1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2011年8月

防犯ブログ

静岡 時計店からロレックス29個盗難

11日午後6時50分頃、静岡県沼津市上香貫の時計店「ヤマトヤ沼津店」の男性店員から「2人組の男が時計を盗んで逃げた」などと110番がありました。

沼津署の発表によると、2人組は営業中の店に押し入り、無言でガラスのショーケースをハンマー状の物で割ったうえ、高級腕時計などを盗んで車で逃走しました。
少なくともロレックスの腕時計が29個(約2300万円相当)が盗まれたという。
同署が窃盗事件として捜査しています。

店内にいた店員2人にけがはなかったようです。
2人組はともに身長約1メートル70で、黒の覆面と上下服を身に着けていたという。
<読売新聞8月12日(金)0時42分配信より>

営業時間中に店内に押し入り、ハンマー状の物でショーケースを破壊してロレックスを盗み出すという手口です。
宝石貴金属店に対しては、営業時間中であっても強盗として犯行が行われる危険性があります。
営業時間中は武器を所持しての強盗、営業終了後は扉や壁、シャッターを破壊しての荒々しい突入という手口に分かれますが、どちらもリスクを承知の上での犯行と言えます。

防犯カメラや防犯システムが設置されている店舗がほとんどですが、それでも犯行に及ぶのは、成功すれば得られる対価が大きいからです。
今回もロレックスが29個盗まれ、2300万円相当の被害ということですが、これで自らが逮捕されることさえなければ、こんなに手っ取り早い犯行はないでしょう。
成功すれば、また別の宝石貴金属店を狙うのは間違いないでしょう。

このような犯行に対しては、事前の防犯対策を行い、その上で犯行対象から外れるという抑止効果はあまり期待できません。
防犯対策がされていることは知っている上での犯行ですから、その対策内容によって犯行対象とするかどうかを選ぶとは思えません。
ここだと決めた店舗で犯行を行うのでしょう。

狙われない、狙わせないという抑止効果を期待した対策だけでは不十分ということになります。
それではどうすればよいのかというと、それ以上の被害を抑える対策をすればよいのです。
例えば、侵入者に対して人体には無害の霧を噴射し、視界を遮断します。
犯行を継続しようにもそれ以上どうしようもありません。
その場から逃げだすのが精一杯のはずです。

また、ショーケースを壊されにくいものに替えれば、強盗が襲ってきても中の商品を盗み出すことが不可能になります。
武器で脅して店員にショーケースを開けさせるという場合はどうしようもありませんが、営業時間終了後なら効果は期待できます。

泥棒と一口に言っても様々です。
警報ベルを鳴らしただけで逃げ出す泥棒もいれば、防犯カメラがついているからやめておこうと別のターゲットを探す泥棒、車で店や事務所に突っ込んで侵入する組織的な窃盗団もいます。
状況や業種などによって防犯対策も変えていかなければなりません。
宝石貴金属・ブランド品店での防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年8月12日)|記事URL| あとで読む

神戸の泥棒 節電でドア開けた家狙う

神戸市内のマンションに侵入して財布を盗んだとして、窃盗容疑などで兵庫県警神戸水上署に逮捕された住所不定、無職の男(20)が「玄関ドアの開いている家を狙い、盗みを繰り返した」と供述していることがわかりました。

周辺では、梅雨明け後の7月中旬以降、同様の被害が数件あり、県警は「節電の夏、エアコンを使わず、玄関や窓を開けてしのいでいる人は用心して」と呼びかけています。

捜査関係者によると、男は8月7日午前6時30分頃~同8時頃、同市中央区港島中町のマンションで、玄関を開けて寝ていた無職男性(61)方に侵入し、8000円入りの財布などを盗んだ疑い。

男は8日朝、このマンション近くにある集合住宅の玄関前にいたところを住民に見つかり、110番で駆けつけた同署員の職務質問で犯行を認めました。
<読売新聞8月11日(木)17時43分配信より>

節電目的でエアコンを出来るだけつけないように色々と努力している人が多いと思います。
その手段としては、ドアや窓を開けっ放しにして風通しを良くしようと考えます。
深夜や朝の涼しい時間帯はそれで凌げるかもしれないと考える人もいるでしょう。

節電目的としては効果はありますが、防犯面で見ると、極めて危険な状態ということになります。
内側のレバー等で半ドアにしているならまだしも、完全に無施錠の状態というケースもあるでしょう。
深夜人がいるから、開けっ放しにしても大丈夫だろう、という油断が生まれます。

しかし、室内に人がいても関係なく侵入し、物を盗もうとする大胆な手口が増えてきています。
そんな手口は珍しいだろうと考える人がいるかもしれませんが、本当に増えてきているのです。
普通に考えると、有人の建物は避け、無人の建物を狙うだろうと考えられてきました。
ところが、最近の手口としては、深夜など人が寝静まった状態で侵入し、金品を盗み出すという事件が発生するようになりました。
今まではあまり想定していなかった一般住宅の2階部分からの侵入など、手口が巧妙化し、より大胆になっているのです。
複数犯による役割分担しての組織的な犯行も増えてきました。
我が家は防犯対策をしているから大丈夫という油断は禁物です。

全ての泥棒に100%有効な対策というものはありません。
泥棒の手口や考え方なども常に進化・変化しています。
防犯対策もそれに応じて変えていかなければ対応・対抗できなくなってしまうのです。
その為には防犯対策の研究や見直しを意識して行わなければなりません。
マンションの防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年8月11日)|記事URL| あとで読む

愛知 エアコン室外機親子ドロボウ逮捕

愛知県警春日井署は7日までに、エアコンの室外機を盗もうとしたとして、窃盗未遂の疑いで愛知県春日井市の無職の男(28)と、母親(59)の親子2人を現行犯逮捕しました。
転売目的での犯行だと容疑を認めています。

固定されていないことが多い室外機は取り外しが簡単で、高価格で転売できるようです。
同県では今年だけで数百件、京都、兵庫などでも同様の被害が相次いでいます。
猛暑が続くなか、あなたの家庭のエアコン室外機は大丈夫ですか?

真夏の日本列島で、室外機の盗難被害が続出しています。
逮捕容疑は6日午後5時半ごろ、男とその母親が、春日井市の会社の敷地内にある室外機を盗もうとした疑いです。

男性社員(45)が室外機を盗もうとしている男を発見し、取り押さえました。
この社員からの110番で駆け付けた春日井署員が、付近に駐車していた車の中の母親に気付き、室外機を盗もうとしたことを認めたため逮捕しました。
春日井署によると、2人は「転売して生活費にしようとした」と容疑を認めているという。

京都府の金属買い取り業者によると、室外機に限らず電子レンジや給湯器などの金属製品は1キロあたりの買い取り値は100~110円。
家庭用の室外機は約40キロで、個人客は1台4000円ほどで売るという。
業者は買い取った製品を解体、銅など内部の金属を再利用するようです。

また、室外機の部品として多く使われる銅は、1キロ600~700円で引き取ります。
鉄くずは1キロ約30円ほどといい「銅の方が20倍以上の価値がある」と同業者。
今年2月には銅価格が過去最高値を更新。
銅の消費量が多い中国の業者への輸出を目的とする業者も少なくないという。

室外機は固定されずに置かれていることが多いようです。
配線やホースを切断するだけで盗めます。
日中に近所の住民に目撃されても、業者の回収作業か取り換え工事だと思われ、大半が気にとめないため「室外機ドロ」が後を絶たないようです。

愛知県内での同様の被害は、今年だけで数百件単位で発生。京都府南丹市などでも1年間で数十台が盗まれたようで、8月から注意を呼び掛けるシールを作成、被害が発生した地域に配布しています。
兵庫県でも昨年6月、約100か所から室外機を盗んだ男2人が逮捕されるなど事態は深刻です。

室外機は、ファンで気体を冷却、室内へ冷風を送り込むだけに、なくなれば当然エアコンは使用できなくなります。
再び暑さが盛り返してきただけに、あなたの街も危ないかもしれません。
<スポーツ報知 8月8日(月)8時3分配信より>

先日のブログでも紹介しましたが、エアコンの室外機盗難が多発しているようです。
しかも今回は親子ドロという珍しいケースですが、犯罪者が室外機に目をつけていることは確かなようです。
室外機は床などに固定されずに置かれていることが多いという弱点を見事に突いた犯行です。

あんなに重いもので、しかも1台当たり大した金額にはならず、手間がかかるだけで割に合わないと思っていたのですが、1台4千円で買い取るということなら、けっこうな金額になります。
重くても、トラックなどに積んでしまえば運ぶのは簡単ですし、何より固定されていないので簡単に盗み出せるというのはメリットなのでしょう。

室外機という屋外に無造作に置かれているようなものに防犯対策をしているところはほとんどないでしょうから、泥棒にとってはさらに追い風となるのでしょう。

簡単に盗み出せる環境を泥棒に提供してしまっていることになります。
もちろん、そのような意識はないでしょうが、結果としてそうなっているのが現実です。
弱みを見せるのは禁物です。
長期休暇前に防犯対策を見直しましょう!

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年8月10日)|記事URL| あとで読む

ドラッグストアに強盗 102万円奪い逃走 豊田

"8日午後10時10分ごろ、愛知県豊田市のドラッグストア「スギ薬局豊田高崎店」裏の従業員用出入り口から、包丁のような刃物を持った男2人が押し入った。2人は男性店長(38)に刃物を突き付けて「金を出せ」と脅し、女性店員(31)の両手足を粘着テープで縛り、金庫から売上金約102万円を奪い走って逃げた。店長と店員にけがはなかった。県警豊田署は強盗事件として調べている。同署によると、男2人は店長と店員が閉店後出て来たところを待ち伏せしていたとみている。"
【毎日新聞 8月9日より】

ドラッグストアは万引き対策を目的に、防犯カメラを設置している店舗が多いのではないでしょうか。
それでも強盗事件が発生してしまうのは、リスクを犯してでも手っとり早く現金を得ることができるからでしょうか。

今後は、防犯カメラを設置するだけでなく、その設置方法・映像の運用方法など工夫が必要ではないでしょうか。
屋外を含め、もっと目立つ場所に防犯カメラを設置する。
また、防犯カメラの映像をモニターなどに映し出し、映像を記録していることもアピールする。
どこについているか分からない設置場所では、犯罪の抑止効果が充分に発揮できません。

記録した映像の管理など徹底しなければなりませんが、プライバシーや撮られていることに不快感を感じる人より、防犯上の対策としてのやむを得ないものだと理解を示す人の方が多いでしょう。
また、逆に防犯カメラによって監視されていることで安心感を持つ人も増えているでしょう。
どこで犯罪に巻き込まれるか分かりませんが、防犯カメラがあれば、それだけで犯罪者は脅威を感じるからです。
すでに防犯カメラが設置されているところも、この機会に見直しをされてはいかがでしょうか。

◆(ご参考)コンビニ向け防犯カメラシステム

続きを読む

投稿者:スタッフ(2011年8月09日)|記事URL| あとで読む

万引き犯、刃物で切りつけた後にタクシーを奪って逃走

"8日午前11時20分頃、熊本市の「ダイエー熊本下通店」で、店員らが万引きしている男に気付いた。

 店外に出た男を警備員らが捕まえると、男は包丁のような刃物を取り出して警備員に切りつけ抵抗。さらに年配の女性を人質に取った後、1人でタクシーに乗り込み、約1キロ先の熊本中央郵便局付近で降りて逃走した。熊本県警熊本北署が強盗致傷事件として行方を追っている。

 男は30歳前後で、身長1メートル75~80。ボサボサの髪で、顔は面長。グレーの半袖シャツに茶色い半ズボンを着用していた。

 現場は市内で一番の繁華街。当時、多くの買い物客でにぎわっていた。目撃した女性(45)は「男は店の外で取り押さえられた直後、刃物を取り出し、刃物を振り回しながら走って逃げた。商店街で悲鳴が聞こえた」と話していた。"
【読売新聞 8月8日配信より】

万引きが強盗致傷事件にまで発展してしまった事件です。
ナイフで切りつけた後にタクシーを奪って逃げている事から、さらに罪状が増える可能性もあります。
これまでに警備員と女性、タクシー運転手の3人が負傷したとの事ですが、命に別条はないという事で不幸中の幸いでした。

この事件のように、万引き犯が過去に相手を傷つけてしまう事件は時折発生しており、逃走した犯人を追いかけたコンビニ店員が刺殺されてしまうという、最悪の結果となった事件も過去には発生しています。
いざという時、一番大切なのは命です。犯人を捕まえる事に夢中になり、自らの身を傷つけては元も子もありません。
普段から防犯訓練を行い、いざという時の立ち回りをしっかりと確認しておくことが大切です。

店舗・コンビニの防犯対策
強盗対策

続きを読む

投稿者:スタッフ(2011年8月08日)|記事URL| あとで読む

金融庁・警察装い136万円だまし取る

金融庁職員や警察を装って愛知県の女性らからキャッシュカードをだまし取り、現金計約136万円を口座から引き出したとして、県警捜査2課などは3日、詐欺と窃盗の疑いで、東京都八王子市の無職少年(17)=別の詐欺容疑などで逮捕=を再逮捕しました。
県警によると「間違いない」と容疑を認めています。

逮捕容疑は、氏名不詳の仲間と共謀のうえ、5月20日、愛知県豊橋市の女性(88)方に「金融庁職員」を装い電話。
女性方を訪れキャッシュカード2枚を詐取したうえ、現金自動預払機(ATM)から現金40万2千円を引き出したほか、同月21日、静岡県浜松市の女性(81)方に「警察の者」とかたり同様の電話をかけ、キャッシュカード3枚を詐取し、ATMから計96万4千円を引き出したとしています。
<産経新聞8月5日(金)7時55分配信より>

詐欺の手口がある程度分かっている場合はその対処は可能です。
金融機関の店内以外で、自宅に訪問したり電話を掛けてきてキャッシュカードを貸せと言ったり、暗証番号を聞き出すことはまずありません。
それは金融機関の職員、警察官だれであっても同じです。

そのような不審な行動に対しては警戒し、簡単に言うことは聞かずに、一旦断り、後ほどこちらから電話を掛け直すなどとして、相手の名前や連絡先を聞き出しましょう。
自分にやましいことがなければ、普通に答えるでしょう。
あとで実際に連絡して確認すれば分かるはずです。

泥棒などの侵入者に対しても同じです。
ある程度どの箇所から侵入されるかは限られています。
扉や窓があるのにあえて本来の侵入箇所ではない壁を破壊して侵入するようなケースはほとんどありません。
(宝石店などで警備が厳重な場合は、壁破りや爆窃団と呼ばれる泥棒による侵入手口がありますが)
扉や窓という箇所に限定されるのですから、狙われているその箇所を守ればよいのです。

どのようにして守るかというと、その弱点になりうる箇所に防犯センサーや防犯カメラを設置する、破壊されにくい破られにくい材質のものに替えるという防犯対策です。
そうすれば弱点をカバーしているということで、侵入者が侵入しにくくなり、その場を敬遠しがちになるというのが効果です。
詐欺について
偽造カード・盗難カードによる被害

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年8月05日)|記事URL| あとで読む

神奈川 リフォーム業者名乗る男金庫盗

3日午後12時10分ごろ、逗子市桜山の無職女性(87)宅から現金280万入り手提げ金庫が盗まれたと、近くに住む親類が逗子署に届け出ました。
同署が窃盗事件として調べています。

同署によると、同日午前11時50分ごろ、リフォーム業者を名乗る男の2人組が「家を見せてほしい」などと女性宅を訪ね、室内に置いてあった手提げ金庫を盗んで逃走しました。

女性は一人暮らし。
2人組はいずれも30代とみられています。
<カナロコ8月3日(水)21時45分配信より>

高齢者宅ばかりを狙った犯行は依然として増えてきています。
ご本人だけでなく家族の方も心配でしょう。

老人だけの住居かどうかは少し調べれば分かることでしょう。
事前に現場の下見を行い、この家は高齢者しかいない、とか日中は無人とか調べることは可能です。
弱いところを狙うのは犯罪の常とう手段です。

詐欺においては、リフォーム業者や電気・水道・ガス工事を装う手口、荷物の配達員や銀行員、警察官を装う手口など様々です。
お金を引き出そう、振り込ませようとする詐欺の手口から、巧みに家の中に上がり込む、隙を突いた一瞬で金品を盗み出す直接的な泥棒の手口も出てきました。

犯罪の手口はより巧妙に、より大胆に変化するものです。
それに対抗する防犯対策も工夫が求められます。
どうでなければ犯罪を未然に防ぐことはできなくなります。
老人を狙った犯罪

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年8月04日)|記事URL| あとで読む

仏像盗難 香川・愛媛で180点被害

松山東署は1日、愛媛県や香川県で仏像や半鐘などを盗んだとして、東温市河之内の古物商の男(60)=別の窃盗罪で公判中=ら6人を窃盗容疑などで逮捕した、と発表しました。
押収物には、4月に盗まれた西条市指定文化財「木造十一面観音座像」が含まれていました。

同署によると、男らは07年から今年にかけて約180点を盗み、被害総額は計約1000万円に上るという。

ほかに逮捕されたのは、西条市丹原町鞍瀬、アルバイト運転手の男(57)▽松山市南高井町、無職の男(63)▽同市森松町、自営業の男(61)▽東温市志津川、古物商の男(56)▽砥部町拾町、古物商の男(56)--の各容疑者。
容疑は、男(60)らは3月8日から4月1日の間、四国中央市の光明寺薬師堂に安置されていた薬師如来像(時価10万円)を盗んだなどとされています。

松山東署によると、古物商の男(60)らは盗んだ仏像などを松山市内の骨董(こっとう)店などで売りさばいていたという。
<毎日新聞8月2日(火)17時6分配信より>

ニュースで取り上げられることは少なくなりましたが、仏像盗難事件の発生は続いています。
報道されるのは何百点も盗まれた場合、被害総額が数千万円に及ぶ場合などで、被害額が少ないあまりニュース性のない事件と判断されたものは取り上げられません。
しかし犯罪が無くなった訳でも、減った訳でもないのが現実です。

新聞やテレビで報道されなくなると、不思議とその手口による犯罪が減ったかのような印象を受けますが、大きな間違いです。
今もどこかで被害を受け、困っている人、悲しんでいる人が存在します。
その被害者になるのはあなたかもしれないのです。
そうならない為の事前の防犯対策の実施です。
寺社仏閣の防犯対策


続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年8月03日)|記事URL| あとで読む

ウルトラマンのマスク盗難 500万円

円谷プロ製作のテレビ特撮番組「ウルトラセブン」で実際に使用されたマスクが、藤沢市内の飲食店から盗まれていたことが27日、分かりました。
藤沢署が窃盗事件として捜査しています。

マスクは、同番組でモロボシ・ダン役を演じた俳優森次晃嗣さん=本名・森次浩三、(68)が経営する同市鵠沼海岸のレストラン「ジョリーシャポー」店内に飾られていました。
25日午後0時半ごろ、森次さんが店内のケースに入れていたマスクがなくなっているのに気付き、110番通報しました。
森次さんによると、マスクはテレビ番組で500万円と鑑定されていたという。

同署によると、25日は定休日でしたが午前11時ごろに入り口ドアを開けており、森次さんはマスクを飾っていた場所とは別の部屋にいたという。
マスクが入っていた透明のケースには手袋痕が残っていました。

現金などの被害はなく、盗まれたのは高価なマスクだけだったという。
森次さんは「1967年の撮影当時に使っていたマスク。今とは材質も違って手作りの一品もの。返してもらいたい」と話しました。
<カナロコ7月28日(木)6時30分配信より>

ウルトラマンのマスクが盗まれた事件ですが、価値は500万円ということです。
この価値はどこまで認められるものなのかは不明ですが、おそらく保険に加入しても500万円の価値があるとは認められないのではないかと思います。

同様に美術品や骨董品やマニアの収集品など、一部の人の間や業界では非常に価値が高いものであっても、一般的には価値があるものとは認められない場合があります。
もし盗まれたとしても、おそらく被害者の方が考えている金額とは認められないこともあるでしょう。

こうなると万が一の盗難などの被害に対しては、被害者が負担する額が大きくなってしまいます。
自分の大切なものは自分で守るしかありません。
その為に行なうのが事前の防犯対策です。
万が一の盗難被害に遭う前に、事前に行なうことに意味があります。
何が大切ですか(財産を守る)

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年8月02日)|記事URL| あとで読む

宇都宮 図書館で窃盗被害相次ぐ

宇都宮市教育委員会は27日、市立東図書館と上河内図書館でCDなどが盗まれる窃盗事件が相次いだと発表しました。
市教委は宇都宮東署に被害届を提出。
同署で窃盗と器物損壊事件として捜査しています。

市教委によると、東図書館では今月10日午後に利用者からの申告で、貸し出し用CDの中身が抜き取られていることが判明。
調査の結果、108枚(約20万円相当)の中身が抜き取られていたほか、100枚(約23万円相当)がケースごと紛失していました。

上河内図書館では26日午後、インターネット閲覧用のパソコンから内蔵メモリー(約3万円相当)が抜き取られていることが判明しました。
<産経新聞7月28日(木)7時55分配信より>

図書館、犯罪とは一件無縁の場所ですが、そのようなところほど狙われやすいという時代なのかもしれません。
図書館の書籍が盗まれるという事件を耳にしたことがありますが、高額や珍しい書籍が多数保管されている図書館です。
貸出厳禁と書かれている書籍は価値があるかどうかは分かりませんが、貴重なもので、多くの数は存在していないということでしょう。
そうなると、犯罪者はそこに価値を見出すことがあります。

貴重な物、つまりオークションなどに出品し、売りさばくことができるかもしれないと考える者もいるでしょう。
犯罪とは無縁の場所ほど危険だと想定して、対策を考える必要があるのかもしれません。
セキュリティ導入の流れ

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年8月01日)|記事URL| あとで読む

1  2

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?