1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2012年2月

防犯ブログ

盗んだ消火器を新聞受けに噴射

盗んだ消火器を新聞受けに噴射したとして、大竹署は27日、窃盗と器物損壊容疑で廿日市市宮島口東の塗装工の男(23)と大竹市御園台のとび職の男(23)を逮捕しました。
両容疑者は「おもしろ半分でやった」などと容疑を認めているという。

逮捕容疑は今月12日から27日までの間、大竹市立戸のアパートから備え付けの消火器2本を盗み、このアパートに住む男性会社員(42)方の玄関の新聞受けに消火器を噴射したとしています。

同署によると、今月に入り、同署と廿日市署、山口県警岩国署管内でアパートなどの新聞受けに消火器が噴射される事件が約20件発生しているといい、同署などが余罪があるとみて詳しく調べています。
<産経新聞2月29日(水)7時55分配信より>

以前、キリスト教教会に消火器を投げ込む事件が多発しました。
犯人は、親族が病気になった為、神を逆恨みし、周囲の教会を狙ったと見られています。
今回捕まった犯人は単なるおもしろ半分での犯行ということですから事情は異なりますが、被害に遭う方はたまったものではありません。

盗まれた消火器を噴射したことで、新しいものを購入しなければならないでしょうし、消火剤を噴射された玄関の新聞受けをきれいに掃除するのも大変です。
周囲に何かものを置いていたら、消火剤によって汚れたり、価値を損なうことも考えられます。
犯罪被害は、盗難に限定したものではありません。
塀やシャッター、扉、窓が侵入時に壊されたり、床やカーペットが汚されたり、傷つけられる被害も想定されます。

また、消火器に関しては、マンションの廊下共用部に、住民が火災時に使用できるように常備されていることが多いですが、逆に言えば、住民以外の者でもマンション内に入ることができれば、勝手に持ち出す(盗み出す)ことが可能です。
防災面で見ると、仕方が無いことかもしれませんが、マンション内への安易な侵入を許すのは、窃盗などの次の犯罪につながる危険性もあります。
万が一の火災時、消火器が盗まれたままの状態だと、肝心な時、必要な時にその場にない、ということでより被害が拡大するというのが最も恐ろしいことです。

共用出入口のオートロックという対策もありますが、住民と一緒に中に入る、宅配・配達・工事業者を装って入るなど簡単に入れてしまいますから絶対的な対策とは言えません。
防犯カメラ設置など、犯罪者へより威圧感(映像を記録していますよ、あなたを監視していますよ、という強いプレッシャー)を与える対策の方が効果的でしょう。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年2月29日)|記事URL| あとで読む

自動車受難? 盗まれ、燃やされ、海に捨てられる

① ベンツ放火容疑で男を再逮捕 岡山・倉敷署

倉敷署は27日、建造物等以外放火の疑いで、岡山市北区岡町の無職の男(55)=窃盗罪で起訴=を再逮捕しました。
容疑を認めています。

逮捕容疑は、平成22年10月17日午後11時ごろ、倉敷市田ノ上の月極駐車場で、同市の男性(36)がリース契約を結んで使用していたベンツ1台(約760万円相当)をライターで火をつけて全焼させたとしています。

男は、今月4日に倉敷市内でタクシーを盗んだとして窃盗容疑で現行犯逮捕され、取り調べの中で本件犯行を自供したという。
<産経新聞2月28日(火)7時55分配信より>


② 車を盗み海に投棄、窃盗容疑で男逮捕 和歌山

串本署は27日、窃盗容疑で、白浜町田野井の会社員の男(48)を逮捕しました。
同署によると男は黙秘しているという。
逮捕容疑は昨年10月16日午前0時45分ごろ、白浜町田野井の農業の男性(73)宅に駐車中の軽ワゴン車(30万円相当)を盗んだとしています。

同署によると、16日未明に串本町内の海岸で釣りをしていた男性が、海に沈んでいる車を発見。
その後、盗まれた車と判明し、周辺の聞き込みなどで男を特定したという。
<産経新聞2月28日(火)7時55分配信より>

自動車の「災難」というような事件が相次いでいます。
男に盗まれ、放火され、海に沈められるという内容です。
まるで自動車に恨みがあるかのような手口です。

普通は車を盗んだ後は、転売し、現金を得ようとするはずです。
何か事情があって車を転売できず、処分に困った為、放火・投棄という手段に出たのかもしれません。
そうでなければ、単に火をつける、海に捨てる目的で盗むというのは考えにくいでしょう。
持ち主に恨みがある場合は別ですが・・・。

自動車というのは犯罪被害に遭う危険性が高いものだと言えます。
自動車保険の車両保険料が高いのもその理由の一つだと思います。
多くの場合は、盗まれる対象となりますが、場合によっては、車上荒らしや今回の事件のように放火される等の破壊対象となることもあります。

盗難対象となるのは、自動車が高価だからです。
部品やパーツに細かく分解しても、それぞれに用途・需要がありますから、盗んでしまえばいくらでも転売することができるのでしょう。
組織的な犯罪で、大掛かりに海外に密輸するような事件もありますから、このような場合、個人単位の防犯対策では防ぎようもない手口もあります。

盗難対策には効果的と言われたイモビライザー。
これを無効化するイモビカッターが違法に出回り、次々と自動車が盗まれる事件が発生しました。
今度はそれに対抗するイモビカッターガードなるものが販売されているようです。
おそらく近い将来、さらなる手口が出てくるでしょう。

このように防犯対策と犯罪手口はイタチごっこを続けています。
どちらか一方に優れた対策(手口)が出てくると、それを上回る対策(手口)が必ず出てきます。
犯罪が増え、減り、また増え、さらに別の場所で発生し、また減るなど様々に変化します。
それに応じた対策を柔軟に行う必要があります。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年2月28日)|記事URL| あとで読む

孤独死対策。みんなで見守る心配り。兄弟喧嘩や夫婦喧嘩も減少。

高齢者の単身世帯は、10年前と比べて増加しています。
それにともない、高齢者の孤独死も増加しています。
私が思うのですが、
近年ご近所のお付き合いが少なくなっているように思えます。
もし、今の時代も昔のようなご近所付き合いが活発に行われていたら、
孤独死はほとんど無いように思えます。

もし可能なら、昔のようなご近所付き合いを実現し、
さらに和気あいあいとコミュニケーションが活発に
行われる環境を創り出したいものです。

忙しく見える現代社会。
毎日があわただしく過ぎ去っていく感じがします。
そのような状況であれば、私も自分以外のことはないがしろにしてしまいます。正直、わかっちゃいるけど...。という感じです。

みんなで見守るということもわかるのですが、
時間がない、負担になるといったことで足を
止められているような感じがします。

みんなが負担なく、時間もあまり拘束されていない
ようになれば、もっとみんなで見守るスタイルが
増えるのではないでしょうか?

i-NEXTの見守りシステムは、それが可能です。
その場にいなくても見守ることが簡単にできます。
まるで、その場所にいるような体感を創ることが
可能ですので、安心して見守ることができます。

見守る負担は、
やっている人はわかると思います。

私も、母の見守り介護のとき、
なぜ、私だけ。と思ったこともありました。

i-NEXTシステムやNEXTシステムがあれば、
兄弟喧嘩や夫婦喧嘩がなかったかもしれません。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年2月28日)|記事URL| あとで読む

また消防署がらみの事件 消防士が車盗み飲酒運転

福岡市消防局中央消防署の消防士が飲酒後に電車で寝過ごした末、車を盗んだとして逮捕された事件を受け、同市の高島宗一郎市長は25日、緊急記者会見を開き、この消防士が24日昼に同署長から飲酒運転防止の徹底について訓示を受けたばかりだったことを明らかにしました。

市は消防士を懲戒免職処分にする方針。

福岡県警筑紫野署に逮捕されたのは21歳の男。
同署の発表によると、24日夜、福岡市内で同僚らと飲酒。
その後、帰宅するために乗った電車内で寝過ごしました。
25日午前1時35分頃、同県久留米市上津町の飲食店駐車場で同店従業員男性の普通乗用車(約36万円相当)を盗んだとして、同県大野城市内で盗難車を運転中に窃盗容疑で逮捕されました。
呼気1リットル中、道交法の酒気帯びの基準を上回る0・2ミリ・グラムのアルコール分が検出されたという。

福岡県内では2006年8月に福岡市職員による3児死亡飲酒運転事故が発生。
市は全部署で月命日の25日前後に飲酒運転撲滅に向けた様々な取り組みを続けており、24日昼の署長の訓示もその一環だったという。
<読売新聞2月26日(日)9時46分配信より>

詳しい現場の状況は分かりませんが、被害に遭った飲食店駐車場の従業員男性の車は、キーがついたままだったのでしょうか。
酔った消防士の男が盗むことができたのですから、そうなのでしょう。
それにしても酔って電車を寝過ごしたから、人の車を盗んで家に帰ろうとするのはどういう考えでしょうか。
消防士という職業に関係なく、社会人としての人格を疑ってしまいます。

消防署がらみの事件が非常に増えています。
事件が増えているというか、ニュースで報道される機会が増えているとも言えます。
消防服やホースが盗まれたり、消防署内に侵入されたり、消防車が盗まれるという事件もありました。
消防署のイメージは明らかに低下しているでしょう。
犯罪が多発しているというのはどこであってもイメージとして良くありません。
ましてや消防署という防災における最大にして唯一の機関での犯罪ですから、このまま見過ごすことはできないでしょう。

消火活動という、緊急時の即対応という大原則は活かしつつ、署内に防犯カメラを設置する、敷地内への関係者以外の立ち入り禁止(侵入警戒センサーの設置)、人感ライトや警報装置を設置して侵入者威嚇・抑止するなどの防犯対策が必要です。
犯罪を起こしにくい環境というイメージを外部に示さなければ、なかなか犯罪は減らないでしょう。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年2月27日)|記事URL| あとで読む

防犯対策は身近なところから。

犯罪を無くすためには、犯罪を起こらないように
何らかの対策を行って犯罪を防ぐことが大切です。
犯罪を未然に防ぐこと防犯です。

では、犯罪を防ぐためにはないが必要か?
身近なところでは、スピード違反。
(泥棒被害とは異なりますが、身近な例としてあげました。)

高速道路で、時速120キロ、時速150キロで走っている
スピード違反の車を良く見かけないでしょうか。

そのスピード違反がもとで、
命が奪われる事件が発生することもあり、
命を奪う事故等にもつながります。

もし、高速道路で100メートルおきに警察官がいたら...。
おそらくスピード違反は激減するでしょう。
激減するどころか、スピード違反がなくなるのではないでしょうか?

そのようなことは、難しいかもしれませんが、
警察官に代わるモノを防犯機器で行えば、
スピード違反を減少させることが可能です。
実はセキュリティ機器、防犯機器はそのようなシーン等でも
活躍されている事例が多くあります。

犯罪を防ぐためには、犯罪を起こさせない雰囲気をつくることが大切です。
セキュリティハウスは、その場(雰囲気)を、防犯機器を活用して
構築することができるのが特長です。

犯罪被害を未然に防ぐには、犯行を起こさせない場を提供することが最も大切です。
セキュリティハウスは、自主機械警備システムで実現が可能です。
ぜひ、犯罪を未然に防ぐことができるシステムにご注目ください。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年2月24日)|記事URL| あとで読む

栃木 先月盗まれた観音像見つかる

佐野厄除け大師として知られる惣宗寺(佐野市金井上町)で今年1月、「麗水観音像」が盗まれた事件で、佐野署は23日、観音像が寺の近くの参拝客用駐車場内で見つかったと発表しました。
何者かが盗んだのち反省したか、処分に困って置いていったとみられる。

同署によると、駐車場の向かいのミシン販売店に勤める男性(66)が23日午前8時40分ごろ、駐車場出入り口付近に観音像が立った状態で置かれているのを発見。
男性が惣宗寺に連絡し、盗まれた像であることを確認しました。

観音像は約35年前に寺に寄付され、高さ約1メートル、重さは約25キロ。
金箔(きんぱく)が貼られています。

副住職の旭岡靖人さん(47)は観音像が盗まれてからも毎朝、お酒を台座に供え、手を合わせてきました。
「戻ってこないと思っていたので驚いている」と話し、二度と盗まれないよう対策をとってから再設置する予定という。
<産経新聞2月24日(金)7時55分配信より>

一度は盗まれた観音像が被害者の手元に戻ってきました。
その理由は、処分に困った(転売できなかった)のか、罰当たりなことをしたと反省したのかは盗んだ犯人しか分かりませんが、結果として被害なし、ということになるでしょうか。

しかし、このような事件がニュースになること自体が驚きです。
つまり、ほとんどの場合、盗まれた物は被害者の手元に戻って来ないことを証明しているかのようです。
被害者側は、盗難被害に遭った場合、戻ってくるかもという淡い期待は持たない方が、最終的には落胆しなくて済むかもしれません。
また、そのような後悔をしないように、万が一の事態に備えて防犯対策を行うべきです。

それが大切であればある程、しっかりとした対策が必要です。
神社の仏像などはまさにそれです。
お金に換えることができない、失ったら同じものは存在しない、元の状態には戻せないそのような大切なものです。
何も対策をせずに無防備なままでいることは危険ですし、価値があるものなら、相手(犯罪者)もそれなりの障害(防犯システムや防犯カメラなどの防犯対策)があることは承知の上で犯行を行うでしょう。
つまり、防犯対策をしていても何らかの被害に遭う可能性があるということです。

〇〇の対策をしているから大丈夫という油断は禁物です。
この〇〇に当てはまるのが、「補助錠」「金庫保管」「強化ガラス」「シャッター設置」などでしょう。
さらに「防犯システム」「防犯カメラ」という単語も当てはまります。
一つの対策だけでなく、可能な限り複数の対策を組み合わせることが望ましいでしょう。
そうすれば、犯罪者が侵入対象(ターゲット)を探す時点で、ここは手強い、やめておこうと思わせることにかなりの確率でつながると思います。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年2月24日)|記事URL| あとで読む

写真頼まれ、消防署に侵入・窃盗

消防署から防火服を盗んだなどとして、当時、郵便局員の男が逮捕されました。
男は結婚紹介サイトに「消防士」と職業を偽って登録していて、「女性から消防士の服を着た写真を欲しいと言われて盗んだ」と話しています。

窃盗などの疑いで逮捕されたのは、元郵便局員の男(45)。
警視庁によると、男は10年8月、東京・世田谷区の消防署に侵入し、消防士が消火活動の際に着る防火服や救助服など23点を盗んだ疑いが持たれています。

男は当時、インターネットの結婚紹介サイトに、職業を消防士と偽って登録していて、警視庁の調べに対し、「女性から消防士の服を着た写真を送ってほしいと言われて盗んだ」と容疑を認めています。
<日本テレビ系(NNN)2月21日(火)23時12分配信より>

最近、消防署がらみの侵入・窃盗事件のニュースが続いています。
盗品と思われる消防士の制服が高額でインターネット上で取引されているというニュース、消火用のホースや金属類が盗まれるというニュース、今度は消防士の制服を着た写真が欲しいという理由で侵入窃盗した元郵便局員の男のニュースです。
結婚紹介サイトに消防士と偽って登録し、相手の女性から制服姿の写真が欲しいと言われた為、消防署に侵入したということですから、他の事件とは少し毛色が違いますね。

これだけ消防署がらみの侵入・窃盗事件が続けば、消防署に対するイメージダウンも考えられます。
消防・消火という緊急事態への対応が必要ですから、消防署員が速やかに行動できるように道具も配備されているでしょうし、そのような建物の構造にもなっているのだと思います。
防災には適していても、防犯には適さないということもあるでしょう。

ただ、消防署は侵入しやすい、というのは決して好ましいイメージではありません。
そこで窃盗などの事件が発生し、その損失の為に、市民の税金が使われるとなれば、大きな問題にもなりかねません。
悪いイメージ、信用、信頼の失墜というものはお金では換えられませんから、可能な限り、早急に払しょくするための対応が必要です。
犯罪を犯しにくい環境、それを作るための対策が事前の防犯対策です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年2月23日)|記事URL| あとで読む

アメリカ 映画オーシャンズ11な金庫強盗!

事実は小説より奇なりとはよく言ったものです。

オーシャンズ11、地下の巨大金庫から大金を頂く前代未聞の犯罪チーム。
あのオーシャンズ11も顔負けのリアル・オーシャンズ11事件が起きました。
事件が起きたのは、米国はシカゴにある宝石店。
奪われたのは50万ドル(約3880万円)相当の宝石。
盗難方法は・・・お隣のお寿司やさんからドリルで壁に穴をあけて侵入というまさにオーシャンズな世界。

侵入後は、金庫のドアの下の部分を切り取り、宝石が収められている箱を潰し切り取りました。
小さな穴から宝石を取り出しました。
この金庫TL-30はどんな鍵師でも開けるのに30分はかかると言われている強者。
ですが、今回の泥棒の前ではその強力な鍵も無力だったようです。
泥棒チームが上手いことできた理由は、店内のセキュリティを熟知して侵入したことにつきます。

このことから、宝石店のオーナーは身内の犯行を疑っているようですが、今の所犯人は捕まっていません。
ちなみに、奪われた宝石には全て保険がかけられていたので、オーナーもそこまでパニックにはなっていないようです。

映画のようなことが本当に起きるのが現実です。
この犯罪チームの中を見てみれば、もしかしたら映画よりずっとドラマがいっぱいなのかもしれません。
そう、現実にはドラマがいっぱいなんだな。
<ギズモード・ジャパン 2月17日(金)14時36分配信より>

隣の寿司屋からドリルで壁に穴を開け、目当ての宝石店に侵入するという、映画オーシャンズ11顔負けの侵入窃盗事件です。
日本でも爆窃団という壁を破壊して建物内に侵入する宝石・貴金属店をターゲットにした窃盗団のニュースを目にすることがあります。
映画やテレビで、格好良く、華麗な手口で盗み出す泥棒の手口を、実際に真似て犯罪を犯す模倣犯も存在します。
有る程度誇張・拡大して放送しているでしょうから、現実的には難しい、不可能なこともあるでしょうが、応用して犯罪に活かすことも可能な場合もあるはずです。

今回の場合は、店内のセキュリティを熟知していることから考えると、オーナーの身内の犯行が疑われているようですが、このように内部の協力者がいると、犯行はよりスムーズに行われます。
仮に強力な防犯対策がされていても、必ずそれを無効化、解除する方法があるはずです。
それが無ければ、誤って反応させてしまった場合、持ち主が困ることになるからです。
そのようなシステムの穴、弱点を知る者が協力者にいれば、犯行の成功率は格段に上がります。
あとは、その後、その協力者の存在も含めて、自らの犯行が明るみにならなければ、大成功ということになるでしょう。

記事にもあるように、事実は小説より奇なりと言います。
現実には、想像もできない犯罪や手口が存在し、それが実行されることがあります。
また、これだけ人があふれていれば、考え方も十人十色です。
この手口にはこの対策と、単純には決めつけるのは危険です。
防犯対策も柔軟に、臨機応変に行うことが必要です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年2月22日)|記事URL| あとで読む

宮崎 海岸沿いの防波板46枚盗難 転売目的?

県は16日、串間市西方の海岸沿いに設置していた、防波板(ぼうはばん)と呼ばれる鋼鉄製の防風・防潮柵の一部が取り外されてなくなったと発表しました。
被害は46枚で107万7000円。
転売目的で盗まれたとみて、串間署に15日に被害届を出したという。

県自然環境課によると、14日午前7時半ごろ、串間市のアカウミガメ保護協力員が板がないことに気づき、串間土木事務所に連絡。南那珂農林振興局が確認しました。
板は高さ25センチ、幅約2メートルの鋼材。
上下に6枚を連ねてワンブロックとし、それを幅計530メートルにわたって防潮堤に設置。
各板はボルトで支柱に固定していましたが、ブロックの一番下の板だけボルトが外され、92メートル分なくなっていたという。

協力員が12日朝には確認しており、14日朝までに盗まれた可能性があるという。
<毎日新聞2月17日(金)15時46分配信より>

金額的な価値はそれほどなくても、被害に遭うと困るものというのはたくさんあります。
今回、盗難被害に遭った防波板(ぼうはばん)という鋼鉄製の防風・防潮柵もそうでしょう。
中古品ですし、金属的な価値はそう高くないでしょうし、他の目的で使用するというのも難しそうです。

しかし、本来の目的である防風・防潮の為には必要なものでしょうから、無くてはならないものでしょう。
無いことによって、防ぐことができたかもしれない自然災害に遭うという可能性もあります。

このように窃盗被害は、現金や高価な貴金属類、自動車など明らかに価値が高く、泥棒に狙われやすいものばかりではありません。
金属盗のように、金属であれば何が盗まれるか全く想定できない被害も有り得るのです。
特に、屋外に無造作においてあり、誰も盗難を警戒しないようなものは、格好のターゲットになり得る可能性もあります。

家や事務所、店舗において、誰が見ても明らかに狙われそうな、「これ」という決定的なものがある場合は、逆にその防犯対策は分かりやすいのです。
それを中心に、守るための防犯対策を講じればよいのです。
侵入者対策、盗難対策、警報音威嚇映像記録、時間稼ぎ対策など、泥棒が嫌がる対策を複数組み合わせれば効果的な対策になります。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年2月21日)|記事URL| あとで読む

中国 泥棒がメッセージ「貧乏すぎる、もっと頑張れ」

2012年2月17日、黒龍江省ハルビン市呼蘭区で侵入窃盗事件が20件以上も起き、次々と被害者からの通報がありました。
その中には、犯人が部屋の壁に醤油などの調味料で「貧乏すぎるよ、もっと頑張れ」とメッセージを残した家もありました。
騰訊ネットが伝えました。

14日午後6時ごろ、警察はあるマンションの屋上で怪しい男性を発見し、追跡したところ、民家へ不法侵入した跡によって連続侵入窃盗の容疑者として現行犯逮捕しました。

逮捕された容疑者は自分の小さい体型を利用し、2011年8月から住宅マンションの排水管から上り部屋に侵入し、アクセサリーや現金など20万元(約240万円)相当の物を盗んだと罪を認め、貧乏すぎて盗む物が無い家に侵入した時は壁に「貧乏すぎるよ、もっと頑張れ」とメッセージまで残したという。
現在、当容疑者はすでに刑事拘禁されました。
<Record China2月18日(土)7時34分配信より>

中国のニュースです。
泥棒が侵入した際、貧乏すぎて盗む物が無い家に対しては、「貧乏すぎるよ、もっと頑張れ」というメッセージを残していたという事件です。
泥棒にまで同情されるというのはよほど貧しかったのでしょう。

このように同情してくれる泥棒だといいのですが、せっかく侵入したのに盗む者がない、と自分勝手に怒り出す泥棒もいます。
逆ギレして、理不尽な怒りをぶつけられると大変です。
室内を荒らされるだけで済めば不幸中の幸いかもしれません。
泥棒によっては、怒り狂い放火する者もいます。
また、自分が侵入した跡を消そうと、放火する者もいます。

窃盗と放火、別の犯罪のようですが、場合によっては犯罪として組み合わされることがあります。
犯罪者の中には比較的善人(犯罪を犯す時点で善人とは言えないかもしれませんが・・・)もいます。
盗む物が何もなかったから、そのまま逃げたという場合もあるでしょうが、これは稀なケースと考える方が良いでしょう。

我が家には盗られるような物はない、高価な貴金属もないから狙われる心配はない、という考えの人もいます。
しかし、泥棒から見れば、盗むような物がないかは外からは分かりません。
侵入し、室内を物色するまでは分からないのです。
その時点ですでに侵入という大きな被害をこうむっているのです。

扉や窓が壊され、室内が荒らされ、金品が盗まれ、場合によっては放火され、建物が燃える、最悪の場合は死者が出る恐れもある、そこまで考える必要があるでしょう。
その上で、それを防ぐ為の対策をすべきかどうか、費用を掛けてでも行う必要があるか、などの検討をすべきでしょう。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年2月20日)|記事URL| あとで読む

1  2  3

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?