1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 子どもの安全対策

防犯ブログ

山形 小中学校で盗難相次ぎ警備装置導入

飯豊町は13日、火災や防犯の緊急通報警備システムが設置されていなかった町内小中学校、幼稚園・保育園、公民館の計14施設に今月からシステムを導入するための一般会計補正予算案約429万円を町議会最終日に提案し、全会一致で可決されました。

5月末の夜に町立飯豊中でノートパソコンやデジタルカメラなどが盗まれ、コンピューター室のサーバーに水がかけられる被害がありました。
3月下旬にも町立さゆり保育園でパソコン、プリンター、コピー機に水がかけられ、書類や園児の着替えが盗まれました。
このため急きょ、警備会社の緊急通報の警備システムを導入することにしました。
補正予算は6月からの10カ月分。来年度以降も継続します。

同町では小学校4校、中学校1校、同じに小、中学校がまとまる1カ所に火災通報装置がありますが、窃盗などの侵入者を防ぐ警備システムはついていなかったようです。
<毎日新聞 6月14日(木)12時2分配信より>

今や中学校にコンピュータ室なるものがあるのですね。
インターネットやパソコン操作を小中学校で教える時代なのでしょう。
私が初めてパソコンに触ったのは大学の電算室という場所でした。
時代が変わったことを改めて実感します。
将来、必ず役に立つ、出来なければ困る、取り残されてしまう、ということなのでしょう。

そうなると、最低でも生徒一クラス分のパソコンが存在するということですから、泥棒にとってはますます狙いやすい侵入先となりえます。
また、今回被害に遭った小中学校では、火災通報装置はあるものの窃盗などの侵入者を防ぐ対策はされていなかったということです。
このような学校は全国的に見ても多いと思われます。
防犯と防災、どちらを優先的に対策するかと言われればおそらく防災でしょう。

火災、地震、洪水など人命に直接影響を及ぼす災害ですから、まずその対策が急がれるのでしょう。
防犯の方は、国家規模等で考えればテロ対策等がありますが、普通、個人、一企業で考える場合、人命に影響を及ぼすことは少ないと考えられます。
泥棒に入られても、盗難・破損被害のみが発生し、人が殺傷されることは少ないと考えるのが当然です。
防災の方が優先される理由でしょう。

ただ、防災の方は、主に相手が災害(放火対策等もありますが)ですから、予測し得ない攻撃(被害)を行ってきます。
それに対して、防犯の方は、相手が人間です。
対人間ですから、行動もある程度予測できます。
その予測した行動に対する予防策が防犯対策となります。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年6月19日)|記事URL | あとで読む

茨城 小学校と幼稚園の窓ガラス割られる59枚

20日午前7時20分ごろ、笠間市笠間の同市立笠間小学校で、1階の窓ガラスが多数割られているのを、耐震工事に来た業者が見つけ、110番通報しました。

さらに同7時50分ごろ、同小から道路の向かいにある笠間幼稚園でも窓ガラスが割られているのを、出勤してきた職員が見つけました。

笠間署によると、笠間小では教室や職員室などの窓ガラス45枚(23万円相当)、笠間幼稚園では園児室やトイレの14枚(9万円相当)が割られていました。
いずれも前日までは異常がなく、夜のうちに何者かが侵入したらしいということです。
同署は器物損壊事件として調べています。
<8月21日12時11分配信 毎日新聞より>

茨城の小学校、幼稚園で窓ガラスが多数割られる事件が発生しています。
夜中に侵入して何者かが割ったと見られていますが、動機は不明です。
盗難等の被害は出ていないようですが、何らかの金品が盗まれても不思議ではありません。
もっと恐ろしいのが、園児や生徒の安全が脅かされることです。

夜間、無人の間の犯行であれば、人が襲われたり、怪我を負う可能性は低いですが、もし、昼間の犯行となったら・・・。
多くの子供たちが危険にさらされてしまいます。
それを守るのは大人たちの仕事です。

保育所、幼稚園、小学校、子供を預かる施設は、その預かっている間は子供たちを守る責任があります。
勝手に怪我をした、誰かに襲われたから、こちらに責任はないでは済まされません。
お金や物が壊れたり盗まれても、それらを元に戻すことは可能です。
しかし、人の命はそうはいきません。
本当に大切なモノを守るためにも事前の防犯対策が必要となります。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年8月26日)|記事URL | あとで読む

子供たちの防犯対策

子供たちの夏休みも残り2週間を切りました。
学校が休みの間はいろいろな所に出かけられることが多いのではないでしょうか?

最近の小学生の「夏休みのしおり」には、私たちが子供時代の時と違って、いろいろな犯罪被害にあわないような注意事項が多く書かれています。
その中で「子供同士での外出は○○地区から出ないようにしましょう。」や「自転車で遊ぶのは、○×地区内で遊びましょう。」などの注意事項が書かれてます。

私達が小学生時代などは、夏休みに冒険で自転車に乗って、はるか離れた土地に遊びにいったものです。その時の経験が大人になった時によい思い出になることもあります。

このように考えると、最近の子供たちは冒険も出来なくてかわいそうに感じてしまいます。
これも日本の犯罪情勢が厳しい時代に突入しており、子供たちに犯罪の魔の手が近づいてきているのが原因の一つではないでしょうか。

続きを読む

投稿者:防犯設備士(2008年8月19日)|記事URL | あとで読む

小学校に侵入し、遊び半分で動物殺害した少年2人

福岡県北九州市の小学校などへ侵入を繰り返し、ウサギやハムスターなどの飼育動物を殺害し、
その死骸を別の老人宅の玄関に放置するなどした少年2人が書類送検されました。
動物の殺害は「遊び半分だった」と供述するなど心を病んでいるとしか思えません。

<6月14日14時32分配信 毎日新聞より一部抜粋>

『福岡県警折尾署は13日、北九州市八幡西区内の小学校などへの侵入を繰り返し、ウサギなどの飼育動物を殺害するなどしたとして、同区の塗装工の少年(16)を窃盗と器物損壊容疑などで福岡地検小倉支部に書類送検したと発表した。
同様の非行事実で、後輩の中2の男子生徒(13)を同市の児童相談所に送致した。

調べでは、少年らは昨年12月上旬?今年2月26日の夜から未明にかけて、同区内の小学校や幼稚園など6施設に侵入。ウサギ2匹、ハムスター1匹、インコ1羽を鈍器で殴ったり、握りつぶすなどして殺害した疑い。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年6月16日)|記事URL | あとで読む

保育園で静脈認証で入退出管理

先日東京からののぞみの中で見たニュース。「堺の保育園で手のひら認証。園児の送迎・保護者を識別」

ついにそんな時代がきたのか!という気持ちになりました。
企業のオフィスや工場などで使用されることが多い「入退出管理システム」

指紋、静脈、網膜など生体を使用して人間を特定し、あらかじめ設定した人間だけが出入り自由にできるようにするシステムです。
従来は企業などが部外者立ち入り禁止、機密保持などのために使用していました。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年4月07日)|記事URL | あとで読む

新1年生に「きしゅう君下敷き」子供の安全対策!

和歌山県警は、平成17年度から新1年生に不審者への対応などを記した下敷きを配っています。
 同県では、子供たちが不審者から逃れるための避難場所として、民家や理髪店などに協力を依頼し、「きしゅう君の家」と名付け、県警のマスコットキャラクター「きしゅう君」のイラスト付の看板を設置。
これを子供たちに印象づけるため、下敷きでも「きしゅう君」のイラストを入れアピールしています。

 今年の下敷きはA4判で、「ついていかない」「車にのらない」「大声で叫ぶ」「すぐ逃げる」「知らせる」から取った「イカのおすし」の標語が印刷されおり、県警では「保護者は子供と一緒にきしゅう君の家を確認し、登下校時の安全に留意してほしい」としています。

続きを読む

投稿者:スタッフ(2008年3月22日)|記事URL | あとで読む

性犯罪から女生徒守れ 心構えや護身術など指導 福岡県の高校で防犯 教室

 福岡県豊前市の青豊高校(912人)で20日、約500人の女子生徒を対象にした性犯罪被害防止の防犯 教室が開かれました。豊前署と県警生活安全総務課が実施し、県警が女子高生にレイプや強制わいせつの被害防止だけに絞った教室を開催したのは初めてでした。

 防犯 教室では、県内で昨年発生したレイプ・強制わいせつ事件は591件に上り、人口比率では福岡県が全国1位、うち約30%が中学・高校生の被害だったと説明。発生場所は路上や駐車場、マンションなどのエレベーター内が多く、インターネットからの出会い系サイトの利用が、レイプ事件に結び付くケースも多いと話しました。

 また、被害者や加害者の事例を紹介しながら▽いつも周囲に気を配り、危険な場所に近づかない▽襲われたら大声を出す、激しく抵抗を続ける‐などの被害に遭わないための心構えを指導。「自分の身は自分で守って」と護身術の指導もしました。

 女子生徒たちは「レイプ事件がこんなに多く発生しているのに驚いた。常時、警戒する意識を持つことが大事だと思った」と話していました。

 手口が巧妙化しています。犯罪状況を理解し今の犯罪に適した防犯 対策が必要です。
女性の防犯 対策

続きを読む

投稿者:スタッフ(2007年11月22日)|記事URL | あとで読む

子供狙う不審者相次ぐ 秋田・メール情報、10月に急増

 ◇10月に急増6件 地域一体の防犯 対策必要

 秋田市内で今秋、女子児童や生徒を狙う不審者の出没が相次いでいます。
市教委の防犯 情報サービス「秋田っ子まもるメール」で配信された情報は1?9月が計5件だったのが、10月に入って6件と急増、
今月も1件ありました。子供たちを犯罪から守るために、家庭と学校や市教委、警察、地域が一体となった対策が求められています。

 10、11月に起きた7件の事件は、地下道の階段で中学生が突き倒される事件があった山王十字路から半径約5キロ圏内の市中心部で起きており、いずれも秋田中央署管内。
 全員が1人で歩いていたところを被害に遭っています。

7件の内訳は、暴力1件▽声掛け2件▽体を引っ張る2件▽下半身露出3件(重複含む)。

続きを読む

投稿者:スタッフ(2007年11月16日)|記事URL | あとで読む

危険な場所チェック 滋賀県大津・唐崎小児童

 地域で犯罪が起きそうな場所を調べようと、大津市の唐崎小の児童らが5日、学区内を歩きながら、塀や垣根で人目につきにくい場所や人通りの少ない道など危険な場所をチェックしました。
 子どもたちの防犯 意識を高めるため、同校が昨年から行っているといいます。
この日、5年生168人は、地域のスクールガードの住民とともに、メモを片手に地域を歩きました。
「不安な場所はどこですか」などと住民にインタービューし、危険な場所はカメラに納めました。

 12月には、調べた結果をもとに、手書きの地図上に危険な場所を示した「地域安全マップ」を完成させます。Aくん(11)は「空き家や草が茂った空き地、人目につかない道など、帰り道にも危ない場所はある」と話していました。(また、同校のHPにも作成状況をUPしています。)

 子供の防犯 意識向上の為に子供達自らが地域を調べ 「地域安全マップ」を作成し危険場所を覚えさし、子供の安全を守るとはすごく良い事だと思います。
なかなか子供に防犯 対策を教えるのは難しい事だと思います。子供達が楽しんで調べ、防犯 意識を 向上させるいい実例ではないでしょうか。他の地域も実行して防犯 意識を高めて欲しいものです。

続きを読む

投稿者:スタッフ(2007年11月06日)|記事URL | あとで読む

防犯 ステーション:廃止交番を市民の拠点に/千葉県

 警察の交番の統廃合で使われなくなった建物を市民の防犯 拠点とする「防犯 ステーション」が、
我孫子市に開設されました。

昼間、市民ボランティアが常駐し、道案内の対応や子供の下校時の見守りにあたります。

県内では今春、11の交番と4駐在所が再編されましたが、県が地元自治体に建物を譲渡し活用するケースは初めてといいます。

 場所は同市寿地区の旧成田街道(国道356号)沿い。戦前からあった寿交番が3月末、約500メートル離れたJR我孫子駅前交番に統合され、廃止に。市は警察や防犯 協会と相談し、「きめ細かい地域の活動やコミュニケーションの場に活用しよう」と、コンクリート平屋の建物(130平方メートル)の無償譲渡を受け改修しました。

続きを読む

投稿者:スタッフ(2007年11月05日)|記事URL | あとで読む

1  2  3  4

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?