1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 犯罪情報

防犯ブログ

窃盗や強盗の刑法犯が増加 静岡

4月18日産経新聞によると、静岡県で窃盗や強盗の刑法犯が増加していることがわかりました。

●静岡県内の1〜3月の刑法犯認知件数は1万344件。前年同期より281件増加。平成14年から年々減少していた同認知件数が増加傾向に転じており、県警は「不況の世情を反映してか、特にひったくりや強盗といった犯罪が増えている」と注意を呼びかけている。
●刑法犯のうち、特に窃盗(前年比444件増)と強盗(同26件増)の認知件数が急増
強盗では路上強盗(同11件増)やコンビニ強盗(同7件増)が多発し、窃盗では車上狙いや部品狙い、万引のほか、ひったくりや空き巣、出店荒らしの増加が目立った。
●殺人や婦女暴行、放火といった重要犯罪は前年より減少。振り込め詐欺被害も、前年より62件1億1870万円少なかった。
(静岡県警刑事企画課まとめ。産経新聞発表記事より抜粋)

まだ全国区の発表は警察庁からありませんが、毎日のように窃盗ニュースを追いかけている私の感じるところでは、昨年度秋以降、強盗、窃盗は増えていると感じます。
特に強盗は、「派遣切り」などで職を失い、財布の中の所持金が数十円、食べるのに困って・・といったニュースを多く目にします。そういう強盗はそれ以前はあまり目にしなかったので、マスコミの報道の影響もあるでしょうが、実際に今まで普通に過ごしていた人が切羽詰って犯罪を犯すケースが増えているように考えます。

犯罪者が犯罪を起こしにくい環境をつくれないと犯罪者がどんどん生まれてきます。
犯罪者が多い地域にますます犯罪者が寄ってきます。
なぜなら、犯罪者は防犯意識の低い地域を選んでいるからなのです。

被害者にならないということは、加害者を作らないということになります。
犯罪が起こしにくい環境「防犯環境設計」を行うことで、犯罪者が犯罪しにくい環境を作ることが最も重要です。

今「犯罪は地方の時代」です。
防犯意識の低い地方で稼いで、アジトのある都市で換金する。ヒットアンドアゥエイと呼ばれるプロの窃盗団の動きがあります。
そこに、職を失い生活に困って犯罪を起こそうかとする素人の犯罪予備軍が増えてきている。その犯罪予備軍を犯罪者にしてしまうか、しまわないかは、政治もあるでしょうが、地域に住む我々一人一人の防犯意識、防犯対策も大いに関係してくるrと思います。

最近の犯罪手口と防犯対策
一戸建て防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年4月23日)|記事URL | あとで読む

パチンコ店高額窃盗事件の犯人、逮捕へ

4月7日の防犯ブログでも紹介した、パチンコ店金庫からの多額窃盗事件ですが、容疑者が逮捕されました。

神奈川県警平塚署は10日、勤務先のパチンコ店から現金約2000万円を盗んだとして、男性従業員(23)を窃盗の疑いで緊急逮捕した。男性店員は、9日深夜に同署に出頭した。
容疑は、6日午前5時ごろ、勤務先のパチンコ店「ZaZa平塚店」の大型金庫から、売上金など約2000万円を盗んだとしている。現金は同店駐車場の倉庫に隠し、使っていなかった。
【4月10日 毎日新聞より抜粋】

盗まれた状況などから内分犯行ではないかとも思われていましたが、それが現実のものとなり、残念な結果となってしまいました。
逮捕された男性従業員は、「店長との人間関係がうまくいかず、困らせようと思った」と供述しているという事です。
犯罪者の多くが、「お金に困って」や「むしゃくしゃして」等の利己的な理由から犯罪を犯します。
今回の犯人もそういったケースに該当しますが、困るのは店長だけでなく、自分の家族をも悲しませる結果になってしまう事を、彼は考えなかったのでしょうか。

続きを読む

投稿者:スタッフ(2009年4月10日)|記事URL | あとで読む

合鍵を使って部屋に侵入→下着盗難

先日も似たような事件をご紹介しましたが、またも不思議な事件が発生しました。

"岡山県警岡山東署は1日、住所不定、無職の容疑者を住居侵入と窃盗の疑いで逮捕したと発表した。容疑を認めていると説明している。
発表によると、同容疑者は2月27日夜、岡山市南中央町のマンションに住む女性店員(20)の部屋に合鍵を使って侵入、女性と友人女性の下着など衣類7点(5,100円相当)を盗んだ疑いが持たれている。
28日午後4時45分ごろ、帰宅した女性店員が自分の下着やジャージーなどを身につけた同容疑者を部屋の前で発見、110番通報した。同容疑者と被害女性は面識がなかったといい、同署は合鍵の入手経路などを調べている。"
【朝日新聞3月2日より抜粋】

空き巣の被害手口は、1位がガラス破り、2位が無締まり、施錠忘れ。そして3位が合鍵を使っての侵入と続きます。
この容疑者は合鍵を使って侵入したようですが、一体どこから入手したのでしょうか。
泥棒はとかく鼻が利きます。合鍵を玄関近くに隠したりしていると、必ず見つけられてしまいます。
狙われない為には、狙わせないよう隙を作らないことが重要です。

■セキュリティハウスサイト:侵入窃盗

続きを読む

投稿者:スタッフ(2009年3月02日)|記事URL | あとで読む

家に侵入、盗んだ服着て逃走→金目のものは盗らず

見つかる危険を冒してまで盗みたかったものは何だったのでしょうか。

“留守宅に侵入し、衣類を盗んだとして、警視庁浅草署は窃盗と住居侵入の現行犯で住所不詳、自称無職の50代男性容疑者を逮捕した。
 同署の調べによると、この容疑者は23日午後5時45分ごろ、東京都台東区浅草のビル3階にある会社役員の男性宅に侵入、自分の来ていたジャージーなどを脱ぎ捨て、高級ダウンジャケットやイタリア製マフラー、下着など衣類14点(11万3000円相当)を身につけて盗んだ。
 部屋に戻ってきた男性の妻が容疑者を発見し、110番通報。服を着たままエレベーターで逃げようとし容疑者を、駆けつけた同署員が取り押さえた。所持金は10円だったが、服以外の現金や貴金属などは盗んでいなかったという。”
【産経新聞 2月25日記事より抜粋】

通常の犯行とはターゲットがちょっと違ってますね。
所持金はわずか10円だったのに、現金や貴金属等の金目のものは盗らず、衣類だけを狙う。
この男にとっては金目のものの誘惑より、寒さの方が勝っていたのかもしれません。
しかし、他人に衣類を一式盗まれて着られるというのは(しかも下着まで!!)、気持ちのいいものではありませんね。
こういった目に遭わないよう、日頃からしっかりと防犯対策をやっておきましょう。

■セキュリティハウスの防犯対策:【ホームセキュリティ
★留守がちでドコモの携帯電話を使っている方へはこちらをおすすめ↓
■セキュリティハウスの防犯対策:【見える防犯 自主機械警備システム

続きを読む

投稿者:スタッフ(2009年2月25日)|記事URL | あとで読む

カギ、忘れてませんか?

今朝ニュースで見つけた3つの事件。共通点は「カギ」でした。

●千葉市中央区のデパート「そごう千葉店」駐車場で、カギがついたままの市川市の男性会社員(20)のワンボックス車が盗まれた。気づいた男性は警察に通報。付近の別の店に停めてあった被害車輌を発見し、容疑者を逮捕。「金がなかったので足代わりにするため盗んだ」と供述。
(2月20日産経新聞より一部抜粋)
●無免許で運転していた車が雪で立ち往生、困った男は別の車で引っ張り出そうと近くの会社からワゴン車を盗んだ。車はカギがついたままだったという。 しかし現場に向かう途中、丁字路で軽トラックと出合い頭に衝突。運転していた男性に首と腰にけがをさせたまま逃げた疑いで、1月27日に逮捕されていた。
(2月18日朝日新聞より一部抜粋)
●さいたま市南区の6階建てマンション3階の男性会社員宅に、無施錠の格子窓から侵入し、現金約9万7000円が盗まれた。容疑者は細身で、無施錠の格子窓から格子を1本外し、そのすき間から室内に侵入していたという。
(2月20日産経新聞より一部抜粋)


例えばちょっと郵便局やコンビニへ・・・とエンジンをかけたまま車を離れたり、施錠をせずに車を離れたりしていませんか?
そんな一瞬のゆるみが、あっという間に車を持ち去られたり車上荒らしに遭ったりという、嫌な結果を招く事があります。
最近の車はキーレスエントリーシステムが採用され、そういったケースも減りつつあるのでしょうか。
それでも車内にカギを置き忘れないようご注意ください。

窓の格子を過信し、無施錠のままの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、空き巣の被害手口第2位は、無締まり、施錠忘れなのです!
(ちなみに1位はガラス破り。3位は合鍵を使っての侵入と続きます)
風呂場やトイレ、台所の窓にしっかりカギがかかっているか、もう一度しっかりご確認を。

■最新の犯罪情報:「無締まり
■セキュリティハウスの防犯対策:「駐車場のセキュリティ
防犯監視カメラサイト:「愛車を守るセキュリティ

続きを読む

投稿者:スタッフ(2009年2月20日)|記事URL | あとで読む

小中学校でリコーダー盗難相次ぐ

兵庫県下の小中学校において、笛やリコーダーが相次いで盗難に遭っています。
いずれの手口も校舎窓ガラスを割って校内へ侵入しており、警察では同一犯の可能性を視野に入れて捜査を進めているとの事です。
恐らく転売目的の犯行ではないかと推測できますが、それにしても最近はこういったフェチ事件が多いですね。

今回の事件は盗難事件ですが、学校において、障害や殺人などの凶悪犯罪が起こるケースが残念ながら増加しているように思います。
しかし防犯 対策はなかなか進んでいないのが現状でもあります。
また、学校の窓をいたずらに割ったりする事件も定期的に起こっていますが、こういった状態を放置しておくと学校自体の風紀が悪化し、落書き等のいたずらを引き起こすケースもあります。
そういった状況を防ぐ為にも、特に夜間等無人になってからの防犯対策を行う必要があります。

●セキュリティハウスの防犯対策:『教育施設向けセキュリティ』
●セキュリティハウスの防犯対策:『外周警備システム』

“18日午前7時15分頃、兵庫県加古川市尾上町口里の市立浜の宮小で、校舎1階の窓ガラス2枚が割られており、職員が女性職員用更衣室などを確認したところ、体育の授業で使うホイッスル4個がなくなっていた。
 同校から南に約300メートル離れた市立浜の宮中でも同日朝、教室などの窓ガラス計8枚が割られているのが見つかり、女子生徒らのリコーダー4本が盗まれていた。加古川署は窃盗容疑で捜査している。
 発表によると、両校とも17日午後9時頃、職員が校舎内を見回った際に異状はなかったという。
 また、同市内の市立平岡小で17日、ホイッスル6個が盗まれたほか、これまでに、同市に隣接する播磨町の町立播磨南、播磨両中でもリコーダー計15本が盗まれる事件があった。”
【読売新聞:2009年2月18日記事より抜粋】

続きを読む

投稿者:スタッフ(2009年2月19日)|記事URL | あとで読む

千葉県 女性ばかりを狙ったひったくり100件、570万円の被害

千葉県内で女性ばかりを狙って約100件のひったくりを繰り返していた男が逮捕されました。
被害は、現金約250万円のほか、バッグや財布など400点、あわせて570万円相当にのぼるということです。
女性ばかりを狙ったということですが、理由としては、抵抗された場合でも盗みやすい、追いかけてこない可能性が高いなど色々と考えられます。
女性や高齢者、子供など自分より弱い者を狙う犯行があります。

女性の防犯対策
老人を狙った犯罪

泥棒も同じです。
他の家や店よりも侵入しやすいところを事前の下見で探し出して犯行を行います。
当然ですが、防犯 対策がされていないところの方が容易に犯行を行うことができます。
つまり、事前に防犯 対策を行っておけば、下見の段階で泥棒のターゲットから外れる可能性が高くなるということです。

<2月5日23時12分 フジテレビFNNニュースより>

『千葉県内で2008年1月から女性ばかりを狙い、あわせておよそ100件のひったくりをはたらいた男が逮捕された。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年2月06日)|記事URL | あとで読む

続発するタクシー強盗 防犯板の設置率向上を県警が呼び掛け

続発するタクシー強盗 防犯板の設置率向上を県警が呼び掛け
昨年末から大阪府などでタクシー運転手を狙った強盗事件が相次ぎ、岐阜市内でもタクシー会社や運転手の間で緊張が高まっている。県警は運転席後部の防犯板の設置率を上げるよう各タクシー会社に呼び掛け、近く防犯訓練も行う。
 昨年末から今年初めにかけ、大阪府の東大阪市や松原市で連続して発生したタクシー強盗は、運転手の首を刃物で切り付ける残忍な手口。同府内では、ほかにも数件タクシー強盗が発生している。
 繁華街の柳ケ瀬近くの岐阜市神田町で客待ちしていた日の丸タクシー(同市神田町)の運転手丹羽信介さん(59)=同市黒野=は「わずか2、3万円のために命を奪うなんて信じられない」と憤る。丹羽さんの勤務時間は通常午前7時から午後7時まで。「夜は乗らないので危険は少ないが、用心しないといけない」と警戒する。
 日本タクシー(同市鶴田町)では、連続強盗を受け、防犯カメラの設置を検討している。同社は「防犯カメラを嫌う人も多いが、物騒な世の中なので」という。
 岐阜名鉄タクシー(同市大黒町)は2004年、運転手が包丁で刺殺され、売上金を奪われるという強盗殺人に遭った。事件以降、同社は防犯板を設置し、現在は全車に付いている。
 しかし、個人タクシーでは防犯板の設置がまだ徹底されていないのが現状だ。
 「後頭部の部分だけでは意味がないと思うので付けていない」と話すのは個人タクシーの太田金作さん(60)=岐阜市雪見町。太田さんは「これまでは大丈夫だったが、これだけ景気が悪くなると岐阜でも強盗があるかも」と不安な表情を見せた。
 県警生活安全総務課によると、県内でのタクシー強盗は2006年を最後に発生していないが、同課は「防犯板は後ろから羽交い締めにされることを防げる」と、各社に設置率の向上を呼び掛けている。
(1月28日中日新聞)

タクシーの防犯対策を考えるように日本もなったということです。アメリカなどでは当たり前かもしれませんが・・・。
防犯カメラも防犯板も効果があるでしょうが、やはり運転手の方がどう対応するかが重要です。
車を駐車した時点ですぐにシートベルトをすぐに外すことで、いざというときに逃げられるということを先日ニュースで行っていました。番号を表示しない電話からの送迎依頼には対応しない、乗車前にお客様の顔、目をしっかり見るといったことも必要だと思います。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年1月28日)|記事URL | あとで読む

大学生はん、あきまへんえ

先日より関東や関西の著名な大学の大学生が大麻所持や販売で逮捕されるといったニュースが流れ、「どうなっているんだ」と感じられた方も多いと思うのですが、本日目にした犯罪情報も大学生の犯罪。
「大学生はん、ちゃんとしなあきまへんえ」

●万引き:家電130点 大学生を起訴−−福島 /福島
福島署は6日までに、福島市内の家電量販店で家電130点を万引きしたとして、青森県私立大学生(20)を窃盗容疑で逮捕し、福島地検が窃盗罪で起訴した。
 起訴状によると、8月16〜27日の計3回、福島市御山の「ヤマダ電機テックランド福島店」で、ヘッドホンやビデオケーブルなど計130点(計約147万円)を万引きした。
 同署の調べでは、商品に付いた防犯用タグを外し、紙袋に入れ店外に持ち出したらしい。盗んだ商品の一部をインターネットのオークションで売っていたとみられる。当時、福島市内の実家に帰省していたという。
(11月7日毎日新聞より抜粋)

●<自転車盗>大学生京都市の検挙者、3割占める。
学生の街、京都で自転車窃盗事件が年々増加、検挙者の約3割を大学生が占めていることが分かった。中国製の安い自転車が出回り防犯意識が低下していることが背景、という声もあり、「昔は自転車は貴重品で大事にしたもんや」(森毅・京大名誉教授)と嘆く声も。府警が大学と連携して「自転車盗撲滅キャンペーン」に乗り出す事態になっている。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年11月11日)|記事URL | あとで読む

公園が危険!安全な日本はいったい何処へ

昨日、小学1年生の男児が公園で殺害される事件がありました。
安全な国日本はいったい何処へいってしまったのでしょうか。

事件の内容をみると、
母親がトイレに行きちょっと目を離したすきにいなくなったとのこと。
少し目を離したすきに事件に巻きもまれる事件は確かにありますが、
それが公園で事件が発生するとは、考えられません。
夜間ならともかく、明るいうちの出来事。
周辺には多数の方がいたと思います。その中での犯行。信じられません。
子どもたちにとって安全な場所とは何処なのでしょうか?
公園すら、子供たちだけで遊べない状況ではないでしょうか。

安全な環境を守るためにも、犯罪者を早期に捕まえることも重要です。
事件があった周辺には、多数の防犯カメラが設置されていると思います。
近隣のコンビニエンスストアの屋外用防犯カメラ。街中の街頭にある防犯カメラ。
その他、いろいろなところに防犯カメラが設置されていると思います。
その一台一台のカメラ映像を確認し、不審者の特定を急いでもらいたいです。
不審な人物を特定できたら、その映像を公開し、即犯人逮捕につなげていただきたいです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年9月19日)|記事URL | あとで読む

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?