1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2010年07月
  4. 空き巣、長身生かし窓焼き破り腕をいれ扉開錠

防犯ブログ

空き巣、長身生かし窓焼き破り腕をいれ扉開錠

常習空き巣容疑の男が逮捕されました。
その侵入手口は180センチの長身を活かしたものでした。


●東京都北区のアパートに侵入し、ゲームソフトなどを盗んだとして、警視庁捜査3課などは28日までに、常習累犯窃盗容疑で、埼玉県上尾市原市中、無職男(41)を逮捕した。
 北、板橋、練馬各区などでは3月以降、アパートやマンションを狙った空き巣約50件(300万円相当)が発生しており、関連を調べる。
 逮捕容疑は先月25日午前10時ごろ、北区の女性会社員(24)の自宅アパートに侵入し、DVD43枚やゲームソフトなど25点(計6万9500円相当)を盗んだ疑い。

 同課によると、同容疑者は身長約180センチ。ドアの横にある窓を小型バーナーで焼き破って腕を入れ、ドアの鍵を開けて侵入していた。
(7月28日時事通信より引用)


扉の横にある窓を小型バーナーで「焼き破り」
そこから手を入れて扉を開けて侵入していました。
長身で腕も長かったのを活かしての侵入手口です。

扉の一部がガラスの場合には、ガラスを破ってそこから手を入れて扉を開けて侵入する、というのはよくある手口です。今回は扉の横にあったガラス窓からですので、腕が長いことを悪用して侵入したのだといえます。

ガラス、扉は泥棒が狙う侵入口です。
簡単にガラスを割られないように防犯フィルムを貼る、補助錠前を追加する、扉・窓開閉検知センサーをっ設置し、こじ開けられた時点で音・光で威嚇撃退する、といった方法がお勧めです。
また、自分の住居や事務所など建物を泥棒の気持ちになって見直し、侵入しやすいかどうか、人目につきにくいかどうか、といった点をチェックすることが大切です。
ホームセキュリティ

投稿者:総合防犯設備士(2010年7月28日)|記事URL| あとで読む

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る