1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. その他

防犯ブログ

全国初の防犯モデル住宅 京都

京都市南区の住宅展示場に侵入盗を防ぐ防犯設備を備えたモデルハウスがオープンしました。
防犯設備の設計や管理に専門知識を持つ防犯設備士で作るNPO法人京都府防犯設備士協会(セキュリティハウスセンターも会員)が設計・監修したモデルハウスは全国初ということで、注目を浴びています。

そのモデルハウスの中に、弊社取扱いの竹中エンジニアリング株式会社製の最新のホームセキュリティシステムが展示されています。全て無線で対応でき、侵入が発生するとサイレン、ベルで威嚇撃退するとともに、電話であらかじめ設定した電話番号に通報するシステムです。

・1階西南側和室の屋外・・・室内侵入検知センサー(パッシブセンサー TX-114)
・同洋間の西側噴出し戸・・・窓/扉開閉検知センサー(マグネットスイッチ送信機 TX-115)
・ホール西側の天井・・・・・・室内侵入検知センサー(パッシブセンサー TX-105)
・ホール北側の壁・・・・・・・・警報ベル(KB-6)
・2階ホール南側の窓・・・・・サイレンフラッシュ付受信機(RX-20A)
・2階西側ベランダ・・・・・・・サイレン付人感ライト(LC-20)
・同ベランダ引き戸・・・・・・・窓/扉開閉検知センサー(マグネットスイッチ送信機 TX-115)
・2階ダイニングキッチン・・・ワイヤレスコントローラ(RX-670CT)、リモコン

その他防犯監視カメラ、防犯ガラス、防犯フィルム、防犯性能の高い錠前・補助錠、忍び返し、防犯砂利まであり、まさに「防犯住宅」。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年10月12日)|記事URL | あとで読む

子供を使って ヘロイン密売 中国

中国で麻薬密輸 元組員や2名の邦人が初の死刑確定しました。
死刑が執行されるかどうかは不明ですが、中国では、邦人を含めた外国人のからむ麻薬密輸犯罪が後を絶たないため、
一罰百戒のため執行されるとの見方も出ているようです。

その中国・海南(かいなん)省の海口市警察では、このほど、9歳から20歳の男女7人からなるヘロイン密売グループを逮捕しました。
中国では麻薬などの販売はめずらしくありませんが、さすがに9歳というのは珍しいようです。

グループは、9歳の小学4年の男児らで構成され、うち1人の小学生は、
中国人記者の質問に「(両親は)外に出稼ぎに行っていて、家にはほとんど帰らない。
何もかまってくれない」と話したということです。
アジトのマンション内には、ヘロイン、注射器、携帯電話、ナイフなどが置かれており。
麻薬密売以外に盗みもしていたようです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月21日)|記事URL | あとで読む

パチンコ店強盗の手口と対策

パチンコ店強盗グループの手口が明らかになりました。
茨城県で逮捕された2人は06年4月10日午前1時45分ごろ、ひたちなか市馬渡のパチンコ店「ZENT245店」で、裏口から出てきた店長(当時44歳)ら3人に包丁を突き付け、店内にある金庫を開けさせて現金約1450万円を奪いました。。
2人の逃走の手助けをした男も別におり逮捕されました。
2人の実行犯と1人の運搬役。
3人は勤め先の元同僚。

同店では05年12月にも同様の手口で2人組の男に現金約1220万円を奪われる事件が起きています。
今年に入って水戸市近郊のスーパーなどで発生した数件の強盗事件との関連も追及しています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月01日)|記事URL | あとで読む

ピッキング技能者による開錠コンテスト

7月8日、北京でピッキング技能者による目隠し開錠コンテストが開催されました。
わずか1分でピンタンブラー錠などを開ける早業に、イタリアの鍵製造会社の代表からも驚きの声が上がりました。

防犯 意識及び防犯必要性の高まりにより、家庭用などで鍵の使用が増加しています。一方では紛失などのトラブルも増え、北京には多くの個人開錠業者が存在します。
しかし、会社組織で大規模且つ専門的にピッキング技能者を育てる組織は少ないようです。

ピッキングとは鍵を使わずに錠前を開ける行為一般を指します。業者が取得すれば、鍵紛失に際して、錠前を破壊せずに開けるサービスを提供できますが、日本などではピッキング技術を使った住居侵入や窃盗などの犯罪が問題になっています。

ピッキング技能者による目隠し開錠コンテストとは驚きですね。
日本であれば、犯罪を助長するなどの理由で開催自体が難しいと思われますが、中国ではまだまだ犯罪として認識されていないのでしょうか。

ピッキングによる侵入窃盗事件が多くなれば、このようなコンテストは開催されないでしょう。
懸念されるのは、このようにピッキング技術の高い中国人が日本に来日し、窃盗団として暗躍することです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年7月10日)|記事URL | あとで読む

高2、自転車盗み転売、父親が知らずに購入

スーパーマーケットで電気自転車を盗んだとして、奈良市の高校2年の男子生徒(19)が窃盗容疑で逮捕されました。
男子生徒は窃盗の非行事実で、奈良家裁に送致されました。
男子生徒が盗んで転売した電気自転車を、父親(49)がたまたま購入したことから発覚しました。

調べでは、男子生徒は6月4日、市内のスーパーマーケットから電動自転車1台(9万円相当)を盗んだ疑いです。
その後、近くのリサイクル店に転売しました。父親が同月8日、同じリサイクル店を訪れて購入。
防犯 登録をするため、男子生徒が自転車を盗んだスーパーに行ったところ、盗難車だったことが判明しました。

男子生徒はリサイクル店に転売する際、名前などを明らかにしていたようです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年7月05日)|記事URL | あとで読む

天罰? 米泥棒が交通事故。

福島の米泥棒。
男は27日午後10時すぎ、農業男性の納屋からコメ袋十数袋を盗み出し、近くに止めた軽乗用車に積み込んでいました。そこを家族に見つかり、数袋を残して軽乗用車で逃走。
農業男性の家族が乗用車で追い掛けました。男は自分の車を乗用車にぶつけて振り切りました。

農業男性の家族が警察に届け出て、警察署員が28日午前、軽乗用車を発見。
その後、男は28日午前、いわき市内で警戒中のいわき中央署員に発見され、さらに逃げましたが交通事故を起こして現在入院しています。男は70代とみられ、軽傷のもよう。軽乗用車には米袋7袋が残っていました。

まさに「骨折り損のくたびれ儲け」とはこのことでしょうか?

電線盗難しようと電柱に登り落ちて死亡した泥棒もいました。
やはり悪いことをすると・・・と思います。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年5月01日)|記事URL | あとで読む

ネットカフェ難民の悪のサイクル

インターネットカフェに寝泊りして低賃金の派遣労働などをしながら暮らしている若者たちを、「ネットカフェ難民」と呼ぶそうです。「不可視(見えない)のホームレス」ということでこのネットカフェ難民の急増が社会問題化してきているようですが、その背景に、秋葉原の電気街を舞台にした特殊な事情があるようです。

秋葉原の電気街を管轄する万世橋署管内で昨年1年間に店員や警備員に見つかって突き出された万引犯は225件で、前年の118件から一気に倍増しました。だが、万引は見逃されることも多く、警視庁は「摘発は氷山の一角」とみています。

そして万引したゲームソフトやDVDは、同じ秋葉原内の中古品販売店に転売されます。古品の買い取りを行う店は推定で400軒超。ゲームソフトやDVDは、数日で飽きて売りに来る客も珍しくないため、「盗品かどうかは見分けられない」(中古品専門店)。その他、盗品を「数店舗に分けて売る」「1万円以下の商品を狙う」といった注意を払って万引き犯は換金を行います。1万円を超す中古品の売却には身分証の提示や住居などの帳簿への記載が必要になるためです。

昨年、店側が盗品と気付いて通報したケースはわずか4件でした。そうしたことが犯罪を増長しています。

換金したお金でネットカフェで寝泊まり→メード喫茶などで得た金を消費−というアキバで完結する犯行のサイクルが生まれているようです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年4月27日)|記事URL | あとで読む

市バス職員が売上金盗む

横浜市自動車部北部サービスセンター緑営業所の男性職員(36)が同市営バスの売上金を盗んだとして、神奈川県警に窃盗容疑で逮捕されていたことが分かりました。

市によると、緑営業所長が2月26日、同営業所の現金収入額と各バスの料金箱に記録されている金額の合計を付き合わせたところ、約200万円の食い違いが発覚。
市の調査では原因を特定できず、県警に捜査を依頼していました。

さらに、市が全営業所を対象に調査したところ、過去3年間で計約3560万円の食い違いがあることが発覚。
逮捕された職員以外にも不正に関与している人物がいるとみて調べています。

「売上金」という会社の中で最も重要なものの一つが、社内の人間に簡単に盗まれ、又、そのことがすぐに分からない(誰もチェックしない、チェック機能がない)のは会社としてのシステムに問題があると言わざるを得ません。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年4月23日)|記事URL | あとで読む

主婦万引きで実名報道なぜ?

名張署は17日、名張市の主婦(52歳、実名で報道されています)を窃盗(万引き)容疑で現行犯逮捕しました。

調べでは、主婦は同日午後2時40分ごろ、同市下比奈知のスーパーで、服やサングラス、食料品など計7点(7000円相当)をレジを通らずに店外に持ち出し、盗んだ疑いです。

万引きは犯罪ですので報道されるのは分かりますが、7000円という被害額で、主婦が実名で報道されるのはなぜでしょうか?
詳細は明らかではありませんが、手口が特殊だったのでしょうか?それとも常習犯だったとか?
単にニュースになるような事件がなかったからなのか・・・。

この報道によって、万引きで逮捕されたことが周囲の人だけでなく全国的に知られてしまいました。
万引きは犯罪ですが、「罪」に対する「罰」が重すぎるように感じます。

昨日、14歳未満の少年が起こした事件で警察に強制調査権を与える少年法改正案が成立しましたが、罪に比例した罰が与えられるべきです。
問題はあるでしょうが、罰を重くすることによって、ある程度は犯罪への抑止力となるはずです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年4月19日)|記事URL | あとで読む

大型トラック盗難防止に「見える自主機械警備システム」

こんな大きなモノを盗むの??と思えるのが「大型ダンプ窃盗」です。

3月には大型ダンプを狙う窃盗団が数名逮捕されました。
建材会社や運送会社の駐車場に止めてある大型ダンプを夜間侵入して盗み、盗んだ車両は自己保有の整備工場で分解し、主に海外に転売していたということです。

建設用重機の盗難も全国で発生しています。
海外に転売する他、ATMごと持ち去る窃盗に使用したり、金属盗難に使用したりということもあります。
車は、大型ダンプに限らず分解され海外に持ち出されることが多いのです。日本車は中古でも故障が少ないことから東南アジアや南米などでもぼろぼろになった日本製の車が走っています。

こんな大きなモノが盗まれるわけがない・・・といった思い込みは厳禁です。

先日某運送会社に納入させていただいたのが「見える自主機械警備システム」です。
敷地内に夜間侵入する侵入者を赤外線センサーが捕らえ、経営者のFOMA携帯電話に画像を送付するシステムです。
トラックの盗難防止に導入いただいたのですが、もう一つ、経営者が喜ばれたことがありました。
それは、早朝発のトラックがきちんと時間どおりに出て行っているか自宅からFOMA携帯電話で見ることができることです。
それまでは運転手が寝過ごしていないか、荷物の積み忘れがないか等が気になって会社までわざわざ見にいくこともあったそうです。
「見える自主機械警備システム」なら見たい時にいつでもどこでも動画で確認できますので安心・便利ですよね。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年4月06日)|記事URL | あとで読む

1  2  3  4  5  6  7  8  9

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?