1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2011年10月

防犯ブログ

鋼鉄製橋げた盗難 60トン3500万円相当

東京都が管理する品川区内の工事現場で鋼鉄製の橋げた(3500万円相当)が盗まれた事件で、警視庁荏原署は窃盗の疑いで、川崎市幸区南幸町、土木作業員の男(51)を逮捕しました。
同署によると、男は「生活苦と数百万円の借金の返済のために売った」と容疑を認めています。

逮捕容疑は6月13日と26日、品川区豊町の工事現場で都が所有する鋼鉄製橋げた9本と鉄骨など500点(計3600万円相当)を盗んだとしています。

同署によると、男は昨年、この工事現場で作業員として働いており、今年6月上旬、工事が止まっていた無人の現場に橋げたが置かれているのを発見。
金属リサイクル業者に「給料の代わりに使わなくなった資材をやるといわれた」などと嘘をついて145万円で買い取らせました。
リサイクル業者は産廃運搬業者に依頼して、現場から運び出しました。

都によると、橋げたは呑川新橋(大田区)に架ける予定だったもので、長さ約29メートル、幅約5・6メートル。
9分割した状態で保管されており、総重量は約60トンありました。

7月に都が被害を発表し、報道を見た運搬業者の運転手が同署に通報、男の関与が浮上しました。
<産経新聞10月19日(水)14時4分配信より>

60トンもの鋼鉄製橋げたが盗まれてしまうということに驚きます。
普通に考えると運び出すことが困難なものですから、まさか盗まれるとは・・・、という感じでしょう。

今回の事件では、巧みに金属リサイクル業者をだまし、産廃運搬業者を使って現場から運び出しました。
報道を見た運搬業者が不審に思い、警察に通報して犯行が発覚したのですが、もし、リサイクル業者、産廃業者もグルだったとしたら、恐ろしい話です。

3500万円価値のある橋げたを145万円で買い取った金属リサイクル業者。
金属の価値や価格変動に関して詳しくないのですが、単純に半額の1750万円で別のお客さんに転売すると考えると、ものすごい儲けになります。
このように考えると、盗品と知りながら買い取り、それを他に転売する犯罪業者が存在することが分かります。(今回は違いました)

この悪い買取と転売の流れを断ち切らなければ、このような手口の犯罪は無くならないでしょう。
現場は無人になり、電気が通っていない場所もありますので、防犯システム設置など設備による防犯対策は難しい場合が多いと思います。
資材置き場の防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年10月31日)|記事URL| あとで読む

狙われるエアコン室外機盗難 福岡で多発

エアコンの室外機の盗難が九州や山口、沖縄県で多発し、今年に入って少なくとも920台以上に上ることが、各県警への取材でわかりました。

室外機の羽根(ファン)や管に使われている銅やアルミニウムの価格が、建設ラッシュの続く中国やインドの需要増に伴って上昇傾向にあり、リサイクルショップや金属回収業者に持ち込まれて換金された可能性が高いということです。
警察では、流通の阻止に向け、リサイクル業界に協力を呼びかける方針です。

九州や山口、沖縄の各県警によると、1~9月の室外機の盗難は、集計していない福岡を除くと、佐賀が213台(昨年1年間195台)で最も多く、鹿児島で少なくとも44台(同30台以上)、長崎40台(同80台)と続きます。

福岡について各署に問い合わせたところ、少なくとも506台が盗まれており、九州、山口、沖縄の合計は920台以上でした。

「この夏は扇風機で乗り切ったが、悔しくてならない」。
8月に福岡県飯塚市内の勤務先の営農組合で被害に遭った男性(62)はため息をつきます。

県警飯塚署によると、今年、公民館や集会所、民家などで80台以上がペンチなどの工具で配管を切断されて盗まれました。
管理人が常駐していない施設が4割を占めているという。

先の営農組合から室外機を盗んだとして窃盗容疑で逮捕した無職の男(56)は、廃品回収業者を装って軽トラックで運び出したといい、「簡単に換金できるので繰り返しやった」と供述しているという。
<読売新聞10月17日(月)15時31分配信より>

今年の夏は室外機盗難が多発していると、このブログでも何度か紹介しましたが、読売新聞の調べによると、各都道府県ごと(主に九州)の発生件数が出ています。

今年(9月まで)の室外機盗難数(各県警・読売新聞調べ)
福岡・・・506台以上
佐賀・・・213台
熊本・・・72台
鹿児島・・・44台以上
長崎・・・40台
沖縄・・・25台以上
宮崎・・・13台
大分・・・6台
山口・・・数台

福岡が明らかに狙われていることが分かります。
同一犯が荒稼ぎした可能性もありますが、他と比べるとダントツの数字です。
それでは福岡以外、九州以外が安全かというとそうではありません。
このような手口は、類似のものや模倣した犯罪が、別の離れた地域で、少し時間を置いて多発することがあります。
その地域ではあらかたやりつくしたので別に移動する場合やその手口はいい、と感じた別の犯罪者が他の地域で試すという場合など様々でしょう。

多発する地域では徐々に対策と傾向が分かってきます。
そうなると犯行は行いにくくなってきます。
ただ、それが適用されていない地域ではまた別の話です。
対策が行われるまで時間がかかりますから、その間に稼ごうという考えでしょうか。

これは国境を越えて起こり得ることです。
例えば、韓国内や中国内で犯罪を犯した犯人(多くの場合が組織ぐるみの犯罪集団)が、その国ではそれ以上の犯行が難しいと判断すると、外国に出稼ぎに行き、その国で犯行を行うというケースです。
国が違えば、その手口に対する対策も異なりますので、すぐには対応できないと考えるのでしょう。
他の地域、他の国の犯罪と言っても、それが自分の住んでいる地域、国に流れてくる危険性は常にあります。
最新の犯罪情報

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年10月28日)|記事URL| あとで読む

在宅介護訪問先でケアマネージャー窃盗

在宅介護の訪問先で利用者の財布から金を盗むなどしたとして、兵庫県警東灘署は17日、神戸市東灘区の介護支援事業所の元ケアマネジャーの女(46)を窃盗容疑で逮捕しました。

容疑を認めているという。

発表などによると、女は5月25日朝、在宅介護の計画を話し合うため同区内の男性(79)宅を訪れ、男性の財布から1万円などを盗んだ疑いです。

6月中旬、別の利用者宅で現金がなくなる事件があり、事業所を運営する岡山県の社会福祉法人が調査して発覚。
女は「交際相手と別れてむしゃくしゃしてやった」と説明し、利用者計28人から約180万円や貴金属数十点を盗んだことも認めました。

法人などによると、女は、認知症の利用者と銀行に行って金を引き出させたり、事業所のデイケア利用者の荷物から奪った鍵で留守宅に侵入し、金を盗んだりしていたという。
<読売新聞 10月17日(月)22時22分配信より>

むしゃくしゃしてやったというのは犯行の動機とは言えないでしょう。
28人から現金約180万円や貴金属類数十点を盗んだということですから、計画的かつ継続して犯行が行われていたということの証です。
時々、介護関係者による介護訪問先での犯罪がニュースになります。
介護者への虐待や所持品、とくに現金や貴金属類の盗難、カードから勝手にお金を引き出す手口などもあります。
このような犯罪が発覚することはないと考えているのでしょうか。

もちろん最初からこのような犯行目的で介護先に訪問している訳ではないはずです。
仕事をしている中で、もしかするとこの目の前の財布から現金を抜き取ってもばれないのでは?
通帳から現金を引き出しても誰にも見つからないのでは?と良からぬ考えが思い浮かぶのかもしれません。

それらは個人の問題という考え方もできますが、環境が悪影響を与える場合もあると考えなければなりません。
毎回同じ担当で、長期間介護していると、その人しか分からないということが出てきます。
他の人、これは家族も含めて詳細が分からないということになりかねないのです。

介護を受ける方にとっては、毎回担当が変わるより、同じ人が一定期間担当する方がより安心するということもあるかもしれませんが、この辺りは難しい問題ではないでしょうか。
プライバシーの問題や費用面での問題もありますが、防犯カメラによる監視ではなく見守りを導入し、家族の方も安心できる環境をつくることが必要ではないでしょうか。
このような犯罪をなくす、減らすには何らかの対策が必要となります。
映像による見守り

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年10月27日)|記事URL| あとで読む

車で時計店に突入 シャッター壊し侵入

15日午前3時15分ごろ、大阪市淀川区十三東の北村時計店から「車が店にぶつかってシャッターを壊され指輪を盗まれた」と110番がありました。
大阪府警淀川署員が駆け付けたところ、店内の指輪やネックレスなど計約30点(550万円相当)が無くなっていました。
同署が窃盗事件として捜査しています。

同署によると、店舗兼住宅の2階で寝ていた経営者の女性(79)と息子(51)が「ドン」という音で犯行に気付き、白いライトバンが走り去るのが目撃されているということです。
店は車の衝突でシャッターには人が通れるほどの隙間ができていました。
陳列ケースも割られ、主にダイヤの指輪がなくなっていたという。

現場は阪急十三駅から東に約300メートルの店舗や住宅が立ち並ぶ一角。
<産経新聞10月15日(土)12時32分配信より>

1階が時計店、2階が住宅の建物に、車で突入し、シャッターを破壊して建物内に侵入するという非常に荒々しい手口です。
シャッターには人が通れるほどの隙間ができていたということですから、相当のスピードで突入したようです。

それにしても上の階に人が居るにもかかわらず、そのような大胆な犯行を行うというのは恐ろしい話です。

被害金額を考えると宝石・貴金属類が30点、550万円相当が盗まれたということですから、それだけのリスクを犯しても、犯行を行う価値があるという考えでしょうか。

このように高級時計店、宝石貴金属店、ブランド店などに対しては、普通の侵入者対策だけでは犯行を抑えることができません。
自動車で突入していくる犯罪者を物理的に止めることは不可能に近いでしょう。
不可能でなくとも、破壊による相応の被害は止むを得ません。

それではどのような対策が効果的なのでしょうか。
通常は、警報ベルなど目立つ威嚇機器や防犯カメラを設置していれば、事前の下見の段階で、犯行対象から外れることが多いでしょう。
しかし、上記の店舗の場合、そのような対策がされていることは犯罪者側も知っています。
それ以上の対策が必要です。

侵入が防げないのであれば、侵入された後の対策が重要になります。
破壊されにくい陳列ケースへの保管し、商品を盗み出すことができなくする(または盗み出すのに手間と時間を掛けさせる)
霧を噴射し、視界を遮らせ、それ以上の犯行ができないようにする。
宝石貴金属店・ブランド品店の防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年10月26日)|記事URL| あとで読む

宮城 ホステス宅狙いの空き巣被害多発

繁華街のクラブ、スナックなどで働く女性が外出中の深夜から未明を狙って女性宅に侵入し、現金などを盗んだとして、宮城県警捜査3課、仙台北、仙台中央署は5日、窃盗と住居侵入の疑いで、利府町神谷沢、自動車販売店従業員の男(39)と、その妻(34)の2容疑者を逮捕しました。
男は「自分1人でやった」と容疑を認め、妻は「近くにいたが、関わっていない」と否認しています。

県警によると、現場周辺では、昨年9月から仙台市青葉区の繁華街・国分町のクラブやスナックなどに勤める女性宅を中心に計30件、被害総額約4000万円の同じ手口による盗難被害があり、男は一部について関与を認める供述をしているという。

逮捕容疑は8月20日深夜から21日未明までの間、共謀して仙台市青葉区のマンションに住むホステスの女性(21)の部屋に侵入、現金2万円と商品券3枚(額面合計3000円)を盗んだとしています。
鍵はサムターン回しという手法で開けられていました。

現場は国分町など繁華街に近く、県警は2容疑者が、貴金属やブランド品などを多く持つホステスの女性を狙ったとみています。男は「マンションの明かりが消えて、外出するのを待って侵入した」と話しているという。
<産経新聞10月7日(金)15時6分配信より>

サムターン回し、施錠しかしていない家に対する侵入手口としては非常に有効です。
特殊な器具で外からサムターンを回し、玄関の扉を開けさえできれば、あとは家人が不在の場合、自由に犯行を行うことができます。

クラブやスナックなどで働く女性は、深夜から未明まで帰って来ません。
一人暮らしの場合が多く、現金やお客さんからもらった高額プレゼントなど貴金属類を置いていることが多いでしょう。
また、深夜の犯行ということで近所の人目に触れる可能性も低くなる、とまさに泥棒から見れば絶好のターゲットと言えます。

女性の一人暮らしで、防犯対策をしっかりしているところは少ないでしょう。
女性の一人暮らしならオートロックは必須、とうたっているマンションがありますが、オートロックだけでは防犯対策が充分とは言えないでしょう。
配達や作業員、他の住民と一緒に、などオートロックを攻略する方法はいくらでもあります。

もちろん全く意味がないとは言いませんが、防犯カメラなど他の防犯対策と併用するとより効果を発揮します。
現金は金融機関に預け、貴金属類も信用できる貸し金庫などを利用し、できるだけ自宅には金品を置いておかない方がよいでしょう。
自宅の金庫保管というのも、それだけでは防犯対策としては心もとない感じがします。(金庫ごと盗みだされる手口が多発しています)
マンションの防犯対策
女性の防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年10月25日)|記事URL| あとで読む

暑さでドア開けっ放しの家狙い泥棒

暑さで玄関のドアを開けたままにしていた家に忍び込み、犯行に及んでいました。

男(35)は8月、東京・足立区の住宅に忍び込み、現金約10万円や指輪などを盗んだ疑いが持たれています。
警視庁によりますと、男が忍び込んだ住宅は、暑さのために風を取り込もうと玄関のドアを開けっ放しにしていました。

取り調べに対し、「玄関からのぞいたらバッグが見えて、思わず盗んでしまった」と容疑を認めています。
男の家からはバッグや時計など約200点が見つかっていて、警視庁は、余罪が数十件あるとみて捜査しています。
<テレビ朝日系(ANN)10月11日(火)20時15分配信より>

暑さの為に窓や扉を全開、開けっ放していた家ばかりを狙った泥棒の犯行です。
深夜、明け方は開けっ放しにしてそのまま就寝する家は多かったでしょう。
この夏は節電が全国的に大きなテーマでした。

昼間もそういう家が多かったかもしれません。
大胆にも人が建物内に居る状態でも、隙をついて侵入し、金品を盗み出す手口が増えてきています。
人がいれば大丈夫、泥棒は避けるという考え方は一昔前です。

敵も日々進化していますから、裏をかくように犯行を計画します。
数年前の常識が、今では非常識ということもあります。
その時に合わせて防犯対策を講じて犯罪者特に泥棒に対して対抗しなければなりません。
一戸建て住宅の防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年10月24日)|記事URL| あとで読む

韓国 サウナ仮眠客を狙うスマホ窃盗団

サウナで相次ぐスマートフォン窃盗。それは一瞬の出来事でした。

韓国・ソウル市内の大型サウナの休憩室。仮眠する利用者に男が忍び寄り、手元に置かれていたスマートフォンを素早く持ち去ります。
ソウルや周辺地域では今年6月以降、サウナで最新型のスマートフォンばかりが狙われる窃盗事件が多発していました。
警察は、窃盗の疑いで20歳の男ら4人を逮捕、窃盗品を密輸したとして業者ら13人を書類送検しました。
密輸先は中国やフィリピンで、約1億円を稼いでいたということです。
<テレビ朝日系(ANN)10月11日(火)20時20分配信より>

お隣の韓国での窃盗事件です。
日本ではないから関係ないとは言えない手口です。
いつ日本で行われてもおかしくない簡単な手口です。
犯行を真似る者や韓国で成功した犯罪者が日本に出稼ぎにやってくる可能性は大いに考えられます。

大勢で利用するサウナの休憩室。
おそらく財布などの金品は個別のロッカーなどに預け入れるか、フロント等で預かってもらうことができるのでしょう。
ただ、スマートフォンや携帯電話は時計代わり、目覚まし代わりに手元に置いておくのが普通です。
急ぎで連絡がくることもありますから。

しかし、そのまま眠ってしまう訳ですから、盗み出すのは簡単とも言えます。
見張り役や実行役など何人かで役割分担すれば、より犯行の成功率は高まるでしょう。
携帯電話の価格が上がり、また使われている希少金属が再利用目的で狙われることも増えていますから、今後も警戒が必要です。

対策としては、携帯を手元に置いておくなとは言えませんから、盗まれないようにストラップなどで体のどこかに巻きつけるようにするか、プライバシーには配慮しつつ、防犯カメラを増やし、死角を少なくしより広いエリアを監視できるようにすべきです。
防犯カメラ(犯罪の早期発見に)

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年10月21日)|記事URL| あとで読む

学校で盗んだ硫酸 さい銭箱の錠溶かせず

北海道白老町東町の町立白老中学校で理科準備室の窓ガラスが割られ、薬品庫から硫酸入りガラス瓶(500ミリ・リットル)4本と、塩酸入り瓶(同)3本が盗まれた事件で、同校から北西に約1キロ離れた白老八幡神社で、硫酸を使ったとみられる窃盗事件が起きていたことが、12日、分かりました。

同神社によると、10日朝、神社の境内でさい銭箱が横倒しにされているのを宮司が発見しました。
箱の下部にある引き出しの錠には、硫酸とみられる液体がかけられており、約10メートル離れた境内の庭には「硫酸」と書かれたラベル付きの瓶が投げ捨てられていました。
さい銭箱は上部の格子状の木組みがノコギリで切られ、箱の中の現金が盗まれていました。

中学校で盗まれた瓶と投げ捨てられていた瓶は同じ色であることから、苫小牧署では犯人が錠を硫酸で溶かそうとしてうまくいかなかったために、ノコギリで木組みを壊してさい銭を盗んだ可能性があるとみて調べています。
<読売新聞10月12日(水)14時51分配信より>

ずいぶん手の込んだ犯行です。
まず中学校の理科準備室に侵入し、硫酸を盗み出し、その硫酸を用いて近くの神社のさい銭箱の錠を溶かそうと試みたという手口です。

化学的な知識に乏しいのでよく分かりませんが、硫酸程度で金属の錠を溶かすことは難しいのではないでしょうか。
結局溶かすことができず、ノコギリで木組みを壊してさい銭を盗んだと見られていますが、事前に綿密な下調べをしての犯行みは見えません。

ただ、使い方を誤って人にかけると大けがをする危険な薬品ですからただ盗まれただけでは済まされません。
きちんと保管されていたか、管理されていたかが問題になるかもしれません。
きちんと扉を施錠するのはもちろんのこと、薬品庫自体にも鍵が掛けられるようなもので保管し、できれば建物自体にもセキュリティが必要でしょう。
盗まれてそれが悪用されれば、責められるのは薬を盗まれた被害者ということもあります。
用心に越したことはありません。
学校の犯罪事情
寺・神社の犯罪事情

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年10月20日)|記事URL| あとで読む

東京 無施錠の民家に忍び込み

無施錠の民家に忍び込み、現金9万9千円や貴金属などを盗んだとして、警視庁千住署は、窃盗などの疑いで東京都墨田区墨田、アルバイトの男(35)を逮捕しました。

同署によると、「開いている玄関の隙間からバッグが見え、盗みに入った。他の家でもやった」と供述。
自宅からは貴金属約200点がみつかっており、同署はほかにも被害があるとみて調べています。

逮捕容疑は、8月29日午後5時半~午後9時40分ごろ、足立区日の出町の自営業の男性(68)宅に、無施錠の玄関から侵入し、リビングのいすの上に置いていたバッグから現金9万9千円と指輪など7点(時価計約3万5千円相当)を盗んだとしています。
隣の部屋には、男性と妻がいましたが、盗難に気がつかなかったという。

同署によると、バックの中からなくなっていた名刺が近くに破り捨てられており、男の指紋が検出されたため、関与が浮上しました。
<産経新聞10月11日(火)13時11分配信より>

隣の部屋に人が居たとしても、無施錠の部屋があれば侵入され、金品が盗まれる可能性があるということがよく分かる事件です。
建物内に人が居る、というのは一昔前であれば、侵入者特に泥棒にとっては最も敬遠するポイントの一つでありました。
しかし、最近の手口をみますと、人が居ても居なくても侵入される場合があります。

深夜、もしくは明け方、全員が寝静まっている間に侵入し、金品を盗み出すという大胆な手口です。
または、高齢者宅や女性の一人暮らしを狙って、強盗覚悟の犯行も見られます。
今回の犯行も、もし犯人の指紋が検出されなければ、犯人特定にはつながらなかった可能性もあります。
男性の奥さんは、犯行には気付かなかったということですから、完全犯罪も可能だったということです。

それでは今回のように泥棒被害に遭わない為にはどうすればよかったのでしょうか。
最も効果的だと思われるのは、防犯対策を行うことです。
住宅で狙われる窓に対する対策です。
窓の開閉を検知するセンサー(マグネットセンサー)を取り付けたり、窓ガラス自体を壊されにくい材質に替えること、建物内部に侵入者を検知するセンサー(パッシブセンサー)を取り付けるなど様々です。
もし、費用面で余裕があるなら防犯カメラを設置する、目立つ威嚇機器を設置し、泥棒に狙わせないようにする。

もちろん防犯対策をしていたからと言って、泥棒の被害に100%遭わないかというとそうではありません。
完全な対策というものは存在しませんし、泥棒側がリスクを承知で犯行を犯せば、犯行を防ぐのはかなり難しいでしょう。
ただ、防犯対策をしている家とそうでない家、泥棒にとって好ましい(侵入しやすい)のはどちらでしょうか。
泥棒が目をつけるポイント

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年10月19日)|記事URL| あとで読む

千葉 宝石店からダイヤ飲み込み盗む手口

5日、千葉・船橋市内の宝石店から33万円のダイヤモンドの指輪を店員の隙をみてのみ込んで盗んだとして、男(21)が窃盗の疑いで逮捕されました。

宝石店からの通報で警察が行方を追っていましたが、4時間後、男が交番に「子供が指輪をのんだ」と相談に訪れたため追及し、腹部のレントゲン写真を撮ったところ、指輪がくっきりと写っていたため逮捕しました。
<日本テレビ系(NNN)10月7日(金)18時8分配信より>

宝石店で隙を見てダイヤモンドの指輪を飲み込み、その場から逃走。
後に交番に子供が指輪を飲んだと相談するという手口でした。
もし、交番に相談するのではなく、病院に相談していたら、その指輪を吐き出すなどして手元に得られていたかもしれません。

ユニークな手口ですが、犯罪者は驚くような手口や方法を考えて犯罪として実践することがあります。
それら全てを防ぐことは不可能です。
犯罪の手口も日々進歩しているからです。

その中で、何も対策をせずに無防備な状態でいることは危険です。
例えば窓や扉からのオーソドックスな侵入に対しては、防犯センサーや防犯カメラによる監視で対抗するなど、何らかの対策が効果を発揮します。
全ての犯行を防ぐことはできなくても、効果的な対策を実施していることで、応用として、複数の犯行に対応できる場合が多々あります。
事前の防犯対策の効果です。
侵入検知
防犯カメラ
抑止力強化(狙わせない)

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年10月18日)|記事URL| あとで読む

1  2

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?