1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2012年1月

防犯ブログ

養蜂場からミツバチ巣箱盗難 20箱200万円相当

養蜂場からミツバチの巣箱を盗んだとして、城陽署は16日、窃盗容疑で滋賀県守山市幸津川町、家業手伝いの男(80)を逮捕しました。
容疑を認めています。

逮捕容疑は昨年11月26日午後2時ごろ、京都市伏見区の男性(61)が経営する城陽市の養蜂場からミツバチ数万匹が入った巣箱1箱(6万円相当)を盗んだとしています。
この養蜂場は一昨年3月から昨年12月にかけて、9回にわたり計20箱(200万円相当)の巣箱が盗まれており、同署が関連を調べています。
<産経新聞1月17日(火)7時55分配信より>

ミツバチの巣箱盗難、専門知識がないのですが、おそらく盗まれたからと言ってお金を出せば、新しいミツバチとその巣箱が手に入るというものではないでしょう。
何世代にも渡ってミツバチを育て、長い日数を費やして効率的に蜜を集められる環境を作るのでしょう。
お金には到底換えられない被害でしょう。

例えば、侵入窃盗被害に遭った場合、これが必ず被害に遭うと断言できるものはありません。
泥棒の侵入手口によって、窓、扉、シャッターのどれが壊されるか分かりません。(または全部)
侵入後、もし金庫があればそれが狙われる可能性が最も高いのですが、それ以外のものが荒らされ、壊され、盗み出される可能性もあります。
盗まれるのも、壊されるのも、被害後、それが元の正常な状態ではなくなってしまうのは共通しています。

「盗まれるような高価なものは家には何もない」と考える人もいるかもしれません。
しかし、侵入窃盗の被害は、「盗まれる」だけとは限らないということです。
泥棒が侵入しようとしてガラスが割られた、でもそれだけの被害で盗難被害はなかった、というのは実は非常に運がよかったとも考えられます。
シャッター、窓、扉が破壊され、家中が荒らされ、現金や貴金属が盗まれたという窃盗被害のフルコースという場合に比べればの話ですが。

「泥棒」というと単にものを盗むだけと思いがちですが、実際の被害には、破損・汚損(汚される)被害も含まれます。
それらの被害に対する事前の予防策が必要です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年1月17日)|記事URL| あとで読む

民家の庭から花を盗んだ看護師逮捕

他人の家の庭から花を盗んだとして、和歌山北署は14日、窃盗容疑で和歌山市西庄の看護師の女(47)を現行犯逮捕しましたた。
「私が育てた花です」と容疑を否認しているという。

逮捕容疑は同日未明、同市西庄の民家の庭の花壇から、カランコエ2株を抜いて盗んだとしています。
同署によると、周辺では先月から同様の被害が相次いでいました。
警戒を強化していたところ、巡回中の署員が花を手に民家の庭から出てきた女を発見したという。
<産経新聞1月15日(日)7時55分配信より>

自宅や会社の敷地内に、他人が自由に侵入できる環境というのは危険です。
中に入ってきて、今回の事件のように花を盗むということも簡単にできてしまうということです。
自宅の木に生っている柿を子供が盗むというのは、昔の漫画やアニメに出てきそうなシーンですが、現実ではもっと悪意のある泥棒にも変わることが考えられる手口です。

塀の門扉を乗り越えて敷地内に侵入、家人にさえ見つからなければ、敷地内は自由に歩くことができてしまいます。
会社はともかく、ほとんどの一戸建て住宅やマンションでは同じ環境でしょう。
誰もが自由に出入りできるという考え方によっては危険な環境です。

もちろん子供たちが自由に遊ぶ為に開放しているという場合もあるでしょうが、夜間や深夜など時間外もあります。
そのような時間外は制限することで、外部からの侵入者に対しては効果があるはずです。

マンションの場合は、
関係者以外の立ち入りを禁止するためにセンサーを設置し侵入を制限(関係者のみ警戒を切ることができる)、敷地から建物内への侵入に利用されそうな箇所には防犯カメラによる映像の監視・記録などの対策が効果的です。

一戸建て住宅の場合も、
予算が可能であれば、塀の上や塀の内側にセンサーを設置し、周囲を取り囲むことによって、外部からの侵入者対策となります。
玄関に防犯カメラを設置すれば、侵入者だけでなく、不要な売り込みや訪問販売、放火対策にもなるでしょう。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年1月16日)|記事URL| あとで読む

大阪 深夜30分間に窃盗事件4件発生

大阪府富田林市と河南町で13日未明、診療所などを狙った窃盗事件が約30分間に計4件発生し、現金計約6万4000円やパソコンが盗まれました。
診療所などは半径3キロ内にあり、勝手口をバールでこじ開けて侵入する手口も共通していることから、府警富田林署は、同一犯の可能性が高いとみて調べています。

同署によると、同日午前3時15分ごろ、河南町神山の歯科医院に何者かが侵入したと警備会社から110番通報があり、ノートパソコンなどが盗まれました。
その後、隣接する富田林市内の二つの診療所とラーメン店も次々に被害に遭いました。
いずれも当時は無人でした。
<毎日新聞1月13日(金)10時31分配信より>

大阪で歯科医院で窃盗事件が発生し、隣接する二つの診療所とラーメン店も被害に遭いました。
4件の被害ですが、わずか30分の間に犯行が行われたということです。
それぞれ具体的な被害額は不明ですが、最初に侵入された歯科医院ではノートパソコンなどが盗まれたということです。

これをみると、泥棒の犯行時間の短さ、そしてスピードの速さに驚かされます。
勝手口をバールでこじ開ける共通の手口ということですが、おそらく乱暴に、激しく、被害者のことなど考えることなく破壊しこじ開けているのでしょう。

とにかく早く侵入し、金目のものを盗み出し、その場から逃げる、これが絶対条件ですから、あとのことなど全く考えません。
もちろん人目に触れることなく、自分の犯行だと特定されない、捕まらないということが前提としてあります。

窓ガラスが割られただけ、部屋は多少荒らされたけど何も盗まれたなかったというのは不幸中の幸いで珍しいケースでしょう。

どのような窃盗場合でも、まず侵入される箇所があります。
窓ガラス、扉、ベランダ、煙突という珍しい侵入場所もあるかもしれません。
無施錠であれば、破壊されることなくそのまま侵入されますが、普通は侵入を防ぐために施錠しています。

それを無理やりこじ開ける、破壊するなどして建物内に侵入しようと考えます。
その時点ですでに大きな被害をこうむる危険性があります。

さらに侵入し、今度はそれぞれの部屋を物色します。
目当ての金品を探すため、部屋中を荒らすでしょう。

大きな金庫があれば真っ先に狙われますが、そうではない場合は、現金などをよく隠している、タンスや仏壇、棚の引き出しなどが狙われるでしょう。
そっと音も立てずに一つ一つ丁寧に開けて、探し出すような泥棒は少ないでしょう。
壊れても構わないとばかりに激しく探します。
その過程で壊されるものも多々あるでしょう。

指紋や足跡、自分の犯行を示す証拠が現場に残されていないかと不安を感じる泥棒なら、犯行後、証拠隠滅策として、放火するという最悪のケースも実際に発生しています。

一口に窃盗事件と言っても、単にものが盗まれたで終わらないケースの方が多いと思われます。
犯行現場は悲惨と言っても過言ではありません。

その時に色々後悔しても時間は戻せません。
万が一の犯行に対して、事前に対策を講じるのは、そのような後悔をすることがないよう、またその可能性を減らす為に行う予防策なのです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年1月13日)|記事URL| あとで読む

13日の金曜日。『今日は駄目な日だぁ』と思わせる防犯対策。

今日は、13日の金曜日。
なんとなく不吉な予感がします。
しかし、13日の金曜日は、いつもの日常と何ら変わりはありません。
ただ、私がそう思っただけなのです。

このようなこと(例えば→自分で、『今日は駄目な日だぁ』と思っていること。)は、
知らず知らずのうちにやっているかもしれません。


この考えは、防犯対策でも応用しています。
というのは、極端に言えば犯罪者に『今日は駄目な日だぁ』と思わせればいいということです。


犯罪者も不安に思ったりします。
いつも、いろいろなリスクを負って犯行を継続するということは考えられません。
犯行におよぶときは、おそらく「よしやるぞ!!」という意気込みでやっています。

セキュリティハウスの自主機械警備システムは、
犯罪者にとって犯行しにくい環境づくりを構築して、
『ここはやめておこう』と思わせるシステムです。
例えば、毎日が犯罪者にとって「13日の金曜日」だと思わせるような環境作りを行います。

その環境づくりは、セキュリティのプロ、セキュリティハウスが行っています。
防犯対策は、ぜひセキュリティハウスまで。

防犯:セキュリティハウス】

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年1月13日)|記事URL| あとで読む

民家に強盗。強盗対策の秘策は・・・。

民家に強盗」というニュースがありました。

《民家に強盗3万奪う》栃木 読売新聞2012年1月12日
内容は、
-----------------------------------------
芳賀で 刃物突き付け脅す
 11日午後5時10分頃、芳賀町下高根沢の民家に男が押し入り、
 女性にナイフのような刃物を突き付けて「金を出せ」と脅した。
 男は女性から現金約3万円を奪って逃げた。
-----------------------------------------

3万円の現金は、どこのご自宅にもありそうな金額です。
一般論ですが、通常強盗犯は『お金が沢山ある家を狙う』というふうに
多くの方に思われています。
しかし、実際強盗犯が狙うところは「簡単・確実にお金を奪うことができるところ」
また、「捕まりにくいところ」などです。

ここで、改めて確認しますが、
なぜ、民家が狙われるのでしょうか?

狙われる民家の特長は、
「捕まりにくいところ」「簡単・確実にお金を奪うことができるところ」
として強盗犯に思われていると言っても過言ではありません。


では、強盗犯に狙われないために何をすればいいでしょうか?
それは、実にシンプルに考えることができます。

それは、「捕まりやすい」「簡単・確実にお金を奪うことができない。」と
強盗犯に思ってもらえればいいだけです。


よく、強盗犯を捕まえようとする方がいらっしゃいます。
しかし、強盗犯と戦っても仕方ありません。
というのも、捕まえようと必死で強盗犯を取り押さえようとしても、
強盗犯も命がけです。抵抗します。

--------------------------------------------------
民家で男性刺され死亡 静岡(産経ニュース2012.1.2)

1日午後10時10分ごろ、静岡県沼津市原の民家で、
この家に男性が血を流して倒れているのを、長女が発見。
--------------------------------------------------

ですので、強盗犯と戦わずして勝つ方法をオススメします。

それは、繰り返しになりますが、強盗犯に「捕まりやすい」、
「簡単・確実にお金を奪うことができない。」と思ってもらうことが優先です。


それには、犯罪を起こさせない環境づくりが必要です。
例えば、ご自宅の周りは防犯対策がしっかりとできていると
見せる防犯対策が必要です。
その一つに、セキュリティキーパーがあります。
24時間360日警戒中であることが見てとれます。
これは、誰かが家の周りを四六時中監視している状況と考えていただければと思います。

簡単にお伝えるための例え話ですが、
もし、数人の警察官が家の周りをぐるぐる巡回してとしれば、
きっと犯罪者はその家中にリスクを犯してまで侵入しないでしょう。

このような環境づくりを、セキュリティハウスは
防犯センサーや警報器等を活用し、
自主機械警備システムという形で提供しています。

突然ネットが飛び出すという
ネットガードネットランチャー等も
自主機械警備システムの一部を構成しています。

犯罪者は捕まりなくないのです。
網に引っ掛かるところや、どこかに閉じ込められるようなところは
捕まるリスクが高まるため、避けます。
これが戦わずして勝つ秘策です。 

防犯:セキュリティハウス】

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年1月12日)|記事URL| あとで読む

万引き母娘 成人式に振り袖で犯行

幸署は9日、窃盗(万引)の疑いで、川崎市宮前区に住む介護職員の女(49)と、無職の長女(20)を現行犯逮捕しました。

逮捕容疑は、2人は共謀し、同日午後8時15分ごろ、同市幸区の書店で、書籍など計12点(約1万8千円相当)を盗んだ、としています。

同署によると、長女は新成人で、当時振り袖を着ていました。
成人の日に合わせ、市内の神社にお参りをした帰りだったという。
女は「娘にぜいたくをさせてやりたかった」と供述しているという。
<カナロコ1月10日(火)22時0分配信より>

親が親なら、娘も娘です。
成人式に振り袖姿で、しかも親子で万引きしたという窃盗事件です。
成人式という晴れ晴れしい舞台の日に、そのような犯罪行為を行うとは、この長女の未来を暗示しているかのようです。
ろくな大人にはならないでしょうね。

それも親の教育が悪いのでしょう。
娘を叱って導いていく立場の親が率先して万引きしようとするのですから救いようがありません。
親子で犯罪を行うという神経が分かりません。
互いにいけないこと、悪いことだと思っていないのでしょう。

このように犯罪に対する認識の甘さ、欠落が見られる事件が増えています。
年齢的には大人でも、精神的に未熟で、大人とは思えないような言い訳や動機を平気で答える犯罪者が多いように思います。
残念ながら一般的な常識が通用しない世の中になりつつあるのかもしれません。

このように普通では考えられない認識の犯罪者が増えていますから、その手口も多岐に渡り、より複雑で予測しにくくなります。
金庫に入れていたのに大金が盗まれた、マンションの高層階に住んでいるのに侵入された、自動車ごと突入して侵入された、など昔では効果があった対策が無効化され、被害に遭う人が増えてきました。
この防犯対策をしているから大丈夫とは言えない、より慎重に対策を行わなければならない時代です。

充分に対策をしているというお宅や会社であっても、常に見直し、もろく弱いところがないかをチェックし、継続して改善策をとらなければなりません。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年1月11日)|記事URL| あとで読む

神戸 貴金属店に車が突っ込み2千万円相当奪われる

10日午前2時ごろ、神戸市中央区元町通4の貴金属店に車が突っ込み、乗っていた人物は他の車に乗って立ち去ったと、近所の男性から110番がありました。
店のシャッターが壊されて、腕時計など約100点(約2000万円相当)がなくなっており、兵庫県警生田署は窃盗事件として捜査しています。

同署によると、大阪ナンバーの乗用車がバックで店に突っ込んでいました。
防犯カメラには黒い上着に目出し帽姿の人物が映っていました。
目撃情報によると、数人が白と黒の車2台に乗って逃げたといい、同署が行方を追っています。

現場は神戸市中心部の元町商店街の一角。
<毎日新聞1月10日(火)10時57分配信より>

物理的にこのような侵入犯罪を防ぐことは不可能に近いと言えます。
突入してくる自動車を防ぐシャッターや扉、壁というものは普通の民間企業においては防犯対策としての導入はまずできないでしょう。
侵入を防ぐことができないとなると、あとは、それ以上犯行を継続させない、被害を最小限に抑える為の対策しかありません。

突入してくることによって建物、壁、シャッター、扉、窓が破壊されますが、その被害より大きな痛手となるのが、宝石・貴金属店の場合は、商品の盗難被害です。
数百万円から数千万円にも被害が及ぶことは珍しくありません。
最近は大阪での被害が目につきます。

建物や商品には保険を掛けるなどの対策もしているかもしれませんが、保険料の負担も少なくはないでしょう。
また、侵入者対策として、シャッターや防犯センサーの設置、防犯カメラによる映像の記録を併用して行っている店舗も多いようですが、このような自動車突入の手口に対してはあまり効果が出ていないようです。

侵入された後のことを考えましょう。
侵入後、泥棒がすることは金品を盗み出し、逃げ去ることです。
侵入と同じく逃げるのを捕まえることは難しいでしょうから、残るのは金品を盗み出させないようにすることです。

センサーが侵入を検知すると、人体には無害の霧を噴射し、部屋中に充満させます。
すると、侵入者の視覚を奪い、どこに何があるのかを正確に把握することができず、金品を盗み出すという行為自体ができなくなります。
人体には無害ですので、誤って噴射したことで目を痛めたりすることもありません。
システムの導入には相応のコストが掛かりますが、数千万円もの被害を出すことに比べれれば多くはないでしょう。
興味を持たれた宝石・貴金属店のオーナー様がいらっしゃれば一度ご検討下さい。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年1月10日)|記事URL| あとで読む

コンビニ強盗撲滅には、新しい強盗抑止対策が必要

コンビニの強盗対策といえば、防犯カメラの設置、カラーボールの設置などの他、いろいろな対策をされています。

<コンビニ強盗情報>
コンビニ強盗:平成22年で600件超。
検挙率:50%~60%程度。
ほとんどの強盗犯が検挙されていない状況です。


【新たな強盗抑止対策】
■『ネットガード』と、+αとして『ネットランチャー』

ネットガード』の"すごさ"を多くの方々に知っていただければ、
強盗犯もネットガード設置店舗には足を踏み入れるのも躊躇(ちゅうちょ)。

『ネットガード』が本当にスゴイということをインターネットや
テレビ放送などを通じて強盗犯まで伝わったならば、
きっと強盗犯は、コンビニで強盗をするのを躊躇(ちゅうちょ)するでしょう。

ネットガードとは、簡単に言いますと、
ネットガードの本体を、天井若しくは壁に取り付け、
そこからネットを瞬時に発射させ、
強盗犯をネットで封じ込めてしまうことができ、
身動きできないようにすることができる優れものです。

網にからまった強盗犯は、もがけばもがくほど網が絡みつくので、
もうどうしようもなくなってしまうのです。

さらに、コンビニのカウンターに置くことができる、
ネットランチャー(携帯用:ステックタイプのネットガード)を使うと、
二重にネットを覆いかぶらせることができるので、
強盗犯の行動を止めてしまうことも可能です。

【ポイント:従業員の身の安全】
従業員は、強盗犯がネットに絡まっている間に逃げることが可能になります。
このネットガードは、今までの防犯カメラ等の強盗対策の概念とは、全く異なります。

防犯カメラだけで、強盗を未然に防ぐことができましたでしょうか?
また、強盗被害をくい止めることができましたでしょうか?
今までの対策は、本当の強盗対策ではなかったように思えます。


もし、自分の子や親せきといった身近な人が、強盗被害に遭ったらどうでしょう?
『なぜ、しっかりとした対策をしてくれなかったのか』と
 多くの方がお店の人に対して意見を言いに行くかもしれません。

確かにお店の方は、すぐに「すいません」と謝るかもしれません。
しかし、決して強盗犯が無くなることはありません。
新しい対策を講じない限り、決して減少することはないと思います。


今の時代、防犯カメラを設置するだけでは、
強盗被害を未然に防ぐことは十分にはできません。

本気で、真剣に、警察も一緒になって、
コンビニの本部も一緒になって、
強盗対策に取り組む必要があります。


【セキュリティハウス:防犯対策


続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年1月10日)|記事URL| あとで読む

毎日のように発生するコンビニ強盗 対策は、"本当に"強盗しにくい環境づくりから

毎日のように発生しているコンビニ強盗。
コンビニの防犯対策も、本気で変えなければならない時代が来ています。
--------------------------------------------------------------
●コンビニ強盗(カナロコ(神奈川新聞)1/6)
1/5、午前0時40分ごろ、横浜市青葉区奈良1丁目コンビニエンスストアで、
男が現金約9万4千円を奪って逃げた。
男は男性店員に包丁を突き付け、「金を出せ」と脅し、レジから現金を奪った。

●コンビニ強盗3件相次ぐ 神奈川県内(産経ニュース:2012.1.4 )
1/4日未明、「セブンイレブン横須賀三春町5丁目店」
店員を金属バットで脅し、レジの現金6万2000円を奪って逃走。

1/4、「ファミリーマート百合ケ丘駅南口店」
男が果物ナイフのような刃物を突き付け、レジの現金約5万円を奪って逃げた。

1/4、「ローソン新横浜店」
男が同様の手口で現金約10万円を奪い逃走。
----------------------------------------------------------------
●東京・四谷でコンビニ強盗 10万円奪い逃走(産経ニュース:2011.12.28)
12/28、「セブンイレブン新宿4丁目店」
マスクをつけた男が押し入り、「カネを出せ」と脅迫。
現金約10万円を奪い逃走。

※上記以外にも、多数のお店が被害に遭っています。
--------------------------------------------------------------------

コンビニ強盗は捕まらない、簡単に現金を手に入れることができる。
などといったイメージがあるのでしょうか。
頻繁に発生しているコンビニ強盗。

強盗を未然に防ぐ取り組みとして、
深夜勤務は2名以上の体制にすることや、
お客様に対して声掛けの徹底、
そして、防犯カメラ増設による監視の強化等々。

一般的に、お客様に対して常に"いらっしゃいませ"などの
声をかけているお店は、強盗から狙われにくいと言われます。
なぜなら、不審者が入店する際声をかけられると、
「顔を見られた!やばい!」など、
強盗を企てようとする者に対して、
心理的プレッシャーを与えることができる。
というふうに言われています。

確かに、強盗犯も捕まりたくありません。
当然顔を見られたら捕まるリスクが高まるので、
なるべく店員を目を合わさないように入店してくることと思います。

そんなビクビクしながら入店する際に、
店員から大きな声で『いらっしゃいませ!!』と声を掛けられたら、
不審者はきっと強盗をするのをためらうでしょう。

それにもかかわらす、毎日のように発生するコンビニ強盗。
近年、コンビニの従業員は、数年前と見違えるくらい
接客が良くなっていると私は思います。
ほとんどのお店で「いらっしゃいませ」と言ってくれます。
それなのになぜ強盗犯に狙われるのでしょうか。
コンビニ強盗が一向に減少しないのは、
声掛けをしていないからとは言えないように思えます。

つまり、コンビニエンスストア全体の強盗対策の意識を
今まで以上に高めなければならないと思います。
確かに、今までの声掛けは強盗対策として必須のことと思います。
それに輪をかけて、本当に犯罪を予防する取り組み、
本当の『防犯』をする必要があります。

犯罪を未然に防ぐ対策とは、「ここは捕まるからやめておこう」
と、犯罪者に思わせる取り組みです。(続きは→次回の予定です。)

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年1月07日)|記事URL| あとで読む

1  2

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?