1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2010年3月

防犯ブログ

マンション1階の留守宅ばかりを狙い「焼き破り」

マンションの1階ばかりを狙って侵入を繰り返していた泥棒。その手口をご紹介します。


●草津署が2月に窃盗の疑いで逮捕し、窃盗罪で起訴された大阪市浪速区無職男(47)が、マンション1階の留守宅ばかりを狙い、近畿一円で約60件にのぼる総額約120万円の窃盗を重ねたと自供した。

昨年11月19日、草津市のマンション1階の留守宅2軒に侵入。
1軒で時計(約30万円相当)と1万5千円の商品券を盗み、他の1軒は未遂に終わった疑い。

ガスバーナーで窓ガラスを熱した後、水をかけて冷やして割り、鍵を外して侵入したという。

「昨年6月に会社をやめ、インターネットで侵入手口を調べて8月から窃盗を始めた。月約10件ペースでやった」と話しているという。
窓に小石を投げ、反応を見て留守宅を見つけていたという。

 同容疑者は昨年11月19日、草津市のマンション1階の医師宅に侵入し、現金3万円などを盗んだとして、起訴された。
(3月31日京都新聞より引用)

窓に小石を投げたり、インターホンを鳴らして反応を見て「不在者確認」を行う。
窓ガラスを「焼き破り」で割り、そこから侵入する。

こうした侵入手口でマンション1階を狙って犯行を繰り返していました。

この泥棒はマンション1階を狙っていましたが、そんな泥棒だけではありません。
たしかに1階、2階は侵入しやすい、ということですが、上階だと侵入されないか?というと、そういうことではないのです。
実際には、マンションの上階だけを狙う泥棒も存在しています。
何故なら、上階にいけばいくほど「防犯意識が低くなり、無施錠が増える」からです。

マンションの場合、オートロックが入っているマンションも多いのですが、これまた「オートロックのマンションを狙う」泥棒がいます。何故ならオートロックに安心して「防犯意識が低くなり無施錠が増える」からです。

つまり、泥棒によって好むターゲットは異なる、ということです。
共通点は「防犯意識が低いところを狙う」ということです。

1階でも、最上階でも、マンションの中に入ってしまえば泥棒の意識は一緒です。
不在で、無防備なところを探します。
多くのマンションのベランダ窓はクレセント錠前のみ。
このクレセント錠前は防犯機能はほとんどない、といっても過言ではありません。
「ガラス破り」で割られて、そこから手を入れられ開けられてしまいます。

マンションの場合、小石を投げる、インターホンを鳴らす・・以外にも不在を知られてしまうことがあります。
夕方になって室内照明がつかない・・それが不在を表すことになるのです。

マンションの防犯対策としては
●マンション全体を「防犯マンション」にする。防犯カメラを設置し、不審者が侵入しにくい環境を作る。
●入居者スペースの防犯対策を実施する。窓には補助錠(窓ロック)を設置し、簡単に短時間で侵入されない工夫をする。万が一侵入された場合にも「窓・扉開閉検知センサー」が検知しその場で大音量の音で威嚇撃退するホームセキュリティを設置する。
●マンション全体で「防犯」に対して考える。挨拶をすることを徹底し、知らない人が入りにくい環境を作る。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年3月31日)|記事URL| あとで読む

洗濯機など焼く不審火2件、放火の可能性/横浜

洗濯機など焼く不審火2件が横浜で発生しており、放火の可能性があります。


●29日午前2時25分ごろ、横浜市西区平沼1丁目の鉄筋5階建てビルで、1階出入り口にあったコピー機や布団が燃えているのを車で通り掛かった男性(30)が見つけ、119番通報した。
また、午前4時10分ごろ、同市神奈川区三ツ沢南町の2階建てアパートで、1階居室前の通路に置かれていた洗濯機を焼いた。いずれも火の気がないことなどから、戸部、神奈川両署は放火の可能性があるとみて関連を調べている。

コピー機は廃棄処分のため、布団をかぶせた状態で置かれていた。コードは抜いてあったという。洗濯機は居住者の男性専門学校生(22)が使用しているものだった。

 ビルとアパートは約2キロ離れているという。
(3月29日 カナロコより引用)


廃棄処分のコピー機が布団をかぶせた状態で放置されていたのが放火された、というのは非常に問題だと思います。
廃棄処分のコピー機や空調器などを敷地内に侵入して持ち去る金属窃盗も全国で多発しています。
今回は放火で、たまたま車で通りかかった人が通報してぼやで済みましたが、最悪の場合火の手が上がって焼失、焼死者が出る、といったことも発生しています。
誰もが簡単に侵入できるようなところに布団など燃えやすいものや金属など狙われやすいものを放置する、というのは犯罪者を呼び寄せているようなものです。
即刻改めるべきです。

犯罪者は犯罪しやすい環境を選び犯行を重ねます。
防犯意識をきちんと持ち、できる対策を行うことが、犯罪に遭いにくい環境を作る事に繋がります。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年3月30日)|記事URL| あとで読む

1500万円入りの金庫が窃盗被害。

1500万円入り金庫が事務所からなくなる、という被害が発生しました。


●28日午前、千葉市若葉区多部田町の住宅リフォーム会社の女性従業員から「現金約1500万円が入った金庫が無くなっている」と110番があった。千葉東署が窃盗事件として捜査している。
 同署によると、事務室は前日午後11時ごろ別の従業員が施錠。
女性従業員が事務所に来た28日午前11時半ごろまで無人。事務所の鍵は開けられた状態だったという。

金庫の重さは50〜60キロ。室内が荒らされた形跡はなく、窓ガラスが割られるなどの被害もないため、同署は事情に詳しい者が盗んだ可能性もあるとみて調べている。
(3月29日 毎日新聞より引用)


重さ50〜60キロの金庫ごと盗まれた、ということのようですが、窓ガラスなど侵入経路を特定できるような被害もないということですので、「合鍵による犯行」といった可能性もあるのではないかと推測します。
また、「施錠した」と思っているだけで、「施錠忘れして、そこから侵入された」、という可能性もあります。

一般の方にとっては、重さ50〜60キロの金庫なら持ち出されない、というように思っておられるかもしれませんが、事務所やスーパーなどから数百キロの大型金庫も数人で持ち出される被害も発生しているので、過信は禁物です。

この事務所の防犯対策がどうであったかの記載はありません。
警備システムも防犯システムも防犯カメラも設置していなかったのではないかと推測します。
それなのに、金庫の中に1500万円もの現金を入れていたとしたら、それは無防備以外の何ものでもないと思います。

オフィスの防犯対策は、
扉・窓に開閉検知センサー、室内に室内警戒センサーを設置し、侵入を瞬時に捉え、その場でベル・サイレンなど「音・光」で威嚇撃退するオフィスセキュリティ
が基本となります。
そして同時に、管理者5人の携帯電話にまずメール、次に音声で異常発生を通知します。
建物の中に入られる前に泥棒を撃退し、被害を未然に防ぐことができます。

こういたオフィスセキュリティシステムを設置したからといっても、金庫に1500万円もの現金を入れるのはお勧めしません。蛇足ながら追記します。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年3月29日)|記事URL| あとで読む

防犯センサー戻し忘れで、今年も防火衣盗まれる。東大阪消防署

どんな防犯システムを設置しても「セット忘れ」では効果はありません。
東大阪の消防署で、防犯センサーのセット忘れをして防火衣を盗まれるという被害が発生しています。
昨年度も盗まれている、ということで、防犯意識をもう少し持っていただきたいものです。


●東大阪の消防署で防火衣盗まれる 昨年も被害、防犯センサー戻し忘れ
大阪府東大阪市消防局は25日、同市御厨栄町の西消防署で、消防車両を駐車している1階ガレージのロッカーから、防火衣などが盗まれたと発表した。
この消防署では昨年10月にも同様の被害があり、布施署は同一犯の可能性もあるとみて調べている。

 消防局によると24日午後11時すぎ、巡回中の署員がロッカーの扉が開いているのに気付いた。
中を確認すると、防火衣の上着1着と防寒ジャンパー2着、防火用長靴1足が盗まれていた。
扉は緊急出動に備えて普段から施錠はしていなかった。

 昨年10月にロッカーから防火衣や無線機が盗まれる事件があった後、ガレージ内に人が立ち入ると警報が鳴る防犯センサーを設置していたが、24日午後は消防車のタイヤ交換作業のためセンサーの電源を切っており、作業終了後、電源を戻し忘れていたという。

 消防局では「防犯対策に一層気をつけ、全署員に対し指導を徹底していきたい」としている。
(3月25日産経新聞より引用)

防犯システムもきちんと電源を入れ、セットをしないとただの箱です。
やはり社内での防犯マニュアルなどで、防犯システムのコントローラの状況を確認することが必要です。
消防署の場合には24時間人が居る状況ですから、人が直接確認することができます。

夜間無人になる事務所や店舗では現地に行かないと警備セットをしているか分からない、では不安だし不便ですよね。
セキュリティハウスの「自主機械警備システムNEXT」なら
●警備システムセット、リセットを誰が、いつ行ったか、管理者の携帯電話・パソコンにメールで瞬時にお知らせします。
●管理者は、いつでも携帯電話で警備システムのセット・リセット状況を確認することができます。
●万が一セット忘れの場合には携帯電話からの捜査で遠隔からセットすることができます。
●仕入業者の納品や、セキュリティカードを持たないアルバイトやセキュリティカードを忘れてしまった場合でも管理者が携帯電話から遠隔操作で警備システムをリセットすることができます。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年3月26日)|記事URL| あとで読む

無人寺の仏像盗難に対する防犯対策

先日も愛知・一宮の寺で仏像2体が盗難に遭っていますが、全国で仏像盗難がまた発生しています。

●窃盗 国重文の仏像、大阪の寺から盗まれる。
 大阪府能勢町野間西山の今養寺で、国指定の重要文化財「木造大日如来坐像」が盗まれていたことが23日分かった。
21日午前10時ごろ、仏像を保管している収蔵庫(鉄筋平屋建て)の鍵が壊され、鉄製扉がバールのようなものでこじ開けられているのを参拝者が発見。
連絡を受けた檀家(だんか)総代の男性(65)が木造大日如来坐像が無いことに気付き、同署に通報した。収蔵庫にあったもう1体の仏像は無事だった。
寺は檀家が管理しているが普段は無人で、警報器などは設置されていなかった。20日午前に見回りをした際には、扉に異常はなかったという。文化庁によると、木造大日如来坐像は1956年に国の重要文化財に指定された。高さ117センチで、平安後期につくられたものという。
(3月24日 毎日新聞より引用)


●窃盗:寄居で仏像7体盗難 20年前設置、青銅模した塗装 /埼玉
 20日午後1時ごろ、寄居町今市の高蔵寺(吉田亮照住職)で、仏像がなくなっているのに参拝客が気付き、知らせを受けた住職が110番した。境内にあった仏像13体のうち7体がなくなっていた。
18日には約6キロ南の小川町で西光寺管理の水子地蔵11体がなくなっていたことが判明しており、県警は窃盗事件として関連を調べる。

仏像はいずれも高さ50〜60センチで重さ約20キロ。約20年前に設置された。
セラミック製で、青銅を模した塗装をしていた。残った6体は、真ちゅうを模した塗装やボルトで固定されていたため被害を免れたとみられる。境内は夜間も一般人が出入りでき、住職が最後に確認したのは17日夕だった。同署は、何者かが金属製と思い換金目的で盗んだとみている。


ここ数年「仏像盗難」が多発していることは、ニュースなどで耳にされていると思います。
最近は「無人寺」を狙われることが多く、いつ盗まれたかも特定できないため、その後の仏像を追いかけるのも時間が経過しすぎている場合が多いようです。

重要文化財などが狙われるといまだに認識されている方も多いようですが、実は重要文化財などの認定を受けていない仏像の方を泥棒は好みます。
なぜなら「足がつかない」から。
重要文化財などは写真などもあり、換金する時点で足がつきやすいのですが、
そうではない仏像では記録もなく、檀家でもそんなに何度も目にしているわけでもないので気が付かれにくい、といった泥棒にとっての都合が理由のようです。

無人寺の場合、その近くに誰も管理する人がいないため、特に防犯対策は錠前などだけでは不十分です。「鍵が壊され、鉄製扉がバールのようなものでこじ開けらる」といった粗っぽい手口は「少々音を立てても、時間がかかっても誰にも気が付かれない」といった泥棒の考えを示しています。
ですので、泥棒にそう思わさないことが防犯対策のポイントとなります。

「無人寺の仏像盗難に対する防犯対策」としては、
● 仏像を持ち上げた瞬間に大音量のサイレン・ベルを鳴らし犯人を威嚇する。
● 同時に、その映像を動画で住職や檀家など関係者の携帯電話に自動通報する。
● 映像を見て携帯電話から現地のスピーカーで実際の声で威嚇撃退する。
といった方法が効果があります。
予算があるなら外周警備なども追加すればなお安心だと思いますが、ワンポイントで確実に守ることも必要です。
寺の防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年3月25日)|記事URL| あとで読む

普通の会社員が泥棒に! 工具盗みリサイクルショップに転売

津久井署は23日、窃盗の疑いで、相模原市に住む会社員の容疑者(43)を逮捕しました。
逮捕容疑は、2月22日午後8時から23日午前7時ごろまでの間、同市大野台3丁目の月極駐車場で、同所の大工の男性(60)のトラック荷台に積んであったインパクトドライバーなど工具7点(計32万円相当)を盗んだとしています。

同署によると、同容疑者は「借金返済のため、転売目的で盗んだ。ほかにも市内で十数件やった」と容疑を認めているということです。
市内のリサイクルショップに本人の名前で転売していたことから発覚しました。
同署は同容疑者が盗んだと認めた供述をもとに、自宅から11点の工具を押収しました。
<3月23日19時30分配信 カナロコより>

普通の会社員がちょっとしたことで犯罪者になってしまう時代なのでしょうか。
盗むための工具もインターネットのオークションや特殊なサイトで購入できるようです。
インターネットは非常に便利ですが、その普及に伴って犯罪の質も変えてしまったように感じます。

例えば、ネットオークションに私物を出品していた一般人がいたとします。
手軽で簡単に物の売買ができ、利益が得られることを知ります。
もう売れるような物がなくなったなぁと感じたとき、そこで人の物を盗んで売ってしまおうと考える者がでてくる訳です。

昔なら、仮に人の物を盗んでも、公にそれを使うことが難しかったでしょう。
近所に盗まれた人がいて、気付かれる危険性があるからです。
かと言って、家の中でこっそり使うというのも、物によるでしょうけれど、用途が限られてしまいます。

しかし、現在は、ネットオークションやリサイクルショップなど簡単に物が売れる時代です。
盗んでも一旦売ってしまえば、ばれることはないと考える犯罪者が多いのでしょう。
犯罪を犯しているという感覚が薄いのかもしれません。
これは万引きなどにも同じことが言えると思います。

犯罪を犯したら大変なことになるということが皆認識されれば、犯罪の抑止力につながるかもしれません。
警察の検挙率アップ、犯罪の厳罰化、犯罪を起こしにくい街づくりなど様々な方法で犯罪件数を減らす為の試みが必要です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年3月24日)|記事URL| あとで読む

愛知・一宮の寺で仏像2体盗難。

仏像2体が愛知・一宮の寺で盗まれました。


●20日午後6時ごろ、愛知県一宮市浅井町西海戸の観音寺で、管理者の母親(63)が、本尊で同市指定文化財の阿弥陀(あみだ)如来座像(高さ83センチ)と、「みかえりの弥陀」と呼ばれる仏像の計2体が盗まれているのに気づき、県警一宮署に届けた。窃盗事件として調べている。

 同署によると、同寺は無人。昨年12月30日の大掃除の際に仏像はあったといい、その後盗まれたらしい。引き戸には鍵がかかっていた。仏像は同寺の奥の間の祭壇に置いてあった。

 同寺は同県江南市の「修造院」が管理。住職の母親が掃除を兼ねて出かけ、盗難に気づいたという。
(3月21日 毎日新聞より引用)

無人寺での仏像盗難が発生しました。
市の指定文化財の仏像が無人寺で引き戸の施錠だけであった、というのは「無防備」と言わざるをえません。
全国で仏像盗難が発生している背景には、
●高額で換金できる(海外やインターネットオークション、マニアへの販売)
●防犯対策がされていない無人寺などが多い、
●宗教心が薄らぎ仏像を盗んでも罰があたるとは感じない人間が増えている、
といったことがあります。

盗まれて初めて事の大きさに驚き、嘆くことになります。
無人寺の場合、常に人が見守ることができません。
だからこそ、遠隔で動画で侵入者を即確認できる「見える自主機械警備システム」のようなセキュリティシステムを導入する必要があります。
放火や仏像盗難、賽銭盗難といった犯罪は先行きが見えない時代に多く発生します。
そうした被害に遭わないためにも、放火や侵入を早期に発見し、その場で「音と光」という泥棒の最も嫌がることで威嚇撃退すると同時に、ご住職や関係者5人の携帯電話に動画で自動通報することで、安心・安全を得ることができます。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年3月23日)|記事URL| あとで読む

高級住宅へ空き巣30件の韓国人窃盗団

韓国人10人が空き巣の容疑で逮捕されました。


●東京都目黒区の民家などに侵入し、現金などを盗んだとして、警視庁捜査3課などは17日、窃盗と住居侵入の疑いで、韓国人の男女10人を逮捕した。 
10人は新宿区に住む自称33〜64歳の男9人と女1人。

3、4人でグループをつくり、埼玉、東京、神奈川で高級住宅街を狙い、空き巣を繰り返したとみられる。

 10人は、昨年12月から今年2月に起きた5件の空き巣に関与したとして逮捕された。
同課は、昨年10月ごろから30件以上(被害総額6000万円相当)に関与したとみて調べる。
 同課は17日、10人の出入りがあった新宿区大久保のマンションなどを家宅捜索し、被害品とみられる貴金属などを押収した。
(2010/03/17時事通信より引用)

3〜4人のグループに分かれて空き巣を繰り返していたようです。
役割分担として、運搬役、見張り役、実行犯に分かれて侵入窃盗を行っていたのだと思います。
侵入手口に関しては言及されていませんが、「ガラス破り」「無施錠」「錠破り」などが多い手口、
特に高級住宅ということですので一戸建て住宅で「ガラス破り」が多いのではないかと推測します。

ここで「高級住宅。ふーん、うちには関係ないもんね」
なんて思わないで下さい。
この窃盗団は高級住宅を狙っていましたが、多くの泥棒は「侵入しやすい家・建物」を狙って侵入窃盗を繰り返しているのです。
つまり「お金持ちを狙っているのではない」ということです。

多くの人が「我が家にはそんな盗られるものはないから泥棒の被害に遭わない」と思い込んで
毎日、「安全ではない安心」をしているのです。
しかし、この「安全のない安心は最も危険」なのです。

泥棒からしたら、大金があればもうけもの。「とりあえず人目につかずに侵入でき、安全に犯行を終えることができる」ということが大切なのです

こうした泥棒の心理、手口を十分に知って、正しい防犯対策を実施することが泥棒の被害に遭わないための基本です。
そのためには予防(抑止)」を重視した「被害を未然に防ぐ防犯システムをお勧めします。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年3月19日)|記事URL| あとで読む

TVで間取り紹介直後…人気洋菓子店「マダムシンコ」会長宅に空き巣、3億円被害

TVで自宅を紹介した直後空き巣に入られる、という被害が発生しました。


●人気洋菓子店「マダムシンコ」を経営するカウカウフードシステム(大阪府高槻市)会長K氏(58)の同府茨木市の自宅マンションに空き巣が入り、貴金属など約3億円相当が盗まれたことが4日、茨木署への取材で分かった。
犯行直前の2月11日に、民放テレビ番組でマンションの内部が放映されたばかりだった。

2月13日午後1時から14日午前1時ごろの間、何者かがマンションの窓ガラスを割って侵入し、指輪やネックレス、高級バッグなど約70点を盗んだとみられる。
Kさんによると、テレビで放映された貴金属類などは残っていたという。Kさんは「昨年5月に亡くなった兄がくれた万年筆も盗まれた。返してほしい」と話している。
(2010/03/04 産経新聞より引用)


大阪府や兵庫県などで人気洋菓子店「マダムシンコ」を6店舗経営している会長の自宅。
TVで紹介された直後の犯行、というのは、犯人もTVを見て部屋の間取りや、高級品・貴金属など金目のものが沢山ある、ということが分かって侵入したのではないかと推測します。

TVで放送された貴金属が盗まれなかった、というのは、足がつくのを恐れたのではないかと思います。
3億円相当の被害ということですが、警備システムがついていたのか?動作しなかったのか?といったことはニュースに記載されておらず不明です。

マンションの場合、窓ガラスを割って侵入されるという手口が非常に多く、窓の防犯対策が必須です。
ベランダの窓はクレセント錠前1つ、といった状態のところが多く、簡単にガラスを割って、そこから手を入れて開錠し侵入されてしまいます。

又、マンションの場合、特に上層階に行くほど「無施錠」が増えます。
こんな上の階は入られない、と勝手に思い込んでいる方も多いようですが、泥棒は「無防備なところが多い」と特に狙うケースもあります。
やはり、補助錠は最低1個設置し、必ず施錠する、というのが最低限の防犯対策です。

できれば、窓・扉開閉検知センサーを設置し、警戒中にこじ開けられた時点で、その場で音で威嚇撃退するとともに、携帯電話にメール送信・音声送信がされるセキュリティシステムをお勧めします。
やはり、泥棒に対してはきちんと防犯対策をとり「安全のある安心」でいていただきたいと思います。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年3月18日)|記事URL| あとで読む

牛丼店 強盗事件に乗じて店員が1万円盗む

高松市の牛丼店で8日に起きた強盗事件の際、現場の混乱に乗じて店のレジから1万円を盗んだとして、高松北署は17日、同市の同店アルバイトの男(35)を窃盗の疑いで逮捕しました。
男は「強盗のせいになると思ってやった」と認めているということです。

発表によると、8日午前5時40分頃、同市の牛丼店に香川大の男子学生(22)(強盗容疑などで逮捕)が押し入り、店に1人でいたこの男に包丁を突き付け、レジから現金を奪って逃走しました。
その直後、男はレジに残っていた千円札10枚を盗んだ疑いです。

レジには18万5000円ありましたが、同署が被害金と照合したところ、1万円の不足が判明。
防犯カメラを調べたところ、事件の直後、男が画板で手もとを隠しながらレジに近づく様子が映っていたということです。
<3月17日11時20分配信 読売新聞より>

強盗事件に乗じた内部犯行ですが、犯人が逮捕されたこと、防犯カメラが設置されていたこと、この二つがあってこそ、始めて判明した事件と言えるでしょう。
どちらか一つでも欠けていたら判明しなかった可能性が高いのではないでしょうか。

社内における管理というものの重要性を感じさせる事件です。
お金や物がなくなっても誰も分からない、犯行が発覚しないという状況であれば、良からぬことを考える人が出てくるのも止むを得ない気がします。

また、犯罪を犯しているという意識も徐々に薄くなるのかもしれません。
大した金額でもないし、それほど会社(店)が困るわけでもないし・・・などと自分を正当化する人もいるでしょう。

内部の人を信用しないという訳ではないにしても、ある程度の管理は必要です。
自社の商品や備品の在庫、現金の収支など最低限の管理品目は必須です。
防犯カメラで映像を記録しておくのも大きな効果があります。
人を監視するという意味合いよりも、何かあったときの証拠として、または、その場での犯罪を抑止(思い留まらせる)効果が大きいと思われます。
店舗向け監視カメラシステム

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年3月17日)|記事URL| あとで読む

1  2  3

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?