1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2012年09月
  4. 東京 空き巣10件 鍵のかかっていない玄関から侵入

防犯ブログ

東京 空き巣10件 鍵のかかっていない玄関から侵入

東京・世田谷区の住宅に窃盗目的で侵入したとして、44歳の男が逮捕されました。
男は「ほかにも10件くらい空き巣をやった」と供述しています。

飲食店従業員の男は7月、世田谷区若林の女性の自宅に、鍵のかかっていない玄関から窃盗目的で侵入した疑いが持たれています。
警視庁によりますと、男は女性と鉢合わせになり、何も盗まずに逃げましたが、現場に残された足跡が近くに住む男のものと一致したということです。
取り調べに対し、男は「ほかにも10件くらい空き巣をやった」と供述していて、警視庁が余罪についても調べています。
<テレビ朝日系(ANN) 9月7日(金)13時24分配信より>

東京都世田谷区というと高級住宅地というイメージがあるのですが、そこで行われた窃盗未遂事件です。
驚いたのは、鍵のかかっていない玄関から侵入したということです。
犯行が行われた時間帯は不明ですが、建物内に人がいるから玄関の鍵はしめていなかったということでしょうか。

今回の泥棒は、女性と鉢合わせになり逃げたということですが、人がいるかどうかは人の気配や電気が点いているかで分かります。
それでも侵入する場合(時間帯も深夜、明け方など)は、家人にみつからないよう慎重に行動するものです。
顔を見られ、足跡も残しており、しかも犯行現場近くに住んでいるという点からも素人の泥棒と言えるでしょう。
その素人でも他に10件の犯行に成功しているということですから、泥棒に入られたその10軒は、無施錠などよほど無防備な状態だったのかもしれません。

プロと言えるレベル、経験を積んだ泥棒になると、そのような間違いは犯しません。
誰にも見られず、現場に証拠は残さず、もちろん現場近くに住むということもないでしょう。
外国人による窃盗団が何年にもわたって何百件と犯行を繰り返し、ようやく逮捕されるというニュースをよく目にします。
仮に現場で顔を見られても、その場から去り、一旦国に帰れば逮捕される可能性は低くなります。
ほとぼりが冷めたころに再来日し、また別の場所で犯行を行えば、その場で現行犯逮捕されない限り、何度も同じパターンができます。
簡単なことではありませんが、国境を越えて警察同士が協力、連携、情報交換を行い、どこに逃げても捕まえられるような体制を構築してもらいたいものです。

ただ、それが完成するまで気長に待っている訳にはいきません。
今も泥棒や窃盗団に我が家が狙われているかもしれません。
それを自分で捕まえるのは無理でしょうが、狙われないように、狙われにくくなるように自分で工夫することは可能です。
防犯システムや防犯カメラを設置し、この家は他とは違う、やりにくい、侵入しにくいと泥棒に感じさせるような対策を導入することです。

投稿者:総合防犯設備士(2012年9月12日)|記事URL| あとで読む

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る