1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2010年6月

防犯ブログ

強盗:3都県で空き巣、県内3件

強盗:3都県で空き巣、県内3件関与か 窃盗団の供述通り、貴金属一部発見 /山梨
6月15日12時30分配信 毎日新聞

 山梨、千葉、東京の3都県で空き巣を繰り返したとして、警視庁捜査3課に窃盗容疑で逮捕された男数人が「中国人と07年に山梨県内で強盗をやった。盗品の一部は甲府市の千代田湖に捨てた」と供述していることが分かった。捜査幹部が明らかにした。供述通り、湖から盗品とみられる貴金属の一部が見つかった。県内では07年、貴金属店などで強盗事件が3件起き、計1億数千万円相当の貴金属などが奪われていることから、同課は男らが関与した疑いがあるとみて追及している。
 捜査3課によると、窃盗容疑で逮捕・起訴されたのは、金属加工業の秋山明彦被告(49)ら男女7人のグループで、中国人も2人含まれている。

県内では07年、甲府市の貴金属店で4人組が約5000万円相当の現金や貴金属を奪った強盗事件(1月)▽笛吹市の貴金属加工会社で複数の男が貴金属約100点(約4000万円相当)を奪った強盗傷害事件(8月)▽南アルプス市の宝飾品製造会社事務所で4〜5人の男が5000万円以上のプラチナや金の地金などを奪った強盗傷害事件(12月)−−が起きている。

貴金属店舗への強盗・強盗窃盗などは「ハイリスク・ハイリターン」を狙ったもの。
その分犯罪も「凶悪化」し、犯行自体は「短時間化」しています。
こうした犯罪に対しては「犯行を継続させない」方法がお勧め。

泥棒が嫌がる「音」「光」を現場でガンガン出す。威嚇撃退効果。
霧で真っ白にして視界を遮り「犯行を継続させない」フォグガード。
こうした泥棒が嫌がることをいくつもセットして、「被害を最小に押さえる」ことが重要です。
貴金属店向け防犯

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年6月15日)|記事URL| あとで読む

「車から1億盗難」届けたが…倉庫に置いてた

昨日ブログでお伝えしていた1億1790万円の現金盗難は「勘違い」であったことがわかりました。


●神戸市内で駐車中の軽トラックから1億1790万円が盗まれたとして盗難届を出していた同市東灘区の古美術商の男性(68)から11日、倉庫として使っているコンテナ内で全額見つかったと兵庫県警灘署に連絡があった。

 男性は「車に積んでいたと勘違いしていた。不注意で申し訳ない」と話しており、同署で経緯を聞いている。

 発表によると、男性は、古美術店近くの駐車場にコンテナを置いて普段、美術品を包む発泡スチロールなどを保管。同日夜、男性と一緒に同署員がかばんに入っていた現金を確認した。
(6月11日 読売新聞より引用)

カバンには銀行から引き出したばかりの現金1億1790万円が入っていて、男性は「別の銀行に現金を預け替える途中だった」「トイレに行くために車を降り、約10分後に戻ると助手席側の鍵が開いていてカバンがなくなっていた」と話しています。
それなのに、倉庫として使っているコンテナ内に誤ってあった、ということで、
そんな間違えする?というように感じた方も多いのではないかと思います。

いずれにしても、お金が無事でよかったのですが、保管方法などを再考する必要があるようです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年6月14日)|記事URL| あとで読む

神戸 車内から1億2千万円入ったカバンが盗まれる

神戸市の古美術商の男性が、車の中から現金約1億2000万円が入ったカバンを盗まれたと届け出ました。
男性は「車を約10分離れたすきに盗まれた」と話しています。

9日午後6時過ぎ、神戸市の「阪急電鉄」王子公園駅前で、「トイレに行っている間に車に置いていた手提げカバン2個が盗まれた」と古美術商の男性が警察に届け出ました。

カバンには銀行から引き出したばかりの現金1億1790万円が入っていて、男性は「別の銀行に現金を預け替える途中だった」「トイレに行くために車を降り、約10分後に戻ると助手席側の鍵が開いていてカバンがなくなっていた」と話しています。

警察は多額窃盗事件の疑いで捜査しています。
<6月11日2時27分配信 日本テレビより>

犯人に銀行から尾行されていたという可能性も考えられます。
銀行からカバンを2個もった男が出てきた、そのカバンには大金が入っているかもしれない、そう考える人は多いでしょう。
それが犯罪者だったら、隙を見て奪おうと考えるかもしれません。

車内にカバンを残して出て行った、犯人にとっては願ってもいないチャンスが到来したことになります。
それを無防備に与えてしまいました。
私も現場の阪急王子公園駅前は何度か通ったことがありますが、日中は非常に人が多く混雑しています。
事故が発生した午後6時前後になると人の数も減って、犯行が行いやすくなるのでしょうか?

また、午後6時に銀行に現金を持っていくというのも少し変な感じがします。
そんな時間に現金を預かってくれるのでしょうか。
現金ではなく振込等別の方法もあったと思います。

防犯対策や予防うんぬんではなく、1億2千万円もの大金を持ち歩くという行動自体が危険なことです。
盗まれたり、奪われるという可能性は考えなかったのでしょうか。
考えるべきでした。
この考えると言うことが防犯意識を持つことの第一歩です。
何はともあれここからのスタートです。
車上あらしについて(防犯泥棒大百科より)

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年6月11日)|記事URL| あとで読む

ガソリンスタンド等から40件、400万円。

ガソリンスタンドから金庫を盗む窃盗犯の手口をご紹介します。


●ガソリンスタンドから金庫を盗むなどしたとして、宮城県警捜査3課などは9日、窃盗などの疑いで、同県登米市米山町、とび職、佐々木敬(34)と、同市中田町の無職男(34)の両容疑者を逮捕した。
1月ごろから県北部や岩手県一関市などで同様の手口による窃盗事件が計40件発生、被害総額は約400万円に上っており、同課などは関連を調べている。

 逮捕容疑は、3月29日午後7時ごろから30日午前7時ごろまでの間、営業を終えた登米市内のガソリンスタンド事務所に出入り口ドアのガラスを割って侵入し、現金約40万円などが入った金庫を盗んだとしている

 同課の調べによると、2人は車を使って金庫を運搬。付近への聞き込みなどから車両を特定した。
( 6月10日産経新聞より引用)

金庫ごと持ち去る「金庫盗難」
大型破壊器具を使用し、じっくりと時間をかけてあけることができるため、金庫ごと持ち去る手口も多いです。数百キロの金庫も持ち去られています。
金庫を過信しない、金庫を固定して簡単に持ち去られないようにする、建物の構造やレイアウトで金庫を移動させるのに時間がかかるようにする、といった方法をとることも必要です。
そして、事務所スペースには抑止力(予防)の高い防犯システムを設置する。
泥棒が建物の外で「ここはやばそうだからやめよう」という気持ちにさせ、万が一侵入しようとしても建物の中に入る前に大音量の音で威嚇撃退する。
自主機械警備システムNEXTがお勧めです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年6月10日)|記事URL| あとで読む

居直り強盗の共犯で80歳男逮捕 仲間は被害者の"反撃"で重傷

 空き巣に入った家に住む男性会社員(39)に重傷を負わたとして、警視庁捜査3課と田園調布署は強盗致傷などの疑いで、東京都足立区保木間の無職、吉田伸夫容疑者(80)を逮捕した。同課によると、吉田容疑者は容疑を認め「けがをさせて申し訳なかった」と供述している。

 同課は、吉田容疑者が主に高級住宅街を狙い、窓をバールで割って侵入する手口で昨年8月から東京、千葉、神奈川各都県で約100件、被害総額約5千万円の空き巣などを重ねたとみて、裏付けを進めている。

 逮捕容疑は、2月24日午後6時35分ごろ、土木作業員、福田幸吉被告(60)=同容疑で逮捕、起訴=とともに大田区の男性方に侵入し、指輪など17点(計約125万円相当)を盗んだ際、帰宅した男性に発見され、顔や頭をバールで殴るなどして重傷を負わせたとしている。

 同課によると、福田被告の供述や現場の遺留品、駅の防犯ビデオの画像から吉田容疑者の関与が浮上。吉田容疑者が持ち去った指輪などは見つかっていないが、「川に捨てた」と供述しているという。

 事件の際、2人は帰宅した男性と格闘になり、福田被告は2階の踊り場から転落して重傷を負って、取り押さえられていた。
(6月8日 産経新聞)

「居直り強盗」というのは、侵入窃盗した先で家人と出くわし強盗に変わるもので、武器などを持っている場合には家人にも危険があります。
やはり、「建物の中に入れさせない」ことが重要で、建物内に入られる前に音・光で威嚇撃退する自主機械警備システムをお勧めします。


続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年6月09日)|記事URL| あとで読む

「忍込み」のプロの独り言

忍込みのプロ61歳。引退宣言「年だし体力ない」
ターゲットとしていたのは「間取りがわかりやすい」というお寺の庫裏と農家風の家でした。

●茨城県警境署に3月、信号無視で現行犯逮捕された男は、夜間に家人が寝ているすきに盗みを働く“ノビ師”と言われる「忍び込み」のプロだった。

 約30年にわたり逮捕、服役を繰り返してきた男は捜査員に対し、「もう年だし体力もなくなった。獄中死したくないから、今回で足を洗う」と引退を宣言。
同署は「本当に辞めるという彼の気持ちを信じたい」としている。

 男は、窃盗などの罪で起訴された住所不定、無職男(61)。
30歳頃から大工の傍ら、県内外で忍び込みを始め、埼玉県警などに逮捕されてきた。
最後に仮出所した2007年9月以降は都内の工務店に勤める一方、忍び込みを再開。
今年1月には仕事を辞め、盗難車で車上生活しながら盗みを繰り返していた。

 元大工だけあり、狙いを定めるのは「間取りがわかりやすい」というお寺の庫裏と農家風の家。真っ黒な服を着て闇に紛れ、室内犬がいたり、物音がすれば飛び出して逃げるなど慎重さも際立っていた
犯行前後に職務質問されたことは一度もないという。

 気に入らない取調官には一切口を聞かなかったが、今回は27歳の捜査員に引退を口にした。
逮捕から約1か月半後には、未遂を含む60件の忍び込みなどを自供。
同署は「息子のような年の捜査員の熱意に心が動いたのでは」とみている。

 初公判は3日、水戸地裁下妻支部で行われ、須貝被告は起訴事実を認め、検察側は懲役3年を求刑し結審した。
( 6月4日読売新聞より引用)

なんか刑事ドラマのようなストーリーですよね。
「忍込み」とは、家人が家にいるのにも係わらず、そっと侵入する侵入窃盗の手口です。
「空き巣」が無人時に行うのに対し、有人時に行いますから、「音を立てず」「目立たず」といった方法を取ります。
元刑事さんに聞いた話では、「寝ている人の呼吸に合わせると気づかれない」とか。
いずれにしても、途中で誰かが目を覚まし、ばったり・・といった可能性もある、侵入される側からするとありがたくない泥棒です。

「忍込み」は平成21年17,443件発生しています。「空き巣」が59,213件です。
住宅対象の侵入窃盗は81,436件ですので忍込み21.4%、空き巣72.7%です。
どちらも、建物の中に侵入されると、もし何も盗まれなかったとしてもまず気持ち悪いし、怖いし、その家にそのまま住むのが嫌で引越ししたという人もいる程ですので、被害に遭わないための防犯対策を行うことをお勧めします。

自宅に泥棒に入られないようにするためには
● 自宅を見渡し、死角になって道路から見通しが悪くないか確認する。(塀が高い、植木が茂っているなどは改善し、見通しを良くする)
● 夜間自宅周辺を見渡し、暗くないかを確認する。(防犯灯や人感ライトなどを設置し、犯人が隠れやすい状況を無くす)
● 窓・扉の錠前は、破壊行為に強いタイプのものに交換する。
● 窓・扉に補助錠を設置する。
● 窓・扉の施錠を必ず短時間でも行う。特に、2階や風呂場、台所、トイレの窓、格子のある窓も施錠する。
● 窓ガラスには防犯フィルムを貼る。
● 窓・扉に開閉検知センサーを取り付け、こじ開けられた瞬間にベル・サイレンで威嚇撃退するホームセキュリティシステムを設置する。
● 外周警備を実施し、窓に近づこうとした時点で音声メッセージを流し、警告する。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年6月08日)|記事URL| あとで読む

スイカ泥棒1200個、ビニールハウスから盗まれる

玄米、さくらんぼと農作物の盗難が続いていますが、今度はスイカ泥棒です。

 
●6日午前8時15分頃、茨城県桜川市大国玉のビニールハウスで、小玉スイカ1200個(約72万円相当)が盗まれているのを栽培農家の男性(48)が発見、110番した。

 発表によると、20棟のビニールハウスのうち、4棟でスイカが刃物のようなもので茎から切り取られていた。

 除草剤の散布をしに来た男性が被害に気付いた。
スイカは20日頃に出荷する予定だった。男性は「今までに何個か盗まれたことはあったが、ここまで大量に盗まれるのは初めて」と話しているという。
(6月6日 読売新聞より引用)

スイカを1200個持ち去ろうとすると、トラック1台では難しいと思うのですが、
何人ぐらいで、どういう方法を取ったのでしょうか?
せっかくもう収穫ができる、というところまできて、大量に盗まれる、というのは、生産者の気持ちを考えると、本当に同情します。お金の問題ではないと思います。
やはり、ビニールハウスには防犯対策をして、不審者が侵入した時点で、その場で大音量のサイレンで威嚇撃退するとともに、自宅や携帯電話に動画で自動通報するシステムをお勧めします。
ビニールハウスに電話回線が引いてなくても自動通報することができます。

又、温度異常などを動画で確認することも可能です。
ビニールハウスの防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年6月07日)|記事URL| あとで読む

高齢女性縛り2000万強奪=男2人が民家侵入。菓子箱に2000万保管。

80歳代の女性宅に若い男2人が侵入強盗、女性を縛り、自宅内の菓子箱の中にあった現金を奪って逃走しました。
菓子箱の中には、2000万円もの現金が入っていました。


●2日午後8時半ごろ、東京都小平市花小金井の民家で、2人組の男が80代の無職女性の両手を縛った上で、現金約2000万円を奪い逃走した。警視庁小平署は強盗事件として、男らの行方を追っている。
 
 インターホンが鳴り、女性が玄関を開けたところ、若い男2人が侵入。1人が女性を押し倒し、粘着テープで口をふさぎ、両手を縛っている間、もう1人が室内を物色し、居間にあった現金約2000万円入りの菓子箱を奪って逃走した。終始無言だったという。 

女性は普段から菓子箱に現金を保管し、生活していたという。 
(6月3日 時事通信より引用)

平成21年の侵入強盗被害の認知件数は1,892件。前年より245件(14.9%)増加しています。
手っ取り早く現金を入手でき、技術も道具も不要なため、今後も強盗は増える可能性が高い犯罪です。

その内、19.9%の376件が住宅での侵入強盗です。
これを多いと見るか、少ないと見るかは人によって感じ方が違うでしょうが、私は「多い」と感じました。
何故なら「侵入強盗」は命の危険を伴うからです。
お金だけで済めばまだしも、命まで失うケース、怪我をするケースが多いのです。
そして縛られているときの「恐怖」。
地獄ではないかと思います。

武器を持っている犯人が側にいるだけで、普通の神経ではとてももたないでしょう。

やはり、強盗対策はきちんとするべきです。
● 扉や窓は施錠する。
● 扉はカメラ付きインターホンで顔を確認し、知らない人の場合は簡単に開けない。インターホンで用件を確認し、ドアチェーンがある場合にはドアチェーンをつけたまま対応する。
● 自宅に高額現金を置かない。菓子箱に入れる、タンス預金などもやめ、銀行に預ける。金庫も過信しない。
● 玄関に防犯カメラ又はダミーカメラを設置する。
● ホームセキュリティを設置し、強盗対策用の緊急連絡ができるようにする。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年6月04日)|記事URL| あとで読む

弁護士殺傷事件は民事トラブルが関係か?

「横浜みらい法律事務所」の弁護士が殺害された事件は、非常に計画的であることがその後の調べでわかってきました。

●横浜市中区の法律事務所で2日、弁護士の前野義広さん(42)が刺殺された事件で、現場に落ちていた凶器とみられるサバイバルナイフのような刃物は大型の殺傷能力が高いもので、犯人とみられる男は手袋をしていたことが3日、神奈川県警への取材で分かった。県警では計画的犯行の可能性もあるとみて、現場で目撃された30歳ぐらいの男の行方を追っている。

 前野さんは事務所が受任した離婚調停をめぐるトラブルを抱えていたとの情報もあることから、県警では事務所の受任案件との関連を調べている。

 県警によると、凶器とみられる刃物は事務所内の床に倒れていた前野さんの近くに落ちていた。刃渡りの長いサバイバルナイフのような刃物で、血痕が付着していたという。

 2日午後、外出先から帰ってきた事務所の女性事務員が、刃物を持った男と前野さんがもみ合っているのを発見。女性事務員が警察に通報するため、ビルの外に出た際、ビルの階段を駆け降り、北の方向に走って逃げるのを目撃した。事務員と男は面識はなく、事前のアポイントもなかったという。

前野弁護士が所属する「横浜みらい法律事務所」は主に民事事件を扱っているという。
同事務所は所長の影山秀人弁護士と前野弁護士の2人が所属。影山弁護士はオウム真理教信者に殺害された坂本堤弁護士と親しく、「坂本弁護士と家族を救う全国弁護士の会」事務局長を務めている。
(6月3日 産経新聞より引用)

警察では扱っていた民事事件をめぐる何らかのトラブルが事件の背景になった可能性もあるとみて調べています。

弁護士事務所も、今まであまりこうしたトラブルが表面化してきませんでしたが、逆恨みなどで脅されたりすることはあるようです。
電話はもちろんのこと事務所に訪問して暴言を浴びせたりは序の口。
嫌がらせなども発生しています。
今回のように生命の危機となると「大変」では済ませることができません。
きちんとした防犯システムをお勧めします。

●アポ無の方がオフィスの中に簡単に入れないように電気錠を設置し、TV付きインターホンなどで確認してから開錠する。
●万が一揉めたり、暴力行為があった場合にはすぐに無線タイプの非常用押しボタンを押して緊急通報を行う(外部に助けを呼ぶ)
●応接室の様子が事務所で把握できるよう、カメラと集音マイクを取り付け、自動録画する。
といったことが必要です。

又、夜間不審者が侵入し、パソコンを盗んだり、放火したりという可能性もありますので
侵入警戒システムと連動させることがお勧めです。機密保持の立場からもきちんとした防犯対策をとるべきだと考えます。
事務所の防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年6月03日)|記事URL| あとで読む

高級車・カーナビ窃盗団

ブラジル人の高級車・カーナビ窃盗団が逮捕されました。
被害1都5県8000万円相当と見られます。


●国産高級車やカーナビなどを盗んだとして、愛知、群馬両県警の合同捜査本部は2日までに、窃盗容疑で、無職男(22)=住所不定=らブラジル国籍の男4人を逮捕した。
 同本部はこれまで、同じ窃盗グループの別のブラジル人の男3人を窃盗容疑で逮捕。供述から、グループが昨夏以降、カーナビ約200台と国産高級車など約40台、総額8000万円相当を盗んだ疑いがあり、裏付けを進めている。

 4人の逮捕容疑は、昨年12月1日午後8時から翌2日午前7時半ごろの間、前橋市の駐車場で、同市の男性(30)所有のトヨタ自動車製ランドクルーザー1台(200万円相当)を盗んだ疑い
(6月2日時事通信より引用)

駐車場に留めている自動車を盗む。又は、窓を割ったりこじ開けてカーナビを盗む。カーナビ盗難の場合でも施錠しっぱなしの状態でない限り、窓や扉を修繕する必要もあり、金銭的な負担額も膨らみます。
いずれにしても、自動車やカーナビを盗まれた場合には、その日、自動車は使えず、警察などに届け出をするために動くことができないということになり、仕事のキャンセルなども発生してしまいます。
金銭では買えないことになってしまうのです。

「自動車盗」は平成21年25,815件発生しています。1日70件にもなります。
その被害者の約9.8%は300万円以上の被害金額。200〜300万が10.3%となります。
200万円未満が75.0%で、他の窃盗に比べて1件当たりの被害金額が非常に大きいのが特徴です。
盗まれた自動車の戻ってくる率は28.8%。愛車の多くが戻ってこない状態です。

「車上ねらい」になると、143,863件。1日394件です。

どちらも防ぐためには、自動車をとめる駐車場をよく考える必要があります。
防犯カメラ、外周警備など防犯システムが設置されている「防犯駐車場」を選ぶことが大切です。
カーナビで取り外しができる場合は外してトランクに仕舞う。
車の中にカバンや背広など荷物を置かない。
施錠は必ず短時間でも行う。
といったことを徹底することと、自動車盗難防止装置などの設置も併せてお勧めします。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年6月03日)|記事URL| あとで読む

1  2  3

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?