1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 子どもの安全対策

防犯ブログ

岡山の小学校でタクシー下校開始

岡山県倉敷市立菅生小(502人)で、一部児童が下校時の不審者対策として、全国で初めて定額タクシーの試験利用を始めたことが毎日新聞3月2日付け記事でわかりました。

タクシーを利用するのは、同校から約2.5キロの団地に住む児童65人。
朝は集団登校だが、下校時は幅約2メートルの裏道など人けの少ない道をばらばらに1時間前後かけて帰っていました。
同校周辺では昨年、声かけや車への連れ込み未遂などが計12件発生。
団地住民の不安は大きく、児童の保護者でつくる「育成会」は1月、学校と相談してタクシー下校を始めました。2月7日にはタクシー会社の協力で、通学用では全国初の定額運賃(800円)で利用できるようになり、集団下校日を除く週4回利用し、児童1人当たりの月額は2500円程度。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2006年3月02日)|記事URL | あとで読む

学習塾の防犯対策

多くの子どもたちが集まる学習塾。京都 宇治市でのアルバイト講師による生徒殺害という痛ましい事故以外にも、わいせつ行為やセクハラ、生徒の荷物の窃盗、不審者の侵入、事務所への夜間侵入窃盗などの被害が発生しています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2005年12月20日)|記事URL | あとで読む

不審者情報の掲載をスタート

12月7日の「子どもを守るために」で紹介しましたが、相次ぐ子どもの被害に、子どもへの声かけや、車に誘ったりする「不審者」の出没場所や日時などをホームページで公開する警察が増えています。

9日には千葉県警と群馬県警が掲載を始めました。
すでに「不審者情報」を掲載しているのは、石川、山梨、静岡、愛知、京都、奈良など12府県警です。

続きを読む

投稿者:スタッフ(2005年12月12日)|記事URL | あとで読む

学習塾での小学6年生 刺され死亡

こどもへのいたずら、殺傷・・ここ1ヶ月だけでも全国で悲惨きわまりない事件が発生していますが、
10日 京都府宇治市の学習塾で、塾の講師に小学6年生の少女が刺され、死亡するという事件が発生しました。
不審者の侵入ではなく、今回の加害者は守るべき側の「塾の講師」であることが、関係者だけでなく多くの人に不安と憤りと、やり場のない悲しみを与えていると思います。

警察庁によると、今年上半期の刑法犯罪の被害数91万件の内、未成年者が被害者に遭ったのは16%の約14万7000件。未成年者の被害者の比率の高いものとしては、略取・誘拐事件で83%、強制わいせつ事件59%、公然わいせつ事件57%があります。
殺人事件の被害者も約716件のうち11%にあたる75件は未成年者で、凶悪事件のターゲットになっています。

宇治市というと宇治小学校への不審者侵入による児童傷害事件が03年12月18日に発生した事を思い出します。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2005年12月10日)|記事URL | あとで読む

こどもに教える「イカのおすし」 防犯の心得

子どもの安全を揺るがすような事件が後を絶たず、不安な気持ちで過ごされている方も多いと思います。
地域ぐるみの活動や、学校の取り組み、最新のカメラや非常連絡システム、位置確認システムなどの導入などこどもの防犯対策は、ハードとソフト、そして個人・家庭・学校・地域のそれぞれの単位で複合的に行うことが重要です。
その中で、すぐにでもできることとして、もう一度子どもへの「安全対策」に関して話をする機会をもちましょう。
すでに、学校・幼稚園・保育園でもこどもに「安全教育」を実施されていることと思いますが、おかあさん、おとうさんが優しく語る、できればこどもの目を見て、抱きしめて語ることは、学校などで集団で聞くのとは又違う意味があります。こどもたちも不安に感じていますので、ぜひいつも以上に話をする時間を多く持ってください。

こどもたちに安全対策として話すのに、警察の方から教えていただいた「イカのおすし」をご紹介しましよう。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2005年12月10日)|記事URL | あとで読む

自分の子は自分で守る

「力や判断力のない子供」を狙う犯罪企図者から子供を守るのは親の責任が基本である。
全ての犯罪を一律の対策では守れません。

学校の通学に関しては親が責任をもって学校まで送り届け、下校時も帰宅させるべきであり、地域コニュニティの形成による犯罪対策は親をサポートすべきものだと考えます。
決して、地域の安全対策だけでひれつな凶悪犯から大切なわが子は守れません。

まずは『自分の子は自分で守る』親の自覚と行動、それをサポートする行政の指導による地域コミュニティの形成や防犯機器の設置による補助態勢の確立が急務だと考えます。

具体的手法としては・・・

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2005年12月09日)|記事URL | あとで読む

子どもを守るために

子どもが被害にあう痛ましい事件が続いています。
犯罪から守るために、警視庁や警察庁では、子ども向けの防犯テキストや、防犯ゲームが掲載されています。

警視庁-少年を犯罪から守る?ドキドキまあちゃんゲーム
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/seian/dokidoki/index.htm

警察庁-子ども防犯テキスト「みんなで気をつけようね」
http://www.npa.go.jp/safetylife/seiankis8/kodomo.htm

京都府警-健太くんのおでかけ
http://www.pref.kyoto.jp/fukei/anzen/seiki_t/kenta/index.html


保護者向けに安全対策のページや、発生した声かけ事案の情報を掲載している警察本部のサイトをリストにしました。

続きを読む

投稿者:スタッフ(2005年12月07日)|記事URL | あとで読む

文科相の緊急表明

相次ぐ児童の殺害事件を受け、ついに国が対策に乗り出しました。

小坂文部科学相が6日の閣議後の記者会見において、通学路の危険個所や校門に防犯ビデオを設置する緊急対策を表明されました。

続きを読む

投稿者:スタッフ(2005年12月06日)|記事URL | あとで読む

急増する子どもを巻き込む犯罪

先日、広島市安芸区において小学生の女の子が巻き込まれた痛ましい事件がありました。

ようやく容疑者も捕まり、自供を始めた矢先、今度は栃木県今市市で小学生の女の子が行方不明となっています。

小学校から女の子の自宅までの距離は約2キロ。
人通りの少ない道のようで、同級生と別れた後の目撃情報がありません。
現在、200人体制で付近の捜索・聞き込みが行われていますが、所持品なども見つかっていないようです。
一刻も早く、女の子が見つかること願わずにはいられません。

続きを読む

投稿者:スタッフ(2005年12月02日)|記事URL | あとで読む

通学路の安全対策

広島の少女殺害事件の容疑者が逮捕となりましたが、通学路、特に自宅に戻る下校時の安全対策に関して再検討が必要です。
朝の登校時には「集団登校」が一般的となり、地域によってはボランティアの方が通学路に立って子供たちを見守るという姿も見受けられます。
それに対して下校時は、下校時間がバラバラとなることや、友達と一緒に学校を出てもどこかで必ず分かれて一人になる時間があるため、なかなか徹底できないということもあります。

対策としてできることをご提案します。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2005年12月01日)|記事URL | あとで読む

1  2  3  4

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?