1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2011年03月
  4. 和歌山 学生のアパート狙う泥棒 長期休暇で不在のため

防犯ブログ

和歌山 学生のアパート狙う泥棒 長期休暇で不在のため

夏休みなど学生の長期休暇を狙いアパートに空き巣に入ったとして、和歌山北署は28日、岩出市高塚、無職の男(32)=窃盗罪などで公判中=を住居侵入未遂容疑などで逮捕し、窃盗など54件の容疑で和歌山区検に送検したと発表しました。
女性用下着760点、現金約88万円などを盗み、被害は総額約290万円。
容疑を認めているという。

逮捕容疑は、10年12月31日午前1時半ごろ、和歌山市中のアパート玄関ドアの郵便受けを取り外し、解錠して侵入しようとしたとされています。
さらに、07年末~10年末、和歌山大学周辺で54回にわたり、夏季・冬季休暇で帰省して留守になった学生のアパートなどに忍び込み、下着や現金などを盗んでいたとされています。
<毎日新聞3月29日(火)14時58分配信より>

大学は、夏と春に長期の休みに入ります。
大学にもよりますが、7月下旬から9月下旬まで、1月下旬から4月上旬まで長期の休みがあります。

年末年始は戸締りにご用心!という泥棒に注意しましょうという内容のポスターなどが掲示されることがありますが、年末年始やお盆、ゴールデンウィーク等の長期休暇で家を空ける場合は要注意です。

ターゲットとなる地域に電話を掛け、留守であることを確認して片っ端から侵入して荒らすという手口もあります。
留守電のメッセージに長期不在の内容を入れている場合、泥棒にしてみればゆっくり時間をかけて犯行を行うことができる家ということになります。
洗濯物が干しっぱなし、郵便物がポストから溢れ出ているなど、我が家は留守で、無人ですというアピールをしているようなものです。
新聞など定期購読しているものは、不在時には配達しないように連絡しておくなど、手間ですが行うべきです。
この少しの手間を省いてしまったために泥棒に入られてしまった、という後悔をしないように。

事前の防犯対策も面倒なものです。
自宅のどこを強化するか、狙われそうか、色々自分で調べてどこの業者に頼もうか、その費用の支払いはどうするかなど面倒なこと、お金のかかることが様々です。

これらを面倒くさがらずにやるかどうかで、泥棒に目をつけられるかどうかが決まるかもしれません。
自分が面倒だと思うことは、つまり相手(泥棒)にも面倒だと思わせる結果につながります。
この家は侵入するのに面倒そうだな、と思わせたら成功です。
そう思わせるには防犯センサーなどのシステム導入、防犯カメラの設置、鍵を複数つける、扉やガラスを割りにくいものに替えるなど様々な防犯対策があります。
分かりやすいのは番犬などもそうでしょう。

それらをかいくぐってまでその家に侵入するメリットは普通はありません。
そこまでしなくても、別の無防備な家を探す方が簡単だからです。
マンションの防犯対策

投稿者:総合防犯設備士(2011年3月31日)|記事URL| あとで読む

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る