1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 自動車盗難

防犯ブログ

6年間「会社勤め」装う…実は車上狙い/

失業したことを家族に言えず、泥棒で稼いだお金を給与として渡していた・・・ちょっと悲しい泥棒の話です。

●相模原市を中心に発生していた連続車上狙い事件で、横浜地検相模原支部は22日までに、窃盗罪で無職A被告(46)を起訴した。
津久井署によると、約6年前から盗みを続けていたが、毎朝定刻に家を出て”給料”を家族に渡す「サラリーマンのような生活」をしていたため、家族すら同被告の「昼間の顔」に気付かなかった。

3月23日午後2時半ごろ、相模原市下九沢のスーパー駐車場で、女性会社員(53)の乗用車から掛けかばんなど11点(時価2200円相当)を盗んだとしている。

今回の事件とは別の計15件の窃盗容疑(被害総額458万円)で、被告を追送検。ほか約290件については同被告が関与を認め、県警が被害届を受理しているという。

 同署によると、同被告は2002年に仕事が減ったため自ら経営する塗装会社を廃業。03年ごろから朝は作業着姿で家を出ると、乗用車のナンバーを付け替えて駐車場を回って物色。現金やキャッシュカードを中心に盗み、盗品は車中で保管していた。
 同被告は「仕事を失ったことは家族に言えなかった。犯行は生活費目的だった」などと供述しているという。
(6月23日カナロコより引用)

わざわざ朝は作業着に着替え出社。夜帰宅するという「偽の顔」を装いながら、せっせと「車上狙い」。
ナンバープレートを付け替えた乗用車で駐車場を狙って物色、とめてある自動車からバックや現金、キャッシュカードを盗む。そんな手口での犯罪が300件以上といいますから、ある意味勤勉に努めたと言えます。
そんな努力をもっと正業で行っていればと思いますよね。

こうした車上狙いのプロは、物色時に「盗みやすい車」を狙います。
ロックキーパー等防犯対策をしていない車、
●見える場所にカバンや洋服がかけてある車、
●運転席などに小銭が置かれているのがみえている車、
●ごちゃごちゃ車内が散かっている車
を狙います。

又、駐車場も、防犯対策をきちんと実施している駐車場、例えば防犯カメラがある、照明が明るい、人感ライトが付いている、警備員が常駐しているといった駐車場を避けます。
そういう犯人の心理をきちんと理解し対策を実施しましよう。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年6月24日)|記事URL | あとで読む

「スズキ・ワゴンR」狙った200件の窃盗

スズキ・ワゴンR専門?という窃盗団の犯罪被害が200件以上あることが判明しました。

●浜松市のブラジル人グループによるスズキ・ワゴンRなどを狙った連続窃盗事件で、グループが昨年から200件以上の自動車盗に関与した疑いがあることが愛知、静岡両県警の調べで分かった。両県警は2日、窃盗容疑で新たに同市東区、店員K(33)を逮捕、リーダー格の中古車販売業F(44)ら3被告=いずれも同罪で起訴=を再逮捕した。

 逮捕容疑は、5月7日深夜から8日早朝にかけて、愛知県西尾市内の駐車場から乗用車2台(計約410万円相当)を盗んだとしている。

 愛知県警によると、グループは男6人で構成。3〜4人が窃盗の実行役で、車で駐車場などを物色し、ワゴンRなど人気車を盗んだという。盗んだ車は実行役の一人が運転して浜松市南区の倉庫に搬送。F容疑者の会社を通じて外国人に売ったり、解体して部品を販売するなどしたとみられる。

 愛知県警によると08年、同県内のワゴンRの盗難被害は、トヨタ・ハイエースに次いで2番目に多かった。両県警は先月、F容疑者ら5人を窃盗容疑などの疑いで逮捕。名古屋地検岡崎支部は3人を起訴、2人を起訴猶予処分にした。
(6月2日毎日新聞より引用)

最近の外国人犯罪の特徴である「組織化」「分業化」といった特徴を持った犯罪事例です。
実行犯、見張り役、情報屋、換金役・・・役割分担をきちんと行い、組織で犯罪を行います。
この記事では掲載されていませんが、もう二つある特徴が「凶悪化」「短時間化」
外国人窃盗団の多くは武器を所有しています。ですので、犯罪の途中に出くわすと、命が危険にさらされる可能性があります。

又「短時間化」は、非常に荒っぽく侵入を行い、数分で犯行を終えることも多いということです。
ストップウオッチをもって侵入することも多いのです。

今回のスズキワゴンR盗難を防ぐには、
●駐車場の防犯力をアップさせる。
●自動車自身の防犯力をアップさせる。
を実施することが大切です。

駐車場は防犯対策を実施している防犯駐車場に留めましょう。
駐車場の防犯対策
自動車には自動車盗難防止器を設置しましよう。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年6月03日)|記事URL | あとで読む

長野・松本市で車上狙いが多発。

長野県松本市で一晩に約30台の車が車上狙いに遭った事が分かりました。

“13日午後10時ごろから翌14日午前6時ごろにかけ、松本市の南西地域十数カ所の屋外駐車場で、止めてあった車計約30台が車上狙いにの被害にあった。いずれも窓ガラスが割られ、車内にあった現金やバッグが盗まれており、松本署では手口が似ていることから、同一犯による連続車上狙いとみて、窃盗の疑いで調べている。”
【4月15日 産経新聞より抜粋】

車上狙いに遭う可能性の高い車は、
 ・カーナビが見える場所に設置してある
 ・カバンやバッグ、パソコンや書類などの貴重品が置かれている

 ・小銭が置いてあるのが見える
 ・窓が完全に閉まっていない ・・・ などの特徴が挙げられます。

また、駐車をしている環境も重要なポイントになってきます。
車上荒らしは死角を探して犯行に及びます。
防犯カメラ録画機器、犯罪者のターゲットから外す為の威嚇用機器を設置し、狙われない・狙わせない環境を整える事が必要です。

自動車の盗難防止/防犯監視カメラ
自動車の盗難が急増/防犯泥棒大百科

続きを読む

投稿者:スタッフ(2009年4月15日)|記事URL | あとで読む

車上狙いで、個人情報入りUSBメモリー盗まれる

車上狙いの被害に遭ったのに、犯罪加害者扱いとなった事例をご紹介します。

30日、公立中学校の男性教諭(28)が、生徒の個人情報を保存していたUSBメモリー1個を盗まれた。
男性教諭は5日夜から6日朝にかけて、自宅に停めていた車の中からUSBメモリーが入ったかばんを盗まれた。メモリーには、現在の勤務校や前任校の生徒72人分の連絡網、39人分の通知票の所見、259人分の成績などが入力されていた。データ保護のパスワードは設定されていなかった。

 かばんに入っていた免許証などは7日に埼玉県内で見つかったが、メモリーは発見されていない。
これまでのところ情報流出による被害は確認されていない。 男性教諭の勤務校では、個人情報を持ち出す場合、校長に許可を得なければならないが、許可を得ていなかった。
県教委は同日付で男性教諭を戒告の懲戒処分にした。
県教委は「前任校のデータの取り扱いなどを含め管理を見直し、再発防止に努めたい」としている。
(3月30日 産経新聞より引用)

自宅に泊めていた自動車が車上狙いに遭って、多分窓ガラスが割られるなどして中からかばんなどが盗まれた。
これだけなら「被害者」であったのですが、かばんの中に荒神情報の入ったUSBメモリーが入っていたため、教育委員会に報告、戒告の懲戒処分を受けるはめになってしまいました。
免許証がもどってきてそのことだけは良かったのですが、免許証などは悪用される可能性もあるため、かばんの中などに入れたまま自動車の中に置きっぱなしにしないことが大事です。

こうした被害に遭わないためには
● 自動車の中にかばんやノートパソコンなどを放置しない。
● 個人情報を持ち出さない。
● 自動車は防犯対策の十分されている駐車場にとめる。自宅の場合でもシャッター付車庫で、シャッター開閉検知センサーや人感ライト、防犯カメラなどの設置する。
● 車の中に自動車盗難防止器を設置しておく。
といったことが大事です。

車上狙い対策
駐車場のセキュリティ(防犯対策)

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年4月01日)|記事URL | あとで読む

トラック、カーナビ盗難多発。駐車場の防犯対策。

駐車場での犯罪は多発しています。

●トラック131台盗んだ4人を逮捕 被害2億円か 埼玉(3月24日産経新聞より抜粋)
埼玉県警捜査3課などは23日、窃盗の疑いで、千葉市中央区矢作町の無職男(33)=同罪で公判中=ら4人を逮捕したと発表した。
捜査3課の調べでは、容疑者らは平成20年11月13〜14日、千葉県君津市末吉の運送会社の駐車場から、トラック2台(60万円相当)を盗むなどした疑いが持たれている。平成20年2〜11月、埼玉、千葉の両県で、トラックばかり計131台盗んだことを確認。最終的な被害は約2億円に上るとみて裏付けを進めている。
調べに対し、容疑者らは容疑を認め、「盗んだ車は1台20〜30万円で、千葉県の40代のウガンダ国籍の男に売った」などと供述しているという。

●トヨタ車ばかり12台 カーナビ強奪 茨城(3月22日 産経新聞より抜粋)
20日午後4時ごろから21日午前6時半ごろにかけて、茨城県の牛久市と阿見町で、トヨタ車だけを狙った連続車上狙いが発生。計12台が被害にあい、車内からカーナビなどが奪われた。
牛久署の調べでは、事件は牛久市上柏田や阿見町荒川本郷など半径4キロ以内の地域で発生。住宅街の一軒家やアパートの屋外駐車場に止めてあった車が狙われた。
いずれも窓ガラスが割られ、10台からカーナビ10台(計100万〜200万円相当)と、現金2万円が盗まれた。2台は未遂だった。被害にあった車は警報装置などはついてなかった。

トラックごと盗まれるケースもあれば、トラックのミラーや備品を盗まれるケースもあります。
いずれにしても、朝きたら、そのトラックは使用できないという事態で、仕事に穴を開けるという最悪の結果につながることもあり、被害は盗まれたトラックや備品の価格だけでは済みません。

自動車の車上狙いによるカーナビ盗難も、被害が見付かれば警察に通報、現場検証の必要もあれば、車の窓ガラスの修繕も必要と、時間もお金もかかります。
やはり予防するための防犯対策が必要だと言えます。

警報装置などがついていない自動車が狙われ、防犯対策の不十分な駐車場が狙われていると言えます。

トラック盗難防止や車上狙い防止のための防犯対策としては、
● 駐車場への不審者の侵入を防止する外周警備を実施する。不審者が敷地内に侵入したりフェンスを乗り越えようとするとベル・サイレン・ライトで威嚇撃退し、犯行を継続させない。

● 防犯カメラを設置し、外周警備と連動し、不審者の侵入を検知すると自動録画するとともに、管理者のFOMA携帯電話に画像通報する見える自主機械警備システムを導入する。

● 駐車場はこうした防犯カメラ・外周警備・見える防犯の設置された「防犯駐車場」を選んで駐車する。防犯効果の高い駐車場。

● カーナビなどが設置している場合には特に注意する。車のボディにはカバーをかけ、カーナビで取り外しができる場合には毎回持ち帰るなど対策を実施する。車には自動車盗難警報機などを設置する。

などがあります。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年3月25日)|記事URL | あとで読む

「ごっつん盗」ベンツ盗み逃走。

強盗傷害>追突!ベンツ盗み逃走 堺で医師けが
28日午後6時25分ごろ、堺市堺区南三国ケ丘町3丁の路上を同区の男性医師(33)がベンツ(約2000万円相当)で走行中、後続の乗用車が追突。男性が車から降りたすきに何者かが運転席に乗り込み、車を盗んで逃走した。男性は転んで軽傷を負い、府警堺署は強盗傷害事件として捜査している。調べでは、追突したのは白っぽい乗用車で、この車も走り去ったという。(10月29日毎日新聞)

こういうのを「ごっつん盗」というのです。
「ごっつん盗」

こうした手口での自動車盗難。
ベンツだから・・と他人事のように思わないでください。
自動車盗難は高級車ばかりを狙ってはいません。
「ハイエース」とかが泥棒には人気?なのです。なぜかというと、海外で日本のハイエースは、つぶれない、よく走る、何でも荷物を載せることができ便利・・といったことで高く売れるからです。

「ハイエース」数百台、組幹部ら6人逮捕 愛知というニュースも出ています。
トヨタ自動車のワゴン車「ハイエース」の窃盗を組織的に繰り返した山口組系暴力団幹部T(39)ら男女6人が窃盗などの疑いで逮捕されました。愛知県内では07年1月〜08年9月にハイエースが約650台盗まれ、県警はT容疑者らが相当数関与したとみて調べています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年10月29日)|記事URL | あとで読む

軽トラックで山中に4年。“山男”捕まる

“出所後に山中で4年間、軽トラックで生活し楽しみはカーラジオ−。滋賀県警東近江署は14日までに、軽トラを盗んだ疑いで、住所不定、無職の男性容疑者(56)を逮捕した。

同署によると、同容疑者は刑務所を出た約4年前から、滋賀と三重の県境沿いに連なる鈴鹿山脈に、数カ所の車の隠し場所をこしらえて転々。山中の消防団倉庫にあるカップめんを盗み、車荒らしをして得た現金で買い物をし、パチンコもしていた。荷台のガスボンベからホースを車内に引き込み、助手席に設けたこんろで調理。運転席でカーラジオを楽しみ、寝ていた。周辺ではこの4年間に軽トラを中心に計約20台が盗まれたといい、同容疑者の関与を調べている。

調べでは、平成18年、滋賀県甲賀市で鍵付きの軽トラ1台を盗んだ疑い。”

(2008年10月14日 産経新聞より抜粋)

出所後に軽トラックを盗み、車内で生活。鈴鹿山脈を転々としていた男が逮捕されました。
この男、トラックを盗んだだけではなく、消防団倉庫からカップめんを盗んだり、車上荒らしをして現金を手に入れたりしていたようです。
また、トラックをただ盗むのではなく、細い山道でも逃走できるよう小型の車輌ばかりを選んでは盗み、乗り捨てるという事を繰り返していました。

別の新聞記事によりますと、山あいの地域では車にキーをつけたまま農作業をする事が多く、今回の事件もそれを狙って軽トラックや軽ワゴンを盗んでいたようです。
この周辺では過去4年間に約20台が車輌盗難被害に遭ったということです。
車を取られないようにするためには、まずきちんと施錠しキーをしっかり持っておくことが大切です。

◎セキュリティハウスの防犯対策 ⇒ 自動車盗難

続きを読む

投稿者:スタッフ(2008年10月17日)|記事URL | あとで読む

宮城、福島で210台。自動車窃盗団の手口

宮城県警捜査三課と泉、亘理両署は15日までに、窃盗や盗品保管などの疑いで、仙台市太白区鈎取1丁目、自動車板金塗装業男(35)ら自動車窃盗グループの男8人を逮捕しました。
グループは2004年12月以降、宮城、福島両県で二百十数台の盗みを重ねたと供述しており、被害総額は約2億3000万円に上るとみられます。

 調べでは共謀し5月23日深夜、角田市の月極駐車場で、軽自動車2台(計約180万円相当)を盗んだ疑い。

 県警によると、仙台市や名取市など宮城県内を中心に、アパートやマンションなどの駐車場を狙い、施錠した車のドアや窓ガラスなどを壊して車内に侵入。電気系統に細工するなどしてエンジンをかけ、車を持ち去っていた。

 グループは男ら2人が指示を出し、下見役や盗難車の運転手役、盗難部品の保管役など役割を分担。各容疑者が共謀するなどして犯行を繰り返していた。安値で買い取った事故車に盗難車の部品を付け替えて修理、オークションに出品するなどして利益を上げていたという。

(10月16日河北新報より抜粋)

自動車盗難を防止するためには、自動車そのものを盗難されにくくする方法と、駐車場を盗難されにくくする方法があります。
自動車そのものを盗難されにくくする方法としては、自動車盗難防止装置などを設置する。
駐車場の防犯対策としては防犯カメラの設置、人感ライトでの照度アップ、赤外線センサーによる外周警備などがあります。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年10月16日)|記事URL | あとで読む

カーナビ窃盗団

トヨタ純正カーナビ窃盗団 京都府警、容疑で8人目逮捕 

トヨタの純正カーナビを狙った広域窃盗グループ事件で、京都府警捜査三課と伏見署などは18日、盗品等有償譲り受けの疑いで、大阪府富田林市高辺台、雑貨販売業男T(42)を逮捕しました。
同グループの逮捕者は8人目。府警は近畿など7府県でカーナビ盗など約580件(被害総額計約1億6000万円)の犯行を裏付けました。

 ■7府県で1億6000万円
 調べでは、昨年12月3日未明、堺市のコイン洗車場で、暴力団組員(34)=窃盗罪で公判中=らから、盗品のカーナビ3台を約10万円で買い受けた疑い。調べに対し、容疑を否認しているという。
 府警はT容疑者の富田林市内の貸倉庫からカーナビ約150台を押収。T容疑者らがインターネットのオークションで販売していたとみて追及するということです。(8月18日京都新聞より抜粋)

トヨタは車の窃盗団に人気なら、カーナビも人気のようです。
自動車やカーナビなどの部品を盗まれた後は、
1)バラバラに分解して海外に船で運び、又組み立て販売する。
2)インターネットオークションで販売する。
といった方法で換金されます。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年8月20日)|記事URL | あとで読む

たばこ好きな車泥棒、盗んだワゴン車修理に出し御用

<6月20日12時2分配信 毎日新聞より一部抜粋>

『19日午後2時ごろ、千葉市稲毛区の自動車用品店で、「不審なナンバープレートを付けたワゴン車が修理に来ている」と110番があった。

駆け付けた千葉北署員が、後部ナンバープレートのねじが取り換えられているワゴン車を発見。
店内で修理が終わるのを待っていた住居不定、無職の男(38)を窃盗容疑で緊急逮捕した。
「勤務先で車を盗み、土地勘のある千葉に遊びに来ていた」と容疑を認めている。
ナンバープレートは、千葉県内で盗まれたものだった。

調べでは、10日午後7時ごろから11日午前5時50分ごろの間、
勤めていた川崎市幸区の土建会社の駐車場から社用のワゴン車を盗んだ疑い。
盗んだ後、ワゴン車のシガーライターが壊れ、たばこを吸うために修理に持ち込んだという。
他に2人の男が乗っていたが、110番通報に気付き逃走した。』

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年6月20日)|記事URL | あとで読む

1  2  3  4  5  6  7  8

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?