1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2012年07月
  4. 安全には『予防』が重要

防犯ブログ

安全には『予防』が重要

悲しいかな、立体駐車場の台座に挟まれ、
幼い子どもの命が奪われる事件が発生しました。

なぜ事故を未然に防ぐことができなかったのか?
立体駐車場のシステムは、危険が付きもの。
もし、人を検知するセンサーが反応して
立体駐車場のシステムを停止することができれば
命を奪われる事件は防ぐことができたかもしれません。

防犯でも同じことが言えますが、
事が起きてから手を打っても手遅れです。
事が起きる前に対策が必要です。
安全には『予防』が重要です。

<ニュース>
4歳の男の子挟まれ死亡 駐車場のエレベーターに
テレビ朝日系(ANN) 7月24日(火)7時53分配信

23日夕方、岩手県花巻市で、4歳の男の子がマンションの
立体駐車場のエレベーターと壁の間に挟まれて死亡する
事故が起きました。

消防によりますと、午後5時半ごろ、花巻市のマンション
にある立体駐車場で、「子どもがエレベーターに挟まった」
とマンションの管理人から通報がありました。
消防が駆けつけましたが、このマンションに住む
4歳の湯川敦生ちゃんがまもなく死亡しました。
警察と消防は、敦生ちゃんの母親が駐車した後に
エレベーターを操作した際、誤って挟まったものとみて
詳しい事故原因を調べています。

投稿者:総合防犯設備士(2012年7月24日)|記事URL| あとで読む

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る