1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2012年10月

防犯ブログ

高校に男が侵入 体育授業中生徒の財布盗む

栗東市内の県立高校に侵入し、財布などを盗んだとして、県警草津署は10日、窃盗の疑いで大阪市西区土佐堀の専門学校生の男(21)を逮捕しました。
同署によると容疑を認めています。

逮捕容疑は、9月11日午前11時ごろから50分ごろまでの間、栗東市内の県立高校の更衣室などに侵入し、ロッカーに置いていた生徒5人のカバンなどから財布や携帯電話など計16点(計約1万7千円相当)を盗んだとしています。

同署によると、盗まれた生徒らは、体育の授業中だったという。
<産経新聞 10月11日(木)7時55分配信より>

授業中というのは、校門付近に人がいなくなります。
常駐の警備員や先生が交代で見回りをしていれば別ですが。
校門は施錠されているのでしょうか?
生徒の安全面を考慮し、万が一の火災等に備えて迅速に避難できるように、開けたままにしているかもしれません。

防災目的という意味では効果がありますが、防犯面では誰でも自由に出入りできてしまうという危険性があります。
どちらを重視するかは難しい(人命優先であれば防災目的の方でしょうか)ですが、何らかの対策は必要でしょう。

四六時中現場に人を張りつかせておくのは人件費が掛かります。
予算的にそれが許されるところとそうでないところがあるでしょう。
また、人の目による監視は24時間は無理ですし、必ず見落としなどが出てきてしまいます。

それを補うのが防犯カメラによる機械の目の監視です。
24時間何の文句を言うことなく、稼動し、映像を記録し続けてくれます。
人の場合は、イニシャルコスト(導入に必要な費用)が低く(もしくはゼロ)、ランニングコスト(保守・管理に必要な費用)が高い。
防犯カメラの場合は、逆にイニシャルコストが高く、ランニングコストが低い。

どちらにも長所・短所がありますが、予算的に厳しくどちらか一方しか導入出来ない場合、中・長期的な視点で考える必要があると思います。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年10月11日)|記事URL| あとで読む

東京 バール窃盗相次ぐ 古本店・つけ麺店など

バールを使って侵入する手口の窃盗事件が相次ぎました。

9日午前4時40分ごろ、東京・小平市の「BOOKOFF花小金井店」で、店内の異常を知らせるアラームが鳴りました。
警視庁によりますと、店の防犯カメラには2人組が入り口をバールでこじ開けて侵入し、ショーケースを割って携帯電話5台を盗み、逃走する様子が映っていました。
2人とも黒い帽子をかぶり、黒いウインドブレーカーを着ていたということです。

また、約20分後には、中野区のつけ麺店で、入り口をバールでこじ開けて店内の券売機が壊される窃盗未遂事件がありました。
都内では、ファミリーレストランなどで、バールを使った窃盗事件が相次いでいて、警視庁が関連を調べています。
<テレビ朝日系(ANN) 10月9日(火)18時0分配信より>

窃盗未遂事件というのは、泥棒が侵入をしようとして、最終的には何も盗まずに逃げた事件を意味すると思います。
しかし、侵入する段階で、扉や窓、シャッターをこじ開けるなどの破壊活動が必ず伴います。
建物内に侵入される、されないに限らず、無施錠でない限り、何かが壊され、そこから侵入されるでしょう。

無施錠だと思っていた泥棒に対しては、鍵が閉まっているだけでも効果があります。
鍵が一つだと思っていた泥棒に対しては、補助錠など二つ以上の鍵がついていれば効果があります。
鍵が二つ以上あると思っていた泥棒に対しては、扉に侵入を検知するセンサーがついていれば効果があります。
防犯センサーがついていると思っていた泥棒に対しては、さらに防犯カメラがついていれば効果があります。

このように一口に泥棒といっても様々です。
単独犯、役割分担している複数犯、経験の少ない泥棒、熟練の泥棒、スリルを楽しみ遊び半分の若者(犯罪という意識が低い)、凶器を持った泥棒、証拠隠滅の為には放火も辞さない非情な泥棒など。
これら全てに100%対応する防犯対策というのは現実的には存在しません。
相手がその気(自分が捕まるリスクを無視した犯行)になれば、何らかの被害は必ず被ってしまいます。

盗難車を用意し、車ごと店に突入してくる窃盗団。
これを物理的に何の被害もなく防ぐことは不可能です。
ただ、このような荒々しい、リスクを無視したような犯行は業種によって限られると思います。

例えば、宝石・貴金属店や金融機関のATM。
犯行が成功すれば、数百万円~数千万円の金品を手に入れられる可能性があります。
その代わり、警備も厳重ですし、防犯カメラに映像が記録され、周囲の人に気付かれ、顔を見られるなどのリスクが高いと言えます。
それを比較して実際に犯行を行うか考えるのだと思います。

一般住宅やその他の業種に関しては、そこまで考える必要はないと思います。(警戒するに越したことはありませんが)
防犯センサーや防犯カメラを設置し、それを外部に知らせることで、泥棒のターゲットから外れるという充分な効果はあるでしょう。
業種・業態、あとはどれだけ金品を保管しているかなどを考慮して防犯対策を行うべきです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年10月10日)|記事URL| あとで読む

オランダ 半年で500頭以上の羊が失踪? 窃盗団の犯行か?

【ハーグAFP=時事】オランダで最近、羊が「失踪」する事件が相次いでいます。
4月以降、500頭以上が消えました。
警察は「家畜窃盗団」の行方を追っています。

農協関係者によると、事件は東部、南部、中部で多発。
先週には、ドイツ国境に近い東部ナイメーヘンで41頭の雌羊が盗まれました。
同関係者は「一度に多くの羊を盗むのは簡単ではない」と強調。
「組織的犯行」を疑っています。

オーストラリアやニュージーランドでの羊肉の生産量減少を背景に、この1年で羊肉の価格は15%上昇しました。
盗まれた家畜は、密輸出されるか、解体処理され地元の肉屋で販売されているとみられています。

同関係者は「牧場に行ったら家畜が消えている。どんな気持ちか想像してみてほしい」と悔しさをにじませました。 
<時事通信 10月5日(金)21時50分配信より>

羊肉の生産量減少で羊肉の価格が上昇しているようです。
そうなると羊肉の需要が高まると犯罪者は考え、それをターゲットに考えます。
これは日本に限らず海外でも同じです。

その時点で価値が高いもの、人気が高いもの、売れるもの=泥棒が好む、ターゲットということです。
いくら価値が高くても、人気がないもの、売れないもの(売りにくいもの)は盗んでも仕方がありません。
盗み、それを売ることによって得られるお金が最終的な目当てですから売れなければ目的を果たしたことにはなりません。

また、盗んだ後、売る段階で、自分の身が危険になるようなことも嫌がります。
足が付かないように極力注意しています。
逆に言うと、足が付くようなものは盗まないということです。

価格が高騰しているうなぎの稚魚が盗まれる事件も起こっていますが、とにかく今、何が人気なのかを知ることも、防犯意識を持つことへの第一歩です。
人気があればそれだけ泥棒に狙われる可能性が高くなるわけですから、警戒が必要です。
それを守るのが防犯対策です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年10月09日)|記事URL| あとで読む

店の構造が同じで盗みやすかった・・・ チェーン店狙う4人組泥棒

近畿や東海の7府県にあるマッサージチェーン店や宝くじ販売店計50店以上で盗みを繰り返したとして、大阪府警捜査3課が男4人を窃盗容疑などで逮捕していたことがわかりました。

男らは「店の構造が同じで盗みやすかった。店の住所をカーナビに入力して次々狙った」と供述。
府警は、これらを含む計233件(被害総額約4500万円)の犯行を裏付けました。

捜査関係者によると、男らは昨年10~12月、大阪や京都、三重などの同じマッサージチェーン店の計18店に侵入、売上金など計約640万円を盗んだほか、同7~12月には大阪や兵庫、愛知の宝くじ販売店36店から計約340万円などを盗み出すなどした疑い。

4人は盗難車を使い、深夜から早朝にかけて店を物色。
一晩に7件の犯行を重ねたこともあったといい、「マッサージ店は外から見て、レジが近くにあるので狙った。宝くじ販売店は狭くて金庫が探しやすかった」と供述しています。
<読売新聞 10月5日(金)15時17分配信より>

チェーン店は一度泥棒に入られると、連続して被害に遭う傾向があると言われていました。
今回の泥棒が供述しているように、店の構造が同じだったというのが狙われるポイントの一つでしょう。
一つの店舗を攻略すれば、同じ方法で別の店舗も攻略できる。
テレビゲームと同じような感覚で、難易度もほぼ同じなのかもしれません。

逃走車両としては盗難車両を使うというのも典型的です。
仮に自動車が目撃されたり、そのナンバープレートをひかえられても、検索してたどりつくのは自動車を盗まれた被害者です。
盗んだ方の加害者には行きつかないという仕組みです。
顔や姿が防犯カメラにしっかりと映り、全国指名手配され、大々的にテレビで顔が報道されるなどすれば、犯人として逮捕される可能性が出てきます。

今回の泥棒も約半年間で230件以上、被害総額が4500万円にも上るという窃盗事件です。
泥棒=すぐに逮捕されるとは限らないということです。
逮捕されるまでには次々と犯行を重ね、長引けばそれだけ被害者が出てくるということです。
被害者にならないようにするには自分の身は自分で守ることが最も確実な自衛策です。

防犯センサーや防犯カメラを設置し、他のところとは一味違うぞというところを外部(犯罪者を含む)にアピールすることです。
そうすれば、より難易度が低い他のところへターゲットを変えざるを得なくなります。
これが事前の防犯対策による犯罪の抑止力という効果につながります。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年10月05日)|記事URL| あとで読む

京都 宝石店に車が突入 高額商品は無事

4日午前3時10分ごろ、京都市伏見区の伏見大手筋商店街で、「宝石店に車が突っ込んだ」と近くの住民男性から110番通報がありました。
京都府警伏見署員が駆け付けると、宝石店「タカノ」(同区東大手町)に乗用車が後部からシャッターを破って突っ込んだ状態で停車していました。
店内のショーケースが割られ、中にあった腕時計や宝石などが奪われていました。
府警は窃盗事件として捜査しています。

同署によると、数人の男が徒歩で逃走するのを住民が目撃しています。
高額商品は金庫に入れていたため無事だったという。
現場は近鉄京都線桃山御陵前駅と京阪本線伏見桃山駅に近いアーケード街。
<毎日新聞 10月4日(木)11時45分配信より>

宝石店に車で突入し、シャッターを破って店内に侵入、ショーケースを割り、商品が盗まれたという事件です。
高額商品は金庫の中に入れており無事だったということです。
乗用車はそのまま乗り捨てて犯人は逃走していますから、最初から逃走用の車両として用意したのでしょう。

犯人が金庫まで手を出さなかった理由は不明です。
金庫が重かったのか、思いのほかショーケースを割るのに時間が掛かったのか、周囲に気付かれて騒ぎになったからか。

いずれにせよ、金庫の中の高額商品は無事だったせよ、多数の商品が盗まれ、シャッターは壊され、店内は割られたショーケースと破損した壁の破片が飛び散り、ひどい状態でしょう。
元の状態に戻すためには費用も時間も掛かります。

盗まれた商品は再度仕入れなければなりません。
納期も掛かるでしょうし、その費用はどうするのか。
保険を掛けていれば、保険金が下りるかもしれませんが、実際に振り込まれるまで日数が掛かります。
通常通り営業できるには相当時間が掛かるでしょう。

極端な例かもしれませんが、無施錠で扉を開けっ放しにしておいて、商品だけが盗まれる被害で済めば、そちらの方がありがたかったと実際に被害に遭った者なら考えるかもしれません。
事故後、この店の状態を誰が直してくれるのだろうか、と途方に暮れているでしょう。

侵入窃盗被害と聞くと、何か軽い犯罪で、物が盗まれるだけと思いがちですが、実際の犯罪被害現場は大違いです。
そのような事態にもなりえると想定した防犯対策が必要です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年10月04日)|記事URL| あとで読む

岡山 自動販売機荒らし39件現金57万円被害

自動販売機ねらいをくり返したとして、玉野署などは2日、窃盗と窃盗未遂の疑いで、住所不定の型枠大工の男(48)=別の窃盗罪で起訴=を岡山地検に追送検し、捜査を終結したと発表しました。

同署によると、男は5~8月の主に深夜、岡山、兵庫両県内の公園や駐車場などで自動販売機を工具でこじ開ける手口で窃盗39件を繰り返し、被害総額は約57万円に上りました。
「生活費や遊興費に使った」と容疑を認めています。

送検容疑は8月22日、鏡野町内の中学校敷地内に設置された自動販売機の扉をバールなどでこじ開け、現金約2400円を盗んだなどとしています。
<産経新聞 10月3日(水)7時55分配信より>

39件で57万円の被害ということですから、1件あたり約1万5千円の盗難被害という計算になります。
普通の自販機であれば、釣銭も含めてそんなに大金が入っている訳ではありません。
バールでこじ開けて、現金を盗むという手口ですが、手間と危険性(人に見られる、捕まる)を考えると、あまり割りの良い犯行手口のようには感じません。
犯罪者からしてみれば、チリも積もれば・・・ということでしょうか。

自動販売機に防犯カメラを内蔵するなどの対策が話題になったこともありましたが、落書きされ面白半分の犯行か、窃盗目的の泥棒の犯行かは分かりませんが、無残に破壊されるという事件もありました。
冷静に考えると、自動販売機というのは、屋外に現金や商品をドンと置いている状況ですから、泥棒に狙われる可能性が高くなるのは当然かもしれません。

今のところ、効果のある絶対的な対策というのはないような気がします。
保険会社の人から、自動販売機が壊される被害が多くて困っていると聞いたことがあります。
今回の事件も、現金の被害は57万円かもしれませんが、自動販売機が壊された被害は、そのような金額では済まないでしょう。

窃盗被害は、金品が盗まれる被害に留まらないことがほとんどです。
侵入する過程で、扉・窓・シャッターが壊されますし、場合によっては塀や壁、床が傷つけられたり、汚されることもあります。
室内が荒らされ、備品などが壊されることもあるでしょう。
金品だけがきれいに盗まれるということの方がまれでしょう。
防犯対策は、ものが盗まれるということを防ぐだけではなく、建物に近づかせない、敷地内に入らせない為の対策が効果的です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年10月03日)|記事URL| あとで読む

東京 デパ地下スリ常習犯77歳の女逮捕

百貨店で買い物中の女性客のバッグから現金を盗もうとしたとして、警視庁捜査3課は、窃盗未遂の現行犯で、東京都新宿区戸山、無職の女(77)を逮捕しました。

同課は、女を百貨店の女性客を狙ったスリの常習犯とみており、捜査員の間では「デパ地下の〇子」と呼ばれていました。
女は「バッグに裸で現金を入れているのが目につき、手を入れてしまった」と供述しています。

逮捕容疑は、20日午後7時40分ごろ、新宿区の百貨店「伊勢丹新宿店」地下1階の総菜売り場で、買い物中の無職女性(37)のバッグに手を入れ、現金を盗もうとしたとしています。

同課によると、今月初旬に同店で夕方の女性客を狙ったスリ被害が2件発生しており、警戒していた捜査員が女の不審な行動に気付いて取り押さえました。
<産経新聞 9月26日(水)14時40分配信より>

人が多いと犯罪は起こりにくい、犯罪者にとって好ましくない環境と思うかもしれませんが、実際は、人が多ければ多いほど、誰が誰だか分からなくなり、一人一人が目立たなくなるのでしょう。
それぞれが注意深くお互いを警戒、監視しているような状況下だと人が多いのは効果がありますが、普通は、人に関心もなく、ただ目的地に向かって歩く場合が多いでしょう。

犯罪者そのような状況を敏感に感じ取り、自らの犯行に活かそうと考えます。
仮に人に顔を見られても、人が多ければそれだけ自分の印象が薄くなります。
よほど奇抜な格好や印象に残る言動をしていれば別ですが。

デパ地下を利用したことがある人なら分かるでしょうが、人気店の限定商品販売等の混雑時は大変なものです。
その時に犯罪者にスリの被害に遭っても、すぐには気付かないかもしれません。(何か商品を購入しようとして財布を出そうとした瞬間まで)
ましてや過去に何度も犯行を行い成功している熟練の犯罪者と、犯罪被害に遭ったことはなく、さらに自分が被害に遭うとは全く考えていない素人、犯罪者が優位に立っているのは明らかです。

それに対抗する為にも、犯罪というものはいつ自分に降りかかるかもしれない災難だということを認識し、それを未然に防ぐにはどうしたらよいかを考え、常に防犯意識を持つことが第一歩です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年10月02日)|記事URL| あとで読む

1  2

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?