1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2010年5月

防犯ブログ

街の防犯カメラ「待った」 補正予算の執行凍結 

防犯カメラの設置計画が棚上げ状態になっている住宅街=姫路市飾磨区

 警察庁が、姫路市飾磨区を含む全国15地域の住宅街に防犯カメラを設置し、住民に運用を委託する計画が政権交代で棚上げになっている。事業費約6億円を2009年度補正予算に盛り込み、10月から取りつけ工事が始まる予定だったが、予算執行を凍結。民主党は防犯カメラの拡大に消極的で、警察庁は事業中止を懸念している。

 姫路のほか、東京都武蔵村山、大津、岡山、広島各市など全国14都府県15地域で、小中学校の通学路や公園に防犯カメラを25台ずつ設置し、機材や映像データの管理は地元自治会や住民団体に委託する計画だった。

 警察による住宅街への防犯カメラ設置や住民への委託は例がなく、プライバシーの問題も絡み注目を集めていた。

 鳩山政権は09年度補正予算の見直しを指示。警察庁は委託先の住民団体に「執行が決まるまで予算を保留する」と説明し、徳島市を除く14地域で計画がストップしているという。

 民主党は、防犯カメラについて、09年の政策集で「警察権限の無制約な拡大は捜査権の乱用やプライバシー侵害などの弊害が懸念される」と指摘。計画が中止になる可能性もあり、警察庁広報室は「防犯効果があり、ぜひやりたいのだが...」と戸惑う。

 委託先の一つ、姫路市飾磨区の飾磨橋東地区連合自治会。家の玄関先が映らないカメラの設置場所を決めるなど、プライバシーに配慮しながら慎重に協議。映像の取り扱いについても細かなルールを決め、後は設置を待つばかりだった。

 エリア内では、今年1〜8月の街頭犯罪が219件に上っている。松岡泰造会長は「安心安全にかかわる施策で、住民も期待していた。ここまで来て『やっぱりなし』では納得できない」と困惑している。

(2009/10/04 14:30)

「プライバシーの問題」ということで、防犯カメラを否定する弁護士はまだ存在しています。
たしかにむやみやたらに防犯カメラを設置したり、録画した映像の取扱いをきちんとしない、というのは問題でしょうが、犯罪を予防する効果、録画した映像から犯人を特定する効果を考えると、防犯カメラを設置した方がずっとメリットがあると考えます。

防犯カメラを設置する場合には、目的をきちんと明確にし、管理体制を整え、録画した映像の管理、万が一の犯罪発生時の取扱方法に関しても定める必要があります。
又、防犯カメラの見る角度なども配慮することが重要です。
あくまでも、防犯目的に限定した映像に限って録画することが必要です。

そうすることで「プライバシーの問題」を最小に押さえることが可能です。
商店街の防犯カメラ

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年5月06日)|記事URL| あとで読む

江津市分庁舎でパソコン盗難

島根県の江津市分庁舎でパソコン盗難が発生しました。


●江津署は4日、江津市役所分庁舎からパソコンなどを盗んだとして、江津市江津町、クリーニング作業員男(42)を窃盗容疑で逮捕した。
4月22日午後9時45分ごろから23日午前2時ごろまでの間、同市江津町の市役所分庁舎内にあった市のノート型パソコン3台など計17点(合計9万8430円相当)を盗んだ、としている。容疑者は容疑を認めているという。
 同分庁舎では、同23日にボヤが発生。1月には近くの市職員共済会館が全焼して金庫が持ち出される事件が起きており、同署は関連を調べる。
(5月5日 毎日新聞より引用)

4月の22日〜23日に市の分庁舎、市職員共済会館が侵入窃盗に遭っており、市職員共済会館は放火全焼しています。
侵入手口や警備システムなどの有無はニュースには記載されておらず不明です。

事務所にはパソコンなどもあります。パソコンは現金に換金できるため、現金を置いているのと同じです。
パソコンを盗まれると、その中のデータもなくなります。翌日からの仕事に支障がでることも大変な問題ですが、その中に個人情報が含まれていると「個人情報漏洩」として関係者へのお詫びなど被害者なのにもかかわらず加害者と扱われてしまいます。

金庫も金庫ごと持ち去られる窃盗被害も発生しており過信は厳禁です。
やはり、事務所には侵入させないことが大切です。
「自主機械警備システムNEXT」で『狙わせない」「建物の中に侵入させない」

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年5月06日)|記事URL| あとで読む

1  2  3

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?