1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. その他

防犯ブログ

「安全対策」も「健康管理」と同じ!?

健康だと信じ込んでいたのに、定期検診で悪いところが見つかり、入院しました。
入院していて感じたのは「健康管理」も「安全対策」と同じであるということです。

酒もたばこも夜更かしもしないし、ファーストフードも食べないし、食事にも気を使っているぞ・・・と健康には気をつけているつもりでしたが、ある日突然に病気であるという事実を突きつけられ、あっという間に入院していました。考える時間もなくあっという間に入院の日を迎えていました。愕然・驚き・怒り・諦め・希望・・・いろいろな感情が頭の中に渦巻き、実感のないまま無事退院して、翌週である今週から痛いなりにも職場復帰をしました。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2006年12月21日)|記事URL | あとで読む

日本の豊かさが11位から7位に上がった実感は?

国連開発計画(UNDP)が9日、世界177か国・地域の生活の豊かさを比べた「人間開発報告書」を発表しました。この報告書は1人当たり国内総生産(GDP)や平均寿命などから総合的な生活の質を点数化して比べたものだということです。

ベスト3は前年と同じくノルウェー、アイスランド、オーストラリア。4位以下はアイルランド、スウェーデンン、カナダと続き、7位の日本をはさんで、米国、スイス、オランダまでがベスト10に入っています。

日本は前年の11位から7位に順位を上げています。

しかし、実感として日本は本当に豊かなのでしょうか?

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2006年11月10日)|記事URL | あとで読む

未成年とは?

滋賀県で5月に発生した侵入窃盗事件で東近江署は、窃盗の疑いで滋賀県東近江市の工員(18)、同(16)、飲食店店員(19)の少年3人が逮捕しました。

調べでは、3人は5月4日未明、東近江市東沖野3丁目の金属加工会社の事務所に侵入。
事務所内にあった現金6万7000円やネックレスなど33点(時価合計92万2100円)を盗んだ疑い。

同署によると、少年らは盗んだことを友人らに話していたという。

盗んだことを人に話す、これは悪いことをした・犯罪を犯したという意識がなく、非常に恐ろしい状態です。おそらく自慢話として話していたのでしょう。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2006年10月30日)|記事URL | あとで読む

少年犯罪報道に対して

2005年2月14日大阪府寝屋川市立中央小で卒業生で当時17歳の無職少年により、教職員3人が包丁で刺され、教諭(当時52歳)が死亡、女性2人が重傷を負った事件の判決がでました。

「小学校時代に同級生からいじめを受けた際に担任教諭らが止めてくれなかったと逆恨みした末の犯行」であった点が注目されていました。

奈良県での母妹が放火により死亡した事件もそうですが、「広汎性発達障害」と診断された少年の処遇
に関して、「発達障害」が事件を起こしたと取られかねない報道が一部見受けられることに不安を覚えます。

「発達障害」だから犯罪を起こしたのでは決してないことをぜひ多くの方に知っていただきたいと思います。こういった報道で誤解されて、差別されたり阻害されたりということがないことを強く望みます。

「発達障害」とは、人間の初期の発達過程が何らかの原因によって阻害され、認知、言語、社会性、運動などの機能の獲得が障害された状態を呼びます。基本的には脳の機能的な問題が原因で起こるもので、知的障害、広汎性発達障害(自閉症)、高機能広汎性発達障害(アスペルガー症候群・高機能自閉症)、注意欠陥多動性障害(AD/HD)、学習障害(LD)などがあります。(Yahoo!ヘルスケア 家庭の医学より抜粋)

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2006年10月20日)|記事URL | あとで読む

無視されたからと云って侵入してはダメです。

本日(10月13日)栃木県宇都宮市の小学校に草刈りかまを持った男が侵入したという記事がありました。侵入した57歳の男性は小学校教師数人で取り押さえられて捕まったとの事ですが、児童や教師にけが人はなかってよかったと思います。
しかし、新聞記事によると酒を飲んで1.2m高さのフェンスを乗り越えて侵入したとので、完全な不法侵入になります。又、侵入した理由が「陸上大会の朝練習の声がうるさく、教師に声を掛けたが無視された!」ことが原因だそうです。
今回の事件はけが人がでなくて良かったと思いますが、一つ間違えれば大事件になっていたかも知れません。何故このような事件が頻繁に発生するのでしょうか?

続きを読む

投稿者:防犯設備士(2006年10月13日)|記事URL | あとで読む

テロ警戒。厳重な対策が必要です。

あってはならない北朝鮮による核実験実施。
国際社会による制裁の動きに対し、北朝鮮は「宣戦布告とみなす」といった談話を出すなど、強硬姿勢を貫いています。日本政府が経済制裁を実施するなど強化するに伴い、「北朝鮮が日本国内で破壊活動に出る可能性は否めない」(外務省筋)とする懸念が強まっています。

具体的には、国民生活に重大な影響を及ぼす原子力発電所や通信施設、交通機関に加え、自衛隊や在日米軍の基地などに対し、工作員が破壊活動や妨害工作を行う可能性が指摘されているのです。

「平和」が当たり前の日本において、現在の緊張状態は過去最大ではないかと感じます。

続きを読む

投稿者:スタッフ(2006年10月12日)|記事URL | あとで読む

自転車泥棒にヘリ・パトカーの追跡。

「踊る大捜査線」のワンシーンのような空と陸との激しいチェイスが群馬県伊勢崎市で29日午後繰り広げられました。

相手はなんと「自転車盗難」
自転車盗難もりっぱな窃盗ですが、ヘリコプターまで出てくるとは・・まるで数億円の銀行強盗なみの歓迎ぶり?に、犯人もきっと驚いていたと思います。

ちょっとそのシーンを再現してみましよう。

伊勢崎署 警察官A 伊勢崎オート駐輪場に盗難届が出ている自転車を発見。そのまま張り込み。
午後3時20分。男(34歳)が駐輪場に現る。警察官A 近づき職務質問を開始しようとしたところ、男は自転車にまたがり逃走。

「容疑者が逃亡した」伊勢崎署内全域に緊急無線が流れる。
上空をパトロール中だった県警ヘリコプター「あかぎ」が無線をキャッチ。現場急行。
「こちらあかぎ。桃の木サイクリングロードを北へ逃げる容疑者を発見」

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2006年10月02日)|記事URL | あとで読む

JR京葉線ストップ。しっかりして下さいよ!

9月28日、朝にJR京葉線 東京駅地下構内で発生した火災の影響で朝のラッシュ時からパニック状態になっているとの記事を見ました。今現在(16時30分現在)も間引き運転が続いているそうで、本日中の平常ダイヤ復旧は見込めないようです。
私達、利用客にはどのような火事だったのかわかりませんが、長時間不通状態になったり、間引き運転でしか運行できないのは利用客として理解できないことではないでしょうか。
これが大都会東京の交通事情ではないでしょうか。
ある本をによると、現在、JR東日本は独自の発電設備を所有しており、例えば東京電力の送電線が切断(最近ありましたが)されたとしても、首都圏での電車の運行には支障を来さないとのことです。また、列車の運行管理も全てコンピュータで管理されており、事故が発生した場合のみ運行管理者が電車の運行をおこなっているということです。(間違っていたらすみません。)どちらも最先端の技術が投入されているのですが、JRの施設が火災などで電車の運行にもっとも大事な信号システムに被害を受けた場合には今回のようにパニックになってしまうのではないでしょうか。
首都圏の交通網の要になっているJRとして日頃から危機管理をもっと徹底してほしいと思います。
本当にこのようなことが今後おこらないようにしていただきたいと思います。
以上、今回は防犯の話ではなく危機管理でのお話でした。(京都在住の男性N.Kより)

続きを読む

投稿者:防犯設備士(2006年9月28日)|記事URL | あとで読む

進化するロボット

ロボット関する気になるニュースが二つありました。
1つ目は、福岡県のニュースで、人型の二足歩行ロボットが公道を歩く初の公開実験が、博多区の上川端商店街で行われたことです。見学者の話しでは、まるで人間が歩いているようだとのこと。

2つ目は、村田製作所が、倒れず走る自転車ロボット「ムラタセイサク君」の改良版「CEATEC2006モデル」を発表したことです。平均台上の走行は直線に加え、新たにS字型のコースにも対応できるとのこと。幅10センチの平均台を画像で認識して、内輪差も計算に入れながらゆっくりと進むことができるとのことです。

この2つのニュースや、ソニーのロボットAIBO(アイボ)など、ロボットの進化は驚くものがあります。どんどん人間の動作に近づいています。人間の様に動くロボットは遠い未来のような話しだと思っていましたが、近い将来には実現しそうです。セキュリティに関しても、ロボットが活躍する時代もそんなに遠くないような気がします。

現在、ロボットによる監視サービスはありますが、犯人を捕まえるまでのロボットはありません。
今後、ロボットの性能がさらに進めば、捕まえることもできるでしょう。
そうなると、旅行など長期に家を留守にするときも安心です。
ロボットが家を守る時代になるかもしれません。

そんな夢のような話があるはずがないという意見もあるかと思います。
確かに現状では考えられません。
しかし、年々進化するロボット性能を考えれば、近い将来に実現するかもしれません。
最近の犯罪は、凶悪化しています。事実、窃盗犯が殺人を行う事件も発生しています。
身の安全を守ってくれるロボットが、今後あらゆるところで普及しそうな気がします。

続きを読む

投稿者:防犯設備士(2006年9月27日)|記事URL | あとで読む

紀子さま 男児ご出産

おめでとうございます。
秋篠宮妃紀子さま(39)が6日午前8時27分、男のお子さまを出産されました。

子供をめぐる悲惨な事件が多い中、久しぶりの明るい話題ですよね。
皇位継承順位は皇太子さま、秋篠宮さまに次いで第3位ということで、いろいろな想いを背負っての出産でしたが、お健やかな成長を心より祈らずにはいられません。

海外メディアでも大きく取り上げられているようで、TVもこの話題ばかりではないかと思います。

ここのところ、子供が親を殺したり、親が子供を虐待したり・・などといった事件ばかり発生していて、子育て中の方にとっては、「自分の今の子供への接し方で問題ないだろうか」と不安にかられる方も多いのではないでしょうか?

そこで、同じく皇室の愛子様の育児に関して、皇太子が感銘を受けられたドロシー・ロー・ノルトというアメリカの家庭教育学者の方がつくった「子ども」という詩というのを見つけましたのでご紹介したいと思います。

私は「生まれながらに悪人」はいないと信じます。
育つ環境の中で、もし何かが育っていってしまうのであれば、この詩の意味は大きいのではないかと思います。

「子ども」       ドロシー・ロー・ノルト

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2006年9月06日)|記事URL | あとで読む

1  2  3  4  5  6  7  8  9

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?