1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 侵入手口(店舗)

防犯ブログ

焼き肉店から金庫盗まれる 車でけん引して持ち出す?

16日午前6時35分ごろ、八千代市村上南5の焼き肉店「凱旋門村上駅前店」で、男性店長(35)から「現金371万円の入った金庫が盗難にあった」と110番がありました。
八千代署員が駆けつけると、店舗内の事務室の窓が割られ、金庫の四隅を床に固定するボルトが外され金庫がなくなっており、同署は窃盗事件として調べています。

同署によると、金庫は縦横50センチ、高さ70センチで重さ170キロ。
現金は13?15日の売上金だったということです。
店長は店内のソファで午前3時ごろ仮眠をとり、約3時間後に目覚めて事務室に入り金庫がないのに気づいたという。
窓の外の店の駐車場には午前5時ごろ市内の別の場所で「盗まれた」と通報があった2トントラックがエンジンをかけたまま止まり、窓の下のアスファルトはへこんでいたということです。

近隣の複数の住民が午前5時すぎ、「ドスン」という音を聞いているといい、何者かが窓から侵入し、盗難車で金庫をけん引し運び出し、別の車などで持ち去った可能性があるという。
<8月17日11時58分配信 毎日新聞より>

店長が店内のソファで眠っているにも関わらず、気付かれずに金庫が盗み出されました。
金庫を車でけん引し窓から運び出し、別の車に乗せて持ち去る手口と考えられています。
重さ170キロの金庫を窓から下ろすのに、人に気づかれずに行えるものでしょうか?
よほど手なれたベテランの泥棒たちの犯行なのかもしれません。

建物内には防犯センサーや防犯カメラなどの侵入者対策はなされていなかったのでしょう。
建物内に入ってしまえばこっちのもので、悠々と犯行を行った可能性があります。
被害者の方も金庫に入っているから安心、これが盗まれることはないだろうという油断があったのかもしれません。

昔は金庫と泥棒と言えば、金庫を解錠して中の金品を盗み出そうとする泥棒のイメージがありますが、最近の犯行では、金庫ごとそのまま盗み出すという非常に大胆で荒々しい手口が目立ちます。
室内や建物が壊れる、物音が出ることは無視した犯行とも言えます。

目立つことを避けるより、いかに短時間で犯行を済ませられるかを重視した手口が増えています。
10分以内、短いと5分、3分で犯行を終える泥棒も珍しくありません。
つまり、仮に警察官が5分で駆けつけたとしても、泥棒に逃げられている可能性があるということです。
短い時間で犯行を済ませれば、捕まる可能性も低くなると考えているのでしょう。

泥棒に対して効果的なのが、「時間稼ぎ」対策です。
鍵を二つつける = 「侵入」するのに時間がかかる
扉やガラスを破壊されにくい材質に変える = 「侵入」するのに時間がかかる
金庫に保管する = 金品を「盗み出す」のに時間がかかる

さらに積極的な対策が、泥棒を「抑止する」「威嚇する」対策です。
防犯カメラをつける = 「見られている」と思わせ、その場での犯行を思い留まらせる(抑止)
防犯センサーをつける = 「侵入」するのは危険だと思わせ、その場での犯行を思い留まらせる(抑止)
警報ベルをつける = 侵入したら音が鳴って騒ぎになる(威嚇)。「侵入」のは危険だと思わせ、その場での犯行を思い留まらせる(抑止)

これらの対策はどれか一つを実行すれば完璧というものではありません。
現場の状態に応じて複数の対策を組み合わせることでより効果的な防犯対策となります。
金庫に保管するというのも時間稼ぎ対策としては優秀だと思いますが、それだけだと今回のように破られてしまう危険性が高いということです。
ストアセキュリティ(店舗の防犯対策)

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年8月17日)|記事URL | あとで読む

九十九里の宝飾品で1800万円窃盗被害

25日午後8時20分ごろ、千葉県九十九里町粟生の「貝塚時計店」で、ガラスケース内の指輪やネックレスなどがなくなっているのを経営者(50)が発見、110番しました。計約300点以上(1800万円相当)がなくなっており、店内に足跡2人分 複数犯とみて捜査をしています。


●千葉県九十九里町の貝塚時計店から25日、指輪とネックレスなど合計約300点以上(1800万円相当)が盗まれた事件で、店内から少なくとも2人分の足跡が確認されたことが、東金署への取材で分かった。同署は複数犯の可能性が高いとみて、窃盗容疑で捜査している。
 経営者の貝塚正誠さん(50)は同署の調べに「知人の通夜に出席するため、午後6時半から8時20分まで不在にしていた」と話し、帰宅するとガラスケースの中の指輪などがなくなっていたという。住宅兼店舗1階の店舗裏側にある作業場の窓ガラスが割られていて、同署は犯人の侵入経路とみて調べている。
(6月27日 毎日新聞より引用)


犯人グループは住宅兼店舗1階裏側にある作業場の窓ガラスが割って侵入しています。
経営者は知人の通夜に出席するため、午後6時半から8時20分まで店を不在にしていたということです。
ただ、このニュースでは警備システムなど防犯対策としてどうしたものが導入されていたのかは記載されておりません。
いずれにしても、侵入者がガラスケース内の商品300点を持ち去っているところからも、不十分であることといえるのではないでしょうか。

宝石貴金属店の場合には、侵入されてしまうと被害額は高額になります。
被害を未然に、最小に押さえるようにする必要があります。
そのためには、泥棒が犯行を安易に継続しにくいようにする必要があります。
まず、侵入した瞬間に「大音量」の複数のサイレンや防犯ベルで、その場で音による威嚇撃退を行います。泥棒はその音で自分の犯行が気づかれたことを知ります。誰かに顔を見られる可能性が出てきたことを知ります。これは泥棒にとっては最も嫌なもの、つまり「安全性」を脅かすことになるのです。

そして同時に、宝石貴金属店向けにお勧めしたいのが「フォグガードによる霧の噴射」です。
数秒で霧で店舗内を真っ白にします。
想像してみてください。侵入いようとした瞬間に、何箇所から大音量のサイレン・ベル。
そして、白い煙が店内に充満して視界がなくなる・・・。
こんな状態でそのまま犯行を継続するのが非常に困難であることがご理解いただけたと思います。
犯行を継続させない自主機械警備システムNEXT

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年6月28日)|記事URL | あとで読む

札幌 百貨店の宝飾売り場から1500万円相当の商品盗まれる

24日午前9時半ごろ、札幌市中央区南1条西の百貨店「丸井今井札幌本店一条館」の8階宝飾品売り場で、高級腕時計や宝石類が盗まれているのを出勤してきた店員が見つけ、110番しました。
札幌中央署は窃盗事件として捜査しています。

同署によると、盗まれたのは高級腕時計三十数点(1500万円相当)と宝石類。
売り場近くの壁に穴が開けられていたほか、窓ガラスやショーケースが割られていました。
<6月24日16時30分配信 時事通信より>

売り場の壁には直径40?50センチの穴が開いており、大通館につながる連絡通路の天井の窓ガラスも割られ、そこからザイルが垂れ下がっていたということです。
警備員が前日午後9時半ごろ巡回した際には異常はなかったということですから、その後の犯行ということでしょう。

百貨店の防犯対策ともなれば、警備員の常駐、防犯カメラシステムの完備、万引き防止器の設置など相当高いレベルのセキュリティシステムが導入されていると思われます。
そうなると、普通の侵入手口・方法では成功しない確率が高くなります。
泥棒側も工夫し、壁を破って侵入するという大掛かりで特殊な手口を選択することがあります。

また、防犯カメラなどに映像が記録されることも承知の上での犯行ということが多いでしょう。
これは、犯行がうまくいけば高価な貴金属類、今回のように1千万円を超えるものを盗むことができるからです。
貴金属店やパチンコ店、金融機関など高価な商品や大金を保管しているところは、防犯対策(防犯センサーや防犯カメラシステム)をしているから安心、大丈夫とは言えない場合があります。

向こう(泥棒)も多少の危険性(リスク)は承知の上での犯行ですから、より強力で効果的な防犯対策が必要となります。
そうでなければ、犯行を防ぐこと、被害を最小限に留めることは難しくなります。
この場合、侵入者が発生した時点で防犯カメラで映像を記録する、ベルを鳴らすなどの受け身の防犯対策では犯行を防ぐことが難しいでしょう。
強制的にそれ以上の犯行を続けられないようにする対策が有効になります。

人体には無害の煙を噴射し、泥棒の視界を遮断します。
犯行を継続しようにも何も見えなくなってしまえばどうしようもありません。
壁破り対策システム

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年6月24日)|記事URL | あとで読む

神奈川 貴金属店から商品2000万円盗まれる わずか10分の犯行

18日午前4時50分ごろ、神奈川県藤沢市辻堂の「リサイクルブティック ミキ」で、店内のガラス製ショーウインドーが壊され、指輪や時計、ネックレスなど約70点(計2000万円相当)が盗まれているのを、警備会社からの通報で駆け付けた県警藤沢署員が見つけました。
同署が窃盗事件として調べています。

同署によると、店舗裏の従業員出入り口のアルミ製ドアが、工具のようなもので破られていました。
店内のセンサーが異常を感知し、同4時40分ごろ警備会社に発信。
署員が到着する10分弱の間に、盗まれたとみられています。 
<6月18日16時34分配信 時事通信より>

ガラス製のショーウインドーが壊され、中の貴金属類が盗まれたということです。
閉店後も商品をそのままにしていたこともまずかったかもしれません。
かと言って、金庫に保管していたら万全とも言えないでしょう。

宝石・貴金属店には、数千万円もの商品を置いているところが多いはずです。
泥棒も知っていますから、多少の障害、つまり防犯対策がされていようとも関係なく犯行に及びます。
それに対抗するには、防犯システム+αの対策が必要になります。
防犯システムがついているから大丈夫、金庫に保管しているから大丈夫という過信が思わぬ被害を招くことがあります。

普通に施錠し、金庫に保管という程度では、間違いなく被害に遭う可能性が高いと言えます。
特に、宝石・貴金属店や自動車取扱業種など多額の金品を置いているところは注意が必要です。
防犯システムや防犯カメラがついていても被害に遭うほどですから。
2つ、3つの防犯対策を組み合わせてより強力な効果を発揮するシステムの構築が必要となります。
壁破り対策システム
貴重品保管(防犯対策)

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年6月18日)|記事URL | あとで読む

帯67本を盗み転売。商品管理システム保守請負会社社長。商品データを消し犯行隠蔽

西陣織の高級帯67点を盗んだ社長が逮捕されました。 
帯を盗む、というのもあまり聞きませんが、商品データを消しこむ隠蔽工作までしていたようです。


●西陣織の製造会社から高級帯を盗んだとして、京都府警上京署は28日、同社の商品管理システムの保守を請け負っている会社社長男(54)=京都市南区吉祥院西浦町=を窃盗容疑で逮捕した。
被害は袋帯67本(販売価格977万円)に上っており、同署は関連を調べる。

 容疑は今年1?3月、同市上京区の製造会社商品展示場で袋帯2点(同32万円)を盗んだとされる。「生活費に困り、他にもやった」と認めているという。

 容疑者は金銀糸を使った高級品を狙い、質店で換金。
ばれないよう被害品の会社データを消去していた
製造会社の社員が、会社データにない自社製品が中古市場で出回っているのを見つけ、発覚した。
(5月29日毎日新聞より引用)

会社の商品管理システムの保守を請け負っていたので、盗んだ商品のデータを消しこんだのだと思います。自社製品が中古市場で売られていたのを見て発覚したようです。
今呉服業界も、インターネットなどでの安価に販売するサイトも多数あり、又中古や新中古、訳有・・といった商品を売る店やサイトがあるなど非常に多彩になってきています。ネットオークションなどもあります。
中古商品の取扱いも増え、こうした盗品の換金ができやすい環境ができていることがこの窃盗の背景にあります。

「請負業者などが窃盗する」といったケースをよく耳にします。
商品だけでなく、データなどが抜き取られる可能性もあります。
こうした犯罪には、きちんと防犯対策を行っていることで「抑止」していくことが必要です。
鍵の保管、入退出管理、機密書類の保管管理、商品管理・・・こうしたことがずさんな会社では簡単に犯行を行うことができます。社員や元社員、請負社員、派遣社員などが「借金で生活が苦しくて」といった状況で魔が差して最初の犯行を行ってしまう、といのは、きちんとした防犯対策がなされていないことが引き金になるケースがあるのです。

このニュースでは、どういう方法で盗んだか?が記載されていませんでした。
いずれにしても、商品の持ち出しがされても気が付かない、というのは大きな問題です。
休日だったのか、請負業務をしているときだったのかはわかりませんが、1点あたり数万?数十万もの金額の商品を置いているのだということをもう一度考え、商品の管理体制を整える必要があります。

自主機械警備システムNEXTで、夜間、休日などの不審者侵入を検知すると同時に、その場で大音量の音で威嚇撃退するのはもちろんのこと、いつ誰がセット解除したかのメールを受信できるシステムをお勧めします。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年5月31日)|記事URL | あとで読む

出店荒らし、自動車盗など452件。

452件の窃盗を繰り返していた窃盗団の出店荒らしなど452件、容疑で男ら最終送検 大阪府警


●大阪を中心に7府県で出店荒らしなどを繰り返したとして、大阪府警捜査3課は20日、窃盗などの疑いで、大阪府岸和田市磯上町、無職男(42)ら男女計7人を逮捕、最終送検したと発表した。
平成17年1月?21年6月の出店荒らしや自動車盗など452件(被害総額約1億5千万円)を裏付けたという。

 逮捕・送検容疑は、20年7月、大阪市平野区の自動車販売店で、展示中のキャンピングカー1台(約500万円相当)を盗んだなどとしている。

 容疑者らは自動車販売店を中心に窃盗を繰り返し、盗んだ車を短期間で乗り捨てて次の犯行に及んでいたという
(5月20日 産経新聞より引用)

自動車販売店への侵入窃盗手口の詳細はニュースには掲載されていませんでした。
平成21年度の「出店荒らし」は23,007件。平成20年より13.5%増となっています。
ここ6年減っていたのが増加になっている点が気になります。
店舗は「ガラス破り」が最も多く、「無締り」「その他」「ドア錠破り」と続きます。
店舗の防犯対策は、
● 抑止力のある商品を建物外に取り付け、侵入対象から外させる。
● 窓・扉に開閉検知センサー、室内に室内侵入検知センサーを設置し、二重警戒、二重威嚇で確実に侵入者を早期発見、その場で瞬時にベル・サイレンで威嚇撃退。同時に関係者5箇所に自動通報(メール・音声・画像)
自主機械警備システムNEXT

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年5月21日)|記事URL | あとで読む

勤務していたときに作った合鍵で窃盗

レストランへの侵入窃盗。
「ガラス破り」「錠破り」といった侵入手口ではなく「合鍵の使用」での侵入でした。


●鎌倉署は10日、建造物侵入と窃盗の疑いで、逗子市池子1丁目、アルバイト店員の容疑者(37)を逮捕した。
4月8日午前1時半から11時半ごろまでの間に、鎌倉市内のレストランに侵入し、現金約15万円を盗んだとされる。
同容疑者はことし1月まで同店で働いていた。
その間に作った合鍵を使い、侵入したという。店の周囲をうろつく姿を目撃されていたという
(5月10日カナロコより一部引用)

従業員やアルバイトが辞めたときに、錠前の交換をきちんとしている店舗や企業はあまりないのではないかと推測します。
しかし、実際にはこういう「合鍵」を使用しての侵入窃盗被害が発生しているのです。
平成21年上半期には、事務所で409件、店舗で222件、一戸建て住宅で380件、マンションなど共同住宅では933件もの「合鍵」による侵入窃盗が発生しています。

企業や店舗で、従業員が辞める度に錠前を交換したり、鍵の保管場所、保管方法を変更していたり、金庫の暗証番号や鍵保管場所を変更されている会社は非常に少ないのが現状です。
コスト面もありますが、頻繁なためついついめんどくさい、というのが実情でしょう。
しかしながら、「合鍵」を使用しての侵入窃盗は現実にこれだけ発生しているのですから、防犯対策は必要です。

もっとも簡単な方法としては、キーボックスによる鍵保管があります。
鍵を暗証番号ロック付きの安全ボックスに入れて保管するというもので、従業員が辞めたら暗証番号を変更すれば錠前を交換する必要はありません。

又、警備システムなどに連動し、こじ開けられた場合にはベル・サイレンなどをその場で鳴らしたり、メールで管理者に異常通報することも可能です。
自主機械警備システムNEXT

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年5月11日)|記事URL | あとで読む

ガソリンスタンドで「金庫破り」 530万円被害

セルフガソリンスタンドで金庫ごと窃盗被害があり、530万円盗難されました。


●26日午前0時25分ごろ、茨城県八千代町菅谷のセルフ式ガゾリンスタンド「エクスプレス八千代サービスステーション」の警報装置が作動し、警備会社が110番通報した
茨城県警下妻署員が駆けつけたところ、同店事務室から現金約530万円が入った金庫が盗まれていた。同署が窃盗事件として調べている。

 同署の調べによると、高さ約150センチ、縦と横各80センチ、重さ約300キロの耐火金庫(約30万円相当)ごと、売上金約530万円が盗まれていた。

店舗東側の従業員出入り口の鍵部分が壊されていた
従業員が25日午後10時20分ごろに店を閉めて帰宅した際には異常はなかった。
(4月26日 産経新聞より引用)

複数の人間で従業員専用出口の錠を破壊して扉より侵入し、重さ300キロの金庫ごと建物の外に持ち出し、乗りつけた車に掲載して逃走、山の中やアジトでその後金庫を時間をかけて背面破り又はこじ開けで開け、中の現金を出す。

これがこの窃盗団の手口だと推測します。
警備会社のシステムが入っている場合にはタイムウォッチを持参し、5分以内に犯行を終了させます。
時には5分経過して出口近くにまで金庫を持ち運んだままあきらめて逃走している事例もあります。

こうした「短時間化」「組織化」「凶悪化」している手口に対してどういった防犯対策が必要でしょうか?
まず、窃盗団は「その場に長時間いたくない」と考えています。だから「できる限り侵入に時間がかかる」「金庫を持ち運ぶのに時間がかかる」ようにすることが重要です。
具体的には、
● 金庫をアンカーで固定する。
● 金庫の前に机や家具など重いものを置き、金庫を簡単に持ち去れないようにする。
● どこに金庫があるのかわからないように隠す。扉にも錠前を設置する。

また、犯行中の気持ちとしていつ誰かに顔を見られるのではないか、と非常に興奮していますから、
● その場でベル、サイレンなど音・光で威嚇撃退する。(泥棒は「音・光・目・時間」をもっとも嫌がる)
● 侵入した時点で霧「フォグガード」を噴射、侵入者の視界を遮ることにより泥棒に犯行を継続させない。
といったその場での音や光、霧による威嚇撃退を設置し、泥棒の心理で「ここはこのまま犯行を継続しているとやばい」と感じさせることが防犯上重要です。
警備会社の委託警備システムではそうした威嚇装置がついていないことが多いのが総合防犯設備士としては残念です。威嚇装置を後からでも追加されることをお勧めします。

これからゴールデンウィークに突入します。
長い休みが続く企業や店舗の場合、もう一度防犯対策を見直しましよう。
ゴールデンウィーク前の防犯対策見直し

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年4月27日)|記事URL | あとで読む

高知 同じ焼き肉店に侵入 売上金と肉盗んだ男ら逮捕

飲食店に侵入し、売上金約245万円などを盗んだとして、高知署は8日、高知市春野町弘岡中、無職A(30)=強盗致傷罪などで起訴=と同市桜井町、無職B(30)=強盗罪などで起訴=ら4人を窃盗容疑で逮捕しました。

他に逮捕されたのは、東京都世田谷区上馬、塗装工(30)と川崎市高津区溝口、同(30)の両容疑者。

容疑は4人は共謀し、08年1月3日午前0時半~同7時ごろ、南国市明見の焼き肉店のガラスを破って侵入し、現金のほかに冷蔵庫内の食肉約8キロ(8万円相当)を盗んだとされています。

A、B両容疑者は08年9月に起きた同じ焼き肉店の強盗事件などでも逮捕・起訴されています。
<4月9日15時7分配信 毎日新聞より>

3年前に同じ泥棒に2度入られたという焼き肉店の話です。
泥棒の方も同じ店だという認識があっての犯行かどうかは分かりませんが、どちらにしても2度入られた、狙われたというのは店側にも問題があるでしょう。
1度目の被害後、何も防犯対策をしていなければ、泥棒に狙われるポイント、弱点がそのままということです。
その泥棒だけでなく、別の泥棒にも狙われる可能性を残したままでいるということにもなります。

プロの泥棒と言われる犯罪者達は同じような嗅覚を持っています。
ここは犯行を行いやすいだろうという同じ感覚を持つ者が多いということです。
防犯のプロである防犯設備士が泥棒に狙われやすいポイント、弱点がすぐに分かるのと同様に、犯罪者側もターゲットの選別に関しては同じところを狙います。

泥棒に入られて、運が悪かった、まさか自分が被害に遭うとはという単なる感想を持つだけでは、再び被害に遭う可能性があります。
被害に遭った後、または被害に遭う前の防犯対策、つまり、ここは侵入しにくいからやめておこうと思わせるような防犯対策を行うことが効果的です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年4月12日)|記事URL | あとで読む

「事務所荒らし」670件。カードを盗みATMで現金引き出す。

事務所荒らし670件を自供した泥棒。
よく670件もの犯行を覚えていたと思うのですが・・。
その手口は「ガラス破り」でした。


●福岡県警久留米署は31日、同県久留米市津福本町、無職男(39)を窃盗などの疑いで逮捕したと発表した。

男は約670件の余罪を自供。同署はこのうち、265件(被害総額3326万円)を確認し、12件(同996万円)分について送検した。

逮捕容疑は、昨年9月20日午前4時15分頃、同市中央町の事務所で約25万円と通帳などを盗んだ疑い。

 同10月に逮捕されるまで約8年間、同市を中心に事務所や店舗のガラスを割って侵入し、現金やカード、通帳などを盗み、現金自動預け払い機(ATM)から現金を引き出す犯行を繰り返していた。
(3月31日 読売新聞より引用)

この泥棒の恐ろしいのが、カード、通帳を盗み、現金を引き出しているところです。
現金だけだと、そんなに高額な現金を置いていない会社や店舗がほとんどですが、
通帳やカード、となると話は別です。被害額が高額になる可能性があります。
「どうやってカードの暗証番号が分かったのか?」
疑問に思われますが、何件かのうち、会社の電話番号 などと一致するものがあったり、どこかにメモ書きで暗証番号が記載されていたものがあったのだと思います。
自分のカードの暗証番号には気を使っても、
出納担当者は覚えやすい番号にしている可能性があります。
又、休んだ時のためにと、どこかに番号のメモを残していることが多いのです。
そういうところから暗証番号を見つけ出し、ATMで引き出していたのだと思われます。

暗証番号がメモ書きされていたり、会社の電話番号であった場合には
銀行側の保証はありません。
金庫を過信して通帳、カード、印鑑などを保管しているとしたら即刻やめて、別の場所に分けて保管すべきだと思います。

そして、事務所・店舗 防犯システムを設置すること。
そうすることが犯罪に遭わない環境を作ることであり、被害を未然に防ぐことになるのです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年4月01日)|記事URL | あとで読む

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?