1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 侵入手口

防犯ブログ

6人組 1年間で空き巣123件 被害総額1億1千万円

大阪、京都、奈良で空き巣を繰り返したとして、府警捜査3課などは7日、窃盗や住居侵入の疑いで、大東市北条、元山口組系暴力団組員で無職の男(45)=窃盗罪などで公判中=ら計6人を逮捕、追送検したと発表しました。

同課によると、男らは平成23年5月上旬~今年4月、3府県で123件の空き巣を繰り返しており、被害総額は約1億1千万円に上るという。
このうち7件(被害総額約1490万円)で起訴されました。

男らはレンタカーを使い、主に高級住宅街の留守宅を狙って犯行。
窓ガラスをドライバーで割る手口で侵入し、現金や貴金属を盗んでいました。
盗品は質屋などで換金し、生活費や遊興費に充てていたという。
<産経新聞 11月8日(木)7時55分配信より>

泥棒(窃盗団)が捕まったという喜ばしいニュースなのですが、別の面で考えると、捕まるまで1年間も掛かるという現実に驚きます。
その間123件、被害総額は1億1千万円にも上るということですから、単に喜んではいられません。
理想的なのは、1件窃盗事件が発生し、次の窃盗事件が発生する前に犯人が逮捕され、それ以上被害者が増えないことです。
現実では、捕まるまで相当の日数が掛かってしまうということです。

手口をみますと、レンタカーで、おそらく日中、高級住宅街のなかでも留守宅を狙い、窓ガラスをドライバーで割るという非常にシンプルなものです。
6人組みということですが、数人で役割分担(見張り役・実行役・逃走車両運転など)しながら犯行を繰り返していたと思われます。

昔からある特に珍しくないような手口に思えますが、なかなか捕まえることができないというところにもどかしさを感じます。
警察の捜査員の人手不足なのでしょうか、証拠の問題でしょうか、本当のところは分かりませんが、警察が泥棒から守ってくれるとは正直言えません。
殺人犯などの凶悪犯となると話は違ってくるでしょうが、泥棒に限定して考えると、絶対的に頼りになる存在とは言えません。

そうなると、自分の家や会社を泥棒から守るのは自分ということになります。
その方法や具体的な対策、それも自分で考え、何をどのように導入するかも自分次第ということになります。
その手助けをさせていただくのが防犯のプロである我々セキュリティハウスです。
気軽にお問い合わせ下さい。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年11月08日)|記事URL | あとで読む

岡山 高齢者宅に電気工事装い侵入 50件被害数百万円?

電気工事を装い高齢者宅から現金を盗んだとして、美作署は窃盗容疑で兵庫県内の男2人を逮捕し、うち1人が「4~5年前から岡山、兵庫で同様の犯行を50件ほどくり返した」と供述していることが23日、捜査関係者への取材で分かりました。
同署は被害総額は数百万円にのぼるとみています。

同署によると、2人は兵庫県明石市の飲食店従業員の男(35)、同県播磨町の測量作業員の男(35)両容疑者。
捜査関係者によると、2人は中学の同級生。
岡山県東部と兵庫県西部で、高齢者宅を狙い、作業服姿で訪問。
1人が家主と話しているすきに、もう1人が家の中を物色して現金を盗んでいたという。

岡山、兵庫両県内では中国電力や関西電力の社員などを名乗る2人組の男が、ブレーカーの点検や工事を装い、高齢者宅から現金を盗んだり、工事費用名目で現金を詐取したりする事件が数年前から相次いでおり、同署は関連を調べます。

2人の逮捕容疑は、5月8日午後3時半~4時、勝央町の無職女性(86)宅を訪問。
「電気工事をするので家の中を見せてほしい」と言い、女性の注意をそらして現金約8万8千円を盗んだとしています。

同署によると、飲食店従業員の男(35)は「身に覚えがない」と容疑を否認し、測量作業員の男は容疑を認めています。
<産経新聞 10月24日(水)7時55分配信より>

一般住宅を訪問し、電気工事作業員や荷物の配達業者を装って家の中に侵入、隙をみて金品を盗んで逃走するという手口は以前からあります。
その手口のマイナス点としては、訪問した家の住民に顔を見られ、声も聞かれるという点です。
あとで犯人としての特徴を警察に伝えられ、最終的に捕まる危険性が高くなってしまいます。
そのマイナス点をなくすために考えられたと思われるのが、高齢者宅をターゲットにすることです。

高齢者であれば、人によっては記憶があいまいだったり、うまく特徴を伝えにくいだろうと考えての犯行ではないでしょうか。
また、万が一追いかけられたり、捕まえられそうになっても逃げ切れる、振り切れるということも考えているでしょう。

こういった輩が家に来ても被害に遭わぬよう、自宅に常駐することはできません。
この時に助けてくれるのが防犯カメラや防犯センサーといった防犯対策です。
24時間監視を続け、敷地内・建物内への侵入もセンサーで検知します。

防犯対策が最も働くのは、このような万が一の侵入被害に対してはもちろんですが、侵入者・犯罪者を寄せ付けないという効果です。
防犯対策済みということが外から見てわかるような家に対しては、犯罪者も最初から相手にしません。(ターゲットに選びません)
それよりも、もっと無防備、無対策の家がいくらでも存在しているからです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年10月24日)|記事URL | あとで読む

仕事中にターゲット物色 夜間再び訪問して空き巣

阪神間や大阪府内などの集合住宅の留守宅を狙って空き巣を繰り返したとして、県警捜査3課などは20日、窃盗などの疑いで西宮市段上町の無職の男(38)=窃盗罪などで公判中=を追送検し、捜査を終結しました。
県警は平成19年7月~昨年11月の犯行345件を裏付け、被害総額は約2875万円にのぼります。

同課によると、男は当時働いていた建設会社で仕事中、留守宅などを物色してカーナビに住所を登録。夜間に再び訪れて犯行を重ねていました。
男は「遊ぶ金が欲しかった」と供述し、盗んだ現金などはギャンブルや風俗などに使っていたという。

追送検容疑は22年12月、西宮市内の集合住宅に住む男性会社員(36)方に侵入し、現金約147万円を盗んだなどとしています。
<産経新聞 9月21日(金)7時55分配信より>

外回りの仕事中にターゲットになりそうな家(留守宅など)をカーナビに登録。
夜間再び訪れて犯行に及んでいた泥棒の手口です。
約4年間に345件の犯行、被害総額は約2900万円ということですから、ずいぶんと長い間、犯行が成功していたようです。

ターゲットをカーナビに登録するというのも泥棒の新しい技でしょうか?(泥棒の世界ではすでに一般的かもしれません)
事前に下見を行い、あとで犯行を行うという泥棒の典型的なパターンの一つでしょう。

ターゲットに選ばれてしまった不運な家には、それぞれ何らかの特徴があるはずです。
無人、つまり留守宅というのがまず狙われる最初のポイントだと思います。
留守宅だと明らかに分かる(郵便物が溜まっている、洗濯物が干しっぱなし、電話すると留守のメッセージが流れる)特徴があるのでしょう。

その次は、防犯システム、防犯カメラの設置の有無、番犬の有無、その他にも扉に補助錠がついているか、窓に格子があるかなどもチェックされるポイントでしょう。
無施錠で無人の建物というのは論外(泥棒は大好き!)ですが、上記のような泥棒が嫌がるポイントをいかに持っているか、またはいないかで、ターゲットになるかどうかが決まります。
泥棒に狙われないポイントを増やして、泥棒のターゲットにならないようにすることが事前の防犯対策です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年9月21日)|記事URL | あとで読む

親子で泥棒行脚 父が携帯で指示、息子が実行役

沖縄県警は13日、沖縄市の自営業の男(35)と、息子で左官見習いの少年(15)を窃盗などの疑いで逮捕したと発表しました。

昨年6月~今年7月、県内7市町村で空き巣など31件の盗みを繰り返し、現金約197万円と指輪や高級腕時計など385点(時価総額3734万円)を盗んだことを確認したとしています。

発表によると、父親が高級車が止まっている住宅に目を付け、留守を確認したうえで携帯電話で息子に指示。
無施錠の裏口などから侵入させていました。

調べに対し、父親は「生活が苦しかった。自分は年齢や体力的に厳しい。子どもなら怪しまれないと考えた」、息子も「困っている父親を見て、やらなければと思った」などと供述しているという。
<読売新聞 9月14日(金)21時50分配信より>

親子で泥棒行脚し約一年間で31件の盗みを繰り返していたという事件です。
父がターゲットを見つけ、携帯電話で息子に指示して侵入させるという手口です。
体力があり、若い15歳の息子の方が実行犯としては適しているということでしょう。
確かに中学生を泥棒とは普通判断しませんから、父が考える怪しまれないだろうという考えも当ってそうです。

泥棒としてはうまくいっていたかもしれませんが、親子関係としてはどうだったのでしょう。
侵入と盗みを指示する父、息子としては複雑な心境だったでしょう。
一時的に4000万円近い金品を手にすることはできましたが、確実に父としての威厳は失われたでしょう。
生活の為だったと言われれば多少同情はしますが、もっと可哀想なのは何の罪もない被害者の方達です。

見知らぬ親子に家の中に侵入され、現金や宝石貴金属類を盗まれました。
おそらく侵入する過程で、扉や窓、シャッターなどが壊され、家の中が荒らされたところもあるでしょう。
犯罪被害に遭うということは、ある日突然そうなり、結果としては無慈悲なことが多いと言えます。

泥棒に入られたけど、何も盗られず、何も壊されなかったという被害もあるでしょうが、本当に稀なケースです。
一般的には、侵入時に扉や窓が壊され、土足で侵入され、金品を捜すために部屋の中が荒らされます。
現金や通帳、カード、宝石、時計などは盗まれ、最悪の場合は、証拠隠滅の為に泥棒に放火されることもあります。

無施錠ということが分かっていれば、それを利用して泥棒は侵入します。
その場合、金品が盗まれるだけの被害で済むこともあるでしょう。
ただ、無施錠ほど危険な状態はありません。
誰もが自由に出入りできてしまうのですから。
地方や田舎だとまだまだこのような家が多いのも事実です。

泥棒にとっては夢のような環境でしょう。
それを簡単に許してはいけません。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年9月18日)|記事URL | あとで読む

東京 空き巣10件 鍵のかかっていない玄関から侵入

東京・世田谷区の住宅に窃盗目的で侵入したとして、44歳の男が逮捕されました。
男は「ほかにも10件くらい空き巣をやった」と供述しています。

飲食店従業員の男は7月、世田谷区若林の女性の自宅に、鍵のかかっていない玄関から窃盗目的で侵入した疑いが持たれています。
警視庁によりますと、男は女性と鉢合わせになり、何も盗まずに逃げましたが、現場に残された足跡が近くに住む男のものと一致したということです。
取り調べに対し、男は「ほかにも10件くらい空き巣をやった」と供述していて、警視庁が余罪についても調べています。
<テレビ朝日系(ANN) 9月7日(金)13時24分配信より>

東京都世田谷区というと高級住宅地というイメージがあるのですが、そこで行われた窃盗未遂事件です。
驚いたのは、鍵のかかっていない玄関から侵入したということです。
犯行が行われた時間帯は不明ですが、建物内に人がいるから玄関の鍵はしめていなかったということでしょうか。

今回の泥棒は、女性と鉢合わせになり逃げたということですが、人がいるかどうかは人の気配や電気が点いているかで分かります。
それでも侵入する場合(時間帯も深夜、明け方など)は、家人にみつからないよう慎重に行動するものです。
顔を見られ、足跡も残しており、しかも犯行現場近くに住んでいるという点からも素人の泥棒と言えるでしょう。
その素人でも他に10件の犯行に成功しているということですから、泥棒に入られたその10軒は、無施錠などよほど無防備な状態だったのかもしれません。

プロと言えるレベル、経験を積んだ泥棒になると、そのような間違いは犯しません。
誰にも見られず、現場に証拠は残さず、もちろん現場近くに住むということもないでしょう。
外国人による窃盗団が何年にもわたって何百件と犯行を繰り返し、ようやく逮捕されるというニュースをよく目にします。
仮に現場で顔を見られても、その場から去り、一旦国に帰れば逮捕される可能性は低くなります。
ほとぼりが冷めたころに再来日し、また別の場所で犯行を行えば、その場で現行犯逮捕されない限り、何度も同じパターンができます。
簡単なことではありませんが、国境を越えて警察同士が協力、連携、情報交換を行い、どこに逃げても捕まえられるような体制を構築してもらいたいものです。

ただ、それが完成するまで気長に待っている訳にはいきません。
今も泥棒や窃盗団に我が家が狙われているかもしれません。
それを自分で捕まえるのは無理でしょうが、狙われないように、狙われにくくなるように自分で工夫することは可能です。
防犯システムや防犯カメラを設置し、この家は他とは違う、やりにくい、侵入しにくいと泥棒に感じさせるような対策を導入することです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年9月12日)|記事URL | あとで読む

作業員装い工場侵入 更衣室荒らし

◇カード返却、発覚防ぐ
門真署は5日、大阪など4府県の大規模工場で作業員になりすましキャッシュカードを盗んだなどとして、住所不定、無職の男(47)=公判中=を窃盗などの疑いで逮捕・送検し捜査を終結したと発表しました。

調べでは、昨年9月~今年1月、大阪、千葉、三重、愛知の4府県にある電機メーカーなどの工場に侵入。
作業員の更衣室のロッカーからキャッシュカードなど計19枚を盗み、ATM(現金自動受払機)から計884万円を引き出すなどした、としています。

1月に門真市のパナソニック関連会社の敷地内に侵入しようとしたところを警備員が発見、同署が建造物侵入容疑で逮捕し発覚しました。

男は自分で用意した作業着姿で工場外壁を乗り越えて侵入。
始業時間の作業員の動きから更衣室を特定し、室内にあった正規の作業服に着替えた上で盗みを繰り返していました。

カードや、暗証番号を探るための免許証を盗んだロッカーを全てメモに記録し、犯行発覚を防ぐため、引き出しに失敗したカード類は元に戻していました。
引き出した金はパチンコなどに使っていたという。

捜査関係者によると、男は「大きな工場なら作業員が多く怪しまれない。作業服姿なら犯行が発覚しても(企業側は)社内犯罪と思い、被害届も出されないと思った」などと供述しているという。
<毎日新聞 9月6日(木)15時20分配信より>

大きな工場で作業員が多数の場合、作業服が統一でなくそれらしいものを着ていれば怪しまれないでしょう。
統一の作業服であっても、ネットオークションで手に入れたり、自分で加工すれば似たような作業服が用意できます。
作業員が正社員でなく、臨時、日雇い、派遣、契約などの社員だと、誰が誰かを把握している人は限られます。
ほとんどの人が多分、この人も作業員だろうな、というぐらいの感覚になってしまうでしょう。
人が多くなればなるほどそうなると思います。

そのような環境は犯罪者にとって絶好のターゲットとなります。
仮に自分の顔を見られたとしても、作業服を着た同じような年齢の男性が多数いれば、あとで自分だと特定される可能性は低いでしょう。
人に紛れて侵入し、敷地内・建物内で犯行を行い、他の人と一緒に出ていけば誰にも怪しまれません。
敷地が広くなると、外からの侵入、中での犯行を防ぐことは大変です。

防犯カメラによる監視と、建物内への入退出履歴管理赤外線センサーによる侵入防止など、いくつかの防犯対策を組み合わせ、その場で犯罪(窃盗・暴行・恐喝など)を行いにくいと感じさせる環境にしなければ効果はありません。
敷地内・建物内への出入りが自由というのは、犯罪者が喜ぶ環境でしかありません。
彼らが嫌がる環境を意図的につくり上げることが必要です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年9月07日)|記事URL | あとで読む

インターホンで不在確認泥棒 映像残り逮捕

■容疑で逮捕「まさか顔写るとは」

府内や兵庫県などで77件の空き巣などを繰り返したとして、府警捜査3課は30日、窃盗などの疑いで住所不定の無職の男(65)を逮捕、送検したと発表しました。
男はインターホンを押して不在を確認してから空き巣に入っていましたが、撮影機能付きのインターホンに顔が写り逮捕につながりました。

府警によると、男は容疑を認めており、インターホンに画像が写っていたことについて「まさか写るとは思わなかった」などと話しているという。

逮捕、送検容疑は、3月8日午前11時40分ごろ、同県西宮市仁川町の無職の男性(76)方に侵入し、現金約12万円を盗んだなどとしています。
<産経新聞 8月31日(金)7時55分配信より>

一般住宅に侵入する際、インターホンで家人が不在なのを確認してから侵入する手口で窃盗を繰り返していた男が逮捕されました。
インターホンが撮影機能付きだった為、自分の顔が写り、その映像が残っていて逮捕につながりました。
このことは防犯カメラの映像記録とも同じ効果があると言えます。
一般住宅では防犯カメラ設置がそれほど普及していませんが、効果があるという実証にもつながります。

また、泥棒が下見をすること、現場が無人なのを確認してから犯行に及ぶということを示している事件です。
防犯対策がなく泥棒にとっての障害がないところ、無人で時間に制限なく犯行が行えるところ、この二つに当てはまるところが泥棒に狙われやすいと言えます。
出来る限りこのポイントに当てはまらないような環境を作り上げることが大切です。
これが防犯対策を行うことで可能になります。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年8月31日)|記事URL | あとで読む

財布盗まれた可哀想な男 家で食事提供したら後で泥棒に変身

北海道警札幌北署は15日、住所不定、無職の男(20)を窃盗の疑いで逮捕しました。
発表によると、男は5月22日午前、札幌市北区麻生町の共同住宅1階に住む女性(68)方に鍵を使って侵入し、室内から現金1万8000円を盗んだ疑い。

女性によると、面識のない男に「財布を盗まれて金がない。腹もすいている」と言われたため自宅で食事させ、バス代として300円を渡しました。
道警などによると、男は招かれた際、玄関の外に隠していた女性方の鍵の場所を知ったという。
女性は「食事をさせてあげたのに現金を盗まれるとは思わなかった」と話しています。
<読売新聞 8月17日(金)11時58分配信より>

財布を盗まれてさらにお腹をすかせた20歳の男に対して、自宅で食事を提供し、さらにバス代として300円あげた後、玄関の外に隠していた鍵を使って侵入し、現金1万8千円を盗むという事件です。
まさに恩を仇で返すという表現がぴったりです。
人の好意に対して、真逆である犯罪被害に遭わせるという許しがたい手口です。
窃盗で1万8千円の被害というのは少額のように見えますが、それ以上に罪は重いと個人的には思います。

相手が犯罪者かどうかは分かりません。
生まれたときから犯罪者というのも存在しませんから、誰がいつどこで犯罪者に変わるのかは予測できません。
その時の環境であったり、心理状態や経済状況なども左右するでしょう。

今回の男は最初から盗みが目的で、財布を盗まれた振りをして女性に近づいたのかは分かりませんが、どちらにしても女性の優しさとそして、その善意を利用して、鍵の隠し場所を知り、その後の犯行に利用しました。
この被害女性を責めることはできませんが、犯罪者が犯行を行いやすかった環境だったのは事実でしょう。

例えば、現場に防犯カメラが設置されていれば、おそらく自分の顔が記録されていると考え、男は犯行を思い留まった可能性が高いと言えるでしょう。
仮に盗みに成功しても、後で捕まる危険性が多いにあります。
そのような環境は避けることが多いと言えます。
これが防犯カメラによる犯罪の抑止効果となるのです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年8月22日)|記事URL | あとで読む

営業中に空き巣 9府県で被害1600万円

貴金属買い取り会社に勤務中に営業先で貴金属類を盗んだとして、県警捜査3課などは25日、窃盗容疑で大阪府門真市の無職の男(22)=窃盗罪などで公判中=ら4人を追送検し、捜査を終結したと発表しました。
県警は昨年10月~今年3月の犯行35件を裏付け、被害は兵庫や大阪など2府7県で計約1600万円にのぼりました。

同課によると、4人は同じ会社に勤務し、営業先の留守宅を狙って空き巣を重ねていました。
会社側の「月50万円」のノルマ達成のため、当初は盗んだ貴金属類を会社に納めていましたが、次第に高く買い取る別の店で売却するようになったという。

追送検容疑は2月17日、赤穂市内の民家に侵入し、指輪やネックレスなど8点(36万円相当)を盗んだなどとしています。
<産経新聞 7月26日(木)7時55分配信より>

会社から課せられたノルマ達成のため、勤務中に営業先から貴金属類を盗み、それを会社に自分の売上分として納めていたようです。(会社からは仕入分として現金を受け取っていたのでしょうか)
それに味をしめたのか、次第に高く買い取る別の店で売却し、自分の利益を増やすようになっていったのでしょう。
ノルマはどうでもよくなり、それよりも自分の利益の為に、盗みを繰り返していたのかもしれません。

4人とも同じ会社に勤めていたということですが、どんな会社なのでしょう。
会社の中でも誰も怪しまなかったのか、不思議です。
会社名は報道されていませんが、もし報道されれば大問題です。
信用は一気に無くなりますし、仕事しながら泥棒していた社員がいる会社として、多くの人に最悪のイメージを持たれてしまうことでしょう。

犯罪を犯したのは個人の問題とはとても片付けられません。(勤務時間中でしょうから余計に)
社員教育の重要性・必要性を感じます。
コンプライアンス、法を守りなさいということが、色々なところで日々言われていますが、まさにその意識が欠けていると思われます。

留守宅への空き巣ということですから、おそらく留守でも防犯システムや防犯カメラがついているところは避けて犯行を行ったと思われます。
金目の物があったとしても、侵入に困難な場所、捕まる危険性を冒してまで犯行は行いません。
それより別の無防備な留守宅を探す方が簡単だからです。
ここが泥棒に狙われるかの境目となる点です。
防犯対策は泥棒を捕まえるためのものではなく、狙われにくくするためのものと考えた方がよいでしょう。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年7月26日)|記事URL | あとで読む

民家の2階から脚立で侵入 17歳の高校生逮捕

窃盗目的で、脚立を使って民家2階のベランダから侵入したとして、県警大津署は23日、住居侵入と窃盗未遂の疑いで大津市内の男子高校生(17)を逮捕しました。
同署によると「間違いない」と容疑を認めています。

逮捕容疑は23日午後5時ごろ、大津市北大路の男性会社員(43)方で脚立を使い窃盗目的で2階ベランダの無施錠の窓から侵入、家の中を物色したとしています。

同署によると、男子高校生はベランダから脚立を使って降り、脚立を置いたまま逃走。
様子を目撃した近くの男性が110番通報し、駆けつけた署員が男子高校生を見つけました。
脚立は男子高校生が現場近くの民家から持ち出したという。
<産経新聞 5月25日(金)7時55分配信より>

脚立は現場近くの民家に置いてあったもののようですが、脚立があった民家へ侵入しなかったのは理由があるのでしょうか?
防犯システムや防犯カメラがついていたのか、それとも有人だったのか。
ただ、脚立自体は盗まれている訳ですから、敷地内への侵入を警戒するような厳重なシステムでなかったことは確かでしょう。

泥棒が現場にある道具を使って侵入することは多々あります。
脚立だけでなく、壁や塀、侵入の足場になるものがあればそれを利用して2階から侵入しようとします。
今回侵入された2階のベランダは窓が無施錠であったように、2階の窓は無施錠でも大丈夫という考えの人が多いと思います。
ちょっとそこまで、という外出の場合、1階の扉や窓は当然施錠しますが、2階からは侵入されないだろう、換気の面でも開けたままにしよう、という場合があるでしょう。

こういうところを犯罪者は見逃しません。
2階の窓は開いているけど、これは無人だな、2階部分まで誰にも見つからずにたどり着ければ、後は楽勝だ、と。
そして、2階に上がるにはどうしたらよいかと考えます。

壁や塀というのは、外部からの侵入者対策として効果的だと思う人もいるでしょう。
しかし、一旦乗り越えられてしまえば、外から中の様子を伺うことができなくなります。
泥棒が塀の内側で侵入しようと何か作業をしていても気付かれないのです。
良い面ばかりではない場合もあります。

何事においても言えますが、○○だから大丈夫とか、××だから安心という固定概念はできるだけ持たない方がよいでしょう。
相手(犯罪者)がそれを守って、それに従って行動するとは限らないからです。
常に相手の裏を書いて犯行を行おうとします。
防犯対策も同様に、相手が想定していないところまで守り、対抗しなければなりません。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年5月25日)|記事URL | あとで読む

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?