1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 泥棒小話

防犯ブログ

静岡県警 ドロボーのひとり言 ホームページで公開

県警生活安全企画課は3日、今年6月に窃盗容疑で逮捕された40代の男性の供述に基づき、窃盗犯がよく狙う家などを示したウェブサイト「ドロボーのひとり言 忍込み編~PART2~」=写真=の公開を県警ホームページで始めました。

「ドロボーのひとり言」では今まで振り込め詐欺編やひったくり編などで犯罪手口や狙った被害者の特徴などを紹介してきました。
「忍込み編」の作成は2度目で、今回は、「まず(財布が入っていることが多い)女性のバッグ、男性のズボンを探した」「警備会社のシールが貼ってある家はいや」などと防犯対策に役立つ窃盗犯側の見方が示されています。

県警のサイト「犯罪被害に遭わないために」(http://www.police.pref.shizuoka.jp/bouhan/bouhan.htm)に「ドロボーのひとり言」へのリンクがあります。

県警刑事企画課によると、今年1~6月の忍び込み盗認知件数は271件で、前年同時期に比べ57件増えました。
今年は特に富士市や富士宮市で被害が多いといい、県警は無施錠をやめるなどの対策を呼びかけています。
<毎日新聞 9月4日(火)10時47分配信より>

静岡県警がホームページ上で、実際に逮捕されたドロボーのひとり言として、泥棒の心理状態、犯行に至った経緯や理由などが公開されています。
従来から言われている内容が多いですが、イラストが多く、とても分かりやすくて面白い内容で紹介されています。

実際に捕まった犯罪者の証言を基に作成されているようですから、とても説得力がありますし、今後の参考にもなる内容です。
防犯対策、再発防止策をとる場合、対策を行う側の主張や考え方なども重視するのはもちろんですが、やはり実際に犯行を行う犯罪者側の意見(直接聞くことは難しいので、その心理状態や考えを読み取る)が絶対です。
こちらはそう考えていても、あちらはそうではないとなると、効果が発揮できません。
お互いに合致することが必要です。
そうでないと本当に役に立つ、効果を発揮することが難しくなります。

自分本位、自分勝手な思い込みによる防犯対策では意味がありません。
相手(犯罪者)が何を考え、何を嫌がるか、その辺りを考えた上での対策こそ効果があります。
泥棒の心理状態を読み取るということの大切さ、重要さを示しています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年9月04日)|記事URL | あとで読む

太り過ぎで逃げられなかった泥棒逮捕

3日、深セン市の工場に泥棒が忍び込みました。

男は2カ月前までこの工場で働いていただけに、どうやれば忍び込めるかよくわかっていました。
酒を飲んだ勢いで、クビになった恨みが爆発。
在庫品を盗んでやろうと忍び込んだのでした。

夜まで社内に潜伏し、いざ盗もうと倉庫に行ってみるとカギがかかっていました。
あきらめて帰ろうとしましたが、当然、会社から出ることもできません。
朝、従業員が出勤してくれば逮捕されることは間違いありません。
そこで映画の怪盗よろしく、エレベーター上部に潜伏しようと男は決意しました。

ところが、エレベーター天井の整備口を通る時、再びアクシデントが起きました。
太りすぎがたたっておなかがつっかえてしまいました。しっかりと食い込み、進むことも戻ることもできません。
泥棒は携帯電話で彼女に助けを求めました。朝一番でやってきた彼女はひっぱたり押したりと一生懸命でしたが、どうすることもできませんでした。

結局、このバカ騒ぎが警備員に見つかり、あえなく御用となりました。
<Record China 12月7日(水)12時13分配信より>

海外の泥棒小話です。
2ヶ月前に勤めていた工場に、クビになった恨みが爆発して侵入。
在庫品を盗もうと夜まで社内に潜伏し、いざ盗もうとしたら倉庫にカギが掛かっていた為、あきらめて帰ろうとしたら、会社から出ることができず、あげくの果てにエレベーター上部の整備口におなかがつっかえて逃げられなくなりました。
彼女に助けを求め、ひっぱり出してもらおうとしていたところ、警備員に見つかり逮捕という事件でした。

結局、在庫品が盗まれることもなく、何かが壊される被害もなかったようですから、まさに被害なしの面白泥棒小話で終わりました。
このような間抜け泥棒ばかりだったら、被害者も少なくなり良いのですが、そうばかりではありません。

倉庫のカギが掛かっていてもそれを破壊して侵入しようとするでしょうし、その後、工場から逃走することもあらかじめ計画しているでしょう。
1人ではなく、複数犯で計画的に役割分担して犯行を行うことも考えられます。
よりプロフェッショナルな泥棒が増えています。

泥棒髭をたくわえ、風呂敷を背負って逃げ出す泥棒というのは、昔のイメージ、まさに泥棒小話に出てくるような泥棒です。
最近の泥棒は、盗難車で店舗に突っ込んで侵入し、シャッター・扉などを破壊し、店内を荒らし、欲しい物を盗んでそのまま逃げるというような手口も珍しくありません。
泥棒小話という柔らかい表現では済まされない事件が多く発生しています。
そのような手口を完全に防ぐことは不可能です。
ただ、何もせず手をこまねいているだけでは、泥棒の天下となってしまいます。
できる対策を行い、少しでも犯行を成功する確率を下げるように抵抗することが必要です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年12月12日)|記事URL | あとで読む

下町のルパン 空き巣で稼いでは女性に貢ぐ

ルパン3世というと、大泥棒?女性に弱い?といったイメージがありますが、なんとも憎めないキャラクターですよね。

その昔、「下町のルパン」と呼ばれる男がいました。
空き巣で稼いでは、女性に貢ぐ・・・
そんな「下町のルパン」をご紹介します。


●バブルに沸いた20年ほど前、東京都足立区や荒川区など下町を中心に約900件(被害総額3億5000万円相当)の空き巣を繰り返し、家人が留守にしたわずかな時間を狙うその手際の良さと黒装束から、捜査員から「下町のルパン」と呼ばれた男が2月、警視庁捜査3課に逮捕され、6月から再び服役生活に入った。被害額は以前に比べ大幅に減ったが、手口や盗んだ金を交際中の女性に貢ぐのは変わらない。男は「絶対に捕まらない自信があったのに」と肩を落としたという。

 男は千葉県佐倉市の無職男(65)。88?90年、東京・下町を中心に都内全域で窃盗事件を重ねた。延べ約5000人を投入し捜査した結果、90年11月に逮捕され、5年間服役した。

 捜査関係者によると、受刑者は盗んだ貴金属をルーペやてんびん、指輪サイズ計測器などで鑑定。価値を確認したうえで質店で換金し、妻子や交際中の女性3人の生活費に充てていたという

 受刑者はその後、03年4月に警視庁に再度逮捕され、08年11月に仮出所していた。

 「ルパンがまた動き出したらしい」。捜査員が動向を耳にしたのは09年ごろ。捜査を始めると、黒い服に身を包んだ受刑者が頻繁に外出するのが確認された。
利用駅を頻繁に変え、ドアが閉まる直前に電車に乗り込むなどして、捜査員の尾行を振り切り続けた。

 だが、商品券をチケットショップで換金したのをきっかけに今年2月、捜査3課に逮捕された。
逮捕容疑は09年12月22日、埼玉県三郷市の男性会社員宅の1階窓ガラスをドライバーで破って侵入し、現金40万5000円と商品券10枚(時価1万円相当)を盗んだ疑い。窃盗罪などで起訴され、さらに2件の空き巣事件で追起訴。6月に懲役2年4月の判決が確定した。

 受刑者が警視庁に提出した上申書によると、2月に逮捕されるまでに東京、千葉、埼玉の3都県で約120件(被害総額2300万円)の空き巣を重ねたという。
高齢になった「下町のルパン」だが、取り調べに「盗品を換金して愛人だったスナックのママと旅行に行ったり、貢いだりした」と供述したという。
(7月29日毎日新聞より引用)

空き巣の手口は、窓ガラスをドライバーで割る「ガラス破り」
ルパン3世のように、空を飛んだりといった派手さはありませんが、今までに数百件の空き巣を繰り返しているのですからものすごい頻度で空き巣に入っていることになります。

貴金属を自分で判定して換金したり、といったところや、愛人に貢ぐところは「ルパン」という名前にピッタリです。
こうしたプロ中のプロは、何度刑務所に入ったとしても又再犯を重ねる傾向にあります。

こうしたプロの窃盗犯は、完全犯罪を狙い「下見」を行います。
安全性、確実性、容易性を考えて、どこに侵入すれば、人目につかず簡単に、確実に金を得ることができるか?を考えターゲットを選びます。
そうした泥棒に対して、建物の外でいかに「ここは万全の対策をしているから狙っても駄目だよ」とPRするか!が大切です。
多くの泥棒は楽して金を稼ぐ、安全にして金を稼ぐ方法を考えていますので、わざわざ危険を冒してまで侵入しようということにはなりません。
だからこそ「見せる防犯」・・・抑止力の高い威嚇機器や防犯カメラ、外周警備センサーなどを見せて「ここはやめよう」という気持ちにさせることが大切なのです。
泥棒の嫌がる環境を作る
このことこそ、セキュリティハウスが最も重視している点です。
犯罪に遭う前に、犯罪に遭わない環境を作ることが大切なのです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年7月29日)|記事URL | あとで読む

「忍込み」のプロの独り言

忍込みのプロ61歳。引退宣言「年だし体力ない」
ターゲットとしていたのは「間取りがわかりやすい」というお寺の庫裏と農家風の家でした。

●茨城県警境署に3月、信号無視で現行犯逮捕された男は、夜間に家人が寝ているすきに盗みを働く“ノビ師”と言われる「忍び込み」のプロだった。

 約30年にわたり逮捕、服役を繰り返してきた男は捜査員に対し、「もう年だし体力もなくなった。獄中死したくないから、今回で足を洗う」と引退を宣言。
同署は「本当に辞めるという彼の気持ちを信じたい」としている。

 男は、窃盗などの罪で起訴された住所不定、無職男(61)。
30歳頃から大工の傍ら、県内外で忍び込みを始め、埼玉県警などに逮捕されてきた。
最後に仮出所した2007年9月以降は都内の工務店に勤める一方、忍び込みを再開。
今年1月には仕事を辞め、盗難車で車上生活しながら盗みを繰り返していた。

 元大工だけあり、狙いを定めるのは「間取りがわかりやすい」というお寺の庫裏と農家風の家。真っ黒な服を着て闇に紛れ、室内犬がいたり、物音がすれば飛び出して逃げるなど慎重さも際立っていた
犯行前後に職務質問されたことは一度もないという。

 気に入らない取調官には一切口を聞かなかったが、今回は27歳の捜査員に引退を口にした。
逮捕から約1か月半後には、未遂を含む60件の忍び込みなどを自供。
同署は「息子のような年の捜査員の熱意に心が動いたのでは」とみている。

 初公判は3日、水戸地裁下妻支部で行われ、須貝被告は起訴事実を認め、検察側は懲役3年を求刑し結審した。
( 6月4日読売新聞より引用)

なんか刑事ドラマのようなストーリーですよね。
「忍込み」とは、家人が家にいるのにも係わらず、そっと侵入する侵入窃盗の手口です。
「空き巣」が無人時に行うのに対し、有人時に行いますから、「音を立てず」「目立たず」といった方法を取ります。
元刑事さんに聞いた話では、「寝ている人の呼吸に合わせると気づかれない」とか。
いずれにしても、途中で誰かが目を覚まし、ばったり・・といった可能性もある、侵入される側からするとありがたくない泥棒です。

「忍込み」は平成21年17,443件発生しています。「空き巣」が59,213件です。
住宅対象の侵入窃盗は81,436件ですので忍込み21.4%、空き巣72.7%です。
どちらも、建物の中に侵入されると、もし何も盗まれなかったとしてもまず気持ち悪いし、怖いし、その家にそのまま住むのが嫌で引越ししたという人もいる程ですので、被害に遭わないための防犯対策を行うことをお勧めします。

自宅に泥棒に入られないようにするためには
● 自宅を見渡し、死角になって道路から見通しが悪くないか確認する。(塀が高い、植木が茂っているなどは改善し、見通しを良くする)
● 夜間自宅周辺を見渡し、暗くないかを確認する。(防犯灯や人感ライトなどを設置し、犯人が隠れやすい状況を無くす)
● 窓・扉の錠前は、破壊行為に強いタイプのものに交換する。
● 窓・扉に補助錠を設置する。
● 窓・扉の施錠を必ず短時間でも行う。特に、2階や風呂場、台所、トイレの窓、格子のある窓も施錠する。
● 窓ガラスには防犯フィルムを貼る。
● 窓・扉に開閉検知センサーを取り付け、こじ開けられた瞬間にベル・サイレンで威嚇撃退するホームセキュリティシステムを設置する。
● 外周警備を実施し、窓に近づこうとした時点で音声メッセージを流し、警告する。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年6月08日)|記事URL | あとで読む

「ガラス破り」手を怪我して血痕で自宅割り出し逮捕。

「ガラスで指けが 血痕たどって男逮捕」

●静岡県警清水署は22日、静岡市清水区、派遣社員男(42)を窃盗未遂と建造物侵入容疑で逮捕した。
男は20日未明、病院の窓ガラスを割って侵入した際、指を負傷。
約1キロにわたって落ちていた血痕を署員がたどり、自宅を割り出したという。容疑者は自分で救急車を呼び、同市葵区内の病院に22日まで入院していた。

 逮捕容疑は、20日午前0時半ごろ清水区内の病院1階の窓ガラスを割って侵入し、事務室などを物色。現金などが見つからず、何も取らずに逃げたとしている。

 「生活が苦しくてやった」と供述し容疑を認めており、窓ガラスを破って左手を突っ込み、鍵を開けようとして人さし指を深く切ったという。
同区内では今年、同じ手口の事務所荒らしが約10件あり、同署で関連を調べている。
(2月22日毎日新聞より引用)

救急車で入院までしているとはよっぽど深い傷で、出血も酷かったのだと思われます。
その血痕を辿って自宅を探し出し、犯人逮捕につながるというのは稀なケースで、聞いたことがありません。

以前に弊社が防犯システム「フォグガード」を納入した宝石貴金属店。以前より警備会社とは契約していましたが数回泥棒に侵入されており、追加で抑止・威嚇機器を設置されました。
この「フォグガード」は侵入者をセンサーが検知すると瞬時に霧を噴射し、犯人の視界を遮り犯行を継続させない、というもの。

さて、この宝石貴金属店に侵入した泥棒。
侵入を検知して「フォグガード」が噴射。真っ白な霧が店内に充満、視界を遮ります。
ショーケースを割ったものの中に手を突っ込み、驚いて手を引っ込めるときに手を怪我しました。
ほとんど商品は取られず、被害は最小に抑える事ができ、非常に喜んでいただきました。
爆窃団など短時間で犯行を終了する窃盗団対策として最も効果があります。

このときは血痕から犯人逮捕にはいたりませんでしたが犯人は痛い目にあいました。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年2月23日)|記事URL | あとで読む

盗んだバイクを元の持ち主に売ろうとした男逮捕

間抜けな泥棒小話です。

群馬県警高崎署は27日、同県高崎市箕郷町西明屋、とび職(39)を窃盗の疑いで逮捕しました。

発表によると、容疑者は14日朝、同市内の民家の駐輪場で、男子高校生(17)の原付きバイク1台とヘルメット1個(計3万1000円相当)を盗んだ疑いです。

同署幹部によると、男子高校生は同日朝、バイクが盗まれたことに気付き、同署に被害届を出しました。
15日に市内のコンビニ店で、容疑者に「パクったバイクがあるんだけど、買わない?」と声をかけられ、バイクの特徴やメーカーなどを聞いたところ、自身のものと確信し、容疑者の連絡先を聞いて別れた後、同署に連絡したということです。
<11月28日10時5分配信 読売新聞より>

バイクを盗み、その後バイクの持ち主にそのバイクを売ろうとした男が逮捕されました。
男はパクった(盗んだ)バイクだということも明かしていますから相当まぬけです。
さらに、コンビニでたまたま会った男が元の持ち主だったのですから、相当運が悪いとも言えます。

このようにまぬけな泥棒ばかりだといいのですが、実際はプロの泥棒と言われるような手強い相手が多いようです。
自分が捕まらないように事前に下見を行い、防犯システムの有無や無人の時間帯を調べるなど、計画的な犯行を行う者が多いようです。
このようなプロの泥棒に一旦ターゲットにされてしまうと、普通の一般人では対抗できず、侵入盗難などの被害に遭ってしまうのです。

目には目をということで、プロの泥棒には防犯(セキュリティ)のプロであるセキュリティハウスの防犯設備士にご相談下さい。

防犯診断を行い、その場所ごとに狙われそうな弱点を指摘し、お客様ごとにオーダーメイドの防犯対策をご提案させていただきます。
防犯診断・お見積りは無料ですので、最寄りのセキュリティハウスまでお気軽にご相談下さい。
セキュリティハウスネットワーク
無料防犯診断

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年11月28日)|記事URL | あとで読む

中国の9歳の少年 2年間に渡って泥棒繰り返す

海外のニュースです。
中国江蘇省准安市で、先月26日、2年間に渡って盗みを繰り返していた9歳の少年が逮捕されました。

少年は、ある学校に侵入したところを警備員に捕らえられました。
警備員が警察に通報すると、
少年は「派出所に行ってもどうせしばらくしたら家までパトカーで送ってくれる。みんな顔見知りだし、どうってことない」と話したということです。
警察はこの少年を捕らえるたびに説教をし、家まで送っていたため、慌てる様子もなかったということです。

少年は両親が出稼ぎでいないため、祖父と一緒に住んでいます。
ある弁護士は「少年に刑事責任能力はないとは言え、保護者には盗んだものを返却、または賠償する義務がある」と指摘しています。
<3月29日13時0分配信 サーチナより>

警察に捕まってもすぐに家に帰れる、刑務所に行くだけ、など警察に捕まることの怖さやリスクを感じなければ犯罪に対する抑止力とはなりません。
感覚がマヒしているような犯罪者にとって共通して抑止力となるようなものを考えるのは難しいでしょうが、刑罰をより重くするのがその一つだと思います。

もちろん、刑罰を重くしたからと言って殺人などの犯罪がなくなるとは限りませんが、窃盗犯などの犯罪には効果があるのではないでしょうか。
これを盗んだだけで懲役○○年となれば、そのリスクの高さから犯行を思い留まる者もいると思います。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年4月22日)|記事URL | あとで読む

正直な泥棒?指名手配中なのにうっかり落し物届けに駐在所へ

指名手配中なのに駐在所に落し物を届け、正直に自宅の住所などを書いてしまい、御用になった泥棒の話です。

男は、昨年9月、神奈川県秦野市の山小屋に侵入し、現金1万円と懐中電灯など27点(9000円相当)を盗んだ疑いです。
10日午後3時50分頃、静岡市葵区落合の玉川駐在所に、健康保険証を落とし物として届けました。
その際に書いた名前などから駐在所の警察官が、男が神奈川県警から指名手配されていることに気づき、駆けつけた同署員が近くにいた男を見つけて逮捕したということです。
<4月12日7時16分配信 読売新聞より>

落し物として届けた健康保険証はさすがに、自分が盗んだものではないでしょう?
それにしても自分が泥棒だという意識が全くないのには驚きます。
泥棒だけでなく、犯罪者は自分の犯した犯罪によって、警察に追われ、捕まるまで怯えて生活しなければなりません。
それが泥棒だろうと、もっと重い犯罪だとしても・・・。

それにしても駐在所の警察官はよく指名手配中だと気づきました。
やはり警察が犯罪者に対する取り締まりや捜査を厳しくし、検挙率が高まることが犯罪の大きな抑止力となるのでしょう。
それを待っているだけでは自分の身を守ることはできません。
自分で防犯対策を行って犯罪者、特に窃盗犯などの侵入者から自分や家族の身体・大切な財産を守らなければなりません。
店舗の犯罪事情
一戸建て住宅の犯罪事情と防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年4月13日)|記事URL | あとで読む

気弱な泥棒? 妻に説得され盗品を持って警察に出頭

土木作業員の男(28)が妻(25)に説得され、現金約100万円や商品券など盗品全てを持って警察署に自首し、窃盗容疑で逮捕されました。
高松市円座町の会社のトイレの窓から侵入し、室内の金庫に保管されていた現金101万520円と机の引き出しにあったデパートの商品券など21点(計2万1000円相当)を盗んだ、とされています。
金庫の鍵は室内を物色して探し当てたということです。

帰宅が遅かったことなどから事件に気づいた妻は、男を説得。
男は盗品を持って妻と出頭したということです。
男は「妻の説得で『このままでは捕まる』と考えた。将来やり直すために盗品を使わずに自首した」と話しているということです。
<3月10日17時6分配信 毎日新聞より>

逮捕された男は「このままでは捕まる」と考え、自首したと話しています。
泥棒や犯罪者にこのように思わせることができれば防犯対策として非常に効果がある、ということです。
防犯システムによる音や光による威嚇、防犯カメラの映像記録による監視、強度の高い窓ガラスや扉の設置で簡単には侵入させない、などその場に留まることで自らが捕まってしまう危険性が高いと思わせれば成功です。
その為の事前の防犯対策ということです。

一戸建て住宅の犯罪事情と防犯対策
泥棒の心理を読み解く

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年3月13日)|記事URL | あとで読む

毎月1日はさい銭泥の日?

大阪市生野区の神社で、決まって毎月1日に寄進される1万円入り祝儀袋を狙ってさい銭泥棒をした男(60)。
「罰当たりとは思ったが、生活費が欲しくて、4月頃から毎月盗んでいた」と供述しているということです。

男は10月1日朝、生野区内の神社で、棒の先端に粘着テープを張ってさい銭箱に差し入れ、1万円入り祝儀袋など約1万1000円を盗んだ疑い。
 神社では毎月1日、その月の商売繁盛などを願って参拝する人が多い。
男は自転車で各地の神社を物色。この神社で毎月1日に1万円入り祝儀袋を供える人がいることを知りました。

 境内で空の祝儀袋が見つかったのを不審に思った神社側が防犯カメラを設置。
10月1日の映像にさい銭を盗む男の姿が映っており、警察に被害届を提出。
今月1日朝、境内で署員が張り込んでいたところ、男が姿を現しました。
調べに対し、「他の神社を含め、約10回盗んだ」と供述しているということです。
(11月9日読売新聞より一部引用)

賽銭泥棒逮捕に防犯カメラが役立った一例として非常に良かったと考えます。
神社仏閣の心配事、不安ごととして「放火」「仏像盗難」「賽銭泥棒」があります。お寺・神社の犯罪対策

こうした犯罪を未然に防ぐ防犯 対策としては、
● 敷地内に参拝時間以外への侵入をやめさせる。侵入しようとした時点で外周警備で即検知し、音と光で威嚇撃退する。
● 建物の重要な個所(仏間や宝物保管場所、賽銭箱周辺)に人が入ろうとした瞬間に検知し、音声で威嚇警告「ここから先には入れません」、防犯カメラで自動録画を行う。同時に社務所等に連絡する。
● 防犯カメラを必要個所に設置し、自動録画する。(駐車場、参道、収礼所など)
● 炎センサーを放火されそうな場所に設置し、炎の時点で社務所等へ連絡が入ると同時にその場で音声で警告「ここは禁煙です」、音、光で周囲に報知する。

お寺の賽銭箱盗難防止システム導入事例
見える自主機械警備システム導入事例
防犯カメラで迷子が見付かった事例

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年11月10日)|記事URL | あとで読む

1  2  3  4  5  6  7

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?