1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 防犯対策

防犯ブログ

防犯意識調査 防犯対策にお金を掛けている高齢者は1割未満

子どもや孫世帯と別居している60歳以上の男女で「防犯・犯罪対策」にお金を掛けている人は6%と1割未満にとどまることが錠前メーカーの美和ロックが行った調査で明らかになりました。

調査は、11月に全国の子ども・孫世帯と別居している60歳以上の男女400人を対象にインターネットで実施。
「お金を掛けているもの」を聞いたところ、最も多かったのは「子ども世帯・孫との交際費用」という回答で63%、次いで「旅行、コンサートなどのエンタメ消費」が59%、「友人との交際費用」が48%で続きます。

「お金を掛けてでも追求したい生活スタイル」を聞くと、「健康に暮らしたい」(73%)という回答に続いて、「安全・安心な暮らしを送りたい」という回答が57%と半数を超えました。

また、「生活の中で危惧していること」を質問すると、「病気・心身の健康」(77%)や「震災や火災被害」(45%)、「子や孫のこと」(41%)に比べ「空き巣や窃盗被害」と回答した人は12%と関心が薄い傾向が見られました。

また、 「現在実施している自宅の防犯対策」についての質問では、「戸締り、施錠の徹底」という回答が79.8%で最も多く、「補助錠の設置」が53.7%で上位でした。(毎日新聞デジタル)
<毎日新聞 12月12日(水)12時0分配信より>

一般的に、犯罪や防犯対策というものが身近な問題として考えられていないということがよくわかる調査結果です。
お金を掛けたいとは思わない、関心がない、という意見が多いのは、実際に犯罪に触れることがないからでしょう。

例えば、家族や近所の人など、自分に近い人が犯罪被害に遭ってしまい、それによって困った、損害を受けた、大変な思いをしたなど、具体的な体験をして実感すれば、より現実的な問題として捉えることにつながると思います。

それがないと、犯罪とはどこか遠い世界、自分が住んでいる世界とは別のところで発生していて、自分とは縁のないものだという人が多いのかもしれません。
私も防犯関係の仕事をしているからこそ、このような意見を述べていますが、もし別の仕事をしていれば、おそらく犯罪に対して真剣に考えることはなかったでしょう。
実際に被害に遭った人がいれば、不運だな、可哀想だなと思うことはあっても、それが自分の身に降りかかる問題とは考えなかったと思います。

自分や周囲の人が犯罪被害に遭わず一生を過ごすことができればそれがベストです。
防犯対策もせず、何もしていなかったけど、犯罪には遭わなかったよとなれば、本当に運が良かったということで済みます。
ただ、運任せにするだけでは根本的な解決にはなりませんし、被害に遭う可能性が減っているわけではありません。

万が一の被害に対して、お金を掛けて防犯対策を行い、自分の身を守るか。
お金は使わず、運任せにして被害に遭わないことを祈るか。
どちらを選択するかは皆さんの自由です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年12月12日)|記事URL | あとで読む

安全には『予防』が重要

悲しいかな、立体駐車場の台座に挟まれ、
幼い子どもの命が奪われる事件が発生しました。

なぜ事故を未然に防ぐことができなかったのか?
立体駐車場のシステムは、危険が付きもの。
もし、人を検知するセンサーが反応して
立体駐車場のシステムを停止することができれば
命を奪われる事件は防ぐことができたかもしれません。

防犯でも同じことが言えますが、
事が起きてから手を打っても手遅れです。
事が起きる前に対策が必要です。
安全には『予防』が重要です。

<ニュース>
4歳の男の子挟まれ死亡 駐車場のエレベーターに
テレビ朝日系(ANN) 7月24日(火)7時53分配信

23日夕方、岩手県花巻市で、4歳の男の子がマンションの
立体駐車場のエレベーターと壁の間に挟まれて死亡する
事故が起きました。

消防によりますと、午後5時半ごろ、花巻市のマンション
にある立体駐車場で、「子どもがエレベーターに挟まった」
とマンションの管理人から通報がありました。
消防が駆けつけましたが、このマンションに住む
4歳の湯川敦生ちゃんがまもなく死亡しました。
警察と消防は、敦生ちゃんの母親が駐車した後に
エレベーターを操作した際、誤って挟まったものとみて
詳しい事故原因を調べています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年7月24日)|記事URL | あとで読む

夏本番!ご自宅の防犯システム + 遠隔確認

夏本番!!お出かけシーズンの季節となりました。

海外旅行に行かれる方もいらっしゃると思います。

また、国内旅行に行かれる方もいらっしゃるかと思います。

日帰り旅行に行かれる方もいらっしゃるかと思います。

いずれにせよ、家を留守にする機会が増えてきます。


そのときに気になるのが自宅の防犯対策。

外出中にもし何かがあったら。

家に帰ってみると、部屋の中はグシャグシャ。

そんな事も起こりうる可能性があります。

万が一のために侵入させない対策が必要です。


夏休み間近、大掛かりな工事を行うよりも、ワイヤレスシステムもお勧めです。

大掛かりな配線が不要なので、簡単に設置することができます。
また、仕上がりも綺麗に仕上がります。

さらに防犯カメラシステムを併用することによって、遠隔で自宅の様子を確認する事も可能です。(※遠隔確認システムは、セキュリティハウスオリジナルの『i-NEXT』)

日帰りですと、ペットの様子もリアルタイムで確認することができます。

外出時の不安ごとが減ります。

外出時、イベント事を気兼ねなくおもいっきり楽しくむことができます。


※遠隔確認システム『i-NEXT』
 ネットワークカメラを使って、遠隔映像確認できる他、
 遠隔地のカメラをiPadで簡単に上下左右に操作できる他、
 カメラの機種によっては、約20倍ズームのズームを掛けることができます。
 ペットの表情もくっきりうつるので体調確認も容易に行えます。


続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年7月04日)|記事URL | あとで読む

リスク管理は身近なところから。「まさかの預金ゼロ」

先日、ある買い物をしたときに、突然クレジットカードが使えなくなりました。

最近、クレジットカードの会社が新しい会社になったという
お知らせが自宅に届いていたので、
移行処理がうまくいかなかったのかなと思いました。

そして、慌てることもなくカード会社に問い合わせてみると、
なんと預金残高がゼロということを知らされました。
理由はどうであれ、カードの引き落とし口座に
全くお金が無い状態だったのです。

それからその日のうちにカード会社に未払金を
支払いましたが、未払いの記録はデータとして残ると言われました。

これが、もし商売をやっていたら...、信用問題です。
どのような事情であれお金を支払っていない事実は事実です。
「まさか、銀行口座の預金がゼロになっていたとは!」
といっても、仕方がありません。
リスク管理ができていなかったこと反省し、
二度と同じようなことを繰り返さないように対策を講じます。

これは、防犯でも言えることです。
「まさか・・・。」
被害に遭ってから、自宅に侵入されて現金が奪われたり、
車が車上荒らしにあったり、情報がいっぱい入ったパソコンを盗まれたり、
リスク管理が徹底できているかといえば、旨をはってできているとは言い難いものです。

身近の誰かが侵入被害に遭った。
また、新聞やテレビ、インターネットのニュースで、
犯罪被害を知ったときは、自分に対する警告と思っていいかもしれません。
ニュースは、なかなか自分ごととは思えないことが多いのが実情です。

被害に遭ってからでは遅すぎます。
被害に遭う前の予防
犯罪を未然に防ぐ「防犯」をお忘れなく。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年6月22日)|記事URL | あとで読む

床に這いつくばってレジに向かう泥棒の姿を記録

警備システムを入れても弱点があります。
というのうも、防犯センサーをくぐりぬける泥棒が中にはいます。

そのような泥棒に対しての対策もあり、
最近は、防犯カメラの設置が広がっています。
警備システムと防犯カメラを組合せ、防犯力、
セキュリティレベルは上がっています。

ある事件ですが、這いつくばって侵入している泥棒の姿が
防犯カメラの記録装置にばっちり残っていたというニュースが、
日本経済新聞でも取り上げれられていました。(2012.5.28)

警備システムと防犯カメラシステムをセットにすることによって、
万が一の侵入られても、録画映像が残っているので後で犯人がわかります。
(録画映像を見て、案外身内の方が多いのも事実です。)

日経新聞で取り上げられたような泥棒を捕まえた事例は本当にまれです。
やはり、防犯カメラの抑止力や警戒中であることを泥棒に見えるようにして、
ここへ侵入するのはやめておこうと思わせることがまず大事です。

侵入されるよりも、侵入される前に対策を討つ。
これが最も効果的な防犯対策です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年5月29日)|記事URL | あとで読む

大丈夫が一番危ない

このGWに「人生の達人について」学ぶ機会がありました。
イチローや北島選手など、超一流選手は
人並み外れたパフォーマンスを発揮します。
普通の人と比べて何が違うのか?等々。

そのような学びの集まりに、
全国の人に限らず、世界から様々な達人候補が集結しており、
私はそこでさまざまな気づきがありました。

達人候補者の集まりの中には、
私が思うに、既に達人の域を達しているという人も
何人かいることを発見しました。
しかしながら、発見の域を超えていないような方も
いらっしゃいました。

そこで私が感じたことは、達人候補者の中には、
「自分はできる」と思っている人がいて、
その方は既にその達人になっているかのように
振る舞っているように思えました。

私が言いたいポイントは、
「自分はできると思っていることが成長を止める」というところです。

というのも、「自分はできる」と思っている方は、
次のセクションに移らない決断をされたからです。
「私には充分」「私はできる能力が備わっている」「私はできす」と、おっしゃっていました。

私はふと思いました。
イチローはどうかな・・・?     北島選手はどうかな・・・?

私が思うに、彼らはいつも改良しているのではないかと。
イチローは毎年進化し続けています。
北島選手も、新しいトレーニングを工夫しながら取り入れています。

繰り返しになりますが、
「自分はできると思っていることが成長を止める」ということかもしれないな。と改めて思いました。


この話を書いて、まさに自分のことかもしれないなということも感じました。
「今のままでいい、今のままで何ら問題ない」という考えは、私の中にもありました。

これを防犯に関して置き換えてみると、
我が家の防犯対策は、「今のままでいい、今のままで何ら問題ない」と状況です。

このことに今気が付いていなければ、
きっと、我が家に泥棒に入られたときに「あつ!」と気が付くのでしょう。

お金が無くなった、通帳が無くなった。部屋が荒らされた・・・などの被害に遭う前に、
もしかすると、強盗が入ってくかもしれないことも考えて、防犯対策を考えたと思います。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年5月01日)|記事URL | あとで読む

登校中の児童の列に車が突っ込む悲惨な事故。日ごろから予防が大切。

登校中の児童の列に車が突っ込むという悲惨な事故が昨日発生しました。
私も小学生の子どもを持つ親として、とてもショッキングでした。


今朝のニュースでは、事故があった道路は
頻繁に事故が発生しているような危険な場所だったとのこと。
歩道にガードレールを設置していればよかったのにと正直思いました。
もし、ガードレールが設置していたのであれば
少なくとも子どもの命までは奪われなかったように思います。


これは、防犯対策や災害対策にも共通している課題でもあります。
人の命が奪われるような強盗事件が発生してから、
強盗対策をやっておけばよかった。と思うことや、
家族や親せきの方が亡くなるような大きな地震が発生してから、
防災対策をしっかりやっておけばよかった。と思うことが時々あります。


特に防災対策に関して言えば、
地域における自治会活動でも影響があります。
近年、新築マンションの自治会活動は、
全くといってよいほど機能していないところが
多数あるとのことです。


自治会活動等には、全く関心がないということかもしれません。
万が一、大規模な地震が発生した場合どうなるのでしょうか?
逃げる場所もわからないし、どこへ避難すればよいのか全くわからない状況になります。
緊急連絡も自治体の連携で、様々な情報が伝わります。
万が一の際、たよりになるのは人と人との連携です。


自分の命を守るためにも、自分の家族を守るためにも、
人と人とのつながりがとても大切です。
何か被害にあってからの対策ではなく、
日ごろから、災害予防や犯罪予防が大切です。
そのことは、今回の児童の列に車が突っ込んだ事件で改めて感じました。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年4月24日)|記事URL | あとで読む

警察官:DNA型鑑定用の血痕や指紋データを紛失。

警察官が個人情報を盗まれる被害が発生しました。
近年、個人情報の取り扱いは、特に重要視されています。
企業だけでなく、交番等の警察官も情報漏洩防止対策が求められるのではないでしょうか。

-------------------------------------------------
<DNA紛失>警視庁亀有署の警官、窃盗事件で採取
2012年4月2日 (毎日新聞より)

警視庁亀有署柴又交番の男性巡査長(25)が、
原付きバイクの部品窃盗事件で採取した
DNA型鑑定用の血痕や指紋データを紛失していたことが2日、
分かった。パトロール用自転車の後部荷台に入れていた。
同署は盗難にあった可能性もあるとみて調べている。
(中省略)
警視庁によると、DNA検体などの試料は交番などで
保管するのが原則という。
--------------------------------------------------

交番で保管というところが気になりました。
交番に窃盗犯が侵入するということ考えにくいですが、
今の時代、パトカーを盗む人もいます。

---------------------------------------------------
パトカー窃盗容疑で男を逮捕 相模原
2012/4/5(日本経済新聞より)

神奈川県警相模原南署は4日、無施錠で駐車していた
パトカーに乗り込んで盗んだとして、
相模原市南区相模大野6、無職、石川允容疑者(73)
を窃盗容疑で現行犯逮捕した。
----------------------------------------------------

内容を詳しくみていくと、窃盗犯は、泥酔状態で
「団地をパトカーで1周したかった」と
供述しているとのことですが、
パトカーを奪ったことは間違いありません。

泥酔状態で、交番に侵入してくる方もいるかもしれません。
交番に個人情報が保管されている限り、
個人情報保護のために、万が一の防犯対策が必要ではないでしょうか。

地域の方々の安全を守っている交番、
地域のみんなで守れる環境づくりも合わせて必要ですね。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年4月09日)|記事URL | あとで読む

民家にタイヤ泥棒。狙わせない防犯対策でタイヤ泥棒。

福井新聞に、タイヤ泥棒に関する内容が掲載されていました。
-----------------------------------------------------
タイヤ盗難にご用心、交換時期に多発 福井の民家中心、3月被害急増
福井新聞ONLINE 3月28日(水)

福井県警は27日、3月に入り福井市の民家を中心に
タイヤ盗難が相次いでいると発表した。
タイヤの交換時期であることから「鍵の掛かった車庫や物置などに保管し、
家の軒先などに長期間放置しないでほしい」と注意を呼び掛けている。
-----------------------------------------------------

もし、私がタイヤ泥棒の被害にあったなら、
「まさかあのタイヤが取られるなんて!!」と思うかもしれません。

タイヤ泥棒が犯行に行ったシーンを想像してみて、
私なりにどのような対策ができるか考えてみました。

①まず、泥棒は下調べをした。(近隣周辺)

②下調べの際、私の家のタイヤが目に入って狙った。

(私の頭に浮かんだ内面のことば↓[※])
(※まさか、自分の家のタイヤが狙われるとは...)
(※タイヤが盗まれたら5万円~10万円くらいかな?)

③泥棒は、私の家のタイヤをターゲットにした。

(※もしかすると、泥棒はコンビニ強盗するよりも、かんたんと思っているのではないかな?)
(※もしかすると、コンビニ強盗よりも、捕まるリスクが少ないのかな?)
(※盗んだタイヤは、すぐに売れるのだろうな?買ってくれるところがあるのかな?)

④泥棒は、私の家の敷地に入ってきて、ガレージにところに
 置いてある私のタイヤを奪っていった。(盗難被害発生!!)

(※まさか、あのタイヤがとられるとは!)
(※新しいタイヤを買ったら、ホイル付きで5万~10万くらい必要だなあ)
(※自分のおこずかいが月1万円くらいへりそうだな)
(※家内にもおこられるかな)
(※5万~10万円あれば、子どもたちとも美味しいものを食べに行けたな)

タイヤを奪っていった泥棒は、私の家族のことなど考えてきれません。
そのようなことにならないためにできることは何だったのでしょうか?

防犯対策例>
①泥棒が下調べをしている段階で、
 ココの家は【無理だ】と泥棒に思わせることで
 盗難被害を未然に防ぐことができます。

 例えば、泥棒の犯行意欲を抑制することができる
 "メンタルストッパー"を取り付けます。
 ⇒商品名としては【セキュリティキーパー

 夜間でも防犯システムが作動していることが
 ひと目でわかるので、泥棒に対して下見の段階で  
 そこの場所をあきらめさせることができます。
 泥棒は、見られることを嫌いますので、
 防犯カメラを併用することで防犯効果はさらに高まります。

 私の家のことを想像すると、
 家内や子どもたちの喜ぶ顔が目に浮かびます。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年4月02日)|記事URL | あとで読む

ガソリンが高騰、ガソリン盗難にご注意!!

最近、ガソリンの価格が異常に高くなっています。
今朝のニュースでは、157円を超えているという記事がありました。
-----------------------------------------------
ガソリン、前週比2円上昇157.6円
(フジサンケイ ビジネスアイ 3月29日(木)8時15分配信)

石油情報センターが28日発表したレギュラーガソリンの店頭価格
(26日現在、全国平均)は1リットル当たり157.6円となり、前週に比べ2円上昇した。
2008年10月14日の161.6円以来、約3年5カ月ぶりの高値水準。
----------------------------------------------

2008年のときには、ガソリン盗難が多発しました。
私の友人の工場でも、工場の前に止めていたトラックの
燃料が吸い取られる被害がありました。
私の知人は、"まさか!!"と言っていました。

被害後、即カメラを設置しガソリン盗難対策実施。
それ以来、ガソリン盗難被害はピタッとなくなったようです。
それに付随して、工具の盗難も無くなったとのことです。
盗難対策をする前は、特殊工具を盗まれる被害があったようです。
それが、ガソリン盗難対策を実施することで、
盗難被害も全くなくなったようです。

フジサンケイ ビジネスアイの内容では、
ガソリンの穏やかな値上がりは続くと言われています。

突然、車が動かない!!仕事ができない!!
約束の時間に間に合わない!!
そしてそれによる仕事の影響などを考えると、
突発的な緊急事態の発生の防止策をご検討ください。

【ガソリン盗難対策例】
●まず抑止。下見をする泥棒に対しての対策。
 自主機械警備システム
 
●侵入者を敷地内に入らせない。近づけさせない。
 外周警備システム

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年3月29日)|記事URL | あとで読む

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?