1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2012年3月

防犯ブログ

個人タクシー協会の金庫壊され、現金260万円盗難

12日午前9時45分ごろ、大阪市城東区諏訪の「新大阪個人タクシー協会」事務所で、金庫内の現金約260万円がなくなったと、職員から110番通報がありました。
城東署は窃盗容疑で捜査しています。

同署によると、なくなったのは会員から預かり保管していた現金。
金庫の扉と事務所の出入り口のドアは施錠されていましたが、いずれもバールでこじ開けたような跡があるという。

同協会によると、職員が9日午後5時ごろ退出する際は金庫などに異常はなく、休日明けの12日午前9時に職員が出勤するまでは無人の状態だったという。
<産経新聞 3月13日(火)7時55分配信より>

また金庫荒らしによる高額の現金窃盗事件です。
260万円という金額は、個人的にはとても大きな金額だと思います。
その大金を出入口の扉の施錠、金庫という2つの防犯対策に任せるのはどうなのでしょう。
とても不安ですし、泥棒から見ても、犯行が難しい現場とは思えません。

扉、金庫ともに、バールでこじ開けられたような跡があるということですが、侵入、そして盗むのに一つの道具だけで事が足りるというのは、泥棒から見れば非常に楽で、効率的です。
そのように泥棒が好ましいと感じる環境は、セキュリティ面から見れば、非常に低く、危険な状態と言えます。

泥棒に入られても困らない、盗まれても、壊されても、荒らされても全く気にならない、という人がいれば、それは施錠だけの対策で充分でしょう。
どんな被害があろうとも、痛くはないということですから。
普通の環境は違うと思います。

200万円もの大金を保管していなくても、多少の現金は置いているでしょう。
また侵入時にガラスや扉、シャッターが壊されたら困りますし、パソコンや机などが盗まれたり、壊されたら、明日からの業務に支障もきたします。

それぞれの業種や業態などによって、事務所内・店内の環境は異なります。
しかし、泥棒に入られても平気というところはないはずです。
侵入時の破損、盗難被害は、どこでも共通です。
被害内容や被害金額には差がありますが、何らかの被害を被る可能性があるのです。
鍵を閉め忘れて無施錠のまま外出してしまい、帰ってきたら、泥棒に入られた形跡があるが、何も盗まれず、何も壊されなかったという笑い話になるような事件もないことはないでしょうが、ほとんどは何らかの物理的な損害を受けます。
その損害を受けない為に事前に防犯対策を行うのです。
高額商品や大金を保管している場合は、特に防犯対策をしっかりしなければならないでしょう。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年3月14日)|記事URL| あとで読む

防犯のための環境づくりは防犯設備士に

宝石店には、防犯対策として警備システムが活用されています。
万が一の時には、警備員が駆け付けてくれるサービスや、
非常押しボタンを押すことで遠隔地に緊急連絡できるシステム等があります。

いずれにせよ、本当に防犯対策を行うには、
いざ、強盗に出くわしたことを考えてみてください。

数年前のある強盗事件。
強盗犯が突然お店の中に入ってきて、
いきなり経営者の定員にナイフを付きさし死亡させました。

そのお店には、警備システムが入っていました。
非常押しボタンも付いていました。
しかし、押すことができなかったのです。

そのお店のつくりは、出入口の間口が狭く奥行きが長い構造になっています。
ですので、お店の中は、外からは見えにくい構造になっています。
定員さえお店の中からいなくなれば、店内の品物を盗み放題できるので、
定員の命まで奪うのでしょう。

宝石を盗む強盗犯は命がけです。
命がけの者に対しては、命がけの対策が必要です。
例えば、外国の宝石店などでは、
物理的防御として、従業員を守る防犯ガラスを構築している店舗もあります。
パチンコ店の景品交換所と同じようなイメージです。

定員の安全は、ガラスの囲いで見守っている環境が最低限必要です。
その上で、非常押しボタン等の防犯システムが活用できるようになります。
その他、できるようであれば店舗の構造も変える必要があります。
外から店内の様子がだれでもわかるようにする必要があります。

閉鎖的な環境は、犯罪を企てる者にとっては最も好む環境です。
その宝石店には、防犯対策として警備システムが活用されています。
万が一の時には、警備員が駆け付けてくれるサービスや、
非常押しボタンを押すことで遠隔地に緊急連絡できるシステム等があります。

いずれにせよ、本当に防犯対策を行うには、
いざ、強盗に出くわしたことを考えてみてください。

数年前のある強盗事件。
強盗犯が突然お店の中に入ってきて、
いきなり経営者の定員にナイフを付きさし死亡させました。

そのお店には、警備システムが入っていました。
非常押しボタンも付いていました。
しかし、押すことができなかったのです。

そのお店のつくりは、出入口の間口が狭く奥行きが長い構造になっています。
ですので、お店の中は、外からは見えにくい構造になっています。
定員さえお店の中からいなくなれば、店内の品物を盗み放題できるので、
定員の命まで奪うのでしょう。

宝石を盗む強盗犯は命がけです。
命がけの者に対しては、命がけの対策が必要です。
例えば、外国の宝石店などでは、
物理的防御として、従業員を守る防犯ガラスを構築している店舗もあります。
パチンコ店の景品交換所と同じようなイメージです。

定員の安全は、ガラスの囲いで見守っている環境が最低限必要です。
その上で、非常押しボタン等の防犯システムが活用できるようになります。
その他、できるようであれば店舗の構造も変える必要があります。
外から店内の様子がだれでもわかるようにする必要があります。

閉鎖的な環境は、犯罪を企てる者にとっては最も好む環境です。
その環境を変える提案をさせていただくのも防犯設備士・総合防犯設備士等の
プロのアドバイザーがいます。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年3月13日)|記事URL| あとで読む

バイク用品店から400万円入り金庫盗まれる

12日未明、大阪市住之江区のバイク用品店で、店の扉がこじ開けられ、現金400万円が金庫ごと盗まれる事件がありました。

事件があったのは、大阪市住之江区にあるバイク用品店「ドライバースタンド住之江2りんかん」で、12日午前2時30分頃、警備会社から「警報装置が作動した」と110番通報がありました。
警察が駆けつけたところ、従業員が出入りする店の通用口が、バールのようなものでこじ開けられていて、店内から、店の売上金など約400万円が入った金庫が盗まれていました。

当時、店には誰もいませんでしたが、事件の約10分前まで清掃業者が店内の掃除を行っていたということで、警察は窃盗事件として捜査を始め、不審者の目撃情報などがないか詳しく調べています。
<日本テレビ系(NNN) 3月12日(月)14時44分配信より>

個人経営の店舗などで、ちょっとした用で経営者が店を空けることがあります。
クリーニング店や自転車店などを訪問した時、店内に誰もおらず、誰かが帰ってくるのをしばらく待ったという経験をした人もいるのではないでしょうか。
私もその時は、レジにお金もあるのに不用心だなあと感じたことを覚えています。

今回、被害に遭ったバイク用品店の場合は、深夜2時過ぎ、営業時間外に行われた犯行ですからかなり事情は違います。
しかし、その約10分前まで清掃業者が店内の掃除を行っていたということですから、犯人はその辺りの内部事情に詳しい者、もしくは事前にしっかりと下見や調査を行い状況を把握していたかのどちらかでしょう。

無人の店内に高額商品や現金をそのまま置いておくのは非常に危険だということです。
金庫保管も万全ではありません。
金庫に入れていたから安心していた、その他の対策は何もしていなかった、という窃盗事件が非常に増えています。
侵入者にしてみれば、扉や窓という侵入を妨げる障害をクリアできれば、その後に待ち受けるのは金庫だけという状況の場合、その金庫がどれだけの脅威となるかが問題です。

その場で、短時間で金庫を開錠することは難しいかもしれません。
特殊な専門技術が無ければ、素人には不可能と言えます。
しかし、その場から盗み出すことは可能です。

数十キロ、もしくは百キロ以上の重量耐火金庫であっても、複数人、もしくは特殊な道具があれば、車に載せて持ち出すことはでいます。
金庫がらみの窃盗事件が多いのは、この持ち出しによる手口が増えているからです。
開くことが難しい金庫でも、運び出し、別の場所でゆっくりと時間を掛ければ、破壊することもできます。
ドリルなどで側面から穴を開ければ、中の金品を抜き取ることができるでしょう。

金庫の存在意義、価値を否定するものではありませんが、金庫だけに依存し、防犯対策の全てを負わせるのは非常に危険です。
金庫も含めて、防犯センサー防犯カメラ、扉・窓の強化など複数の防犯対策を組み合わせることでより強力な防犯対策となります。
防犯対策の一つのパーツ(欠片)と考えればよいでしょう。
いくつものパーツを組み合わせることで「完成」に近づきます。
防犯対策に、完璧なもの、完成形はありませんが、それに少しでも近づけることができれば、より強力で効果的な防犯対策と言えるでしょう。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年3月13日)|記事URL| あとで読む

転校した女子高生 制服来て校内で窃盗

以前に通っていた県立高校に盗み目的で侵入したとして、明石署は10日、建造物侵入容疑で、明石市内の私立高校1年の女子生徒(16)を逮捕しました。
容疑を認めているという。

逮捕容疑は、1月10日午前9時20分から同10時ごろまでの間、同市内の県立高校の校舎内に侵入したとしています。

同署によると、女子生徒は県立高校の制服を着て侵入。
同校生徒が転校したはずの女子生徒に気づきました。
この日は始業式が行われ、十数人の生徒の現金が盗まれる被害があったといい、同署は窃盗容疑でも調べる方針。
<産経新聞 3月11日(日)7時55分配信より>

珍しい手口ではないでしょうか。
他校に転校した元生徒が高校に侵入し、十数人の生徒の現金を盗んだという事件です。
女子生徒が起こした窃盗事件というのも珍しいですし、通っていた高校ですから、当然制服も持っているということで、白昼堂々と生徒に混じって校内に居ても誰も不思議に思わないということです。
転校したはずなのにどうして居るのだろう、とよく気がついた女子生徒がいたものです。

この手口は、他の地域、他の学校でも使われる可能性があります。
生徒数にもよるでしょうが、ほとんどの学校で、生徒同士、先生も、生徒の顔と名前が全て一致するわけではないでしょう。
他校の生徒や、全然関係ない生徒が校内に居ても不思議ではありません。
窃盗だけでなく、盗撮や暴行など侵入目的は様々です。

生徒が学ぶ目的で通う、ある意味で犯罪とは無縁の聖域のような学校ですが、実は犯罪者から狙われるポイントを多数持っています。
一見、金目の物は少ないイメージがありますが、挙げてみると色々あります。

・給食費、修学旅行代(現金徴収の場合)
・教師の教師の財布や時計、ノートパソコン類
・職員室、視聴覚室のテレビや録画機器
・音楽室の楽器類(高価な物もあります)
・美術室の美術品(絵画・彫刻など)
・体育館のスポーツ用品
・生徒の着替え、ユニフォーム、部活道具
・生徒の財布(最近の子供はお金を持っています)、携帯電話(所持率も高まっています)

これらはどこの学校でも共通して存在している物ばかりです。
特殊な私学の学校に限りません。
つまり、犯罪者に狙われる可能性、危険性を大きく秘めているということです。

事前に防犯対策を行い、犯罪に強い学校として外部に示さなければなりません。
我が校は〇〇〇の対策を行っているから安心、大丈夫という油断は禁物です。
犯罪手口は日々進化、進歩し続けています。
複数の防犯対策を併用し、さらに定期的な見直し、改善を行うことが必要です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年3月12日)|記事URL| あとで読む

テレビ泥棒3人組 警備が手薄な公民館狙う

男3人が公民館などで地デジ対応テレビを繰り返し盗んだ事件で、県警捜査3課などは7日、窃盗容疑で尼崎市東大物町の無職の男(31)=常習累犯窃盗罪で公判中=ら2人を追送検し、捜査を終えたと発表しました。
男らは「警備が手薄な公民館を狙った」などと供述しているという。

県警は、男らが丹波市や三木市、姫路市などの公民館や事務所から地デジ対応テレビ約20台を盗むなど、計213件、被害総額約3110万円の容疑を裏付けました。

テレビは主に加古川市内のリサイクルショップに持ち込み、約2~3万円で換金していました。
<産経新聞3月8日(木)7時55分配信より>

以前も公民館を狙った泥棒のニュースがありました。
確かに公民館にはセキュリティが厳重というイメージはありません。
壊されにくい、こじ開けにくい鍵や扉がついている、防犯センサーや防犯カメラや入退出管理システムがついているというところは少ないでしょう。
公民館というぐらいですから、現金や高価な金品を置いていることもあまりないのでしょう。
だからと言って、泥棒に狙われない、被害に遭わないかというと、話は別です。

何かしら金目の物、現金化できる物は必ずあるからです。
今回、泥棒が目につけたのは地デジ対応のテレビだったようです。
リサイクルショップという換金先が確保できれば、あとは盗むだけになります。
警備が手薄な公民館を狙い、次々とテレビを盗みだしたのでしょう。
公民館ですから、無施錠のところもあったかもしれません。
泥棒にとってはチョロイ侵入先になったことでしょう。

泥棒に狙われる、狙いをつけられるというのは何かしらの理由があるからです。
警備が手薄というのも狙われるポイントです。
その他にも、決まった営業時間があり、それ以外は完全に無人、人通りも少なく、侵入さえできれば、朝までゆっくり犯行を行うこともできる、というのも狙われるポイントとなります。

逆に狙われにくいポイントとなるのが防犯対策を講じることです。
破壊しにくい扉や窓は、泥棒にとって侵入の障害となりますし、時間と手間が掛かることは望みません。
また、侵入を感知する防犯センサーがついていれば、それが働いた時、外部に犯行が知れることになります。
防犯カメラの場合は、映像や犯行手口が記録され、仮に犯行が成功したとしても、あとで自分が犯人として特定される危険性が高まります。
狙われるポイント、狙われなくなるポイントは全く逆ですが、どちらも泥棒の身になって考えるという点では共通しています。
いかに泥棒が嫌うことができるか、ということが重要です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年3月09日)|記事URL| あとで読む

静岡 監査委員が万引き多発校に「指示」

県監査委員は5日、11年4月までの1年間に31人の生徒が万引きなどの非行行為に関わった県中部の県立高校について、改善の必要性が2番目に重い「指示」相当とする定期監査結果を発表し、校名を公表しませんでした。
09、10年度に74人の生徒が非行に関わっていた県西部の県立高校は昨年12月、最も重い「指摘」相当として校名を公表しており、校名の取り扱いが注目されていました。

県監査委員事務局によると、昨年4月中旬、ドラッグストアで県中部の県立高校生が万引きしたと店から通報があり、非行が発覚。過去1年にさかのぼって聞き取り調査した結果、2年生を中心に31人がコンビニや100円ショップで菓子などを万引きしたり、万引きしたものを受け取るなどしていたという。

富永久雄代表監査委員は校名非公表の理由として「窃盗事案の根絶に向けた真摯(しんし)な取り組み状況がうかがえ、公表の目的は相当程度達成された。生徒への影響をおしてまで公表はしないと判断した」と述べました。

前回の監査以降、生徒の窃盗防止に向けて保護者や警察との連携を強化するよう指示したとの報告が県教委からあった点も評価したという。

監査結果は改善の必要性に応じ、「検討」から著しく妥当性を欠く「指摘」まで4段階に分かれます。
今回の監査は昨年11月1日~今年1月30日にかけて行われました。
<毎日新聞3月6日(火)11時36分配信>

万引きという犯罪行為が学校側に発覚した場合、生徒の処分はどのように行われるのでしょうか?
単なる注意(保護者呼び出しも含め)だけなのか、停学処分や改善されない場合は退学処分もあり得るのでしょうか?

親も学校も生徒自身も万引きという犯罪に対する罪の甘さというか、認識の低さを感じることがあります。
他人の財物を盗むという窃盗犯罪ですし、たかが万引き、代金を払えば許してもらえるという甘さがあるのではないでしょうか。
窃盗というと、侵入を伴って盗むイメージがありますが、客として来店している分、侵入していないから大した罪にならないという認識に変わってしまうのかもしれません。

ただ、被害者となる店側にしたら、侵入による窃盗被害も万引きによる被害も大きな損失には変わりません。
お金を掛けて仕入れた商品が、1円の利益も産むことなく、盗まれて手元から無くなる。
仕入だけでなく、人件費や店の賃料、光熱費など様々な費用を回収し、利益を得ることがが、その商品を販売する目的です。
それができなくなるということは経営にも大きな影響を及ぼします。

数年前、警察から逃げようとして万引き犯が電車にひかれて死亡した事件がありましたが、被害に遭った書店側が配慮が足りないと市民に責められ、廃業に追い込まれるという結果になりました。
万引き被害額が増えて経営できなくなったこととは異なりますが、被害者には罪は無いにも関わらず、さらなる被害を被った例でしょう。
万引き報知機、防犯カメラ、防犯ミラー、店員による監視など色々な万引き対策がありますが、それらを併用し、この店では万引き行為は行いにくいぞ、と思わせる環境を作ることで、犯罪者側が敬遠するという結果につながることでしょう。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年3月08日)|記事URL| あとで読む

警察の不祥事 相次いで発覚!

① 『警官、女性下着を物色しながらパトロール』
パトロール中に民家の敷地へ侵入し、女性用下着を盗もうとしたとして、岡山県警は6日、県警備前署地域課の巡査長の男(57)(岡山県赤磐市下仁保)を住居侵入と窃盗未遂の疑いで逮捕しました。

発表によると、男は6日午前1時10分頃、同県備前市内の民家に門扉から侵入し、ガレージ内の物干し場の洗濯物を盗もうとした疑いです。

制服姿で物色中、住人の男性(67)に見つかり、「下着泥棒の捜査をしている」と言い逃れようとしましたが、不審に思った男性の妻が110番。
男は調べに「若い女性用下着があれば、盗もうと思った」と容疑を認めているという。
<読売新聞 3月6日(火)22時46分配信より>


② 『泥棒の後輩が身代わり出頭、警察見抜けず』
福岡県警東署は6日、窃盗容疑で逮捕した自称アルバイトの男(20)が、職場の先輩の身代わりだったと判明し、釈放したと発表しました。
同署は7日にも改めてこの男を犯人隠避容疑で、先輩の男(21)を窃盗容疑で逮捕します。

発表によると、20歳の男は福岡市東区のファストフード店前に置いてあった一眼レフカメラなど3点(11万5000円相当)を1月に盗んだ疑いで、6日に逮捕されました。
このカメラが同市博多区の質店から見つかり、店に示した身分証明書などから男が浮上したという。

しかし、同日夕、先輩が「私が盗んだ」と同署に出頭。
男は「先輩に迷惑をかけられないと思いうそをついた」と身代わりを認めました。
同署の堀川国弘副署長は「見抜けなかったことは遺憾」と話しました。
<読売新聞3月7日(水)12時8分配信より>


③ 『大阪府警 警察手帳2冊紛失』
大阪府警高槻署員の警察手帳2冊がなくなっていることが、捜査関係者への取材で分かりました。
総務課の警察官2人分の手帳で、署員が昨年11月、保管されているはずの署内の書類棚から紛失しているのを確認しました。府警は盗まれた可能性もあるとみて、窃盗容疑で調べています。

捜査関係者によると、警察官は勤務中に警察手帳を携帯する決まりですが、普段手帳を使うことのない総務課員の分は署内の鍵付きの書類棚で保管していました。
しかし、書類を出し入れするため、日中は施錠していなかったようです。
昨年10月下旬から11月上旬になくなったとみられます。
<毎日新聞3月7日(水)13時43分配信より>


警察の不祥事が相次いでいます。
女性の下着を盗もうとパトロールしていた警官、泥棒の身代わりで出頭した後輩を見抜けず逮捕、犯罪に悪用されかねない警察手帳の紛失。
偶然でしょうが、昨日から今日にかけて3件報道されています。

普通の企業ではニュースにならないような小さな出来事でも、警察では大きく報道されることがあります。
盗難の被害者なのに、まるで加害者のような扱いを受けるなど、気の毒に思う部分も確かにあります。
しかし、それだけ犯罪に対して厳しく対処してほしいという国民の願い、期待でもあると思います。

私が子供ころは、日本の警察は世界一検挙率が高い、と教えられたと思います。
日本の警察官は優秀なんだな、すごいんだなと子供ながらに感じた記憶があります。
それがいつのころから、検挙率が低下し、犯罪が凶悪化、多国籍化し、外国人の窃盗団による「出稼ぎ」が行われほどになってしまいました。
犯罪者からカモとして扱われている部分もあるのでしょう。

世界各地で起こっている大きなテロ事件というものは日本では起こっていません(地下鉄サリン事件もテロという見方ができるかもしれません)が、背後にいるアメリカへの警告の意味で、日本が狙われる可能性もあるでしょう。
テロの件は問題が大きすぎるので、ピンとこないかもしれませんが、身近な問題としての犯罪に対しては、まず国民が頼りにするのは警察しかありません。

個人単位、地域単位で防犯対策を行うことも大きな意味があります。
しかし、それには限界があります。
国全体を見た時、犯罪をいかに減らすことができるかというのは警察の役割が非常に大きいと思われます。
その警察には常にきちんとした対応を行い、再発防止策を徹底してもらいたいものです。
我々も警察に頼るだけで終わるのではなく、個人個人がしっかりとした防犯意識を持ち、団結することで、犯罪者が犯罪を犯しにくい環境を作り上げることができるはずです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年3月07日)|記事URL| あとで読む

SECURITY SHOW2012 開催中!

日本最大級のセキュリティ・安全管理総合展であるSECURITY SHOW2012が、本日3月6日(火)から9日(金)まで、東京ビッグサイト東ホールにて開催されています。

今年も弊社セキュリティハウス・センターは『SS3105』のブースにて出展しております。
最新のセキュリティ機器、防犯システムを展示しております。  

「防犯システムってどんなものがあるのだろう?」
「最近、セキュリティ機器の問い合わせが多いなあ、販売するのはどんな感じなんだろう」
「うちでも扱ってみたいなあ」
など、防犯システム導入を検討されている個人のお客様から、新事業としてセキュリティ機器の取り扱いを検討されている会社様まで、興味を持たれた方、皆様をお待ちしております。

説明員も多数おりますので、お気軽にご質問下さい。
10時~17時までとなっております。(最終日のみ16時30分で終了となりますのでご注意下さい)
お時間のある方は、ぜひ会場まで足をお運び下さい。
写真.JPG

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年3月06日)|記事URL| あとで読む

元アルバイト店員 土産物店から480万円の数珠盗難

和歌山県の高野山にある土産物店から約480万円相当の数珠を盗んだとして、県警橋本署は2日、同県高野町の無職の男(25)を窃盗の疑いで逮捕しました。
数珠は長さ約40センチの翡翠(ひすい)製で、被害にあった土産物店で最高額の品。
男は「身に覚えがない」と容疑を否認しています。

同署によると、男は自宅近くの土産物店に、2009年4月から10年1月までアルバイト店員として勤務。
数珠が最後に確認された09年10月から、紛失が発覚した10年10月の間に、同店事務室のタンスに保管してあった数珠1個を盗んだ疑いがあります。
数珠は中国原産の翡翠で作られ、日本国内に約10個しかない特注品。
1度も店頭に並んだことはなく、保管場所は店員しか知らなかったという。

同署によれば、男の銀行口座で不審な高額取引が複数回行われていたという。
同店の経営者は「長年店をやっているが、このようなことは初めて。本当に遺憾です」と話しました。
<スポーツ報知3月3日(土)8時2分配信より>

土産物店で最高額の品が、元アルバイト店員の男によって盗まれたと思われる事件です。
1度も店頭に並んだことはないということですから、明らかに内部の事情に詳しい者の犯行だと疑われます。
最後に確認された09年10月から紛失が発覚した10年10月の約1年間、盗まれたことに気が付かなったことにも驚きます。
誰も知らないのだから盗まれることはないという油断があったのかもしれません。

元アルバイト店員の男もその辺りの事情を知っていたのかもしれません。
盗んでもしばらくは気付かれないだろうという何かの確信が。
実際、男の銀行口座で不審な高額取引が複数回行われていたことから、犯人逮捕につながったようですが、男がもっとうまく隠していたら、銀行を介さない転売方法を行っていたら、今でも犯人は捕まっていないかもしれません。

犯行手口と共に、犯罪者の質も、悪い意味で上がっているようです。
より悪質で、巧妙、証拠を残さない、外国経由でお金を動かすなど、日本の警察だけでは逮捕しにくい環境を作り上げています。
仮に逮捕できたとしても、犯行から数年後にようやくという事件も珍しくありません。
もちろん、盗まれた物は被害者の手元に戻ってくることはほとんどありません。
泣き寝入りしかないと言っても過言ではないでしょう。

しかし、それではあまりにも犯人、加害者側が有利になってしまいます。
被害者側となる我々は、事前に防犯対策を講じて、加害者側が簡単に、スムーズに犯行が行えないようにしなければなりません。
それが効果的な防犯対策と言われるものです。
いかに加害者側を困らせるか、嫌がらせることができるか、ということがポイントになります。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年3月05日)|記事URL| あとで読む

連続窃盗1億円!留守宅を物色、怪しまれると不動産会社名刺

貴金属などを狙って民家の空き巣を繰り返したとして、神戸北署は1日、窃盗容疑で神戸市長田区宮川町の無職の男(50)=窃盗罪などで公判中=を追送検し、捜査を終結したと発表しました。
平成20年1月~昨年10月の160件の容疑を裏付け、被害総額は約1億760万円(うち現金約1350万円)にのぼりました。

同署によると、男は「生活のためにやった」と容疑を認めているという。
家族には「不動産会社で働いている」と話して出勤を装い、留守宅を物色する際は怪しまれないように不動産会社名が入った名刺を持ち歩いていました。
侵入する民家は事前に電話番号を調べて電話をかけ、不在を確認していたという。

追送検容疑は昨年9月、神戸市北区の民家の窓ガラスを割って侵入し、現金約50万円と約230万円相当の宝石を盗んだなどとしています。
<産経新聞3月2日(金)7時55分配信より>

別のニュースによると、犯人は過去に不動産関係の仕事をしており、神戸市内の新興住宅街の事情や場所を熟知していたようです。
最終的には、侵入先の不在を確認するために公衆電話からかけた非通知の受信記録から、公衆電話が特定され、そこについていた防犯カメラの映像から犯人が割り出されたということです。

① 元不動産業の男 ⇒ 住宅街の事情や場所に詳しい
② 留守宅物色 ⇒ 怪しまれても不動産会社の名刺を提示
③ 侵入する家に事前に電話 ⇒ 不在の確認

元々泥棒が行うと言われていた電話などによる不在の確認だけでなく、さらに不動産関係者、怪しまれた場合の名刺提示などの手口が明らかになっています。
泥棒が逮捕された際、このように泥棒の具体的な手口や心理状況、侵入ターゲットの選定方法など詳しいことが明らかになれば、今後の防犯対策の参考として大いに活用されることでしょう。

泥棒のことは泥棒に聞くのが最も真実に近いと言えるかもしれません。
テレビ番組やニュースで、元犯罪者が顔を隠し、声を変えてインタビューを受ける場面がありますが、泥棒しか知り得ないような情報を提供してくれます。
そのことを犯罪を防ぐ側である我々セキュリティハウスが活かすことができれば、犯罪に対してより効果のある対策を提案することができます。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年3月02日)|記事URL| あとで読む

1  2  3  4

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?