発表によると、男は同日午前3時40分頃、自宅近くのマンション1階ベランダに干してあった会社員女性(22)の下着を盗もうとして、敷地内に入った疑です。
洗濯物を物色中、パトロール中の警察官に発見され、取り押さえられました。
男は逮捕時、全裸だったという。

男は調べに対し、「女性用の下着がほしかった」などと話し、容疑を認めているという。
日航は「同姓同名のパイロットがいるが、逮捕されたのが本人か確認中」としています。
<読売新聞8月26日(金)11時12分配信より>

全裸男が下着泥棒としてマンションベランダに侵入、笑い話にも聞こえますが、少し状況が変われば恐ろしい事件です。
もし窓が開いたままだったら、もし女性の一人暮らしだったら、もし全裸男が下着泥棒だけでは済まず女性に乱暴したら、などと考えると分かると思います。
そしてそれらの考え方は突拍子もない、現実には起こり得ない事例ではなく、いつ起こってもおかしくない事例だからです。

笑い話になるか、恐ろしい強盗強姦事件になるか、その違いは一瞬かもしれません。
被害者の方の対応次第で変わることもあるでしょうから、非常に難しい問題とも言えます。

どちらにしてもそのような侵入者を家に招き入れることは絶対にしてはいけません。
もちろん誰でもいらっしゃいと手招きすることはないでしょうが、窓を開けっ放しで眠るとか、無施錠のまま外出するなどもっての外です。
いつ、誰が侵入を試みているか分かりません。

その目的は、金品の強奪なのか、乱暴目的なのか、はたまた下着目的、盗撮目的、ストレス発散の放火目的など様々な犯罪者がおり、その対応は一つでは済みません。
どんな犯罪に対してもそれぞれ一定の効果が期待できるセキュリティシステムや防犯カメラシステムなどの設置が望ましいと言えるでしょう。
マンションのセキュリティ
マンションの防犯カメラシステム

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年8月30日)|記事URL | あとで読む

東京 女性宅に無施錠の窓から侵入者

アパートの室内に侵入して現金を盗み、部屋に住む女性を乱暴したとして、警視庁捜査1課は強姦と窃盗の疑いで、東京都西東京市富士町、自称アルバイトの男(20)を逮捕しました。
同課によると、容疑を認めています。

同課の調べでは、西東京市の現場周辺で、平成22年10月から今年6月下旬にかけ、同様の婦女暴行事件が3件発生。
遺留物のDNA型や犯行の手口から、男が関与した疑いがあるとみて調べます。

逮捕容疑は、同月下旬、同市の30代の女性が住むアパート1階の部屋に無施錠の窓から侵入。
現金約15万円を盗んだ上、寝ていた女性に刃物を突きつけて「静かにしろ」と脅し、乱暴したなどとしています。
<読売新聞8月24日(水)13時57分配信より>

女性が寝ていた時間帯に発生した事件ですから、おそらく深夜か明け方頃なのでしょう。
無施錠の窓からの侵入ということですが、特に夏場など暑い時期は窓を開けたまま寝てしまうことも多いでしょうが、そんな時こそ犯罪者のチャンスなのです。

一人暮らしに限らず、4~5人の一戸建て住宅の場合でも、就寝中に2階部分から侵入され、金品を盗まれるという事件も発生しています。
建物内に人がいようが居まいが関係なく侵入事件が発生しています。

女性の一人暮らしでしかも窓が無施錠となると、侵入者にとっては絶好のターゲットとなります。
しかも恐ろしいのは金品だけでなく、女性自身をターゲットに考える犯罪者もいることです。
暴力を振るわれたり、最悪の場合は殺されてしまうという事件も発生しています。

特に女性は自分の身を守るための侵入者対策が必須でしょう。
女性の防犯対策
マンションの犯罪事情

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年8月29日)|記事URL | あとで読む

神戸の泥棒 節電でドア開けた家狙う

神戸市内のマンションに侵入して財布を盗んだとして、窃盗容疑などで兵庫県警神戸水上署に逮捕された住所不定、無職の男(20)が「玄関ドアの開いている家を狙い、盗みを繰り返した」と供述していることがわかりました。

周辺では、梅雨明け後の7月中旬以降、同様の被害が数件あり、県警は「節電の夏、エアコンを使わず、玄関や窓を開けてしのいでいる人は用心して」と呼びかけています。

捜査関係者によると、男は8月7日午前6時30分頃~同8時頃、同市中央区港島中町のマンションで、玄関を開けて寝ていた無職男性(61)方に侵入し、8000円入りの財布などを盗んだ疑い。

男は8日朝、このマンション近くにある集合住宅の玄関前にいたところを住民に見つかり、110番で駆けつけた同署員の職務質問で犯行を認めました。
<読売新聞8月11日(木)17時43分配信より>

節電目的でエアコンを出来るだけつけないように色々と努力している人が多いと思います。
その手段としては、ドアや窓を開けっ放しにして風通しを良くしようと考えます。
深夜や朝の涼しい時間帯はそれで凌げるかもしれないと考える人もいるでしょう。

節電目的としては効果はありますが、防犯面で見ると、極めて危険な状態ということになります。
内側のレバー等で半ドアにしているならまだしも、完全に無施錠の状態というケースもあるでしょう。
深夜人がいるから、開けっ放しにしても大丈夫だろう、という油断が生まれます。

しかし、室内に人がいても関係なく侵入し、物を盗もうとする大胆な手口が増えてきています。
そんな手口は珍しいだろうと考える人がいるかもしれませんが、本当に増えてきているのです。
普通に考えると、有人の建物は避け、無人の建物を狙うだろうと考えられてきました。
ところが、最近の手口としては、深夜など人が寝静まった状態で侵入し、金品を盗み出すという事件が発生するようになりました。
今まではあまり想定していなかった一般住宅の2階部分からの侵入など、手口が巧妙化し、より大胆になっているのです。
複数犯による役割分担しての組織的な犯行も増えてきました。
我が家は防犯対策をしているから大丈夫という油断は禁物です。

全ての泥棒に100%有効な対策というものはありません。
泥棒の手口や考え方なども常に進化・変化しています。
防犯対策もそれに応じて変えていかなければ対応・対抗できなくなってしまうのです。
その為には防犯対策の研究や見直しを意識して行わなければなりません。
マンションの防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年8月11日)|記事URL | あとで読む

姫路 マンションの連続空き巣逮捕

姫路市内のマンションなどを狙い空き巣を繰り返したとして、県警捜査3課と飾磨署などは4日、窃盗などの容疑で、姫路市元町の無職の男(40)=窃盗罪などで公判中=を逮捕、送検したと発表しました。
平成22年9月~今年3月までの間、約60件(被害総額約590万円)にわたって空き巣を繰り返していたといい、男はいずれも容疑を認めているという。

送致容疑は、今年3月2日から翌3日にかけて、同市白浜町の男性会社員(39)方のマンション一室に侵入し、現金66万円を盗むなどしたとしています。

同課によると、姫路市全域で主にマンションなどを狙い、ベランダの窓をバールでたたき割るなどして部屋に侵入し、現金やゲーム機などを盗んでいたという。
男は3月11日に窃盗未遂などの容疑で現行犯逮捕されていました。
<産経新聞7月5日(火)7時55分配信より>

個別の入居スペースごとに防犯対策を行うのは大変です。
賃貸マンションの場合は、オーナーの許可なく勝手に取付工事を行うことはできないでしょうし、防犯対策のある家とそうでない家が混在するということになります。
これでは、外部、とくに侵入者へのアピールが弱くなります。

費用的に難しい場合は、共用スペースだけでも対策を行うべきです。
共用玄関へのオートロックシステム、その他エレベータ内、非常階段、ポストなど泥棒が侵入しそうな重要箇所への防犯カメラ設置、または、駐輪場・駐車場へ人感ライトを設置するなどの対策があります。

また、住宅、マンションの侵入手口で最も多いのは窓ガラス破りです。
窓が狙われていますから、その窓に関係する防犯対策が有効です。
窓自体を割りにくい材質に替える、窓を開閉すると働くセンサーをつける、またはアラームを鳴らすなど。
一番狙われているところを守る、これが防犯対策の基本です。
マンションの防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年7月06日)|記事URL | あとで読む

防犯グッズを悪用する空き巣犯

ワンルームマンションを狙い空き巣を繰り返したとして、大阪府警捜査3課と豊中署などは28日、窃盗などの疑いで、同府豊中市服部元町の無職の男(39)=窃盗罪などで起訴=ら男3人を逮捕、送検し、捜査を終結したと発表しました。
同課によると、男らは、聴診器型の集音マイクなど防犯グッズとして販売されている道具を使い、留守宅を確認していたという。
被害は大阪、兵庫両府県で計約140件、総額約3300万円相当に上るという。

男の送検容疑は昨年8月14日午後3時20分ごろ、豊中市内のマンションの一室に無施錠の窓から侵入し、金品を盗もうとしたなどとしています。

同課によると、男は集音マイクのほか、外からドアスコープ越しに室内をのぞける器具を使い、留守宅を確認していました。
調べに対し、「インターネット上で、『帰宅した際に室内に不審者がいないかを確認するための防犯グッズ』として販売されているのを買った」と供述しているという。
<産経新聞6月28日(火)23時33分配信より>

ワンルームマンションということで、もし室内が無人でさえあれば、その後の犯行は簡単だと考えたのでしょうか。
自分の犯行を邪魔する防犯対策、それを犯罪者側も常に研究し、その対抗策を考えているということです。
また、新たな侵入の手口の研究に余念がないという泥棒も多いかもしれません。

侵入手口は日々進歩しています。
昔は有効であった防犯対策に対しても、それをさらに上回る手口を考えて対抗してきます。
こんなところから侵入されるとは、こんな物が盗まれるとは、という驚きの窃盗事件などが発生することも珍しくありません。
防犯対策を行う側も、その点を考慮して対応しなければなりません。

ここから侵入されることはありません、というような断言や、油断は禁物です。
常に慎重に考え、あらゆる侵入箇所を想定した上で防犯対策を行わなければなりません。
ご提案・お見積り・無料防犯診断など、様々な防犯に関するご相談は、防犯のプロであるセキュリティハウスの防犯設備士にお任せ下さい。
セキュリティハウスへ資料請求(資料送付・見積希望・電話希望・訪問希望など)
無料防犯診断お申し込み

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年6月30日)|記事URL | あとで読む

京都 酔った大学生が女性宅のベランダに侵入

マンションの女性宅ベランダに無断で侵入したとして、上京署は21日、住居侵入容疑の現行犯で大津市比叡平の大学生の男(25)を逮捕しました。

逮捕容疑は、21日午前0時25分ごろ、京都市上京区のマンションで、外壁を登って2階の大学院生の女性(24)宅のベランダに侵入したとしています。
女性が家主を通じて110番し、駆けつけた同署員が男を逮捕しました。

同署によると、男は当時酒に酔っていたようです。
調べに対し「上の階に元交際相手が住んでいて連絡がとれない」などと話しているということです。
<産経新聞4月22日(金)7時56分配信より>

深夜、物音がするので目を覚ましたら、目の前に見知らぬ男がいた、ということがあったら心臓が止まるほど恐ろしいのではないでしょうか。
驚くのは老若男女問わないでしょうが、若い女性ほど暴行されるかもしれないという恐怖が伴います。
金品の盗難や下着泥棒だけで済めば不幸中の幸いでしょう。
抵抗すれば暴行や殺人にまで発展してしまう恐れも充分考えられます。

夏場など窓を開けっ放しで寝てしまうのは、非常に無防備な状態と言えます。
昔は、有人だと侵入被害に遭いにくいと言われていましたが、最近では、あえて夜間有人の家に侵入するという手口もあるぐらいです。

特に女性の1人暮らし、高齢者宅は有人であっても夜間は注意が必要です。
今回の事件は、酔った男が元交際相手に会いに行こうとして、別の女性宅に侵入したということですが、冷静に考えると非常に怖い話です。
一歩間違えるとストーカーと言えますし、侵入された女性は全く無関係なのに巻き込まれた形です。
女性の防犯対策
強姦・ストーカー

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年4月28日)|記事URL | あとで読む

1  2  3  4  5

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?