1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 泥棒小話

防犯ブログ

“強盗”の正体見たり…

深夜、屋内駐車場で起こった事件です。

ドイツ・ブッパータールで深夜、ある女性が屋内駐車場に車を取りにやってきました。
その駐車場には、女性の車の他にもバンが止まっていました。
しかし、よく見るとそのバンには強盗らしき人影が。不審に思った女性はすぐに警察へ通報。
ほどなく、武装した警官隊が現場に到着し、問題のバンを包囲しました。
ところが発見したのは、助手席に安全ベルトで固定された大きなビーバーのぬいぐるみでした。

警察広報は後日、『大きな前歯をむき出しにしたビーバーが、どうして人間に見えたのか理解に苦しむ』とコメントしたとか。

暗闇に対する恐怖は、程度は違えど誰もが抱えているのではないでしょうか。
暗い部屋に入った際、洋服が吊るされたりしていてもドキッとしますよね。
この女性の場合は深夜の駐車場。しかも、通常ならあり得ないシチュエーションで見たぬいぐるみ。
確かにこれは見間違えても仕方ないかな…なんて、ちょっとだけ同情してしまいました。

続きを読む

投稿者:スタッフ(2007年7月25日)|記事URL | あとで読む

豚肉強盗 肉が重すぎて逮捕

中国の広東省深セン市で、125kgの豚肉とこれを積んだオートバイが4人組の男に 強奪 される事件が発生しました。
しかし、盗んだ豚肉が重過ぎてオートバイはスピードが出せず、犯人はすぐに逮捕されました。

12日、豚肉の価格高騰が社会問題になっている中国で、ついに豚肉を狙った 強盗 事件が発生しました。

同日午前4時ごろ、広東省深セン市の白花社区市場でオートバイから125kgの豚肉を降ろそうとしていた男性が、突然現れた男4人に背後からいきなり殴られたうえ、オートバイと豚肉を奪われました。
1人は盗んだオートバイに乗り、3人は用意したマイクロバスで逃走しました。

被害に遭った男性は警察に通報し、ただちに現場周辺は警官が緊急配備されました。
ところが、125kgの豚肉があまりにも重くよろよろと蛇行していたオートバイはただちに警官の目に止まり、犯人の1人はあっけなく逮捕されました。

この男の供述によると、4人はオートバイを使った ひったくり の常習犯で何度も逮捕歴があるということです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年7月18日)|記事URL | あとで読む

タクシー運転手、強盗 に説教し交番へ

11日夜、京都市左京区内を走行していたタクシーの車内で、客を装って乗り込んだ男が運転手にナイフを突きつけて脅迫し、売上金を奪おうとする事件が発生しました。
運転手は男を説得しながら近くの交番まで走行、警察は31歳の男を緊急逮捕しました。

調べでは、11日午後8時5分ごろ、京都市左京区岡崎最勝寺町付近の市道を走行していたタクシーの車内で、客を装って乗り込んだ男(31)が、運転手の男性(59)に果物ナイフを突きつけて「カネを出せ」と脅迫しました。

運転手の男性は「今はタクシーも景気が悪くて、残念だけどあんたに渡すカネなんかない」と告白しました。
それでも脅迫を続ける男に対して「こんなバカなことをしないでちゃんと働きなさい」、「大丈夫だから」などと説得をしながら最寄りの交番まで走行しました。
警官に「強盗 されそうになった」と届け出ました。

警察では後部座席にいた男を強盗 未遂容疑で緊急逮捕しました。
動機については確認中ですが、生活苦を訴えているようです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年7月17日)|記事URL | あとで読む

意外な“武器”で強盗

強盗犯は恐らく、強盗する際には何かしら武器を持っている事がほとんどでしょう。
オーストラリアでこのほど、ノコギリエイの吻(ふん・くちばしのこと)を武器にした強盗事件が発生しました。

事件が起こったのは、クイーンズランド州南東部。トレーラーハウスに二人組の強盗が押し入り、中にいた40歳の男性をノコギリエイのくちばしで殴りつけました。ノコギリエイのくちばしは、先端部分がノコギリ状の軟骨になっており、周囲にはギザギザの皮歯がついています。
被害に遭った男性は背中や両手、両腕が傷だらけとなり、強盗が去った後で駆けつけた救急隊員により治療を受けたそうです。
“凶器”となったノコギリエイがたまたまトレーラーハウスにあったのか、はたまた強盗が用意して押し入ったのか。
この詳細は明らかにされていませんが、被害男性が被害届を取り下げたため、警察は捜査を取りやめたということです。

続きを読む

投稿者:スタッフ(2007年6月18日)|記事URL | あとで読む

押し入りは割りに合わぬ。

ドイツはベルリンにある科学博物館。とある晩、1人の男が押し入りました。

男は館内に侵入しましたが警報ベルが鳴り響き、警備員2人に追われて逃走。一時はうまく逃げおおせました。
ところがこの男、あまりにも急いだせいなのか逃走中、3メートルの壁をよじ登った際に右手中指の指輪を引っ掛けて指を切断、逃走後に“落とし物”を取りに戻り、警備員に手当てを頼んで逮捕されたそうです。

男は逮捕後に、「押し入りは割に合わないな」とコメントしたということです。
その後、病院で指をくっつけてもらおうとしましたが、うまくいかなかったようです。

割に合わない、というレベルの話ではない気がします。
結果的には逮捕されていますが、この男が物を盗んでから逃げたのか、それとも何もできずに逃げ出してきたのか、非常に気になります。

ちなみに切断した指を再度くっつける手術は難易度が高いようです。
切れてしまった指をあたためず、乾かさず、汚さない事が重要で、早急な処置をしてもらうほど再接着の確率は高くなるそうです。

この男のように、どんなに急いでも指を落としてしまう方はいらっしゃないでしょうが、人生何が起こるか分かりません。
皆様、くれぐれもお気をつけください。

続きを読む

投稿者:スタッフ(2007年6月13日)|記事URL | あとで読む

空き巣男、飛び降り骨折

住居侵入と窃盗の現行犯として逮捕された男(40)ですが、5日午後1時ごろ、福岡県那珂川町の男性ケマネジャー(49)宅の1階の窓ガラスを割って侵入し、現金2万円と指輪など8点(約56万円相当)を盗んだ疑いです。

外出していた男性が帰宅し、2階を物色中の男を発見。
男は2階から飛び降り数十メートル逃げましたが、飛び降りた際に左ひざと右足の指を骨折し、男性に取り押さえられました。

2階から飛び降りて骨折、さらに痛めた足のまま逃走する、想像しただけでも痛そうですね。
これに懲りて泥棒しようと思わなくなればいいですが、今度はうまくやるぞ!と念入りに計画を立てるようになってしまうと困りますね。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年6月07日)|記事URL | あとで読む

「ドン・キホーテ」で2000万円万引き?

量販店の「ドン・キホーテ」で万引きを繰り返したとして、川崎市内の無職の男4人(少年)が窃盗容疑で逮捕されました。(6月4日毎日新聞より)
 
4人は昨年1月から今年3月末までに、横浜市、川崎市、同県相模原市内の3店で電化製品など約100件の万引きをし、金額は約2000万円に上るとのことです。

このニュースを知り、ドンキホーテに2000万円も万引きできる商品があることにびっくりしました。
確かに店内に商品は山積されていますが、一品一品はそれほど高い商品ではないような気きがしていたので、まさか2000万円もの大金になるとはびっくりです。

続きを読む

投稿者:防犯設備士(2007年6月05日)|記事URL | あとで読む

金の浴槽 盗まれる

30日午前9時ごろ、千葉県鴨川市内浦の「小湊ホテル三日月」で、男性用共同浴場に設置されている18金製の浴槽(重さ約80キロ、時価約1億2000万円)がなくなっているのを男性従業員が発見し、110番通報しました。

千葉県警鴨川署が窃盗事件として捜査している。
金の浴槽は30日午前2時から午前9時までの間に盗まれたとみられています。

盗まれた浴槽は「黄金風呂」と呼ばれ、「金運や招福をもたらす」として2005年、同県勝浦市、木更津市の系列ホテルとともに計3か所に設置されていました。

大きさは縦約71センチ、横約1メートル21、高さ約65センチ。
どうやって持ち運んだのでしょうか?

転売するにもなかなか大変だと思うのですが・・。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年5月30日)|記事URL | あとで読む

Have a nice day?

世の中、正に十人十色。アメリカにはこんな”心優しい”強盗がいたのです。

フロリダ州で4月14日、コンビニエンスストアに強盗が押し入りました。カウンターの奥にいた女性店員に銃をつきつけ、「金を出せ!」

しかし、突然のことに驚いた女性店員は「心臓発作を起こしそう・・・」と強盗に哀願。この訴えを聞いた強盗は動揺し、『何かあっては大変』とばかり、女性店員の体調を気遣い始めます。この女性店員に電話で救急車を呼ばせると椅子に座らせ、救急車の到着を待つよう気遣います。

「本当にごめんなさい。今日はきっといい日になるよ」と、何度も女性店員に謝った強盗でしたが、ちゃっかり現金約3,600円とたばこを盗み、逃走したそうです。

この女性店員にとってはふってわいた災難。強盗に「いい日になるよ」と慰められたって、きっと一生心に残る出来事となったでしょう。でもほんと、大事に至らなくてよかったですネ。

続きを読む

投稿者:スタッフ(2007年4月17日)|記事URL | あとで読む

家族を欺くための運送会社のユニフォーム

「泥棒ファッション」というと、手口を装うために考えられることがほとんどです。
例えば香典ドロのファッションは?というと喪服。結婚式のお祝い金を狙う時にはネクタイが変わります。

ところがこの男はちょっとちがっていました。

埼玉県で逮捕された泥棒(34歳)
1179件というとてつもない回数の窃盗を繰り返していました。
一戸建て住宅の鍵のかかっていない窓から侵入したり、ドライバーで窓ガラスを壊して侵入・・といった手口でした。

この男の泥棒ファッションは運送会社のユニフォーム。
わざわざ実在する運送会社のユニフォームを着ていました。

運送会社を装って途中に出くわしたときに言い訳していたのか?と思いきや、家族に「夜勤のトラック運転手」と思わせるためであったからちょっと笑ってしまいます。

毎日、実在する運送会社の制服を着て外出し、夜のドライブならぬ夜の泥棒に早代わり。
皆勤していたのかどうかは知りませんが、1179件というのはかなりの数字。

毎月30万円程度を給料に見せかけて渡していたということです。

被害総額は約8300万円(うち現金5935万円)
盗んだ金は「生活費」に使った・・ということです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年3月24日)|記事URL | あとで読む

1  2  3  4  5  6  7

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?