1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2011年08月
  4. ウルトラマンのマスク盗難 500万円

防犯ブログ

ウルトラマンのマスク盗難 500万円

円谷プロ製作のテレビ特撮番組「ウルトラセブン」で実際に使用されたマスクが、藤沢市内の飲食店から盗まれていたことが27日、分かりました。
藤沢署が窃盗事件として捜査しています。

マスクは、同番組でモロボシ・ダン役を演じた俳優森次晃嗣さん=本名・森次浩三、(68)が経営する同市鵠沼海岸のレストラン「ジョリーシャポー」店内に飾られていました。
25日午後0時半ごろ、森次さんが店内のケースに入れていたマスクがなくなっているのに気付き、110番通報しました。
森次さんによると、マスクはテレビ番組で500万円と鑑定されていたという。

同署によると、25日は定休日でしたが午前11時ごろに入り口ドアを開けており、森次さんはマスクを飾っていた場所とは別の部屋にいたという。
マスクが入っていた透明のケースには手袋痕が残っていました。

現金などの被害はなく、盗まれたのは高価なマスクだけだったという。
森次さんは「1967年の撮影当時に使っていたマスク。今とは材質も違って手作りの一品もの。返してもらいたい」と話しました。
<カナロコ7月28日(木)6時30分配信より>

ウルトラマンのマスクが盗まれた事件ですが、価値は500万円ということです。
この価値はどこまで認められるものなのかは不明ですが、おそらく保険に加入しても500万円の価値があるとは認められないのではないかと思います。

同様に美術品や骨董品やマニアの収集品など、一部の人の間や業界では非常に価値が高いものであっても、一般的には価値があるものとは認められない場合があります。
もし盗まれたとしても、おそらく被害者の方が考えている金額とは認められないこともあるでしょう。

こうなると万が一の盗難などの被害に対しては、被害者が負担する額が大きくなってしまいます。
自分の大切なものは自分で守るしかありません。
その為に行なうのが事前の防犯対策です。
万が一の盗難被害に遭う前に、事前に行なうことに意味があります。
何が大切ですか(財産を守る)

投稿者:総合防犯設備士(2011年8月02日)|記事URL| あとで読む

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る